最新情報

【痴漢】初めて縛られた奥様の体験3【体験談】

『いやです。許してください』といったものの、視覚を奪われて、身体に力が入らなくなった状態の

奥様は、導かれるままに、ホテル部屋の玄関へと歩を進めていく。『いやです。許してください。』「では、きちんとした姿勢でいられるんだね。」『はい』再び、突起に触れ、捏ねはじめると、敏感になった身体は反応してしまう。『はあああ』膝が崩れる。崩れる身体を支えながら「やはり、奥様は、全裸で縛られている姿を、廊下で晒したいみたいですね。」

「口ではいやですと言いながら、廊下で晒されるために、わざと声を出したり、姿勢をくずしたりしているんでしょう」『違います。身体に触れるから・・・』「まだ、軽く触れているだけですよ」『でも・・・・』再び胸の先端と下の突起に触れる。奥様は、必死に口をきつく結び、声が出るのを耐えている。

指先は、先端、根本、上下、左右、回転し擦るように、時にはリズムを変えて、軽く叩くように・・・・

『ううううう』口は声をもらすまいと耐えているが、身体は、姿勢を保てず、くねり始める。足元はふらついてくる。

身体に力が入らないのであろう。

ふらつく身体を、玄関方向へ押すと、ゆっくりと玄関に向って自ら歩くように進んでいく。「玄関に着いてしまいましたね」

『いやっ』「廊下を通る人の声、聞こえますね。逆に考えれば、奥さんが、色っぽい声出したりしたら、廊下を通る人に、奥さんの艶のある声聞こえてしまうのでしょうね」

『んんん』縛られて張りつめている乳房の根元から絞り上げるように揉み解しながら、乳首を捏ね上げ、反対の手では、突起から尿道、膣の入り口を縦方向に擦りあげていくことを繰り返す。

『うううぐんんん』さっきよりも必死に、声を押し殺して耐えているが、『ダメダメダメ声が出ちゃう・・・』小さな声を押し殺しながら懇願しているが、指の動きは、激しくしていく。乳房の芯は、しこりができたように固くなってくる。そのしこりを押しつぶすように揉み上げ、下の突起に触れた指を激しくバイブレートさせていくと、『ダメダメダメ・・・いっちゃう』小さな声でありながら、呻くと身体を震わせながら、身体が崩れていく。愛撫していた手の動きを止めても、身体は震えている。『はううううう』「奥さん・・・約束を守れない奥様では、簡単に逝かせてあげませんよ」

続き、詳細は女神のSM快感天国で

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【スカトロ・マニア】初めて縛られた30代奥様の体験2【体験談】

『ああっ』

「直接触れたら、すごい湿り気ですね。」

『・・・』

「湿り気どころではないですね。ヌルヌルしていますよ。唇も開いていますね。」

『ううん』

指先で突起に触れ「普通、ここに触れられてからなら、この状態であるのは、わかるけど、そういうことなしにこんなにヌルヌルしているなんて・・・どんなことを想像してこんな状態になってしまった?」

『・・・』

「縛られている自分の姿想像していたのでしょう。奥様が望んでいた願望だものね。後ろ手手錠では、まだ、願望叶えられていないものね。これからきつく縛ってあげますからね。」

『・・・』

手錠を解き、身に着けていた服を全て取り除く。

「手を後ろに回して」   『はい』

後ろ手に回した手をロープで縛り、胸の上下にロープを回し、胸をきつく縛り上げ縛り上げる。奥様の胸は縛られパンパンに張出されてしまった状態になる。

「あれ?奥さん、胸縛り上げられたら、奥さんの乳首まで固くとがってしまったみたいだね」

固くとがった乳首を指先で弾く。

『はああん』


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【友達・仲間】大都市圏の繁華街でキャバクラを経営していた時の話【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

今はキャバクラ経営を退いて別の会社を経営しているが、5年前まで10年程キャバクラを経営していて、合計3店舗程経営していた。

元々ホストだった俺は、18でホストになりナンバー1に。

5年程ホストをしたが引退し、23の時にキャバクラをオープンした。

その後、10年に渡って3店舗ほど経営していた。

初めの店はMという店で、初めは5名程の女の子で始めたが最終的に20名程在籍する店だった。

そのあとオープンしたBという店は始めから20名程でスタートし、最終的には30名程在籍する店だった。

そしてSという店は10名程でスタートし、最終的には40名近く在籍する店だった。

同じ経営元なので女の子の移籍や移動もあった。

ピーク時にはナンバー1ホスト時代の3倍程稼がせてもらった。

そんな俺のキャバクラ経営術とキャバ嬢達の話をしよう。

キャバクラ経営の1番の根幹は女の子を上手く扱うことだ。

人気の女の子が多ければ売上が上がり、ナンバー1に移籍されたり飛ばれると売上が半減するからだ。

ナンバー3ぐらいまでの女の扱いには苦労した。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月22日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【おっぱい・巨乳】半個室のあるおっぱぶで好みの女の子を手マンでイカせた話【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

おっぱいパブは地域とかで色々差異があると思う。

この話に出てくるおっパブは追加料金払うと、個室ではないけど外から見られない程度に仕切られた席で、指名した子と楽しめるという要素があった。

俺は友人に誘われて行って、最初は通常のおっパブで利用したのだが、その時3人のおっぱいを触ったのだけど、最後に俺の上に乗って来た子が凄く好みだった。

顔はモー娘の安倍なつみに似てて、しかも胸はFカップあった。

俺はその数日後、もちろん友達とは行かずに1人でそのおっパブに行き、なつみを指名。

それから定期的に個室で遊ぶようになった。

おっパブはエロい事する時間と話す時間が基本的に別れてるので、なつみとも色々話してある程度仲良くなったように思った。

ある日、俺はいつものようになつみの乳房にむしゃぶりついてた。

その日のなつみはいつもより感度が良くて、俺に乳首触られたり舐められたりすると腰をグリグリ動かして股間を俺のペニスに擦り付けるくらい悶えてた。

プレイする時間が終わり、なつみを俺の膝の上から降ろして酒を飲みながら、

「今日なんか感度いいね」

と言うと、

「うん、なんか今日発情期みたい」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2014年9月24日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【友達・仲間】ソープでの初体験【体験談】

昨日、吉原/65,000円の店で童貞捨てました。

ネット上の情報サイト、風俗雑誌で下調べをすること3ヶ月。

なかなか相手を決めることが出来ず、風俗雑誌で妄想を膨らませてオナニーばかりしていました。

やっと決めた相手の外見は自分好みの可愛い系。

23歳、ショートカットで色白、ホッペが赤らんだ笑顔の写真にほれ込みました。

行くと決めた3日前から禁オナ。

当日の午前中に予約電話を入れる。

自分の携帯を使うのがいやで、公衆電話を使いにわざわざ駅前まで。

知り合いに見られていないか周りを確認しながらダイヤル。

期待と股間を膨らませ、周りを確認しながら電話する姿は怪しかったかも?

予約自体は簡単にとれました。

予約を済ませた後にコンビニで栄養ドリンクを購入。

2,000円ぐらいする高いのを飲んで気合入れ。

その後は風呂に入って全身洗浄。

興奮からか股間の盛り上がりが収まりません。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月27日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】人生初デりヘル大成功したったwwwww【体験談】

<>1 忍法帖【Lv=14,xxxPT】  投稿日:2012/08/04(土) 03:10:30.02 ID:v6R7daoY0<>

初めて呼んだったwwwwwとりあえずスペック俺 25歳

彼女なし 童貞

身長173cm

体重80kg

フリーターデリ嬢 自称20歳 見た目18くらい

身長155cmくらい

ムチムチ巨乳

ギャル系

性格超明るい やや天然?

昨日は九時で仕事終えて

そのあと職場の先輩二人と俺の三人で仙台の町に飲みに出た。

先輩が気になると言ってたキャバクラで飲んで、次におっパブ、

シメにデリヘルと、フルコースの遊びをしようという話になった。仙台についたのがなんだかんだで10時過ぎ、

キャバクラで女の子にちょっかいだしたりして楽しんでた。キャバクラでちょっと飲んで、12時近く。ほろ酔い気分で


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月16日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【おっぱい・巨乳】デリヘルの仕事で出会った、変わった3人のお客様【体験談】

名無しさん(20代)からの投稿

—-

私は23歳のデリヘル嬢。

高校卒業後、普通のOLをやったが、色々嫌なことがあり2年で辞め、デリヘルの仕事を始めた。

今年でデリヘル3年目。

●私の自己紹介。

名前はミサトで、顔は普通レベルだと思う。

スタイルは自信あり。

ってかこれだけでデリヘルで人気出てるww

入店時に測ったスリーサイズは、103‐60-88。

ブラサイズはアンダー70のJカップ。

もう1カップ大きいと思うけど、市販で売ってないのでJカップを付けてる。

この大きすぎる胸が原因で、OL時代は上司のセクハラや同性からのイジメに遭って辞めてしまったが、今はこの胸のおかげで生活できてる。

良いのか悪いのか微妙な所…。

これは、デリヘルの仕事で出会った3人のリピーターになってくれた変わったお客様の紹介。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2014年3月6日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【学生時代】友人の彼女がソープ嬢(修正、書き直し)【体験談】

初めてのソープランドは高校を卒業し、大学に入学した直後で、18才だ。3学年先輩に、ソープが好きな人がいてその人からいろいろ教わり、その先輩の薦める店に行った。お金を払い、待合室から呼ばれて廊下でソープ嬢と対面し、挨拶する。彼女に導かれて部屋に入る。丸顔の若い子だった。その時は美人に見えた。その店の制服なのか、彼女の好みなのかわからないが、ビキニの水着とビーチウェアーだった。

そこで抱き合ってディープキスをした。ぎこちないキスだったのだろう。

「ソープは初めて?」

「ええ、初めてです。あのー、僕、まだセックスしたことがないんです。よろしくお願いします」

「まあ、童貞なの。それじゃ、今日が筆おろしね。えっ、高校卒業したてなの。じゃあまだ、18? 本当はここは20才以上でなければいけないことになっているけど、まあいいわ。私が筆おろしをするなんて嬉しいわ」

うそか本当か大学4年の女学生だと言っていた。

それじゃ、そのかごに着ているものを入れて裸になっね。」

上着とズボンはハンガーにかけて吊るしてくれた。

「脱ぐってどこまで脱ぐのですか?」

「ここはお風呂よ。風呂に入る時はスッポンポンになるでしょ。全部脱ぎましょうね。」

彼女が湯船にお湯をいれたりしている間に裸になった。これからのことを想像したからかもうペニスは勃起していた。彼女がわたしのペニスを見て

「まあ、立派なおちんちんね。楽しみだわ」

ビーチウェアを脱ぎ、前から私に抱きつくようにして

「背中のブラジャーのホックをはずしてくれない」

背中越しに腕を伸ばし、ブラジャーのホックをはずすと、彼女はブラジャーをとった。ふっくらしたお乳が現れる。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2014年2月11日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【童貞・処女】彼女いない暦25年の俺が高級ソープで感動【体験談】

東京都/マジカルさん(20代)からの投稿

—-

25歳の社会人1年目(研修中)。

身長175cm、顔;フツメン(だと思うけど自信はない)

性格:真面目系クズで人見知り+引っ込み思案。

彼女は25年生きてきて1度も女性とデートに行ったことがなかった。

女性への免疫が全くなかった。

高校は男子校だったが、大学は共学だったのに。

もちろんセクロスもしたことなんてなかった。

ちなみに行ったのは年明けのお正月休み。(3が日過ぎの昼)

25年間彼女がいない俺はクリスマスを1人で(家族がいるから完全な1人じゃないが)過ごしていた。

男1人で悲しいクリスマスを過ごし、しかもお正月も独り身で過ごすのは嫌だと感じていた。

そこで俺はクリスマス後の26日から本番(セクロス)が出来る風俗店をサイトで漁り始めた。

まず店を探す前にやったこと、それは

先駆者である今まで童貞だった男性が書いたであろうブログを読み


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月10日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【大学生】クリスマス当日に彼女に振られ、失意の中デリヘルを呼んだ【体験談】

だいぶ前の話にはなるが、学生時代のクリスマスの事である。

当時付き合っていた彼女とクリスマスイブに約束をした。

彼女は当日バイトが夜まであり、当時2人共実家暮らしだったので近場で外泊して翌日どこかに出かけようと算段していたのだ。

宿泊は、お互いの家からほど近い神奈川のブティックホテル。

予約が出来なかったので、スイートルームを確保するため19時から前入りした。

私の胸は高鳴っている、付き合って2ヶ月ほどだが、ここ1ヶ月はお互い忙しく全く会えていないからだ。

ケーキも用意したし、プレゼントも抜かりはない。

準備は完璧だ。

しかし、待てど暮らせど彼女から連絡がない。

21時、22時。

いつもならとっくに連絡があっても良い頃である。

何かあったのかもしれないと何度も電話をしてみたが、一向に出る気配がなかった。

絶望しながら部屋を出るか迷っていた時に、彼女から1通のメールが届いた。

悪意を持って意訳すると。

『他に好きな人がいて、今その人とまぐわっているからお前は消えろ』


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2014年2月4日 | セックス体験談カテゴリー:大学生との体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ