最新情報

【のぞき・盗撮】3年A組の男子達の災難〜特別編【体験談】

教室にズラーと並ぶ男子の白いパンツ姿は、女子にとって何ともいえない壮観な光景だった。しかも、着替えはバスタオルさえ着けてはいけないという久子の絶対的な命令で、男子たちは皆両手をアソコに押し当て、顔は恥ずかしさからか、赤ら顔でうつむいたままだ。廊下にいる女子からは、着衣が残り一枚となった男子を見るにつけ、「あと一枚」コールが鳴り響いている。それを制するように久子は、

「静かしなさい。いい?今から男子には、女子が あの時受けた気持ちを味わってもらいます。」「では、パンツを下ろしなさい」

男子はお互い横を確認しながら、そろそろと降ろしていく。



男子は皆パンツを足元に下ろしたまま、気をつけの姿勢を取らされている。

「みんなまだ毛があんまり生えそろってないね」「ヤダ、稔ったらちっさーい」「うん、お毛毛の長さに負けてるよね」

女子のあちこちでは、男子のアレの品評会が始まっている。中でも稔の小ささには皆、驚いているようだ。

「今、みんなの前で裸にされてどんな気持ちかしら?」

久子は男子の身体と顔をそれぞれ見比べるようにゆっくり往復しながら剛司に声をかけてきた。

「く、悔しい…..です」「稔くん。女子にそんな小さいおちんちんを 見られた気持ちはどんなものかしら」「すごく恥ずかしいです」「恥ずかしいよね、悔しいよね。女子もあの時 そんな気持ちを抱いていたってこと知っていたのかしら」「知りませんでした」「考えたこともなかったでしょう。女の子がブラジャー姿を 男子に見られるって事はおちんちんを見られるくらい 屈辱的なことなの。分かった?」

「あら、隆くん、こんな時に勃起するなんていやらしい。 何を考えていたのかしら」「誰々ちゃんのおっぱいとか、裸の姿とか想像してたんでしょ これがイケナイのよね、これが」

隆のチンチンを上へ上げてみては下へ下ろす、久子は無表情でそんな動作を繰り返している。

「あら、アナタまで何ですか。アナタも女子の裸を想像してのね。 この聞かん坊を何とかしなさい」

久子のストレートな言葉に勃起する男子が続出し、久子は男子のそうした状態を見つけては、説教と共にそれを握って上下運動を繰り返す。そんな中、裕太の様子がおかしい。

「裕太くん?どうしたの。こんな時に想像はダメって 言ってるでしょ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:のぞき・盗撮の体験談

【レイプ・陵辱】逆ナンパ【体験談】

去年に友達4人(全員女)でプールに行った時の事。

友達と売店でお昼ご飯を買ってたらいきなり後ろから

「ねえねえ!」って感じで男の人が声をかけてきたから振り返ると、

なんと中学生2人組!しかも1人はあきらかに中学生ってわかるぐらい背が低くて童顔!!すごく笑えたけど、その時は私達も2人だったから

一応「友達いるから。」って言ってその場を離れたんです。それでも彼等はしつこくついてきて「一緒にあそぼ~よ」とか言ってくるから

だんだん腹が立ってきて「ガキに興味ないから。」って言ってやったの♪そしたらいきなり逆ギレして「うるせー!ブス!」

とかいって目の前でツバをはいたりしてきたんです。私の友達はそれでとうとう怒っちゃって背の低いほうの彼の髪をつかんだんです。

それと同時に私達も「あ~あ。し~らない。」

「この娘の彼は怖いからね~♪」とかいってやったの♪実際はそうでもないんだけど・・・彼等はそれですごくビビッちゃって黙ってた。

それで調子に乗った私達は4人で彼の海パンを脱がして足元から抜き取ってやったんです。

私達は大爆笑♪その間にもう1人の彼は走って逃げてっちゃったけど…。周りには他にも女の人がいたわけで…脱がされた彼は、かなり慌ててた(笑)

まだ毛が生えてなくて皮が被ってたから、割り箸でつついたりつまんだりして

「こんなんでよくナンパするよね~♪」とかいって苛めてやった。さすがに泣きそうな顔してたけど、結局、最後は友達が彼の海パンを女子トイレに捨てて彼は帰してやった。

あれからどうなったんだろう?それにしてももう1人の友達もひどいよね・・・。

男ってそういうもんなのかな?

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:レイプ・陵辱の体験談

【乱交・王様ゲーム】妻を試してみたら・・・【体験談】

私は46歳(竹本 勇作)、妻は42歳(小夜 158・86・60・88)の夫婦です。

妻は年齢より若く見られ自慢の妻です。

息子(健太)は地方の私学の高校にスポーツ特待生として寮生活を始めた頃でした。

セックスレス気味だった夜の生活も復活し、私の永年の願望(3P)を妻に告白したのです。

以外にも妻は話しを聞いてくれました。

「時々、健太の中学の同級生のお母さんと出かけたりした時にね。話題になる時があるの・・・みんな不倫や出会い系で浮気してるのよ。A君のお母さんも御主人にすすめられて3Pしたんだって・・・」

「へぇ~女子会って凄い話しもするんだね」

「そうなの・・・パパ以外男性を知らない私が変だって・・・」

「変じゃないけど・・・小夜も経験してみる?」

「・・・パパがいいんだったら・・・」

  ネットで男性を募集したところ好反響ですぐに40人程の方からメールをいただきました。

湯上りでバスタオルを巻いただけの妻をパソコンの前に座らせメールを読ませました。

妻のバスタオルを取って後ろから胸を揉んだり乳首を弄ったりしながら妻に声をかけました。

「小夜とセックスしたい男達だよ。」

「・・・そうね・・・」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【レイプ・陵辱】女性センターの悪夢③【体験談】

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。 「はい、あ~んしてごらん」

 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。

 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。

 何度も。 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・ 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」

 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。

 「ほら、口開けて」

 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。

 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。

 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」

 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」

 女子高生の奈津子さんが言いました。 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」

 若い母親の一人が言いました。 「麻酔なしで、ちょきん!!」

 指ではさみの形を作って、言います。 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」

 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」

 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:レイプ・陵辱の体験談

【痴漢】初めて縛られた奥様の体験3【体験談】

『いやです。許してください』といったものの、視覚を奪われて、身体に力が入らなくなった状態の

奥様は、導かれるままに、ホテル部屋の玄関へと歩を進めていく。『いやです。許してください。』「では、きちんとした姿勢でいられるんだね。」『はい』再び、突起に触れ、捏ねはじめると、敏感になった身体は反応してしまう。『はあああ』膝が崩れる。崩れる身体を支えながら「やはり、奥様は、全裸で縛られている姿を、廊下で晒したいみたいですね。」

「口ではいやですと言いながら、廊下で晒されるために、わざと声を出したり、姿勢をくずしたりしているんでしょう」『違います。身体に触れるから・・・』「まだ、軽く触れているだけですよ」『でも・・・・』再び胸の先端と下の突起に触れる。奥様は、必死に口をきつく結び、声が出るのを耐えている。

指先は、先端、根本、上下、左右、回転し擦るように、時にはリズムを変えて、軽く叩くように・・・・

『ううううう』口は声をもらすまいと耐えているが、身体は、姿勢を保てず、くねり始める。足元はふらついてくる。

身体に力が入らないのであろう。

ふらつく身体を、玄関方向へ押すと、ゆっくりと玄関に向って自ら歩くように進んでいく。「玄関に着いてしまいましたね」

『いやっ』「廊下を通る人の声、聞こえますね。逆に考えれば、奥さんが、色っぽい声出したりしたら、廊下を通る人に、奥さんの艶のある声聞こえてしまうのでしょうね」

『んんん』縛られて張りつめている乳房の根元から絞り上げるように揉み解しながら、乳首を捏ね上げ、反対の手では、突起から尿道、膣の入り口を縦方向に擦りあげていくことを繰り返す。

『うううぐんんん』さっきよりも必死に、声を押し殺して耐えているが、『ダメダメダメ声が出ちゃう・・・』小さな声を押し殺しながら懇願しているが、指の動きは、激しくしていく。乳房の芯は、しこりができたように固くなってくる。そのしこりを押しつぶすように揉み上げ、下の突起に触れた指を激しくバイブレートさせていくと、『ダメダメダメ・・・いっちゃう』小さな声でありながら、呻くと身体を震わせながら、身体が崩れていく。愛撫していた手の動きを止めても、身体は震えている。『はううううう』「奥さん・・・約束を守れない奥様では、簡単に逝かせてあげませんよ」

続き、詳細は女神のSM快感天国で

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【近親相姦】義理の兄との秘密9【体験談】

その後の兄と私はさらに大胆になり、姉が家に居ても、ちょっと姿が見えなくなると、キスをしたり、触り合ったり、お風呂なんかでちょっと長い時間かかる時は、中途半端に挿入までいったりもしました、その時は必ずオナしないと寝れなくて、オナもたくさんしました。休みの日には、別々に出掛けて待ち合わせしたりもしました、だんだん野外でもする事が増え、その時は必ず私はスカートを穿くように言われ、もちろんノーパンで、いつでもどこでも、すぐに挿入出来るようにというので、私も初めはドキドキだったけど、いつの間にか癖になってしまいました。歩いていると、風で捲れそうになるドキドキや、屈んだりしたときに、後ろから見られそうになる事に快感を覚えてしまいました。そのせいで、いつも私のあそこは濡れ濡れで、すぐに兄に挿入されてしまいます、公園のベンチや、階段の踊場、電車やエレベーターの中でも、誰もいないとすぐに挿入され、太ももあたりまでヌルヌルになったまま歩いた事もあります。おそらくエスカレーターや椅子に座っている時は、私の割れ目がみんなに見られてたと思います、またそれでさらに感じてしまい、ちょっとピストンされ、クリをいじられると、何度でもすぐにイカされてしまうようになってしまいました。続く

セックス体験談タグ

|||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【乱交・王様ゲーム】職場の奥さんを従業員でレイプして【体験談】

俺は31歳で現在ハローワーク通いです。この4月までは定職に就いてたのですが、放漫経営の社長のせいで倒産しちゃっいました。

まぁでも半年余りは独身の俺たちには面白かった会社でした。その会社は地方都市ではまあまあの会社でした。

先代がやってた頃は社員も50人以上いたらしいのですが、急に亡くなり息子(当時は専務)が社長になってからが業績悪化の一途でした。

俺が入社した3年前はまだ20人ほどいましたが、昨年の夏には14人でやっていました。事務所も昔は若い事務員が4人ほどいたらしいのですが、業績の悪化とともにリストラして挙句に社長が若い事務員に手を付けてしまい奥さんが激怒して解雇してしまいました。

昨年は奥さんと多田さんという52歳のパートさんだけでした。この多田さんってのも曲者で、旦那も子供もいてるようでしたが家庭内別居らしいとの噂でした。

家にいても淋しいのか飲み会には必ず参加していました。

酒が好きで酔うと露出魔というか若い社員に絡む癖があるのです。

皆もそれを知ってるので酔わせてお触りしたり下着を脱がせたりして遊んでいました。

ただ歳も50を回ってるし、美人でもなく(不細工でもないが)痩せて貧乳でした。

貧乳でしたが多少垂れてたのでBカップぐらいなのかな?

乳首が大きなのが特徴でした。一度はカラオケで半裸までなって寝てしまいマ〇コをじっくり見せていただきましたが毛深くてクリが大きかったです。

本当は最後まで行きたかったのですが、誰もそれ以上はしなかったので俺も行きそびれてしまいました。

みんな独身でしたし溜まってたはずなんですが・・・

そして昨年の9月のある日。

多田さんから会社の不正な情報を聞いたのです。業績不振は誰もが知っています。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【乱交・王様ゲーム】妻が友人妻から1日限りのコンパニオンを頼まれた【体験談】

妻が初めてコンパニオンの仕事をした話です。事の発端は、近所に住む妻の友人妻(リエさん:33歳)からのお願いだった。

彼女と知り合った当時からコンパニオンの仕事をしている事は知っていました。

小学生の子供と強面の旦那!(挨拶程度のお付き合い)

まぁそれぞれ事情があるんでしょうから、何故コンパニオンの仕事を・・・何て聞く事も

ありませんでした。

子供が同級生だった事もあり、何度か顔を合わせる内にリエさんの人柄の良さに

妻も私も仲良くなった感じです。そんなある日、妻にリエさんから電話が掛って来たんです。

 「え~でも、やった事無いし・・・」

明らかに何かを頼まれている感じの会話で、妻が私をチラチラ見る事もありました。

電話を切った妻が

 「りえさん!」

 「どうしたんだ!」

 「明日の夜、仕事手伝って貰えないかって・・・」

 「手伝うって・・・コンパニオン?」

 「ん~やった事無いから出来ないって言ったんだけど・・・他に頼める人居ないって」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2017年12月29日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【近親相姦】義理の兄との秘密23【体験談】

家に帰ると姉に

二人で出掛けたのがバレて

怪しまれたけど

何とか言い訳して

ごまかすことが出来たの

それからしばらく

二人で出掛ける事を

控えていたから

もやもやが限界で

そんなとき

姉が友人と旅行に行く事になり

やっと兄と私は

二人きりになれたの

早速二人でシャワーを浴び

少し伸び始めていた


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2017年12月28日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義理の兄との秘密22【体験談】

ジュースを取って振り返ると

後ろに並んでいた男性がいて

ニヤリとしたので

おそらく私のお尻と濡れた

おまんこの筋を間近で

見ていたんだと思いました

私はジュースを一気に飲んで

兄に早く行こうと言って

自転車のところに行き

跨がるり乗り始めると

ひとこぎする度に

サドルでおまんこが刺激され

だんだんまともにこげなくなり

坂道が登れず降りてしまい

自転車を押し始めると


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2017年12月28日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ