最新情報

【近親相姦】もう我慢できない 美姉のお漏らし【体験談】

「まだかな?サービスエリア…」

焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。

「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」

「我慢できそうにないの?志織…」

母絵里が心配そうに姉に聞く。

「ううん。大丈夫…」

そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。

(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)

家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。

夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが

高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。

実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。

母絵里は18の若さで志織を身篭ったが、25の時に夫は急死してしまい

以後一人で志織の面倒を見てきた。

俺の母は、俺を産んで間もなく亡くなってしまった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2013年9月11日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【人妻】不倫を続ける妻をディルドーで・・・【体験談】

妻・美紀は最近元不倫の男川本に抱かれているせいなのかは解りませんが綺麗に成りました・・・

僕も寝取られ性癖に目覚め川本が流出させたハメ撮り動画や異物挿入動画等でオナニーするのが

日課に成りましたが、僕も妻のおまんこを拡張してみたいと思い、AVショップで「巨大マラ」

と言う太さ5.5cm長さ23cmのアメリカ製のディルドータイプの玩具を買いました・・・

妻がリビングでTVを見ていたので僕は「SEXしよ」と妻に迫りました妻「疲れているから」と言いながらも

しぶしぶリビングの横のソファに寝転がりました僕は興奮して妻の寝巻きのズボンをパンティごと脱がしました

写真を撮ろうと思ったのですがデジカメを会社に忘れてたので撮れませんでした、残念ですが

写真なら凄いのが、ファイル共有ソフトにウイニーやCABOS等に既に流出されているので別にいいやと思います

寝ている妻の脚を開きました相変らずグロいおまんこです小陰唇のビラビラも大きく成り黒ずんでいました・・・

酷いのが膣穴ですポッカリと穴が空いています赤いヒダヒダ肉が奥まで続いているのが確認できる程です・・・

以前なら大股開きにしても膣口は空いても小豆大かもしくはピタッと閉じていたのですが、現在は10円玉大の穴が

空いています川本のチンポや異物を散々挿入されてしまい愛する妻・美紀のおまんこは激変しています・・・

話は戻ります、僕は購入して直に玩具のディルドーにマジックで5cmずつ印を書きました

何処まで挿入出来るか試す為でした人体実験みたいでドキドキして興奮します。

軽く前戯をしておまんこを濡らしました、一緒に購入したローションをディルドーの亀頭に少し塗っていよいよ挿入です


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2013年9月9日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【会社・職場】続・同僚がオフィスでオナニーしてるのを発見【体験談】

でも、『それで気済むならそうしてください』と書きました。

とにかく僕もビビっていましたので、穏便に済ませたいので、奈々の言う通りにしました。

そして住所がバレると困るので、車で待ち合わせをして目隠しをして来てもらう事で合意してもらいました。

そして翌週末、変装をして奈々を駅で待っていました。



奈々の意図がよく分らないまま当日になりました。

僕は車で駅まで迎えに行きましたが、覆面をするわけにはいかないので、帽子とサングラスにマスクで、かなり怪しい格好で行きました。

そして奈々と携帯で連絡を取り合い、車に乗せました。

まだ残暑が残る季節でしたが、奈々の格好がこの前とは全然違いました!

この前は暑いのにも関わらず、カーディガンにジーパンでしたが、今日はチューブトップにミニスカートで、かなりのエロい格好です。

奈々のムッチリとした谷間が見えて、おっぱいがこぼれそうでした。

僕は薄々奈々の本心に気付きました。

奈々はどうやら犯される喜びに気付いたのではないでしょうか?

この前散々イカされて、さらに焦らしたままパイズリさせて終わっているので、欲求がたまりっぱなしではないのでしょうか?

そして恐く、僕がしつこく追い掛け回したり、何度も関係を強要しないのを知って恐怖心が無くなってきたのだと思います。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2013年9月7日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【会社・職場】同僚がオフィスでオナニーしてるのを発見【体験談】

こんにちは、僕は都内で営業職をしている27才の男です。

これは先日会社で残業をしていた時の話です。

僕の使っているオフィスは1フロアで200人以上が使える大きなビルに入っています。

最近は残業が厳しくなってきてるので、7時を過ぎるとほとんどの人が居なくなってしまいます。

僕も基本的には6時半には帰るのですが、営業から戻った時間によっては8時位までいることもあります。

その日は7時位にオフィスに戻りました。

もうその時間には誰も居ないので、電気も消えていました。

僕は一人だけの時なんかは、面倒なので電気を消したまま作業する事がよくありました。

その日も真っ暗なオフィスで一人、パソコンに向かって作業していました。

すると、いきなりオフィスの一ケ所の電気がつきました。

誰か帰ってきたようなので、チラっと見てみると「奈々」という25才の社員でした。

僕はあまり話した事が無かったので挨拶もしないで仕事を続けていました。

僕と彼女のデスクはオフィスの端と端なので、彼女は僕に気付いていなかったと思います。

奈々は割と仕事が出来ると噂の女で、公認の社内恋愛で、30才の上司と付合っていた。

奈々は可愛い方であるが、ズバ抜けてるわけでも無かったので、そんなに意識した事は無かった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2013年9月6日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【人妻】妻と友人3Pとカーセックス、とうとう露出まで【体験談】

僕の嫁は多分普通の人よりエッチでセックスに対して無頓着でヌードや

性器をむき出しにした写真でも平気で撮らせてくれて、

嫁とも気の合った友達が飲みにきて、酔って泊まった時に、隣の布団に

友達が寝ていても、セックスを誘うと、まあ多少は嫌がったけどそれでもさせてくれて

気持ち良くなってくるともう他人がいることも気にせず布団がはずれて丸見えになっても

気にせずただ自分がエクスタシー状態になる事だけ考えしがみつき腰を振ります

友達も気がつかない訳ありませんから、ちらちら見ていましたが、途中からはずけずけと起き上がり

僕と嫁の股の間の方から、じっくり覗き込んでいました。

僕も前から妻を他人に抱いてもらい、へりから妻が絶頂を感じる姿を見たいと思っていましたから

この機会にと、妻が絶頂に達しまだ喘いでいる時、友人に目配せすると

察しもよく、興奮しきってる訳であっと言う間に裸になり、妻にとびかかってゆきました。

妻としては何が何だか分からないうちにまた熱くがちがちの物を突っ込まれ

女の体の創りか精神構造の創りか知らないけどオルガニズムの波に飲み込まれる様に

友達にしがみついて下から腰を突き上げている、それまでも仲も良かったけれどキスまでしながら

絶頂を迎えている嫁は、興奮と嫉妬とごちゃ混ぜになった頭で、僕は今までに無いほど勃起していました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2013年9月5日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻が妊娠&出産【体験談】

1月5日

3450gの女の赤ちゃんが産まれました!

これは、妻が妊娠&出産するまでの話です。

結婚10年目の夫婦ですが子宝に恵まれず、親の勧めで不妊治療を数年前から行なっていました。

しかし、全く効果も無く妻の智津子は精神的にも疲れてしまい、塞ぎ込むようになってしまいました。

夫36歳 会社員

妻33歳 専業主婦

名前 智津子

身長156センチ 体重45キロ

顔はともさかりえ似です

笑顔を失い、全く外出したがらない妻を夫である僕は心配していました。

唯一、近所コンビニでバイトをしている斎藤君は、そんな妻に、いつも笑顔で声をかけてくれていました。

仮名

斎藤佑樹20歳 大学生

身長180センチ位


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月4日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】好きな女を思い、オナニーに興じたであろう友人【体験談】

妻は当時23歳、俺と友人は共に27歳だった。

3人共、ある会社の資材部に勤めていたんだが、妻の真紀子は俺とすでに男女の関係を

ひそかに続けていた。

友人が真紀子に思いを寄せている事は以前から知っていたが、真紀子には内緒にしていた。

もちろん、俺自身も友人の真紀子に寄せる思いなど知らないそぶりで貫いていた。

友人に他支店への転勤話が浮上してきた頃、俺はちょっとした悪戯心から真紀子とセックス

したという話を友人にしてみた。

なんとも表現しかねる表情を浮かべつつも友人は平静さを保とうとしていたのが、手に取る

ようにわかった。

セックス時の真紀子の表情や身体つきや性器の色形、性感帯などもつぶさに教えてやった。

「お前にだから言うけど・・・・」、これが真紀子との艶話をする際の始まりの言葉になった。

友人は真紀子になど興味もないというようなそぶりを見せつつもやはり、セックスの話になると

身を乗り出してくるのがわかる。

ひとしきり話した後は、また仕事に戻るのだが、そのときの恨めしそうな表情がなぜか妙に優越

感を刺激する。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2013年8月27日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】実父に妻を寝取られる。【体験談】

真偽の判断は皆様にお任せします。

私は37歳のサラリーマンで、妻は32歳の専業主婦でした。子供はいません。

賃貸マンション暮らしをしていましたが、突然の単身赴任で九州に2年ほど出向することになり、

昨年春に赴任しました。

妻の元へは月に1度ほど戻り、その夜は互いにむさぼるように身体を求めていたのでしたが、

半年ほど過ぎた辺りから「生理だ。」とか「風邪気味で体調がよくない。」とかとセックスを

拒否されるようになり、私はなにげなく「浮気でもしているのか?」と聞いてみましたが、

軽くいなされ、悶々とした夜を過ごしたものでした。

今年の二月、出向先の子会社の経営が先行き不透明になりだしました。

二月某日、いつものように出勤すると本社から急ぎ関係書類を持って戻れとの社命があり、数時間後には

羽田空港に降り立っていました。

タクシーで本社に向かうさなか、某歓楽街ちかくにあるラブホテルに入ろうとしていた初老の男と

若い女性が目に入りました。

彼らの近くまで来た刹那、それが私の父と妻であることがわかり、強い衝撃を受けました。

足早にホテルの中に入り込む二人を唖然と眺めているだけでしたが、強い動機と信じられない光景に


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2013年8月18日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】大学生達と熟妻のその後。【体験談】

カラオケボックスで出会った大学生達と妻の痴態をたっぷりと思い知らされ、妻の突然の変貌と呆れる程の淫乱さに、私の頭は混乱しなかなか落ち着きを取り戻す事が出来ませんでした。

いろいろな事が頭を駆け巡り、一時は離婚さえ頭に浮かびました。

妻の仕出かした事は明らかに不貞です。

それもあんな息子ほど年の連中と複数に一晩中嬲り物にされて…

しかし、その事で私が今までに経験したことのない異常な程の興奮を覚えたのも事実です。

しかも、私は現在市役所の課長でこのタイミングでの離婚は、私にとって有利に働かないのもまた事実なのです。

これらの事から判断すれば、結局離婚という選択肢はありませんでした。

冷静になって考えれば、妻の一夜限りのアバンチュールと割り切ってやれば済むことかも知れません。

その日の夕方6時頃に妻は帰宅しました。

妻「貴方ごむんなさい…心配かけました…」

多少時間が経ってやや怒りは収まってきたものの、特に返す言葉が見つかりません。

私「………」

妻「…大丈夫よ、決して悪い人達じゃあなかったから安心してください。…それとこれ見てくださるかしら…」

妻は小さな紙袋を私に手渡しました。

何だろうと思い、私は中の物を取り出してみると、若者達から私にあてた手紙が入っていました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2013年8月18日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】マイのチンコレ【体験談】

一度タガが外れてしまうと女って凄いですよね。

僕の妻のマイは、僕と結婚するまでは、遊びでセックスするようなタイプではありませんでした。

ところが結婚して6年ほど経ち、さすがに飽きもきていわゆる倦怠期に突入。

仲はよいものの夫婦のセックスがめっきり減ってしまった僕らは、なんとかその状況を解消しようとスワッピングを経験してみたのです。

それがきっかけでした。

最初はネットで見つけた夫婦やカップルの方たちと、ごく普通に別室でスワッピングをしていたのですが、だんだん僕のほうが物足りなくなってきました。

で、6組くらいとした後に、単独男性の方を募集し、マイとその人がセックスしているところを僕は見るだけというプレイを試してみることにしました。

意外と簡単に相手の方が見つかったので、早速上野の某ホテルで実行です。

その頃のマイは32歳。

もともとむっちり系なんですが、三十路を迎えいい感じにいやらしく肉がついてきた頃です。

相手の男性はなんと23歳。

9歳も年下の若い男性とセックスできるということで、マイもかなりドキドキしていたようです。

僕とマイはスワッピングは経験済みとはいうものの、前述の通りすべて別室でのプレイでしたから、マイも僕の見ている前で他の男とセックスするなんて初の体験というわけで、期待と不安で一杯だったのでしょう。

さて、最初は恥ずかしがってなかなか脱ごうとしなかったマイでした。

しかし相手の男性のほうは思いっきりよく、僕がいるにも関わらず全裸になったので、マイもやっと踏ん切りがつきました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2013年8月17日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ