最新情報

【人妻】誰とでもヤる30代の人妻とバーに行った時の話【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿

—-

先月、30代の人妻(由紀)と会社の元先輩が経営するバーに行った時の話です。

由紀とは5年ほど前に出会い、比較的背が高く、脚が綺麗で普段からエロい雰囲気を醸していましたが、当時はまだそれほど意識することはありませんでした。

ところが、ある日15人ほどの飲み会に参加し、偶然隣の席に座ったのがきっかけで、今の関係が始まりました。

というのも、由紀は誰にでも愛想がよく、特におじさんから人気があることは知っていましたが、お酒が好きで、しかも飲むとかなり大胆で淫乱になることを知りました。

確かに、噂では職場のおじさん達と飲みに行き、お酒も進みガードが緩くなると下ネタへ付き合うことはもちろんのこと、パンチラや口移し、カラオケで胸を揉まれ、居酒屋の個室で自らちんこを握ったり、バックから挿入までされたということを複数の人から聞いたことがありました。

私の場合は、大人数の飲み会であるにも関わらず、宴もたけなわになってきた頃、最初は太もも付近に手を置いてきて、最後の方にはズボンの上からですが、股間を刺激されました。

感心したのは、私に対してそうしながらも、左側に座っていた先輩とは手を握って楽しそうに会話をしていたことです。

その日以来、由紀とは頻繁に2人で会い、様々な調教をした結果、今ではかなりの淫乱へと変わりました。

前置きが長くなりましたが、先月久々に会社の元先輩が経営するバーへ飲みに行こうと誘い、手間のビルの非常階段で丈が19㎝のマイクロミニに黒のガーター、白いワイシャツに着替えさせ、21時頃、店に入りました。

店には元先輩(40代)の他に店員が2人、サラリーマン風の4人組と、カウンターに数人がいました。

店に入り、由紀が来ていた薄手のコートを脱ぐと胸の谷間がチラりと見え、ギリギリお尻が隠れる程度のミニスカに自然と視線が集まりました。

私達は2つあるソファー席の奥側に座り、ビール、カクテル、ワインを飲み続けました。

午前0時を過ぎた頃には客も減り、私達とカウンターに元先輩の友人(以下、友人)を含む3人の計6人だけになっていました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月8日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【大学生】普段調教してもらってる女王様が女子大生を連れてきた【体験談】

福岡県/みどりさん(40代)からの投稿

—-

私は妻子持ちの42歳になる、見た目普通のサラリーマンです。

ついこの前の体験談を書きます。

いつも調教していただいてる女王様(32歳の主婦)から連絡がきて、

『元気?あなたを調教してるトコを見学したいって言う娘がいるのよ』

そのメールを見た瞬間、興奮してアナルが疼き出しました。

私はすぐに、

『よろしくお願いします!』

と返信して、次の日に調教していただくことになりました。

女王様に会う時は先にホテルに私がチェックインし、後から女王様がチェックインします。

その日も早めにホテルのSM部屋にチェックインし、アナルに固形媚薬をぶちこみ、この間友達の家に飲みに行った時に拝借した友達の嫁の、未洗濯のパンティとブラジャーを着けてストッキングを穿き、AVを見ながら待つこと1時間、女王様がチェックインしてきました。

部屋の扉を開ける前までのドキドキ感、どんな娘を連れてくるのかな?こんな格好、見たらキモいって思うんだろうな、とか考えたら興奮して鼻息が荒くなりました。

そして扉が開きました。

女王様と、その後ろに20歳前後の女子大生っぽい娘が部屋に入ってきました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年1月2日 | セックス体験談カテゴリー:大学生との体験談

【おっぱい・巨乳】マッサージ師のおじさんの手の動きがどんどん怪しくなっていって、結局犯されちゃった【体験談】

福岡県/名無しさん(20代)からの投稿

—-

先日、都心の駅に併設されたデパートのマッサージ店でのことです。

元々私は肩こりが酷く、純粋にマッサージを受けにそのお店に入りました。

まだ学生の身ですし、一番安い20分の肩マッサージコースを表の看板で見てから施術を頼みたかったのです。

時間帯がお昼で間が悪かったのか、受付の人には

「できたら午後三時以降から」

と言われ、施術は諦めようとしたところにマッサージ師のおじさんが名乗り出てくれて、受けられることになりました。

お礼を言って、仕切りのあるスペースにて施術開始。

やはりプロのマッサージだけあって肩は徐々に解れていき、私はすっかりリラックス。

「ずいぶん凝ってますね」

「凝りやすい体質みたいで」

なんて軽口を叩いていると、私は違和感を覚えました。

何だかもう30分は立っているような気がするし、おじさんの手が明らかに私の背中ではなく胸を撫で回しています。

的確に凝りを解されながら、しまいには胸を揉まれ、次第に呼吸の荒くなる私。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年11月20日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【大学生】長女の家庭教師の美人女子大生が愛人になった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

長女の家庭教師のために業者に派遣してもらった女子大生の女の子を愛人にしてる。

容姿は本当に美人で、英語が得意な子だった。

初対面で、自分の口説けるレベルではないと一瞬で悟った。

確か大学2年生の時から小学4年の娘の面倒見てもらってた。

娘が気難しくて先生の交代が多く、その人で4人目だった。

派遣された先生は美人な子で性格も良かったから、娘は嫌がったが俺が続投させた。

その先生はマスコミ関係を狙って就職活動してたけど、失敗。

その後、化粧品や女性ブランドメーカーもことごとくダメで、飲食関係の内定はあったみたいだけど、辞退したそうだ。

就職失敗したら、帰りたくないけど実家帰らないといけないらしく、切羽詰まってたみたい。

本人はこっちに残りたいらしく、これから英語を勉強して生かせる仕事探そうとしてた時、俺が気まぐれで

「祖母が住んでた古いマンションが空いてるんですが、よかった住みます?家賃いらないですし」

と半ば冗談で言い続けてた。

卒業間近に深刻な顔で、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2014年11月7日 | セックス体験談カテゴリー:大学生との体験談

【人妻】休日出勤の最中だけど熟女デリヘルを呼んだ【体験談】

名無しさん(40代)からの投稿

—-

40代男です。

お盆の最中、交代出勤でヒマだったんで、先に頂いた休日手当で熟女デリヘルを呼びました。

と言うのも、こんな日に営業しても誰も相手にしてくれないのはわかっていたからです。

取っ払いの休日手当と実家に帰った嫁からのお小遣いで、ラブホに入りました。

馴染みの店はお盆休み。

仕方なく風俗情報誌をめくる。

目移りしてダメだ。

目を瞑ってページを開いて、指を指して目を開ける。

“ここ!”

熟女デリ、電話した。

やり手ババアみたいな声。

「デブはNG、スケベな女の人」

と希望を言った。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2014年9月19日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【おっぱい・巨乳】俺の会社で働くルックスのいい女子大生のチャットレディをレイプした話【体験談】

東京都/恭一さん(40代)からの投稿

—-

皆さんはライブチャットをご存じだろうか。

ざっくり言えば有料のアダルトサイトでお金を払って女の子と会話をする、ネット上のキャバクラのようなものだ。

そこで女の子たちは脱いでオナニーを見せてくれることも多いが、ほとんどが演技だ。

商売として割り切っている。

そもそも本気でオナニーをしたければ、わざわざ人前でなくプライベートで満足するまでするはずだからな。

さて、そこで働く女の子達をチャットレディと呼ぶわけだが、俺はチャットレディを管理するプロダクションを経営している。

私の事務所があり、その中に漫画喫茶のように個室が数十部屋ある。

そこで女の子たちは契約先のライブチャットにアクセスし、仕事をするわけだ。

女の子達のルックスについてだが、化粧映えとカメラ映りさえ良ければいいのである。

まして、脱ぎ専門の子は顔を出さなくても胸や尻だけで売ることも可能だ。

従って、ルックスのレベルはまちまちなわけだが、たまに芸能人並とまではいかないまでも凄くルックスのいい子が来る。

俺のレイプ被害に遭っている女の子「あみ」である。

19歳、色白で茶髪、キャバ嬢風の服装で、池袋、新宿や渋谷で歩いていたら二度見してしまうような、ドン・キホーテに居そうな今どきの女子大生と言ったところだ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月18日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【会社・職場】女優やアイドルが泊まりに来るホテル勤務の楽しみ【体験談】

東京都/DAハンターさん(40代)からの投稿

—-

これはあくまで、架空の国Japanでの話だと思ってご覧ください。

僕は日本でも指折りの大手ホテル勤務の従業員で、仕事は管理職についている。

そんなこともあり、ちょっとパソコンを弄れば誰が何日宿泊しているなどを調べるのは簡単なことである。

そんな僕は、覗きと女性の下着物色が日々の楽しみでもあり、日課でもある。

一般の客もそうだが、芸能人も都内ということもあり、かなりの頻度で利用がある。

仕事での利用がほとんどだが、たまにお忍びでと言うのも口が固いので知られているホテルなので、利用がある。

毎朝、ミーティングなどを済ませると、予約者のチェックを始める。

芸能事務所からの予約があれば当たり日だ。

特に最近ではアイドルグループが乱立していたり、地方から東京に撮影でくる子たちも多い。

昼くらいにチェクインして翌日や、2泊以上ならお楽しみ確定。

チェクインして、出かけるのを確認。

これは管理者の立場からフロントに確認しておけば、簡単に把握出来る。

あとは掃除のおばちゃんと仲良くなりさえすればいい。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月7日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【女の子のオナニー】スナックのカウンターレディをどうにかしようと思ったのが運の尽き【体験談】

センズリさん(40代)からの投稿

—-

20代の頃です。

地元のスナックの行きつけになり、毎晩通ってました。

ママとチーママと30代のホステスさんと3人でしたが、20代の女の子が入店しました。

リカっていう名前だったと思います。

僕は歳が近かったせいか、ついてくれて、たまにアフター行ったりしてました。

彼女は元ヤンで、10代で子どもを産んで、その子の父親とも別れ、今は子どもと2人で暮らしてるそうです。

スナックでも男に媚びる事なく、健気さが好きでした。

冬のある日、雪の中、リカが立っていました。

声をかけると、

「タクシーつかまんなくて」

「乗りなよ」

と僕。

「ラッキー!」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年8月3日 | セックス体験談カテゴリー:女の子のオナニー体験談

【おっぱい・巨乳】【痴漢】女子大生風の巨乳姉ちゃんが乗客に好き勝手されてた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺が中学生の頃、同じバス停から乗る女子大生かOL風の巨乳姉ちゃんがいた。

その巨乳姉ちゃんとは、駅からの電車も同じ方向で同じ車両に乗り合わせる事もあった。

東京方面の上りはかなり混雑するけど、子供心に巨乳姉ちゃんとの密着を楽しんだりしていた。

ある日、斜め前に立っていた巨乳ネーチャンの「やめてください・・・」という低い声が聞こえた。

見ると、巨乳姉ちゃんの服のジッパー(前開きのワンピース)が腹の辺りまで下ろされ、男の手が姉ちゃんの胸を揉んでいるのが見えた。

その手を振り払おうとする姉ちゃんの手がオッサンの手を掴んでいた。

姉ちゃんが反対の手でジッパーを上げようとすると、別な手がそれを阻んでいた。

どうやら複数の男に痴漢をされているようだった。

俺は、ブラジャーの上から見えるネーチャンの白い胸の膨らみに心臓はバクバク、チンポはビンビン状態だった。

そのうち、姉ちゃんの「あっ」という小さい声がして片乳がブラジャーから飛び出していた。

色白の巨乳で、何より綺麗な乳輪と乳首に目が釘付けになった。

当時エロ雑誌で見る巨乳は、乳輪がバカでかかったり黒々していたりで、巨乳の乳は汚いイメージがあった。

それが初めて見る生乳があまりに綺麗で、まじで発射しそうになった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月6日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【スカトロ・マニア】【異常】出会い系で『M男募集』という書き込みがあったので【体験談】

埼玉県/イサムさん(40代)からの投稿

—-

先日『M男募集』という書き込みがあったので、何となくメールをすると直ぐに返信がありました。

何度かやりとりをすると、

『リアル調教がしたいから今すぐこの場所に来い』

とメールがあったので、興奮しながら向かいました。

待ち合わせ場所に行くと、かなり美形だけど幼い感じの娘がいました。

早速ホテルに行くと、彼女は

「早く服を脱げ」

と言っていきなり蹴ってきました。

私が服を脱ぐと、彼女は腕を後で縛り足を曲げた状態で私を縛りました。

すると彼女は鞄から定規を取り出すと、私のチンコを叩き始めました。

私がビンビンに勃起すると、彼女は

「思った通りの変態マゾだね」

と言い、何か液体をチンコに塗りました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2014年7月4日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談
1 / 41234

このページの先頭へ