最新情報

【会社・職場】「性の風景‥工場Ⅰ」【体験談】

 会社に勤め始めてからは 自分のSexと他人のSexがハッキリ分離してきた気がします。それは今までの混在していた行為から考えれば 「会社が マスのオカズの仕入れ場所」ではあっても、「それを見ながら マスを掻く場所では無かった」と云うことです。会社はもちろん仕事中心の場所ですから 会社でそれを求めることは無いのですが、身体を張ることでは有名な企業でしたから 社内の気風も荒く、Sexの話しでもオープンで単刀直入に口にされ、アヤも情緒もあったものではありません。

 例えば同じ工場の同僚で 組合の役員なども兼務する遣り手の男などは 奥さんが永年胸を患っていたこともあり、月に2〜3辺は奥さん公認で 当時まだあった工場近くの赤線(遊郭)に泊まります。翌朝はスッキリした湯上りみたいな顔をして出勤し、「いやぁ 昨日はヨカッタ!。朝起きて締め括りに もう一発お願いしちゃいましたよ!」なんて云う訳です。そんな調子ですから 赤線へ行くのも、帰りに一杯やるのと同じ感覚で「つあわない?」なんて云うのが日常でした。

 また今思うと 時代の状況が懐かしく思い起こされます。別の同僚は 結婚話のとき、挙式の日取りの話で 相手方の親が「日が良い悪い」に拘っていたら、「仏滅にでも 子供を生みゃぁがったら、押し込んで 絆創膏でも貼ってやるぞ!」と啖呵を切った奴です。この男の独身時代の行動は傍若無人で ある夕方会社を出ると濃い化粧の女が待っていました。高く靴を一足さし上げて 大きく振っています。後で聞いたら 昨日呑み屋で一緒になったオンリーさん(街娼に対して 当時の占領軍軍人の相手を決めてお相手する女)で、意気投合してその女の家で雑魚寝していたら 相手の黒人が朝からやって来たので、「殺されない内に 裏から裸足で逃げ出したんだ」と云っていました。

 工場の現場の組長連中の話も 夜勤での夜中のムダ話も、多くは 戦争に行った時の思い出と猥談でした。しかしそれは猥談と云うには あまりに明るい話し振りで、「イヤ そのとき一晩に7回ヤッタら、最後は出るもの無くて 煙(けむ)が出た!」みたいな話しでウソだか冗談だか…。組長二人が工場の帰りに 自転車乗ってて小川に落ちた主婦を助けた話しでも、「おめえは ああ云うときでも手が早い」「何で?」「オレは 頭の方で、オメエは 足の方だった」「イイじゃ ねえか」「ヨカ ねえよ」「何で?」「あの女 パンツ穿いて無くて オメエの方が良く見えた」「そういやぁ 具合よさそうなモノだったなぁ」…で大笑いです。

 大笑いと云えば 工場で昼休みに事件が起こったことがあります。ある日昼休みの時ならぬときに救急車が工場に走り込んで来ました。こういう情報は 1時間もしない内に工場中に知れ渡るもので、それに拠れば「抜けなくなった」のだそうです。「何が?」って アレがですよ。前から仲が良かった従業員の男と女が道具置き場にしけ込み 一戦に及んだところ急にそこに踏み込んでくる奴がいて、女の方がビックリして ペニスをヴァギナに入れたまま「膣痙攣」を起こし、抜くに抜けず二進も三進も行かなくなったので 救急車で病院へ運んだのだそうです。痛がるし 担架には二人一辺に乗せられないしで、大変だったそうです。知ったかぶりをする奴が「そう云うときには 水をぶっ掛けりゃいいんだ」と云いましたが 犬じゃあるまいし!。

 その中で唯一 私が家でのマスの「オカズ」になったのは 工場に配属されたサッカーの選手のマスを見たことです。私もまだ女性の肌を知らず 視覚的バイ・セクシュアルの気味があった時代ですから、何だかベタッと肌に来そうな 女性と遊ぶよりも、乾いた小麦色の肌で腰が締まり逆三角に胸の張った その男の入浴時の裸体の方に、見飽きない 魅力を感じていました。それ以上別にどうしたいと云う訳ではなく 見れば「イイナア」と思うだけのことです。この男は大変な女好きで 昼間は豪快に女のことを語り、常に自分がヤッタ女の記録をノートに付け 「何時間で 何回イカシた」などと自慢していました。

 会社には当直の制度があって 技術系の係員は三交替を組んでいますが、事務系は一晩ずつ当直で泊まるのです。私が夜勤の時にその男が当直の時があり 私は現場を巡回した後「アイツ 風呂へでも入っていないかな」と思い、事務所に帰る前に 別棟の風呂場へ回ってみました。当時は日本全体が戦後復興の最中で 生産設備には金を回しても建物にまでは金を掛けられず、風呂場なども腰周りは1m半くらいの高さのモルタルですが 上は風除けにガラスを嵌めただけの粗末な造りです。私が巡回の道順の関係で風呂場の入り口の反対側かの窓の方から近付いて行くと、果たして今 その男が風呂に入っています。(Ⅱへ 続く)(ブログ「茫々録・走馬灯」より)

セックス体験談タグ

||||||

2013年7月30日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【恋人】ベスカ※ネタ投稿 【体験談】

41:えっちな18禁さん:2007/03/22(木)14:46:11ID:4CF0CddaO

俺の彼女はとても良い子。俺が友達から借りた金を体で返してくれている。一晩で一万円。だからいくらでも借金ができる。ホントに良い彼女だ。

友達に一晩一万円で貸し、家に帰って来たら、俺は烏龍茶をそっと出してやる。

彼女は【ありがと】と、嬉しそうにそれを飲み干し、グッタリとなって眠ってしまう。俺はそんな彼女に布団をかけてやる。俺もとても良い男だ。

彼女は最高の幸せを感じていることだろう。

俺達はBestCouple!







48:えっちな18禁さん:2007/03/23(金)07:03:44ID:D1gsYw8U0

41

だったら中半端な事せんで沈めればええやん





49:えっちな18禁さん:2007/03/23(金)08:01:26ID:zabwaQv+O
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2013年4月6日 | セックス体験談カテゴリー:恋人との体験談

【近親相姦】対面座位素股→セックス 【体験談】

の続編。



そこまでくると一気に最後までいきつくのは時間の問題と思われるかもしれませんが、

実際のところそうなったのは随分あとの事です。

それというのも僕自身はその行為だけで十分満足でしたし、いくら何でもそれは絶対にしてはいけない領域であると

自覚していたのも確かです。

とにかく小学校を卒業し、中二になるまで長い間その艶めかしい行為だけで満足していました。

中学に入学するとバスケ部に所属していた事もあるのかもしれませんが、ぐんぐん身長が伸び始め

夏頃には既に180cm近くになっていたと記憶しています。



その頃になるとまるで本当の恋人同士の夜の営みのように組んず解れつの肉弾戦となり

僕の求めに比例して母も求めてくるようになりました。

一番多かったのが対面座位の形で互いの下半身を擦りつけ合うというものでした。

お互いに顔を見つめ合いながら腰をグラインドすると互いに気持ちが盛り上がってとっても

うっとりするほど気持ちいいのです。変態と言われるかもしれませんが事実のところそうでした。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2013年3月20日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【レイプ・陵辱】うなぎ責め2 【体験談】

 吉原に軒を連ねる多くの遊郭の中では、中堅格とされている見世の一つに榊屋がある。

比較的若い見世なのだが、今の女将の手腕によって急成長をとげて今ではそこそこ名が通っている。

 さて、榊屋も遊郭である以上、遊女たちの仕置き用の部屋がある。足抜けを図る遊女たちは、今も昔も後をたたないのだ。

成功するはずもないと、充分に知っているはずなのに、である。

 それでも、大抵の人間は一度失敗すればそれに懲りて二度と足抜けを試みたりはしない。

だから、普通であれば仕置き部屋の常連、などというものは存在しないはずなのだが……榊屋には、それが、いる。

名前は、武蔵。遊女としては標準よりやや上か、ぐらいの容貌の持ち主なのだが、

ともかく気が強い。既に片手では数えられないほどの足抜けをくり返し、

その度に捕らえられてはきつい仕置きを受けているというのに、一向に懲りる気配を見せないのだ。

客とのトラブルも数多く、やはりその度に仕置きを受けるのだが態度が改まる気配がない。

今はまだそんなことはないが、この調子が続けば彼女が稼ぐ金よりも彼女のために強いられた出費の方が多くなるかもしれない。



 女将としても、頭を悩ませてはいるのだろうが、どういうわけか上得意の一人である

小次郎が武蔵に執心を見せているために思いきった対応が出来ないようだ。

いっそ、小次郎に身請けさせてしまえばいいのだろうが、武蔵の方では『絶対に、嫌っ』と公言してはばからないし、
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2013年3月3日 | セックス体験談カテゴリー:レイプ・陵辱の体験談

【男の子のオナニー】「性の風景‥工場Ⅰ」【体験談】

 会社に勤め始めてからは 自分のSexと他人のSexがハッキリ分離してきた気がします。それは今までの混在していた行為から考えれば 「会社が マスのオカズの仕入れ場所」ではあっても、「それを見ながら マスを掻く場所では無かった」と云うことです。会社はもちろん仕事中心の場所ですから 会社でそれを求めることは無いのですが、身体を張ることでは有名な企業でしたから 社内の気風も荒く、Sexの話しでもオープンで単刀直入に口にされ、アヤも情緒もあったものではありません。

 例えば同じ工場の同僚で 組合の役員なども兼務する遣り手の男などは 奥さんが永年胸を患っていたこともあり、月に2〜3辺は奥さん公認で 当時まだあった工場近くの赤線(遊郭)に泊まります。翌朝はスッキリした湯上りみたいな顔をして出勤し、「いやぁ 昨日はヨカッタ!。朝起きて締め括りに もう一発お願いしちゃいましたよ!」なんて云う訳です。そんな調子ですから 赤線へ行くのも、帰りに一杯やるのと同じ感覚で「つあわない?」なんて云うのが日常でした。

 また今思うと 時代の状況が懐かしく思い起こされます。別の同僚は 結婚話のとき、挙式の日取りの話で 相手方の親が「日が良い悪い」に拘っていたら、「仏滅にでも 子供を生みゃぁがったら、押し込んで 絆創膏でも貼ってやるぞ!」と啖呵を切った奴です。この男の独身時代の行動は傍若無人で ある夕方会社を出ると濃い化粧の女が待っていました。高く靴を一足さし上げて 大きく振っています。後で聞いたら 昨日呑み屋で一緒になったオンリーさん(街娼に対して 当時の占領軍軍人の相手を決めてお相手する女)で、意気投合してその女の家で雑魚寝していたら 相手の黒人が朝からやって来たので、「殺されない内に 裏から裸足で逃げ出したんだ」と云っていました。

 工場の現場の組長連中の話も 夜勤での夜中のムダ話も、多くは 戦争に行った時の思い出と猥談でした。しかしそれは猥談と云うには あまりに明るい話し振りで、「イヤ そのとき一晩に7回ヤッタら、最後は出るもの無くて 煙(けむ)が出た!」みたいな話しでウソだか冗談だか…。組長二人が工場の帰りに 自転車乗ってて小川に落ちた主婦を助けた話しでも、「おめえは ああ云うときでも手が早い」「何で?」「オレは 頭の方で、オメエは 足の方だった」「イイじゃ ねえか」「ヨカ ねえよ」「何で?」「あの女 パンツ穿いて無くて オメエの方が良く見えた」「そういやぁ 具合よさそうなモノだったなぁ」…で大笑いです。

 大笑いと云えば 工場で昼休みに事件が起こったことがあります。ある日昼休みの時ならぬときに救急車が工場に走り込んで来ました。こういう情報は 1時間もしない内に工場中に知れ渡るもので、それに拠れば「抜けなくなった」のだそうです。「何が?」って アレがですよ。前から仲が良かった従業員の男と女が道具置き場にしけ込み 一戦に及んだところ急にそこに踏み込んでくる奴がいて、女の方がビックリして ペニスをヴァギナに入れたまま「膣痙攣」を起こし、抜くに抜けず二進も三進も行かなくなったので 救急車で病院へ運んだのだそうです。痛がるし 担架には二人一辺に乗せられないしで、大変だったそうです。知ったかぶりをする奴が「そう云うときには 水をぶっ掛けりゃいいんだ」と云いましたが 犬じゃあるまいし!。

 その中で唯一 私が家でのマスの「オカズ」になったのは 工場に配属されたサッカーの選手のマスを見たことです。私もまだ女性の肌を知らず 視覚的バイ・セクシュアルの気味があった時代ですから、何だかベタッと肌に来そうな 女性と遊ぶよりも、乾いた小麦色の肌で腰が締まり逆三角に胸の張った その男の入浴時の裸体の方に、見飽きない 魅力を感じていました。それ以上別にどうしたいと云う訳ではなく 見れば「イイナア」と思うだけのことです。この男は大変な女好きで 昼間は豪快に女のことを語り、常に自分がヤッタ女の記録をノートに付け 「何時間で 何回イカシた」などと自慢していました。

 会社には当直の制度があって 技術系の係員は三交替を組んでいますが、事務系は一晩ずつ当直で泊まるのです。私が夜勤の時にその男が当直の時があり 私は現場を巡回した後「アイツ 風呂へでも入っていないかな」と思い、事務所に帰る前に 別棟の風呂場へ回ってみました。当時は日本全体が戦後復興の最中で 生産設備には金を回しても建物にまでは金を掛けられず、風呂場なども腰周りは1m半くらいの高さのモルタルですが 上は風除けにガラスを嵌めただけの粗末な造りです。私が巡回の道順の関係で風呂場の入り口の反対側かの窓の方から近付いて行くと、果たして今 その男が風呂に入っています。(Ⅱへ 続く)(ブログ「茫々録・走馬灯」より)
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|

2013年3月1日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

このページの先頭へ