最新情報

【高校生】入院5日目に、30歳くらいの美人ナースが手で抜いてくれた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高校の頃の俺はやんちゃ盛りで、バイクでコケて腕を骨折して1週間ワイヤーで腕を吊るされて、1人集中治療室のベッドに固定されて動けなかった時の話。

大きな病院だったから看護婦も沢山いたんだけど、その中に1人30歳くらいの常盤貴子似の人がいたんだ。

忘れもしない、入院5日目の午前中に常盤貴子ともう1人後輩の看護婦が部屋に入ってきて、

「体を拭きましょうね」

と言って、お湯に浸したタオルで最初は手足を、次に胸や背中を拭いてもらった。

当時高校生もちろん童貞の俺はこれだけで痛いくらいに勃起した。

それを見つけた常盤貴子が

「あれ、大きくなっちゃった?」

って悪戯っぽく微笑むとタオルでそっと玉袋の裏を撫で始めた。

「あっ!」

って声が出たねw

常盤さんは黙って、段々と袋からサオの方にタオルを持ってくると、温かいタオルでさおを優しく包んで擦り始めてきたんだ。

この常盤さんがまた上手いんだ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2015年1月9日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

このページの先頭へ