最新情報

【痴漢】陸上部のJK.. 【体験談】

その子をはじめて目にしたのは4月のとある日だった。

新入生目当ての変態っぽいのが正面から密着していた様だったが、

触られだした途端に、蹴りを入れて撃退していた。

そんな事をすると仲間呼ばれて囲まれるのではと心配した。

案の定翌日数人に囲まれて何かされそうになっていたが、

またもや暴れて何とか撃退していた。



ああいう手合いは結構横の繋がりがあるようで、もは彼女に手を出す奴はいなくなったようだった。

彼女は部活に入ったのか部名入りのジャージで通学するようになっていた。



5月の連休明け、私は車内で部活ジャージ姿の彼女の後ろに立っていた。

以前から疑問に思っていたことを試すときがきたのだ。

「この子は、ソフトに触れられたらどういう反応を示すのだろう?」



運動部らしく5月にして既に軽く日焼けしたうなじを見下ろしながら


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2015年8月3日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【寝取り・寝取られ】言いなり(完結編)【体験談】

前編:言いなり(第二部)





<>152:コピペ:2005/12/12(月)23:29:28ID:SDX4LUx6<>



あれからも、妻は、毎週のように抱かれてます。

部長は夏バテも無く、絶倫は健在ですし、妻も鍛えてますので同じです。

軟弱者の私だけ、夏バテしています。

妻は、毎週部長に抱かれる事が、もはや生活の一部で当然の行為と受け止めています。

しかもそれが、今では快楽をもたらしてくれる。

妻も望んでいるのでしょう、週3回も逢ってしまうところまで進んだ。

部長の飲み会の後に2回、週末のゴルフ練習の後です。

さすがにまずいと思い、私は部長にお願いした。

「部長、週3回はまずいです。今回だけにして下さい」

「それは言えるな、今後は気をつけよう。でもな、それは久美子も望んでいたからだ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【痴漢】陸上部のJK.【体験談】

その子をはじめて目にしたのは4月のとある日だった。

新入生目当ての変態っぽいのが正面から密着していた様だったが、

触られだした途端に、蹴りを入れて撃退していた。

そんな事をすると仲間呼ばれて囲まれるのではと心配した。

案の定翌日数人に囲まれて何かされそうになっていたが、

またもや暴れて何とか撃退していた。



ああいう手合いは結構横の繋がりがあるようで、もは彼女に手を出す奴はいなくなったようだった。

彼女は部活に入ったのか部名入りのジャージで通学するようになっていた。



5月の連休明け、私は車内で部活ジャージ姿の彼女の後ろに立っていた。

以前から疑問に思っていたことを試すときがきたのだ。

「この子は、ソフトに触れられたらどういう反応を示すのだろう?」



運動部らしく5月にして既に軽く日焼けしたうなじを見下ろしながら


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2014年1月27日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【痴漢】AKB48渡辺麻友が“美尻”を自画自賛「メンバーによく触られてる」(画像あり)【体験談】

1:メイド・イン・ヘブンφ★:2011/05/14(土)15:37:45.96ID:???0



アイドルグループ・AKB48と渡り廊下走り隊の渡辺麻友(17)が14日、都内で初の写真集『まゆゆ』(集英社)発売記念イベント前に報道陣のインタビューに応じた。かねてより自身の“お尻”が自慢だという渡辺は、同作で念願の見開き2ページにわたる“お尻ショット”を掲載。客観的に自分の尻を見て「張りや弾力があって、改めていいお尻持ってるな」と自画自賛し、美尻を保つ秘訣を「メンバーによく触られてるので、触られることが秘訣かな」と愛らしく語った。



出典:AV行き決定だな

リンク:

セックス体験談タグ

||||

2014年1月26日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【寝取り・寝取られ】堕ちていくのは運命だった(4)【体験談】

松木氏は広子をまるで恋人のようにエスコートし、部屋中央に連れて行く、後ろ向きに立たせて、彼女の手を取り、両手のひらをそっと壁につかせた。



これから何をされるか察した広子は、覚悟を決めたように挑戦的になっていく、自らの美尻をわざと強調するように少し弓なりになり、松木氏を挑発してしまう。

女として、顔や体にある程度自信があって、その余裕から普段の装いは、清楚で知的さを演じている広子だが、今は勝手が違う。





広子は、自分が出会ってから間もない男の誘惑に負けて、簡単に体を征服されるような女ではないと、壁に向かって耐えようとする。

私に尻を無防備に向けさせる男、そして冷めた表情で、私を今見下しているような、こんな生意気の中年男の手には、容易には堕ちない。

だから絶対に感じちゃいけないし、感じている表情なんかは少しも見せまいと、彼女のプライドにも火をつけている。





ただ広子の今の決心は、まったくの無駄な抵抗のように、男の目は広子の体は勿論、彼女の心まで一気に侵略し、自分の女にしようとする雄の目をしている。



淡々と確実に、そしてその攻めはあくまでもソフトで、広子の少し突き出した美尻にそっと両手を添えていく。早速動きがある、ただ両手で両尻を包み込んだだけで、広子は思わず上を向き、口を空き、小さく「アッ」と声を出してしまった。その極小さな声だけでも部屋中に届いた。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||

2014年1月25日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【会社・職場】ダンサーの女の子を 続続編【体験談】

前編は以下のとおり







すすり泣くような声を洩らしながらいきそうになると舌の動きをとめ、またねっとりと舐めあげてから恥豆を舌先で左右にころがしてゆく。



これを何度も何度もくりかえされるうちにセリナはとうとうたまらなくなったらしい。



「・・・ねえ、おねがい、もうだめ・・・もう・・・・!!」

「・・・これがいいのか、セリナ・・・これが・・・」

「・・ああ・・・それだめええッ・・いっちゃうう・・・!!」



セリナはおれの顔を太股で思いきりはさみつけると、部屋中に響くほどの悲鳴をあげながら二度三度と腰をふりたてて昇りつめていった。



しつこいクンニで4回もいかされてしまうと、セリナはもうからだじゅうどこを触れられても敏感に反応するようになっていた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2013年9月20日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【会社・職場】ダンサーの女の子を 続編【体験談】

前編は以下のとおり





目の前に立たせたセリナの均整のとれたボディーラインにあらためて見とれていた



モデルばりに日本人離れしたプロポーション。

少しボーイッシュなセミロングの黒髪に気の強そうな切れ長の瞳。



ビーチバレーの選手を思わせる、ダンスで鍛えた健康的な肢体。

そして美しい褐色の肌・・・。



上着を脱ぐように言うとセリナは髪をかきあげてため息をついたあと、あきらめたようにジッパーをひきおろしていく。



すぐにゼブラ模様のセクシーなビキニにつつまれた、かたちの良いバストが現れる。ショウで汗をかいてまだシャワーをあびていないのだと思うと、おれは思わず生唾を飲み込んだ。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2013年9月19日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【大学生】学習塾の美人女子大生【体験談】

学習塾の事務室ででバイトの女子大生とやったっていう話



場所は都内某所の学習塾。そこで講師として働き始めて3年目の春、悠子(仮)がアルバイトとして入ってきた。



悠子は当時、大学2年生。系列の別の校舎で働いていたんだけど、彼女の引っ越しの都合で、こちらに移籍してきた。



麹町界隈の有名女子大生で、アルバイトとはいえ、仕事内容を意識してか、必ずスーツを着てくるきちんとした子だった。



身長は165cmくらい。緩くウェーブが掛かった肩より長い黒髪の、少し細面ではっきり言って美人。



スーツのせいも有るけど、腰が無理なくくびれていて、胸はCカップ。



尻は小さめだったけど、キュッと上を向いた美尻で、前屈みになると細い腰と絡んで、ものすごくいやらしいラインになっていた。



足首も細いわりに、ふくらはぎなんかは結構張りがあって、全体的に充実している。後で聞いたら、こしひかりで有名な雪国出身で、高校時代は競技スキーをしていたとのこと。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2013年9月18日 | セックス体験談カテゴリー:大学生との体験談

【友達・仲間】砂浜で目撃した衝撃の光景【体験談】

僕が中学1年生の頃に、友達と海に行った時の話です。

そこは一般的には知られていない穴場スポットで、

朝着いた時点では僕ら以外は誰もいませんでしたが、浅瀬で遊んでいたら、

いつの間にか女子高生の集団40〜50人ぐらいが集まっていました。

どこかの女子高の水泳部が、強化合宿の為に訪れていたようでした。

みんなスクール水着姿で、流石に高校生だけあって、お尻とおっぱいの発育の好さが、

クラスの女子の比ではありませんでしたので、しばらく見惚れていましたが、

顧問の先生らしき男(推定40歳代)が見た目通り怖い人で、最初は楽しそうにお喋りしていた女の子達も、

顧問らしき男が現れたとたんアッという間に緊張した面持ちに変貌しました。

顧問は竹刀を片手に、ドスの利いた大声でスクール水着姿の女子生徒たちに

「お前ら分かってるのか!遊びに来たわけじゃねーんだぞ!」「やる気がない奴は失せろ!」

「また尻叩かれてーのか!」等と怒鳴り散らしました。

邪魔になってはいけないと思い、沖の方に出て遊んでいましたが、

昼過ぎになり腹が減って砂浜に戻ると、そこでは衝撃の光景が待っていました。

昼過ぎの砂浜では、一糸まとわぬ全裸姿の女子生徒たちが100mぐらいの距離を往復で走らされていました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2013年9月2日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【近親相姦】初めてなのをいいことに、親戚の女子高生を自分好みに調教【体験談】

東京都/ゆーすけさん(20代)からの投稿

—-

僕は大学2年生。

去年の夏、初めて親戚の家に行った時、初対面の親戚の女の子シオリ(18)高3とSEXをした話。

親戚と言っても従兄弟ではなく、少し血も遠い。

会ったのはこの年になって初めて。

兄弟や幼い頃から良く知っている従兄弟とSEXをする事は、考えるだけでも気持ち悪くなるというのが普通だと思う。

だから僕的には今回の話は近親相姦とは少し違う気がする。

実際のところ、お互い似ていないし親戚という感覚は皆無だった。

18のシオリからしたら、僕は爽やかなお兄さん的な存在で、この年頃の女の子は年上が好きだからすぐに関係を持つに至った。

シオリはアイドルに居そうな可愛い系の女子高生だ。

訪れたその日は近所で夏祭りが開かれていた。

シオリが

「友達が忙しくて一緒に行けないから、お兄さん一緒に行かない?受験勉強の事も聞きたいし」

僕は快諾した。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2013年8月30日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ