最新情報

【童貞・処女】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録 【体験談】

ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。彼女は芽依、まだ2年生の女子校生だ。



私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。



彼女は、今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。でも、私は彼女は磨けば光る原石だと気がついた。

そこから、私の調教の日々が始まった。





私の車に派手にぶつかり、雨の中転倒した彼女は、ずぶ濡れになっていた。

『ゴメンなさい! 傘で信号が見えませんでした。本当にゴメンなさい!』

ドアがベコッとへこんだ私のBMWX6を見て、青い顔になっている彼女。私は、保険も入っているし、金銭的には余裕のある立場だったので、逆に彼女の怪我や自転車のことを心配した。



そして、私のマンションがすぐ横だったこともあり、一旦彼女を招き入れた。びしょ濡れになり、謝り続ける彼女は、私に言われるままに私の部屋までついてきた。普通ならば、初対面の男性にくっついて部屋まで来たりはしないと思うが、そんな事も判断できないほどにパニックだったのだと思う。

ただ、この時の私には下心はなかった。子供相手に怒りもなければ、性的な対象としても見ていなかった。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2015年5月6日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【寝取り・寝取られ】王者 【体験談】

最近彼女の様子が何かおかしい。

僕には高校の時から付き合っている「さやか」という彼女がいるのだが、最近その彼女が全然僕と会ってくれない。

久々に会えると思っても、急に用事が入ったり、体調を崩してしまったりとかで、ここ数か月は本当に会えない日が続いている。

ちなみに僕も彼女も今年の春、大学に入学したばかりの大学1回生なのだが、残念ながら通っている大学が違う。

僕としては彼女と同じ大学に入りたかったのだが、向こうの親の方針で彼女は女子大へ行くことになり、それは不可能となってしまった。

しかし、お互いに大学には通いで、家もさほど遠くなかったこと、一番はお互いにラブラブだったこともあり、彼女と話し合った結果、もちろん大学に入っても恋人関係を続けていこうと言うことになった。

僕も彼女の行く大学が女子大だったこと、また彼女が本当にしっかりした性格だったこともあり、安心して今まで通りの関係を続けていけるだろうと何の気兼ねもなく思っていた。

また、彼女は誰にでも優しく、元気で、容姿も端麗で、僕からすれば本当に完璧な女性であった為、通う大学が違うからと言って、彼女を手放したくはなかった。

さやかは、顔もミタパンとかいうアナウンサーに似ており僕の好み中の好みで、本当に僕からすれば完璧の女性だった。

彼女とは高校の部活で知り合い、色々な苦難を乗り越え、切磋琢磨している内に自然と付き合うことになった。

彼女は男女いるうちの女子部長だった。もちろん僕は部長でなはい。男の部長は他の奴だ。

僕は特に運動神経が良いわけでもなく、しょっちゅう怪我をしてチームの足を引っ張ったりしていたのだが、そんな僕を毎回気にかけてくれたのがさやかだった。

僕は頼りなく、さやかは、おせっかいなぐらい責任感があり、今となっては情けないが、このお互いの特性の相性が良かったんだと思う。

彼女も僕と付き合ってくれた理由として、僕が危なっかしくて、ほっとけないし、過程はどうであれ接しているうちに僕が純粋で優しくていい人だとわかったから付き合ったと言ってくれた。

付き合えただけでも最高だったのだが、さやかの初めての人が僕だと知った日には本当に感極まって嬉しかった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2015年3月15日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【高校生】【初体験】本屋でグラビア写真を見てたらGカップの芽依子が話しかけてきた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

「ねえ、これ見て」

ソファーで新聞を読んでいると、妻が写真を差し出してきました。

ニヤニヤしているので何かあるなとは思いましたが、写真を見て納得しました。

「よくこんなの持ってたな」

写真には10年前の僕と芽依子が全裸で写っています。

芽依子は満面の笑顔。

僕の笑顔は引きつっていました。

「昨日実家に帰ったじゃん。机に入ってたの見つけたんだ」

「おいおい、ちゃんと隠しとけよ。見つかったらヤバいだろ」

「なに偉そうに。童貞卒業直後だから恥ずかしいんでしょ」

小悪魔としか言えない顔を近づけてきます。

じっと目を見られ、僕は眼をそらしました。

図星だったのです。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月6日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【寝取り・寝取られ】東京の女子大に進学した彼女 【体験談】

<>923:えっちな18禁さん:2011/05/30(月)08:46:28.95ID:36F+rl0W0<>



中学から付き合い始めた彼女は推薦で都内の女子大に行き

俺は一浪して地方旧帝目指してたんだけど



一年位は、ほぼ毎日連絡取り合って帰省の度に会ったりしてたけど

半年位で寝取られました(尋ねて行ったら同棲してた彼氏が出てきた)。



まぁ勉強は手に付かないわホント落ち込んだわ実際。



今、お互いUターン就職して、何度か同窓会とかで顔を合わせてるけど

元彼女はまだ結婚してない。



<>925:えっちな18禁さん:2011/05/30(月)10:38:45.22ID:bBCpgiZq0<>




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2015年2月18日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【童貞・処女】彼氏と別れたくなくて親友を売ってしまいました【体験談】

サユミさん(10代)からの投稿

—-

リエ視点の話

担任女教師視点の話

ミサ視点の話

ミサ視点の続き

私には中学時代に親友がいました。

その子の名はリエと言って、私とは違って裕福な家の女の子でした。

境遇はかなり違いましたが、中学校に入学した頃からリエとはウマが合って、クラスも部活も違うのにどうしてだか仲良しでした。

そんなリエにも話していない秘密をお話しておきたいと思います。

私は恋に奥手な方でしたが、中一の二学期になった頃、突然恋に落ちました。

相手の男の子は高倉くんといって、同じクラスの学級委員をしている子でした。

高倉くんは背が高くて勉強が出来て、おまけに運動神経も良いらしく、男子の中でも一目置かれていました。

そんな高倉くんに憧れる女の子は何人もいて、私もそのうちの一人でした。

最初はただ憧れていただけだったのが、気がついたら学校ではいつも高倉くんのことを目で追っていて、女の子同士の話で高倉くんの名前が出ると、自然に耳が反応してしまっていました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月8日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【寝取り・寝取られ】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた2 【体験談】

私は中学の教師をしていて、もうすぐ50歳になるが未だに未婚だ。そして、恋人も20年以上いない。ただ、私には20年以上調教を続ける愛奴隷がいる。

優香と初めて関係を結んで以来、私の歪んだ性癖が発露し、優香も私の歪んだ性癖に引きずられるように、マゾとしての素質を開花させていった。

でも、今になった思う。引きずられて、操られたのは私の方だったのではないかと……。





3年生になった優香は、急速に女性の体になっていった。もともと同級生と比較しても大きめだった胸は、さらに大きくなり、幼く可愛らしい顔も美人という感じになってきた。

私は、どんどん優香にのめり込んでいった。本当は、恋人同士のような関係になりたいと思っていたのに、優香の目が、私を見る期待のこもったその目が、私にご主人様らしく振る舞うように強制していたように思う。





#8212;#8212;教壇に立ち、自習をする生徒を見ながら、私は興奮していた。



優香は頬を赤くして、泣きそうにも見える顔でうつむいている。

優香のショーツの中には、当時出たばかりのリモコン式のローターを仕込んであった。当時のモノは、音も大きく、振動の種類も1種類しかないようなちゃちなモノだったが、私の機械工作の知識を生かし、改造していた。

モーターもマブチモーターの静音タイプのモノにして、電池も真空管ラジオに使う高出力のモノにしたりした。そして、的確にクリトリスを刺激出来るように、ショーツも改造してローターを固定出来るようにした。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2015年2月6日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【寝取り・寝取られ】天然パイパンの嫁が甥っ子に覚え込まされた 【体験談】

今日から、毎年恒例みたいになっている別荘での休暇だ。と言っても、複数の会員でロッジをシェアするタイプの別荘で、とくにウチが金持ちという事でもない。



でも、経営している小さな不動産事務所もそれなりに順調だし、嫁も娘も可愛くて文句がない。

その上嫁はまだ33歳だ。そして、娘もまだ11歳なので、かなり若いときに産んだことになる。私が、まだ大学生だった嫁を妊娠させてしまって、当時はけっこう大変だった。

でも、こうやって結婚して今に至るし、幸せだと言い切れると思う。ちなみに私は37歳だ。





嫁の千里は、見た目は清楚な感じだ。ミニスカートで一世風靡した森高千里によく似ていると言われる。そして、実際の森高千里とは違い、かなりの巨乳だ。嫁の母親もおばあちゃんも巨乳だったので、遺伝的な要素が強いのだと思う。ちなみに、まだ小学6年生の娘の愛花も、すでにかなり膨らんできている。





嫁は髪もほぼ真っ黒で、ブラウスとかサマーニットみたいな服装が多いので、清純で上品な女性に思われることが多い。でも、中身はかなりエロい女だ。



妊娠しているときや、出産直後も含めて、結構な頻度でエッチをしている。私から誘うこともあるが、ほぼ嫁の方からお誘いがかかる。

もう少し頻度が下がるといいなと思ったりもするが、出産を機にレスになる夫婦も多いと聞くので、贅沢な悩みかもしれない。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2015年1月16日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【おっぱい・巨乳】寝坊して焦ってノーブラで電車に飛び乗ったけど最悪な一日だった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

大学時代の夏休み前の事です。

その日は寝坊して目を覚ましていつもより20分も遅く起きてしまい、慌てて顔を洗って化粧をして学校に向かいました。

私の家は駅がすぐ近くにあるので、家を出るとすぐに電車に乗る事が出来ます。

慌てて電車に乗ると、なんとかいつもの時間の電車に乗れました。

どうしても遅刻出来ない学校だったので、ホッと胸を撫で下ろしました。

私は電車の中ほどの釣り革に掴まり、前の座席にはサラリーマンらしき若い男が座っていました。

その男性がなんか私の胸の方をチラチラ見ているような気がしましたが、いつもの事なので無視していました。

でもなんか気になって自分の胸を見ると、なんとトップが透けていて、思わず「あっ」と小さく声を出してしまいました。

ブラを付け忘れていました。

なんか胸が揺れるなーと思ってはいたのですが、あまりに急いでいたためなのか、パジャマの時の癖が出てしまいました。

慌てて前屈みになって胸を隠しましたが、シャツ一枚なので乳首のところが色が透けているようでした。

それをサラリーマンが凝視していました。

恥ずかしかったので腕で何とか見えないように隠しましたが、自分でわざとブラをしていないと思われてるみたいで恥ずかしかったです。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2015年1月13日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【大学生】アナニーを極めていつでも絶頂にイケるようになったけど人生が終わった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

アナニー極め過ぎて悟り開いたら人生詰んだ・・・。

◯現スペック

年齢:29歳。

顔:フツメン~ブサメン。

体型:普通。

順を追って説明していこうと思う。

特にオチも無いんで、興味がある奴だけ読んでくれ。

まず高校の頃、俺は超優等生キャラだった。

部活では部長を務め、成績も上位クラス。

一時期は生徒会役員も務めていたが、秘かに2日に1回はオナニーをこなす初級オナニストでもあった。

そんな俺が実家から遥か彼方九州の大学の理系に進む事になった。

念願の1人暮らし、やる事と言えば・・・そうオナニーである。

今までの親の動きにビクビクしながらの隠れオナニーではない。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2015年1月8日 | セックス体験談カテゴリー:大学生との体験談

【寝取り・寝取られ】嫁には3人の恋人がいた2 【体験談】

私は、実際に自分の目で見ても、まだ信じられなかった。まさか自分の妻が不貞を働いていたなんて、まったく気がつきもしなかった。

ピルの件も、生理を軽くするためとか、他の理由だと思っていた。



それがいま、画面の中では売春婦のような格好の優香が、ソファに両手をつき康夫君を誘っている。誘っていると言うよりは、命令しているという感じだ……。



優香は、普段は白や薄いピンク系の下着しか身につけない。ナースだったときのクセだと言っていた。多分、透けないようにということだと思う。ただでさえ、その大きめの胸のせいで、患者にセクハラめいたことをされる機会が多かった優香のことなので、とくに気をつけていたのかもしれない。





それがいま、黒の穴の開いたショーツとブラを身にまとい、ガーターベルトにストッキングまでしている。

普段は清楚系の格好ばかりで、顔もおっとりとした優しい顔の優香が、こんな格好をしているとギャップですごく淫靡に見える。



でもそれは、私のための下着ではなく、はるかに年下の、しかも息子の同級生のための下着だ。

息子の交友関係はほとんど知らないので、康夫君が息子の友人なのかどうかは知らなかった。報告書を見ると、それなりに仲の良い友人ということのようだ。



康夫君は、さっきの優香との恐ろしくエロいエッチで、勢いよく射精しすぎてセルフ顔射をしてしまった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月6日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談
3 / 14112345...102030...最後 »

このページの先頭へ