最新情報

【童貞・処女】化学の教育実習生の自宅で勉強だけじゃなく女も教えてもらった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

あれは、高2の夏のこと。

俺は生徒会の委員してた。

化学で教育実習に来てた女子大生と親しくなったんだ。

電話番号と住所を聞くとアパートで一人暮らしって教えてくれた。

俺はちょうど化学が好きだったから、入試対策で先生が見てあげるからアパートにいらっしゃいってことになったんだ。

その日は暑かったよ。

9時頃アパートに着いた。

部屋は綺麗に片付いてて、先生は白のブラウスに薄茶のタイトスカート。

先生、168センチぐらいで大柄。むっちりグラマーで美人。おっぱい、お尻ものすごく大きい。

学生時代、バレーボールやってたって。年は、22歳だったかな。

午前中、2時間みっちり化学勉強しました。

先生、俺の横で丁寧に教えてくれたんだ。顔がくっつきそうなくらい近くで。

先生の甘い匂いと大きな胸には参ったよ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2015年2月14日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【高校生】ヤンキー達に脅され、弟と無理やり関係させられた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

私がイジメに遭ってた時に弟を巻き込んだ話です。

私が高校二年生(♀)、弟が高校一年生の時です。

私が住む地域では高校が近くに一校しかなく、近所の高校生は殆ど同じ高校に通っていました。

その高校は通学区が広い為、色々な地域や方面から自転車やバスなどで通う生徒も多く、クラスメート以外では見知らぬ生徒も少なくありませんでした。

私は5月生まれ、弟は3月生まれでだいたい2歳違いになりますが、学年でいうと1学年違うだけの「年子」の関係でした。

私は勉強が好きで将来は高校か中学の教師を目指していて、弟は体育の教官に憧れ、目標にしていました。

私は真面目にしていたつもりですが、中には気に入らない生徒もいたみたいで、生徒会の副会長だった私に無理難題を吹っ掛けてくる生徒たちもいました。

ある日、私は無理難題グループに図書保管室に呼び出されました。

そこは高校の中で最も治安が悪い、人の目につかない場所でした。

私たち生徒会役員は、そういう危険な場所を無くして安心して高校生活を送れる活動をしていました。

図書保管室は不良たちの溜まり場になっていて、タバコを吸う為の喫煙室や授業をサボって寝てる仮眠室みたいな場所になっていたのです。

この活動の広報担当が私だったのですが、役割は生徒会や生徒集会でアナウンスするだけだったんで引き受けたんですが、生徒的には私が中心となって活動していると思った生徒も多くいました。

不良たちは今まで使っていた溜まり場が私のせいで無くなると思い、脅しの為に私を呼び出したのです。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月21日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【高校生】【ハプニング】すごくモテるクラスメートに告白されて幸せだったけど【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高校に入学して、同じクラスにすごく格好良い人がいました。

背が高くてスポーツ万能、優しくて勉強も出来て、顔もきりっと整っていて格好いいんです。

もちろん中学校の頃からモテモテだったようですが、高校に入ってさらに磨きをかけてモテていました。

当然、私も好意を抱いていました。

実は私もよく告白される方で、高校に入ってからすぐに何人かの人に「付き合ってくれ」って言われました。

その度に「好きな人がいるから」と断ってきました。

もちろん、好きな人とはその彼です。

彼とは同じクラスだったので、知らず知らずのうちに仲良くなっていました。

いつのまにか下の名前で呼び合うようになり、友達以上の関係になっていました。

友達からは、

「付き合ってるの?」

とよく聞かれました。

「ううん、全然そんなんじゃないよ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2014年7月30日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【おっぱい・巨乳】義実家で寝てたら義弟が私の体をまさぐってた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

去年の夏のお話です。

義父が急に入院する事になり、義母が付き添いするので夫の実家がお祖母ちゃんと義弟だけになっちゃうから、私が家事とかのお手伝いに行く事になりました。

夫は仕事があるから、私1人で行きました。

夫と住んでいる家からは車で3時間くらいかかるので泊まり込みです。

お手伝いに行って、5日目くらいの事。

おばあちゃんはデイケアに行ってて、高1の義弟は部活。

私はお昼ご飯の後、疲れてちょっと昼寝しちゃいました。

寝ていると何だか息苦しくて、誰かが上に乗っかっているみたいでした。

それにシャツの中に手を入れて、おっぱいを触っているみたい。

寝ぼけていた私は、夫が悪戯してるのかな?って思ったけど・・・そーいえば、ここは夫の実家だ!と気がついて急に怖くなりました。

薄目を開けてそっと見てみると・・・義弟でした。

義弟は寝ている私にのしかかる様な感じでシャツを捲り上げて、おっぱいを揉んでました。

まだちょっと寝ぼけ気味の私は心の中で


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2014年6月20日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

このページの先頭へ