最新情報

【会社・職場】酔い潰れて社員のみんなに輪姦されたようだけど記憶がない【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

二年前の思い出になります。

当時の私は、キャリアウーマン気取りでイケイケで仕事をしていました。

年上の男性社員にも罵声を浴びせたり、皆がいる中で土下座させたりした事もありました。

当時私はまだ24歳で、偶然やった仕事が上手く行ったのがあって天狗になっていたのです。

上司や重役たちに誉められた事もあり、怖いものなしでした。

しかし、そんな理不尽な私に天誅が下されました。

課内の忘年会で、天狗の私は飲みすぎて同僚や部下をはじめ、何人にも説教をし始めて、最終的に酔い潰れたのです。

翌朝、私は自分にあてがわれた部屋に裸で寝ていました。

何があって何をされたのか怖くなってアソコを触り、自分の指を挿し入れてみました。

緩くなったそこには白濁した男性が放出したものが入っていて、膣からお尻にかけて垂れていました。

量から言っても一人かせいぜい二人だと思いますが、ヤラレていました。

私には全く記憶がありませんでした。

「気持ち悪いから揺すらないで」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【おっぱい・巨乳】一緒にアルバイトしてた高飛車女の胸チラを目撃【体験談】

東京都/名無しさん(20代)からの投稿

—-

以前バイト先に、当時20歳の女の子(以下K)がいたのですが、顔は全くと言っていいほど可愛くなく、性格もあんまり良いとは言えず、ムカツク女だなと思う事も多々ありました。

ただ、スタイルだけは自分好みでかなりよく、細いくせにおっぱいは結構大きく、推定Dカップぐらいでした。

ある2月、バイト先の人たちと飲み会をした後に何人か帰り、残った人たちで1人の男の後輩の家で遊ぶ事になりました。

といっても特にやる事もないので、とりあえず飲み物とUNOを買って、UNOを男3人、K含めた女3人計6人でやる事になりました。

そのKは普段も胸元が開いている服を着ている事が多く、たまーに自分の胸元を見下ろしたりして気にしてそうな素振りはあったのですが、いざとなると気が抜けるのか別に見えてもいいと思ってるのか、はたまたわざとなのか、前屈みになった際などに僅かなら胸の谷間を何度も見た事があったのですが、今回は一番凄かったのです。

UNOをやる日も、Kは胸元が結構緩い服を着ていて、期待をしていました。

6人で円になっていざUNOをやり始め、時計回りまたは反時計周りに順番が回ります。

円のだいたい中央の床にあるUNOを1枚ずつ取っていくのですが、KがUNOを取る度に、開いた胸元の中央から白いブラジャーがチラチラと見えるのです。

Kのほぼ正面にいた僕は、もちろんUNOをしながら、視線はほとんどKの胸元にありました。

警戒してないのか、それともわざとなのかと思うほどKは胸元が開いている事や、僕の視線が自分の胸元に注がれているいる事を全く気にしていない様子でした。

もしかしたら気づいていなかったのかもしれません。

6人の中で俺が早めに勝ちあがり、その間にトイレに行って戻ってきた時に、UNOをしているKの胸元を見たら、上から見下ろす形になるので、両方のブラジャーのカップの部分がほとんど丸見え状態になっていました。

他にも、Kが先に勝ちあがった時に、他の人にアドバイスをするために覗き込んでたりしていた時に、ブラがまた丸見えになっている事もありました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2014年3月10日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【おっぱい・巨乳】普段威張ってる同期の女が泥酔したのでイタズラ【体験談】

忘年会で泥酔した同期入社の事務員を同僚と2人でそいつの家まで送った事がある。

玄関に着くなり思いっきり吐いて、運悪く同僚のズボンもかなり汚された。

とりあえず布団まで連れてって、玄関の汚物を掃除までしてやった。

そのまま帰ろうとしたら、同僚が

「ズボンも汚されたし掃除までしてやったんだから、このまま帰るのは納得できない」

と言い出して、爆睡している女事務員に少し悪戯する事にした。

同期の事務員(女)と自分と自分の同僚は全員が同期であるが、事務員は短大卒なので年齢は2個下の24歳だ。

ちなみにこれはどうでもいい事だが、同僚は1浪してるので自分の1歳年上の27歳だ。

この事務員は見た目は悪くないのだが、あまりにも気が強く、同期の中でも1番若いくせに、1番威張っている。

彼女の性格で個人的に直した方がいいと思う所は、同期や後輩に対してすぐに

「使えねー」

と言う口癖だ。

と言うわけで、バレた時この女なら何をするか分からなかったので、正直自分は乗り気ではなかった。

しかし同僚は既にやる気満々のトランス状態なため、レイプはやめよう、とあらかじめ言っておいて悪戯を始める事にした。

とりあえず、しっかりと意識がないのを確認し、胸を服の上から揉んでみた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2013年10月16日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

このページの先頭へ