最新情報

【友達・仲間】青森の19歳【体験談】

mixiで出会った子との話です。僕は見せたがりの露出魔で最近では、mixiで「僕のアルバムみてくれませんか?」のメッセージを不特定多数の女性に送信して、返事のあった子にパスワードを返信する手法で、おちんちんを見てもらってます。見た後、感想を返信してくれる子は少ないのですが、足跡で見たかはわかるので、勝手に満足していました。そんな日常を送っていたある日、以前にメッセージを送ったオリーブという子から返信がありました。内容は「はじめてみました・・・」というもので、これは!と思いすぐに、「もっと見る?動画もあるよ!」と送ると、「うん///」という返事が届き

何回かに分けてあらゆる角度のチンコ画像やエロ画像を見せてあげました。よくよくメッセージを通して、オリーブの事を聞いてみると、年齢19歳で体育系の専門学校に通うため青森から上京してきたようで、まだ友人も少なく寂しい生活を送っているとのことでした。高校時代は部活重視で付き合った経験もなく、もちろん処女ということで、何とか会ってみたくなり、1ヶ月くらいのメッセージのやり取りで、それとなく誘ってみました。「直接、俺の見てみない? できれば射精するところ見てほしい・・」返事は「恥ずかしい」といったニュアンスの返答で、会うこと自体を否定しているものではなかったので、とりあえず友達になろうということで、食事に誘いました。会ってみると慎重172cmで細身、肩までの黒髪でバレーボールの大林似の子でした。メールの印象よりも大人しい性格で、部活でもマネージャーっぽい役割で補欠だった様です。言えば言いなりになる感じの子だったので、すぐ車に乗せて人気のないところまで移動しました。しばらくたわいもない話をした後、「じゃ、見る?」と聞くと、下を向きながらうなずきました。その感じが可愛かったので、「ねえ、キスさせて」とお願いし、戸惑っている隙に口びるを奪い、胸をまさぐりました。板チョコにちかい胸は、ほとんど感触はなく残念でしたが、「勃起してるのわかる?」と手を誘導させてさすらせてみた後、「オリーブちゃんは濡れた?」と聞いてみました。「たぶん・・・」という返事を聞き、「ちんちん見たらどうなる?」っと聞きながら、一物を披露しました。恥ずかしそうに凝視された私のチンコは反り返り、かるく先っぽからカウパーをだしてしまってました。「こうやってじごいてオナニーするんだよ」と、見られながらしこしこしはじめると、アッという間に射精の時期を迎えてしまい、寸止め。その後、彼女にしごいてもらい、フェラもさせました。すると、ハアハアいながら食いついてきたのでびっくりしましたが、フェラも初めてとのことで、イク寸前で口をはなさせて、飛び散る精子を見せつけました。その後、彼女の股間をまさぐってみると、大洪水。ぐっちょぐちょ。オナニーはしてるらしく、そのやり方をききながら、指でイカせてあげました。その後、

何度も会い、処女もいただいたのですが、その話はまた今度。こんな感じの子がっ・・・ていうギャップがたまりません。

セックス体験談タグ

||||||||

2013年10月29日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】海〜誘惑【体験談】

私34歳主婦です。

夫は仕事人間で家にはほとんどいません。夜の営みは30代になってから10回程度で私は欲求不満です。

以前は出会い系をしてましたが、何か刺激が足りなくてネットで刺激になる事を探し約一年前このサイトを見つけました。

そして未成年の子と肉体関係を持つ話しを見て、私も去年の夏、海で刺激的な冒険しました。

私は歳の割にスタイルに自信はあったのでビキニで上にパレオを纏い海岸を探索して人気の全く無い岩場の陰で素潜りして貝殻を拾ってる男の子を発見して貝殻を数えてる正面にしゃがみ話しかけました。

「何してるの?」「貝拾ってる」「君何歳?」「11歳」ナント小学生でした。

「君一人?友達は?」「みんな部活あるから遊べないから一人で遊んでるの。」「実はオバサンも一人なの、よかったら一緒に遊ぼう?」男の子は私の顔を見ずに「…いいよ。」と一言。男の子は私のしゃがんだ股間をチラチラ見てました。

二人で貝殻を見て話しを聞くと地元の子で鍵っ子だそうです。

話しも弾み仲良くなって来て男の子も笑顔になり、はしゃいで海ヘ飛び込んだのです。私は岩の上から男の子を見ると男の子は私を手招きしてます。私はパレオを脱ぐと男の子の目線が胸や股間に注がれます。私は男の子目掛け飛び込み男の子に抱き着きました。男の子の胸に私の胸を押し付けました。もう一度岩に上がり男の子が先に飛び込みました。次に私が飛び込んだのですが今度は距離が足りず男の子の手前に落ちました。私が勢い良く海面に出ると男の子は耳を真っ赤にしながら私の胸を見てました。私の水着がズレて乳首がはみ出てたのです。実はこのハプニングは計算で飛び込む前にビキニの紐をユルメてたのです。私は気付かないフリをして泳ぎました。すると水着が取れてしまい私はトップレス姿になりましたがまだ気付かないフリをしていると男の子はまた岩に上がり私目掛け飛び込みました。私の前に沈み、しばらく浮いて来ません。男の子は私の胸をジックリ見てたと思います。私は男の子にわざと胸を近づけ心配するフリをして持ち上げました。「大丈夫?」男の子を岩場に上げると海パンが膨れてました。「アレ?何で大きくなってるの?」と言い私が自分の体を見て胸丸出しの姿に今気付いたフリをして胸を隠して「エッチ!何で教えてくれなかったの」男の子は顔を真っ赤にして「オッパイ見たかったから…」「そうか。でもオバサンのオッパイ見て興奮したの?」「…ウン」「ありがとう。オバサン嬉しい。でもオバサンこんな格好してるの恥ずかしいの」男の子は海から脱げた水着を持って来てくれました。水着を付けながら男の子の家族の状況を聞くと家には誰もいないみたいで両親は夜遅く帰って来るそうです。「じゃぁ家に連れてって。そしたらじっくり裸見せて上げるから。」「ホントに?ヤッター!」私はロッカーヘ行きシャワーを浴びてノーブラにTシャツ、スケスケのTバックにミニスカート姿で表に出ると男の子はもう着替えて待ってました。Tシャツに浮かんだ乳首ばかり見てました。男の子の家に付き中に入るとすぐに男の子は振り向きました。「焦らないで。君の部屋に案内して。」部屋に入ると男の子はベットに座り私はミニスカートを脱ぎ隣に座ります。もう男の子は勃起させながら乳首や透けた股間をチラチラ見てきます。私は向かい合うとキスしました。舌を絡め男の子の唾液を吸いました。男の子は体を動かさないでされるがママでした。唾液の糸を引きながら口を離し「いいよ。脱がせてねっ。」男の子はTシャツの裾を掴み捲くりました。私は脱がせ易い様に両手を上げるとTシャツは私から剥ぎ取られました。「オォ〜」男の子はオッパイを間近に見てます。鼻息が乳首に掛かりムズムズくすぐったくなります。

「触ってもいいのよ。」

男の子は人差し指で乳房をつつきました。「遠慮しないで揉んでいいんだよ。」と両手で胸を掴ませると男の子は優しく持ち上げる様に揉んで来ます。「ん…ん…上手ねぇ。」男の子は胸を寄せたりしてます。「ねぇ〜乳首も触って。」男の子は乳首を摘むと私の体がピクピク反応します。「しゃぶって。」男の子が乳首を舐めてくれると「アン、アン。気持ちいいよ。」と感じると男の子はさらに強く吸いました。しばらく男の子に胸を吸わせてから、今度は私が男の子を脱がせパンツ一枚だけにして男の子の首筋から乳首を舐めてパンツ越しに勃起したモノに触れると「アッ」と声を上げました。「窮屈そうね。パンツ脱がせるよ。」パンツを取ると長さは12位で子供にしては大きめ、太さはトイレットペーパーの芯位の極太。「オナニーしたことある?」「ウン。でも射精はまだ出ない。」私はホントに射精しないのか疑い

「オバサンにオナニー見せて。」と言うと男の子はオナニーを始めました。私は男の子が早く絶頂に達するために顔を胸で挟んで上げて、玉を揉んで上げると5分程で「アッ!」と言いましたがモノがピクピクしてるだけで精子は出ません。私は安心して生でハメる事が出来ると解り「いつも何回してるの?」「気持ち良いから五回くらい連続でしてる。」「痛くならないの?」「全然。」「そうなんだ〜。オナニー見せて貰ったお礼にオバサンの1番恥ずかしい部分見せて上げるからパンティー脱がせて。」男の子に脚を広げて横になるとすぐにパンティーを脱がされました。男の子は始めて見る女の部分に顔を近づけます。「触って。」男の子は手で撫でるだけです。「指入れて。」男の子は指を割れ目に入れました。「どう?ヌルヌルしてるでしょ?」「うん。」「ヌルヌルしてる理由は女性がチン○を入れて貰う準備が出来た合図なの。」「入れて良いの?」「すぐに入れてもダメ。もっと指で刺激して、そして舐めてからよ。」男の子の指が動き出します。部屋にはクチュクチュと音が響きます。男の子は私の反応を見て気持ち良い部分を刺激してくれました。脚を男の子の頭に絡めると男の子の指が抜け、今度は舌が入って来ました。男の子は私の液を音を立てすすります。気持ち良いのといやらしくすする音に興奮して我慢出来なくなり舐めてる男の子を寝かせて「じゃぁそろそろ入れるよ。オナニーとは比べ物にならない気持ち良さだからねっ。」私は男の子を跨ぎしゃがむと勃起したモノを握り少し割れ目に擦りつけ私の汁で濡らしてからゆっくり入れて行きました。「ホントにオナニーよりも何倍も気持ち良い。」「でしょ。腰を動かすともっと気持ち良いんだよ。」私はのけ反り動き出し「見て!私達今繋がってるんだよ。」と言うと男の子は見た瞬間にイキました。私の中でピクピクしてます。しかし男の子のモノは大きいままだったので気にせず腰を振ると男の子も腰を振り始め、私があまりの気持ち良さに前屈みになると男の子は胸を揉んで来ます。私は男の子の手に手を重ねて一緒に揉んでキスを求めました。唇を重ね舌を絡め合うと男の子のモノが二回目の痙攣をしました。「まだ出来る?」「うん。」「じゃぁ今度は君の好きな様に突いて。」男の子は一度抜きバックから入れて突いて来ました。私のお尻に男の子の腰がぶつかりパンパンと音が鳴ります。男の子は私の腰を掴み奥まで突くと私も腕に力が入らず前に倒れると男の子は体を動かし私を仰向けにして正常位にしてまた腰を振りました。私はベット頭のサクを掴み衝撃に耐えます。男の子は一度胸を揉んでから私の太モモを掴んでさらに激しい動きになると、私を限界に近づき男の子の腕にしがみつくと、さらに奥まで突かれる感じでした。「ハッ!イッ…イクッ…イクッ!…」私は絶頂を向かえ力が抜けました。私のアソコは男の子のモノを締め付ける様に波打っていると間もなく男の子も三回目の絶頂を向かえたみたいでした。男の子はモノを抜き、私の隣に横たわりました。「オバサン気持ちよかったわ。」「僕もだよ。」私の脇腹に何か硬い物があたってるのに気付き、見ると男の子がまだ勃起してたのです。「アララ?まだ物足りないの?」「うん。だって凄く気持ち良いんだもん。」「しょうがないわね〜。お口でしたげるから座って。」私がモノをくわえると男の子は私の頭にしがみつき、刺激を味わっています。男の子は途中から横になり私に身を委ねました。しばらくしゃぶってると私のアソコもまた潤って来たので体の向きを変え男の子の顔の上に股間を乗せると何も言わずに舐めてくれました。私も負けずに激しくしゃぶると口の中でチン○がピクピクしました。男の子は力が抜け私のアソコから口を離したので男の子の方を向きました。「そろそろ入れるわよ。またオバサンを気持ち良くしてね。」「うん。オバサンの事大好きだからいっぱい気持ち良くするよ。」「うれしい。いっぱい触っていっぱい突いてねっ。私も君を沢山気持ち良くしてあげるから。」私は男の子に跨がり再び一体になりました。すると男の子はオッパイに手を伸ばし腰の動きに合わせ揉んで来ました。人差し指で乳首を弄りながら揉むので私は若い時のセックスを思い出しました。私も男の子を気持ち良くしてあげたくて騎乗位のまま手を後ろに回して男の子の玉袋を揉んで上げると私の中で男の子がピクピクしました。でも男の子は休む事無く腰を振り、体を起こし座位になり抱きしめ合い舌を絡めました。二人共息使いが荒く獣の様にまさぐり合います。私は仰向けになり「来て!奥まで突いて。」男の子は私に覆いかぶさりこの日一番の激しいピストン運動をしました。私の胸もちぎれそうなくらい揺れ、男の子は本能のまま自然に胸を掴みラストスパートをかけました。男の子は汗だくで息を切らしながら私の中に突き刺しました。その瞬間、私は数年ぶりのオーガズムを感じ気を失いました。

気が点くと男の子が私の股に顔を近づけ観察してました。「やだ!そんなにじっくり見ないで。まだ元気そうね。でもオバサン疲れちゃったからもう出来ないよ。」「じゃぁまた今度してくれる?」「もちろんよ。止められないわ。」「明日は?」「いいわよ。私のケータイの番号教えるから連絡ちょうだい。予定が無ければ来るから。」机のメモ帳に番号を書き、男の子に渡し服を着て男の子の家を出ました。へとへとですが、体はまだほてって居て自宅に着いてから自分を慰めました。

次の日、朝9時に男の子から連絡が来ました。家に誰も居なくなったからと言う内容です。私は男の子の家に向かいました。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2013年10月29日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【童貞・処女】童貞の俺がマジックミラー号の撮影行ってきた 【体験談】

男20です

いちおスペック

顔:下の上

体系:普通

身長:160のチビです

今日は某有名なS〇Dさんの撮影でした



日常的に会話やメールをする女友達の数:(0人)



男女交際経験:人数(0人)

キス経験:素人人数(0人)

性経験:素人童貞ってやつです。

家族以外で生で胸や性器を見た相手:120になってから

家族以外で生で性器を見せた相手:120になってから




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2013年10月26日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【近親相姦】俺の姉【体験談】

俺の姉は、三つ年上でとっても綺麗で優しい姉さんだ。

今のところ姉には彼氏がいないみたいだった。

姉が短大生2年生で俺が高校二年の夏休みのことだ。

俺は、部活動とか面倒だったのでやっていなかったので家でごろごろしていた。

そんなある日、夜の9時を回ったころだと思うが、姉が白のヒラヒラのミニスカートにベージュのパンストという格好で玄関に向かっていった。

「姉ちゃん、どこ行くの。こんな時間に。親父に怒られるぜ。」後を追いかけ玄関ににいる姉を見た。ちょうど、姉はブーツを履くのに前屈みになっていた。

「!っ。」

白のヒラヒラのミニスカートの裾から見える姉のお尻。パンストからはノーパンのパイパンのワレメがしっかりと見えていた。しかも、うっすらと濡れている様だった。

姉はブーツを履き終えると、俺のほうを向き

「友達の所に行ってくるからね。」

見えたことに気が付いていないようだった。

「ウン。わかった。気を付けてね。」と言うと姉が玄関を出て行った。

姉が帰宅したのはその3時間後くらい経ってからだった。

俺は姉のあの光景が頭から離れず、悶々としながら起きていた。「何で、ノーパンだったんだ?何しに行ったんだろう。」その答えは次の日の朝に分かった。

朝起きて、姉の部屋の前を通り過ぎようとした時、姉の部屋の扉が少し空いていた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2013年10月25日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【恋人】川向こうの姉妹の話 【体験談】

俺が中2の時に家の前を流れる川の向こうにどうやら引っ越してくる物好きがいるらしいってのが噂になった

ど田舎だからそういう話がすぐひろまる

あっちではべっぴんさんだとか、こっちじゃイケメンだとか

とにかく根拠もない噂が2週間ぐらい出回った



その日は学校があったから一家が引っ越してきたのを知ったのは家に帰ってきてからだったな



母ちゃんに手紙を出すとさっそく挨拶してこいと言われた

俺はばっちゃんの漬け物とか持ってすんごい期待して行ったんだ



結論からいうよ

半分は期待通りだったんだ

普通のおばちゃんと超スタイルの良いお姉ちゃん(このとき中3)と矯正に眼鏡、おかっぱの妹が俺を迎えてくれた



何でこいつが同じ家にいるんだってくらい差が激しかった


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2013年10月25日 | セックス体験談カテゴリー:恋人との体験談

【友達・仲間】帰り道【体験談】

部活が終わり,友達と角で座って話をしてました。

誰の家へ行くかで話していると,自転車に乗っている①人の男の人が近くまで寄ってきました。

顔だけを見ると,フツーの人でした…。

しかし,下を見ると…ズボンのチャックが開いていて,そこから,

なんと,チ○コが出ていました。しかも,手で擦っていました。

唖然としたまま私達はそれを見ていました。

気が付いて,慌てて皆で学校に逃げました…汗

セックス体験談タグ

||

2013年10月24日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【近親相姦】近親との恋愛なんて普通は成立しない 【体験談】

1:名も無き被検体774号+:2013/01/20(日)08:44:10.24ID:/dgaGlDi0

まずはスペック。



俺、当時は高校1年から2年。

DQN、ボッチ。

身長は170ちょい。

結構モテたからブサメンでは無かったと思いたい。。。



姉、身長160無いくらい。

黒髪のストレート。結構髪が長かった。

年齢は俺の一つ上。

Dカップ。これは下着見たから間違いない。



妹、身長150ちょい。ちっちゃい子。

俺の一つ下。父親の連れ子。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2013年10月23日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【童貞・処女】姉や妹の下着でオナニーしてたら姉にバレた【体験談】

オレの家族は

・両親

・姉ちゃんの真樹23歳(OL)

・オレ貴史19歳(フリーター)

・妹の美加17歳(高校生)

の5人暮らし。

オレは高校1年の頃から、姉ちゃんと妹の下着を拝借してオナニーをするのが日課だった。

週末のある日、両親は町内の1泊2日の旅行。

姉ちゃんは週末になると彼氏とお泊まりデートで、妹は部活の合宿。

つまり、この日、家にはオレ1人。

なので、姉ちゃんと妹の部屋に入って下着を観覧してた。

夜20時頃、姉ちゃんの部屋からピンクの下着を拝借して姉ちゃんの部屋でオナニーをしてたら、突然部屋のドアが開き、姉ちゃんが

「貴史!お姉ちゃんの部屋で何してるの!?」

と姉ちゃんが部屋に入って来た。

オレは慌てて服を来て逃げようとしたけど、姉ちゃんが


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年10月22日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【おっぱい・巨乳】ヤンキーの女先輩2人に脅され、学校のトイレで射精させられた【体験談】

中学の時ブラスバンド部にいたんだけど、1人で教室で立ち上がって練習してたらどういうわけか勃起した。

放っておいたら上級生の女子2人が入ってきて、それを見て爆笑され…それから

「中どうなってるか見せて」

と言われた。

内気だった俺は恥ずかしがっていたが、

「誰にも言わないから見せて」

と2人組に言われてモジモジしてると、

「1年○組の○○君は勃起して練習してたって××ちゃんに教えちゃうぞ」

と言われてしまった。

××ちゃんとは恐らくこの2人組と同学年の憧れの先輩の1人だった。

部内は元より、××先輩にそんな事がバレたらもう学校に行けなくなる…そう思った俺は仕方なくその2人組に近づいた。

「おぉ?見せてくれるん?」

そう言った後、2人組はお互いに

「ねー見た事ある?」

「ないよぉ、見たい?」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2013年10月21日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【高校生】クラスの巨乳女子が忘れられない【体験談】

高2の時のクラスの巨乳が忘れられない

推定Fカップ、多分学年一 体だけ男子の噂になっていた



顔もまぁまぁ可愛く、体型はスリムでは無かったが

全体的にエロい雰囲気を出していた。



意識し始めたのは修学旅行の時。バスの中で爆睡し、

太ももを露わにしてたのを見て帰って速攻抜いた。



授業でも、先生の変態話や漢文で「万個」等の単語が

出てくると過剰反応。



当時彼女には彼氏が居て、一週間に一度ヤってるという事実も発覚。



あれだけエロいと当然だよな・・・


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2013年10月21日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

このページの先頭へ