最新情報

【不倫・浮気】義兄と【体験談】

私の姉夫婦は実家の近くのアパートに住んでるんだけど

うちの父は単身赴任で週末だけ家に帰る感じ、母は祖父宅によく介護に

泊り込むので実質私一人で家にいる時間が凄く長い。



そんなわけで、年明けくらいから姉夫婦が実家にきてよく一緒に御飯食べるようになった。

多分母がそうしてやってくれと言ったんだと思う。



義兄は3交代のお仕事らしく、朝勤、夕勤、夜勤と不定期な人。

ちなみに、私は18歳、姉は22歳、義兄は25歳。

ある日の夜中、義兄から私にメールがきた。



「ごめん、起きてるなら何か飯作ってくれないかな?簡単なのでいいから。」

姉は妊娠中で、仕事明けでも夜中に起こすのは心苦しいらしく、たまにこうして

うちで御飯を食べて帰ることもあった。私は夜更かしすることが多いと知ってのことかな。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年6月1日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達・仲間】風俗に行こうとしたら女友達に見られて、そのまま女友達の家に行った【体験談】

風俗に行こうとしたら女友達に見られて、そのまま女友達の家に行ったエッチ体験談。



大学生の時、彼女に振られて沈んでる俺に、友人が風俗を紹介してくれた。彼の行きつけの店だと言う風俗店の前まで行ったがどうも踏ん切りが付かず、その周辺をうろうろしていた。そこでバイト先の女友達に偶然会ってしまい、行きがかり上、飯でも食おうか?ってことで、居酒屋に行った。



二人ともほろ酔い気分になった頃、彼女が言った。「さっきいやらしいお店に入ろうとしてなかった?」いきなりのことで言い訳を用意してなかった俺は言葉につまり「やっぱり、入ろうとしてたんだぁ〜、いやらしい!!」と彼女に突っ込まれてしまい、もう開き直るしかなかった。



「そうだよ、彼女に振られたから、風俗に行こうと思ったんだ、でもなかなか入り辛くてね!」バイトではなかなかエッチな会話はしたことなかったけど、この会話を皮切りにエッチな話題で盛り上がった。帰る時に、彼女が「これからいやらしい店行くんでしょう?」って言って来るから「そうだな、一人で帰っても寂しいから、行こうかな?」って完全に開き直って返すと「寂しいなら、うち来る?」と思いがけない言葉が…



ちょっと小心者の俺は下心を抑えて「え、いいの?じゃあ、おまえんちで飲みなおそう!!」と返すのが精一杯。完全に彼女のペースだね。



彼女の家に着くと、「その辺に座ってて、私ちょっと楽な格好に着替えちゃうね」女の子の家に入ることでちょっと興奮気味の俺は着替えという言葉を聞いてさらに興奮、しかし、着替えを終え、「お待たせっ!!」っと言って戻って来た彼女の姿にまたまた興奮、彼女は、上はT-シャツみたいな奴(前かがみになると、胸が見えちゃうような奴、なんて言うのかな?)、下はショート

パンツの生足。思わず「ゴックンっ!!」とつばを飲み込んだが、無言になってはイケナイと思い「イロっぽいねぇ〜、いつもそんな格好してるの?」と聞くと「そう?イロっぽい、興奮しちゃった?」とイロっぽい眼差しで俺のことを見ながら、俺の横にちょこんと座った。



「……」結局、無言になってしまった俺。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年5月31日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【不倫・浮気】アスレチッククラブ【体験談】

春先になって、大学の後輩の結婚式に招待されました。

旦那といっしょに結婚式に出かける当日、私はお気に入りのピンクのスーツを押し入れから出しました。

大学の卒業式の謝恩会で着て以来ずっとしまったままにしておいた服でした。

ハンガーから降ろしてスカートを着てみましたが困った事になりました。

スカートのウエストがきつくてどうしてもホックを止められないのです。

他に着ていく服もないし、私はいったいどうしようかと困り果てました。

旦那は私がなかなか支度がすまないので機嫌が悪くなってきました。

私は仕方なく、上着を脱がなければいいと思って、ウェストを安全ピンで留めました。

式場はずいぶんと立派なホテルで、ホテルの中の教会で式が始まりました。

天井が高くて、ステンドグラスも立派で私の時よりもずっと素敵な教会でした。

私はこんな教会で式を挙げたかったと思いましたが、旦那も私の気持ちが分かった様子で、「俺たちの時も、ここにすればよかったな」と言ってくれました。

披露宴はホテルの会場で私達の時の倍くらいはある広い会場で料理も豪華でした。

花嫁さんも何度もお色直しを繰り返して、まるで芸能人の結婚式のようでした。

余興の出し物も終わって、ようやく式も終わって私はホットしました。

なんとか結婚式は無事に済んだのですが、ウエストの安全ピンが気になって、料理も食べれませんでした。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||

2014年5月31日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取り・寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた4 【体験談】

偶然に知り合った、嫁の元カレの前田さん。彼から色々と嫁との過去を聞くうちに、僕は変な感覚にとらわれました。嫉妬や羨望よりも、興奮が強くなる僕……。



迷った末に、僕は二人を再開させることにしました。色々とありましたが、結局二人は昔の気持ちに戻ってしまったようでした。僕は、美月のために身を引こうとさえ思ってしまいました。

でも、最後の最後で美月は、僕のことを”一番大切な人”と言ってくれました。



僕はその言葉に助けられ、今まで以上に美月に愛情を注ぎながら、日々暮らしていました。





今日も会社で頑張り、クタクタで家に帰ると、

『お帰りなさ〜い。お疲れ様っ! ごはん出来てるよ〜! 今日は、レバーとカキだよ!!』

可愛らしい顔で、満面の笑みで出迎えてくれる美月。最近は、子作りを始めた影響で、精力のつくものばかりを作ってくれます。

本当に、ここだけ見ると可愛らしい健気な嫁です。



でも、こんな風に子作りに対して積極的な姿勢の裏で、美月はピルを服用しています。元カレの前田さんと会い、なにも着けない生でのセックスをして、体内深く注ぎ込んでもらうために……。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2014年5月31日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【スカトロ・マニア】息子の友達のママに仕組まれた罠にハマった私【体験談】

東京都/メグミさん(20代)からの投稿—-今年29歳になる専業主婦です。

主人(35歳)は、医療系企業の営業をしており、現在は係長に出世し忙しく働いています。

そんな私達には6年前に出来た1人息子がいます。

息子も去年幼稚園に入園し、数日後には友達が出来て楽しく生活していました。

公園デビューで知り合った奥様方も数人、同じ幼稚園だったのでママ友には恵まれていたと思います。

朝、主人と息子を送り出すと、掃除と洗濯を済ませ専業主婦の自由な時間が始まります。

息子も14時過ぎ位までは帰って来ないので、TVを見ながら昼食を済ませネットでショッピングなどを楽しんでいました。

その日も息子を迎えに幼稚園に向かうと、私を見つけた息子が歩いて来たんですが、一緒に歩く男の子がいたんです。

新しい友達かな?

そう思っていました。

息子が近づいて来て

「ママ!お友達のジュン君だよ」

と紹介され

「レオと仲良くしてね」

と言うと


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2014年5月29日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【友達・仲間】飲み屋街で【体験談】

独身生活で楽しみは行けつけの飲み屋でカラオケ歌って憂さ晴らし、ほんの

り酔って時計を見ると11時さて帰ろうと飲み屋を出て少し歩くと、中1位の女

児が歩いて来る・・子供がこんな時間に外にいたら駄目だよ・・おじさんが

送って行こうか・・今夜は帰れないのおじさんが来てるから・・俺は綺麗事

を言いながら自分のアパートに連れ帰った。

季節は夏で部屋に入れて女児を見ると、未だ小学生の感じで年を聞くと11歳

身なりはティーシャツが汗とほこりで汚れスカートも汚れて汚い感じだった

取り合えずインスタントのカレーを温めご飯に掛けて出すと、大喜びでおか

わりまでしたリラックスしたのか体操座りをしたときパンツが見えてアソコ

の部分がオシッコの染みや大便染みまで付いている、このまま寝かせられな

いので風呂に入れた。

一緒に入り頭や顔、全身を洗いアソコは最後に手のひらにボディーシャンプ

ーを付けて感触を楽しみながら洗ってると、不覚にも勃起してしまった。

女児は立った俺のを見て・・おじさん 大きいネ 出してあげようか・・

俺はこんな女児がと思い・・何を出すの・・ ・・白いのに決まってるョ・


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2014年5月28日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】続々々々・隣の少女【体験談】

五月二十四日(水)

またまた朝早く起きた。バイト続きで疲れたけど、のんびり寝ていられない。すでにテンションが高い訳です。

カワイイ小学生の佳純ちゃんをいただく日ですから!掃除しよう。布団も干しておかないとね!

掃除の最中、隣のドアの閉まる音が聞こえた。

ん?7:00…まだ二人とも出かける時間じゃないけど?せっせと掃除していると、いつもの時間に佳純ちゃんが学校へ。

「佳純ちゃーん」と小声でよぶと、振り返って笑みを浮かべた。ペコッとお辞儀をしたので、俺が手を振ると佳純ちゃんも返してくれた。カワイイなぁーでも、男知ってるんだよねー。

ある程度掃除をして昼くって、少し寝た。

2時…3時…あれ?佳純ちゃんまだ?

4時すぎ…ガーン!帰ってこない。

5時には母親が帰ってくるのに……

ガッカリしていると、ドアがノックされた。

開けると佳純ちゃんだった。先週みたいに走ってきたらしく息を切らしている。

ランドセルは背負ったまま。

「はあはあ…ごめんなさい…合唱の練習でおそくなっちゃいました」

ガッカリした俺だが、努めて明るく、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年5月27日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【不倫・浮気】独りの夜は【体験談】

今日は妻が実家に帰っていない日

そんな日はいつも、妻の弟夫婦の家で夕食をごちそうになる。私の妻がお願いしていくからだ。はっきり言って、あまり嬉しくはない。他の夫婦やカップルなんかに挟まれるのが昔から苦手だったからだ。

今日もそうだ。



私は仕事を5時で終え、マイホームに帰った。

いつもと同じ時間に電話が鳴る。義弟の妻から夕食の支度ができたとの連絡だ。

着替えをし、車で向った。



ピンポーン



義弟の妻のあいさんが出てきた。あいさんの歳は35。見た目は若干お嬢様風な感じで痩せ型体系。身長は160前後くらいかな?。顔はそれほど美人でもなく、ブスでもない。可愛いわけでもない。でも、雰囲気はいい・・・



「どうぞ、寒かったでしょ」といつも笑顔で迎えてくれる。俺は申し訳なさそうに上がらせてもらう。

照れくさそうに「・・・こんばんわ」と5歳になる娘のさくらちゃんが言う。俺はニコッとしながら「こんばんわっ」と答えた。

いつもいる義弟のしん君の姿が見えない。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2014年5月27日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】クラブで出会った29歳Fカップ人妻が一週間部屋に居着いた 【体験談】

クラブでナンパした32歳Fカップ人妻が一週間居着いた



週末の名古屋は熱い。

元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。



そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。

27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。

変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。



その店は雑居ビルの2階にある、ダーツとビリヤードが置いてあって、奥まった一角はダンス用のスペースがあるようなちょっと広だけどごく普通のありふれたバーだ。

雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張の角に位置していたため閉塞感はなく、ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男(いずれもビルの二階から見下ろした僕にはそう見えただけだけどそう外れてもいないだろう)の姿を観察できるような場所だった。



男ばかり13人というちょっとした大所帯で始まった今夜の集まりも、3軒目を終えた時点で終電で帰る奴もいて今は4人だ。

それぞれカウンターでドリンクを頼んで思いおもいにさり気なく同年代から上くらいの客で溢れる店内を見回している。男が飲み始めれば考えることは街角で必死に声を掛けている男とさ程変わらないんだろう。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年5月26日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【おっぱい・巨乳】お腹が痛いと診察にやってきた可愛い高校生【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

私はある大学病院に勤務する内科医です。

以前に体験した診察体験についてお話しします。

大学病院の医師のほとんどは、しばしば経済的理由からアルバイトに他の病院に行って診療を行う事があります。

私も土曜の夕方から月曜の朝まで200床ほどの民間病院で当直のアルバイトをする事があります。

それは、ある初夏の日曜日、早朝当直室の電話が鳴る事から始まりました。

電話は当直婦長からで、17歳の女性が右下腹部痛を訴えて来院しているとの事でした。

「生活保護の患者さんだけど診るか?」

との問い合わせでした。

私は

「診ましょう」

と伝え、外来診察室に向かいました。

患者さんは身長160cmほどの肩まで髪のある可愛い女の子で、母親らしき女性と一緒に中待合いの椅子に腰掛けていました。

昨夜から右の下腹部が痛くよく眠れなかったとの訴えがあります。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年5月26日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

このページの先頭へ