最新情報

【会社・職場】職場で30歳近く歳の離れた同僚と同棲を始めたキッカケ【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

私は、30歳(正確には28歳と7ヶ月)歳の離れた職場の同僚と同棲してます。

ちなみに同棲相手は「彼」とか「あなた」とか「旦那」みたいな呼ばれ方を極度に嫌っていますので仮称ですが「カワイさん」と呼びます。

ちなみに、カワイさんは私の父より二歳年上で私の母より六歳年上です(笑)

私とカワイさんは同じ会社の同じ課に勤めています。

カワイさんはいくつか仕事を転々として我が社に就職して五年程になり、私は新卒(高卒)で就職して丸四年、五年目になります。

ですから、私の入社時には先輩としていました。

私も他人の事をとやかく言えるような器量をしているわけではないのですが、カワイさんは実年齢もいっているわけですが見た目は更に上をいっていて、初対面の時は

「定年後の再就職組かな?」

と思っていたほど老けて見えました。

あくまでも「老けて見える」というだけで中身はバリバリだったのですが、知らない人から見れば「高齢者」としか見えないでしょうね・・・。

そんな間柄なので。初めは男女の関係どころか恋愛の対象でも無かったのです。

カワイさんも、いつもニコニコしていて私の話を穏やかに聞いてくれて、アドバイスみたいな押し着せじゃなく、こうしてみたら変わるかも知れないよ・・・みたいな物言いでしたので、職場の人間関係みたいな相談なんかはカワイさんにしかしませんでした。

高卒で入社した時は小さな不動産屋さんですから同期も居なくて私のすぐ上の先輩は私より五つ上で、しかも男子・・・。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2015年1月29日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【童貞・処女】仕事帰りに20代の女の子とぶつかって転びそうになった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

仕事の帰り地元の駅に着き改札口を出ようとした時、20代前後の女の子とぶつかって転びそうになりかけました。

「ごめんね。大丈夫ですか?」

「あっいいえ。こちらこそすいません」

とその場を離れましたが、その彼女の爽やかさが妙に心に残りました。

駅前にある喫煙場所で煙草を吸っていると、先ほどぶつかったあの女の子が前を通り過ぎました。

彼女は私が行こうとしている店と同じ方向に歩いているので、後をついて行く格好になりました。

彼女は私の目的の店の3~4軒手前にあるモダンなダイニングバーの店に入って行きました。

こんなお洒落な店に来るんだなー。

私はそのまま行きつけの店で1時間ほど飲んだのですが、帰りに彼女が入った店が気になって入ってみると、店内の雰囲気も良くカウンターに座りました。

見渡しても客の中に先程の女の子が見えず、もう帰ったのかなと思っていたところに、

「いらっしゃいませ」

とオーダーを取りに来た子が彼女でした。

彼女はこの店でアルバイトをしていたのです。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月20日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【おっぱい・巨乳】一人旅できた奥飛騨温泉郷の混浴で美しい女性と一緒になった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥まった高台にある古い宿。

民宿に毛が生えた程度の、こじんまりとした、しかし落ち着いた風情のある宿だ。

年に1度、仕事にも家族にも縛られないバイクの一人旅に持ってこいの宿だ。

早朝からのツーリングの心地よい疲れで、温泉にも入らず食事の後はすぐに寝入ってしまっていた。

気がついたのは既に0時すぎだが、露天風呂は24時間いつでも入れるとの事だったので、せっかくの温泉を楽しもうと風呂場に向かった。

ここの露天は確か混浴のはずだが・・・スケベ心が全然なかったと言えば、嘘になる。

しかしこんな時間、誰もいないだろうとも思っていた。

内風呂でかかり湯をしてから露天風呂へ。

片足をザブンと湯船に入れたところで、すぐ近くに先客がいるのに気がついた。

跳ねた湯を浴びせてしまい、

「あ、失礼!気がつかなくって・・・」

で、絶句。

なんと、若い・・・とは言っても、30歳は越えているだろうか・・・垢抜けた、美しい顔立ちの女性だ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2014年11月28日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【スカトロ・マニア】うつになった妻を連れた先の湯治場で知り合った男性達と【体験談】

山形県/××さん(30代)からの投稿

—-

保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世して変わりました。

上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、口答えすればパワハラ。

その内にセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めた所、部下達(仲間)に嫌われていった様でした。

そんな生活に妻の体は悲鳴を上げ、遂には軽い鬱症状になってしまったんです。

病院で診察すると、環境を変える事を勧められ、妻は退職をする事になったんです。

これで明るい姿が見られると思っていましたが、妻は家に引きこもる様になり、夫婦の会話も少なくなっていったんです。

そんな時、実家の両親から

「2人で湯治にでも行ってゆっくりして来たら」

と言われました。

会社の社長(古くからの知り合い)に相談すると。

「そうだったのか?奥さんとゆっくりするといいよ」

「すいません!」

「ちょっと遠いけど、安くて良い所知ってるから・・・」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月3日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【のぞき・盗撮】ノーパンだった母のスカート内を手鏡で覗いてた中年男【体験談】

もう40年前の話です。

母が32歳の時で、私は5歳です。

まだ犯罪とか知らない歳でした。

母は普段生け花の先生をしていまして、着物を着ていました。

ですので下着はつけていませんでした。

いわゆるノーパンノーブラでした。

ある日、デパートでバーゲンセールがあり、母と私はバスに乗り、デパートに行きました。

出かける時は少し短めのスカートを穿いて出かけます。

バーゲンセール会場に行くと、安いものを買おうと必死で探しており、私は後ろの方で待っていました。

すると、中年の男の人が母の後ろで足を動かして何かをしていました。

何をしているのか見に行くと、母の足と足の間に靴の先に手鏡がついた物でスカートの中の覗いていたのです。

手鏡に写ったのは、下の方のお尻の割れ目やおまんこの毛が微かに写っていました。

母は、ノーパンで出かけていたのです。

中年の男は、ニヤリと笑いながら、一生懸命に足を動かして、母のスカートの中を覗いていたのです。

私は、その時は中年男が何でこんな事しているのか分かりませんでした。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2014年6月18日 | セックス体験談カテゴリー:のぞき・盗撮の体験談

【おっぱい・巨乳】妻が事故を起こして被害者に言い寄られていた事を後で知った【体験談】

結婚2年目に妻(25歳)の様子がおかしいから問いただすと、実は事故を起こして、被害者(50代独身)に言い寄られて断れなかったと泣きながら話した。

弁護士に相談に行くと、妻が事情を詳しく聞かれて説明した。

洗いざらい聞かされた自分は精神を病んだ。

妻は職業柄交通事故はまずく、接触した後に怖くなって一度逃げてしまった。

でもすぐ戻って対処した。

被害者は妻を気に入ったようで、「逃げてない」事にしてくれた上に、初めての事故で気が動転している妻に親切だった。

奴は身寄りがいないため、妻は色々世話をした。

見舞いに行く度に

「一目惚れした」

「付き合ってほしい」

と言われる。

妻は何度も何度も言われる度に断った。

その代わり

「触らせて欲しい」

というお願いには応じた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年2月10日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【人妻】妻が初めて他人のモノを受け入れるまで【体験談】

ケンさん(40代)からの投稿

—-

私45歳、妻(涼子)43歳、初めての寝取られ物語です。

私達夫婦は結婚20年の夫婦です。

妻は今でも細身のスレンダー美人で、まだまだ30代で通用するぐらいです。

昔からの巨乳も少し柔らかくなり、何とも言えない熟女の妖艶さを発する年頃になったのに、今では夜もほとんど無くなり、私だけがムラムラする日々が長く続いていました。

ある日、私が1人色んなサイトを見ていると、自分の妻や彼女のいやらしい姿を投稿しているサイトが気になり、異常な興奮を覚え、ヒマを見つけては見るようになりました。

もし妻がこんな風に他人のモノで貫かれたら…私の寝取られ願望と興奮は日に日にエスカレートし、そしてある日、自分でも投稿して見ようと思うようになりました。

意を決して…とはいえ、大人しくSEXに関して奥手な妻に写真を撮らせてとは言えず、久々の営みを隠し撮りする事にしました。

妻がシャワーを浴びている間にビデオをセットし、妻がシャワーから出てくるまでの時間が凄く長く感じましたが、心臓はドキドキ、息苦しさを感じるほど初めて興奮しました。

妻はいつも通りという感じでしたが、私だけが大興奮してしまい、悲しくも、いつもより早く終了してしまいました。

でもお楽しみはここからです。

ビデオを回収し翌日、1人でネットカフェへ。

ビデオを再生すると、そこには髪の毛を振り乱し、いやらしい声で鳴きながら、快感を求める妖艶な妻の姿が…それを画像にして投稿サイトへ…妻の痴態を他人に晒して、いやらしいレスを期待していると、早速閲覧者からレスが入り始めました。

これが、全てのスタートでした。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月10日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【おっぱい・巨乳】借金を背負った職場の美人な熟女【体験談】

僕は不動産や金融などを手広くやってる中小企業に就職して5年になるけど、職場にとても綺麗な人がいる。

年齢はかなりいってるけど、見た目がかなり清楚で、僕のストライクゾーンど真ん中だ。

彼女の美しさをどの様に表現すれば上手く伝えられるか分からないが、体型は細身で身長も高く、僕の好みであるモデル体型。

髪は清楚で、スタイリッシュなショートボブがとても良く似合っている。

顔や年齢、全体的な雰囲気的に女優の賀来千香子さんをイメージして貰えると近いかもしれない。

実際、職場でも彼女は賀来千香子さんに似ていると言われている。

なので、ここでも千香子さんと呼ぶ事にする。

同僚達と飲むと、悪いと思いながらも話題はいつも職場の女性の事になる。

職場には若い女性も多くいるが、千香子さんの人気は結構高く、夏場などは胸元を覗けたとか、細い足が堪らんとか、そんな話でよく盛り上がる。

念のため述べておくが、当社に熟女好きが多くいるというわけでは断じてない。

千香子さんには熟女特有のむっちり感がないので、熟女好きというより貧乳、清楚系を好む者達が僕と同好の士であると言えよう。

いずれにしろ、見た目清楚なモデル系熟女というのが千香子さんを表現するのに適切であると思う。

その日も職場の仲間と飲んでいて、いつものように千香子さんの話題で盛り上がった。

本人の前では毎度しどろもどろになるくせに、僕も酒の力を借りて

「あの貧乳いつか拝んでみたい」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2014年1月12日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【M男・S女】同棲している彼女が痴漢されている姿を目撃【体験談】

埼玉県/デーさん(30代)からの投稿

—-

先日、同棲している彼女が痴漢されたと愚痴をこぼした。

相手は複数みたいで、パンティの中まで手が入ってきたみたいで少し感じたそうです。

自分が言うのも変ですが、彼女は美人で、23歳OL、身長155cm上から83(Bカップ)-54-84です。

また露出系で、ブラウスはボタンを上の方をいつもボタン外していて、身長低いから上からブラチラノーブラの時は、乳首まで見えます。

基本スカートは短く、ストッキングが嫌いみたいで、基本ガードルばっかし。

痴漢さん達から見ればいいターゲットで、痴漢されるのがよく分かる。

彼女が痴漢されたのに、怒る気持ちより彼女が痴漢されるのを見たい気持ちが勝ってしまい、彼女にいつ痴漢に遭うのか聞いてみると、飲み会の最終便の時にしか遭ってないとの事。

今度の金曜日に女子会がある事を聞いていたので、場所の最寄りの駅を聞き、終わったら連絡してもらう事にしました。

当日彼女から連絡があった後、駅のホームで彼女を確認し、メールで『間に合わないから先に帰るよう』に連絡。

自分は普段着ない格好をして、彼女が乗る車両の後ろに並び乗りました。

乗る前に40代・50代のオヤジ達が話をしていたのを思い出しました。

オヤジ40代「あの子居ますよ」

オヤジ50代「あの子はいいね。今日もしっかり楽しみましょう」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2013年12月12日 | セックス体験談カテゴリー:M男・S女の体験談

【おっぱい・巨乳】職場で誰もが憧れるR子ちゃんの乳首を目撃【体験談】

あさんからの投稿

—-

会社で私の所属する課には、吉○由里子を長身にしたような事務のR子ちゃん(25歳)がいます。

会社の男性、出入り業者、取引先の男性、誰もが憧れる超美人で、色白で性格も良く、とても明るい子です。

私は昔からの胸チラマニアで、R子ちゃんの胸チラも、彼女が入社して以来5年間ずっと狙い続けてきました。

しかしR子ちゃんはガードが堅く、私の会社の制服も胸元がキツく、ブラチラも拝めた試しがありませんでした。

が、先日待ちに待ったその日がやって来ました。

その日、夏の終わり頃の土曜日、複数の取引先に大量の荷物(小型のダンボール300箱程)を急遽送らなければならないため、私とR子ちゃんは休日出勤を命じられました。

誰もいない会社でR子ちゃんと2人きりで作業をするのが嬉しく、ウキウキしながら会社へ行きました。

しばらくして、R子ちゃんが出社してきました。

胸元の大きく開いた薄手の白い長袖Tシャツにカーディガンを羽織り、カーディガンは一番上のボタンだけ留めておりで、胸チラにはもってこいの服装でした。

しかも、彼女は誰がどう見てもAカップだった筈が、明らかに胸が大きく見え、サイズの合ってないブラをしている事が一目瞭然でした。

休日出勤のため、制服には着替えずにそのまま作業を始めたので、私は心の中で、

「今日しかない!」

と叫びました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年12月1日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談
1 / 212

このページの先頭へ