最新情報

【M男・S女】家庭教師先のJKに調教された僕2 【体験談】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。



そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。



ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。



彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。



そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、

『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』

と、僕の方を見もせずに言いました。





僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。

『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | セックス体験談カテゴリー:M男・S女の体験談

【寝取り・寝取られ】嫁には3人の恋人がいた2 【体験談】

私は、実際に自分の目で見ても、まだ信じられなかった。まさか自分の妻が不貞を働いていたなんて、まったく気がつきもしなかった。

ピルの件も、生理を軽くするためとか、他の理由だと思っていた。



それがいま、画面の中では売春婦のような格好の優香が、ソファに両手をつき康夫君を誘っている。誘っていると言うよりは、命令しているという感じだ……。



優香は、普段は白や薄いピンク系の下着しか身につけない。ナースだったときのクセだと言っていた。多分、透けないようにということだと思う。ただでさえ、その大きめの胸のせいで、患者にセクハラめいたことをされる機会が多かった優香のことなので、とくに気をつけていたのかもしれない。





それがいま、黒の穴の開いたショーツとブラを身にまとい、ガーターベルトにストッキングまでしている。

普段は清楚系の格好ばかりで、顔もおっとりとした優しい顔の優香が、こんな格好をしているとギャップですごく淫靡に見える。



でもそれは、私のための下着ではなく、はるかに年下の、しかも息子の同級生のための下着だ。

息子の交友関係はほとんど知らないので、康夫君が息子の友人なのかどうかは知らなかった。報告書を見ると、それなりに仲の良い友人ということのようだ。



康夫君は、さっきの優香との恐ろしくエロいエッチで、勢いよく射精しすぎてセルフ顔射をしてしまった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月6日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【レイプ・陵辱】 旦那の目の前でウェディングドレス姿の嫁さんに種付けしてあげた 【体験談】

20年の別荘暮らしが始まったから、暇つぶしにまた書いてみた。



この前書いたみたいに、彼氏の目の前でムリ打ちして、今までにない興奮を知った俺は、完全に狙いが変わった。



彼氏の目の前で犯す快感は、支配欲とか征服欲(一緒か?)が満たされた。

アレから2回、彼氏付きの女を彼氏の目の前でムリ打ちしたけど、やっぱり最高だった。



だけど、刺激には慣れるもので、もっと凄いことをしたくなってきたw

そこで俺が考えたのは、あまり詳細は書けないけど、誰でも参加というか、見ることが出来る結婚式場に行くことだった。

俺は、そこで関係者みたいな顔をして、一部始終をビデオに撮影した。



泣きながら両親へ挨拶する新婦、誓いのキス、指輪の交換……そのすべてをビデオに収めた。





そして、俺は新婚夫婦の後をつけて家を突き止めた。結婚式をして、そのまま新婚旅行に行くパターンて言うのは、意外に少なく、親族とどんちゃん騒ぎをするというのももっと少ない。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2014年12月17日 | セックス体験談カテゴリー:レイプ・陵辱の体験談

【友達・仲間】強姦魔と妻【体験談】

私、優太は36歳のごくありきたりな会社員で営業をしています。妻、愛美は今年で30歳です。友人の紹介で出会い、結婚してまだ半年の新婚です。先月、出張の日程が短縮になり、一日早く帰れることになりました。たった一日ですし急な変更だったので、特に妻に連絡せずに帰宅しました。家に着いたのは夜の7時くらいでした。

家は真っ暗で人気がありませんでしたので、もしかしたら妻は出掛けているのかな?と思ったのですが、玄関の鍵は開いていました。

「ただいま」と呼び掛けても返事は無し、おかしいなと思った時、二階から物音がしたので上がっていったのです。ですが様子が変なのです。ドタバタする音が響き、一段一段上がって行くにつれ、妻の声が喘ぎ声だと分かったのです。状況が飲み込めず頭が真っ白になりながら寝室のドアを開けると、妻が知らない男に後ろから犯されていたのです。見たことも無い男でした。年は私と同じくらいで30半ば~40歳くらい、格闘家の秋山成勲氏似の大男。日に焼けて浅黒く、筋肉の塊で野獣の様でした。金のチェーンのネックレスをしていたのが、妙に鮮明に頭に残っています。二人は私に気付き、妻は悲鳴を上げてうずくまり、男も私の方に振り返りました。思わず、「誰だお前は!」と私は叫びましたが、その大男の威圧感と迫力に声が裏返った何とも情けない声でした。「テメーか、旦那は、あん?」と、ドスの効いた低い声で威嚇しながらこっちに来て、私は怖じ気づいて後退りしてしまいました。「止めて!あなた、ごめんなさい!聞いて、違うの!」と妻は取り乱しながら叫んでいました。「おい、せっかくやで、ここで見とけや!」と男は私の胸ぐらを掴むと、物凄い力で引きずり込み、部屋の隅に突飛ばしました。私は身長170cmに満たなくやせ形、圧倒的な体格差でいとも簡単に投げ飛ばされ、壁に強打されてしまいました。「止めて!乱暴はしないで!お願いします!佐久間さん、お願いですから!」という妻の叫び声が朦朧とする耳に聞こえ、どうやら男の名前が『佐久間』という事は分かりました。佐久間は私の前にしゃがみ込むと、私の顎を掴み、「この女よお、すっかり淫乱になっちまってよお、俺のちんぽぶち込まれてよがりまくっとんだわ。

つうか、情けねえ男やな、テメー。女房がハメられまくっとんの気付かんでなあ!これからたっぷり見せてやっからよお、おとなしい見とけや。」とニヤニヤと悪どい笑みを浮かべてきたのです。私は、「やめてくれ!」と抵抗しましたが、みぞおちに一撃をくらい呆気なく勝敗はついてしまったのです。佐久間は再びベッドに上がると、後ろから妻に肉棒をねじ込みました。部屋中に「いやーっ!」という妻の悲鳴が轟きました。「おい、旦那、ちゃんと見てっか?お前の女房が犯されとんで!」

「嫌っ!あなた、見ないで!見ないで!」私たちの寝室で、私たちのベッドの上で、妻が得体の知れない野獣に強姦されている。控え目で大人しく、清楚な雰囲気に惹かれて結婚した妻・愛美。

スレンダーながらも豊満なバスト、男性経験は私だけの箱入り娘なお嬢様だった愛美が、屈強な佐久間に無理矢理組み敷かれている。助けなければ、と思いましたが、あまりの恐怖に足がすくみ動けませんでした。本当に私は情けない男、夫失格です。佐久間はバックから激しく打ち付け、パンパンと物凄い音が響いていました。愛美はうわごとの様に「嫌ぁぁぁっ!!!止めてっ!!!嫌…あなた見ないで…止めて…お願いします…」と呟きながら涙を流していました。しかし佐久間は更に激しく犯し始め、「おい、この野郎、目反らすやねえ。」とこれ見よがしに突き続けます。愛美の揺れるバストを鷲掴みしながら、耳たぶなどを舐め回します。しかし佐久間は更に激しく犯し始め、「おい、この野郎、目反らすやねえ。」とこれ見よがしに突き続けます。愛美の揺れるバストをゴツゴツとした肉厚な手で鷲掴みしながら、耳たぶなどを舐め回します。「奥さんよお、感じとんのやろ?素直になれや~」

「そっ、そんな事ありません、もう止めて…お願いします、止めて下さい!」

「旦那、この女よ、ちんぽ気持ちイイ~!っちって、いっつもヒーヒー泣いとんのやぞ。」

「嘘っ、そんなことありません、違います!」

「こんなええ女、テメーには勿体ねぇよな!締まり良し、感度良し、体良し、最高やねえか!」そういうと、佐久間は物凄い勢いでピストンし始め、愛美の悲鳴が一層大きくなりました。愛美の括れを掴みながら肉棒をねじ込み、「お~し、そろそろやぞ。たっぷり中に出してやっからな~。旦那の前で中出し、くっくっくっ、たまんねぇなあ!おいテメー、しっかり見とけよ!」何と佐久間は妻の中で果てると言うのです。私と妻は、そろそろ赤ちゃん欲しいね、と子作りをしようとしていた矢先の事でしたから、目の前が真っ暗になりました。。「止めて!それだけは止めて下さい!お願いします!中は許して下さい!お願いします!」愛美は必死に懇願します。「頼む、それだけは勘弁してくれ!勘弁して下さい!お願いです!」と私も叫びました。しかし、「あ゛ーあかん!イクでえ!中に出したるぞ!おらっ!!!!!!」

「嫌ぁぁぁぁぁっ!!!!駄目ぇぇぇぇぇっ!!!!」

本当に佐久間は容赦なく妻の中に精液を放ったのです。

私は頭が真っ白になり、悪夢なのか現実なのか分かりませんでした。佐久間は目一杯腰を打ち付け、愛美の子宮に注ぎ込んでいます。悲鳴を上げた妻は、そのままぐったりと動かなくなりました。最愛の妻が…。知らない内に、私の目から涙が溢れていました。妻は、「優太さん…ごめんなさい…許して…見ないで…。」と言いましたが、あまりのショックに顔を見ることが出来ませんでした。暫くすると佐久間は愛美の体をヒョイっと抱えるとベッドの上に仰向けになりました。「おし、奥さんよお、今度は自分で動いてみいや。おいテメー、わざわざ見やすい体位にしてやったぞ、ちゃんと見とけよこの野郎。」背面騎乗位の体位にて、佐久間は愛美に自ら動けと指示しました。それ以前に、一度射精したにも関わらず、一向に萎まない肉棒、それも抜かずに二回目に突入する佐久間に驚きました。「イヤです、そんな事出来ません…。」愛美は泣きながらそう訴えると、「奥さんよお、口答えすんのか、え?いっつも自分から腰振りまくっとんのやでよお、いつも通りでええんや、あいつに見せてやれや。」しかし妻は拒んでいました。すると佐久間は「しゃーねーなぁ!」と呟くと、下から激しく突き上げたのです。小柄な妻の体は激しく揺さぶられ、豊満なバストが上下に弾みました。露になってしまった結合部に、私は唖然としました。今まではよく見えなかったのですが、佐久間の肉棒のサイズにです。太さ、長さ、反り具合、どれをとっても私のぺニスとは比べ物にならないのは一目瞭然でした。

青筋を浮かべた竿は、妻の愛液と先ほど放出した自分の精液が絡み付き、ぐちゃぐちゃになっていました。そんな桁違いな肉棒が、妻のワレメにズップ…ズップと突き刺さっている、そんな光景を無理矢理見せつけられたのです。そしてもう一つ驚いた事が。妻の陰毛が綺麗サッパリ消え去っていたのです。毛根すら見当たらないのです。

思い返せば、その一週間ほど前から妻は私とのセックスを拒んでいました。陰毛が無いのを隠そうとしていたに違いありません。やはり以前から妻は犯され続けていたのです…。ピンクに艶めく無垢な性器が剥き出しになり、佐久間のどす黒い肉棒を咥え込んでいる。私は気を失いかけました。そんな私の事などお構い無しに、佐久間の突き上げは一段と激しくなります。すると「いやっ…ぁんっ…もう止めて…ぁんっ…ぁんっ…」と、妻の言葉の節々に喘ぎ声が混ざり始めたのです。顔は苦痛と快感に悶え歪んでいます。「おっ、奥さん、どうしたんや、あん?そない声出して」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年4月20日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】★あたしのボディーガード★【体験談】

電車は今日も混んでた。人がびっしり詰まって、臭いと熱気がものすごい。駅の階段から駆け込み乗車したので、あたしがいま乗ってるの弱冷房車だし。次の駅で普通の冷房車両に乗り換えようか、と思ってたけど、その駅に付いたら更に人がドカドカ乗りこんできて、あたしはむしろ中に押されてしまった。どうにか吊り革だけは確保。せめて座りたい〜、とふと見ると、あたしの前に座ってるのはおじいちゃん。短めのステッキを足の間に立てて、その上に両手を重ねて、静かに目を閉じている。

(粋なおじいちゃんね〜)

高そうな、クラシックなイメージのスーツと帽子が似合ってる。



しかし暑い〜。きもち悪い〜。

あたしは片手に握ったハンカチでパタパタ顔に風を送りながら、(乗り換えまで……あと10分ちょっとか〜)と思った。



電車が突然、大きく揺れた。他の乗客に密着してた背中が楽になった、と思ったら、更に強い波に押された。

(おじいちゃんにぶつかるっ!)

あわてて手を前に出し、身体を支える。手が窓に着いた時、「どんっ」と音がした。おじいちゃんが目を開き、「ほ」の形の口をしてあたしを見上げた。あたしは半笑いで、おじいちゃんに目礼。身体がグイグイ押される。(いい加減にしろばかやろ〜っ!)って怒鳴りたいのを我慢して、あたしは肩幅に開いた脚を踏ん張った。どすこい。



車内は熱くて臭くて気持ち悪いのに、なんか身体のどこかから小さな快感を感じる。ん?と数秒……。あ。ステッキの上に組んだおじいちゃんの手が、スカート越しにあたしの大事なところに触れていた。



ちょっとおじいちゃんそこダメ。あたしそこ弱いのダメ。まだ朝だしダメ。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2014年3月1日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【酔った勢い】超泥酔女と男友達【体験談】

<>164Csage04/04/1217:15ID:dPeIvdJS<>

じゃあ、お言葉に甘えて。

数年前のことで、会話なんかはうろ覚えなんで脳内でwよろしくお願いします。



ころは大学4年の晩秋、学祭の打ち上げです。

当時私は卒論やら進学のことやら私生活の悩みやらいろいろ重なってかなりテンパってまして、

よく酒を飲みすぎては友人に迷惑をかけまくっていました。

確か居酒屋→出町柳の三角州という、その界隈(左側の上の方)の学生定番のコースでしたが、

当然打ち上げも最初から飲みまくりで、河原で倒れ伏すお馬鹿さんも続出w



<>165Csage04/04/1217:18ID:dPeIvdJS<>

その後、二次会が終ってもまだ飲みたりない何人かでクラブ(踊るほう)に突入。

(あの辺りのクラブと言ったらわかる人たくさんいそうですねw)

私も勿論、相当ハイテンションで飲んでは踊り、揺れては飲み。途中軽くリバースしてまた飲み。

そのうち(と言ってももう丑三つ時近く)私は結構ヘンな感じに出来上がってしまい、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2014年2月4日 | セックス体験談カテゴリー:酔った勢いの体験談

【人妻】借金のカタに (Ver1)【体験談】

 狭い階段を上って雑居ビルの3階にある会社の事務所に行くと、部屋の中から女の呻き声が聞こえてきました。あれは妻の声に違いありません。急いで部屋に入ると、入り口にはあの男が立っていました。口髭にサングラス、黒の革ジャンを着た借金取りのヤクザです。私を見るとニヤニヤと笑います。部屋の奥を見ると、なんと妻が別の男に背後から犯されているのでした。机の上に両手をつかされ、仕事着の黒のスカートをたくし上げられ、パンストもパンティーも無残に破られてむき出しになった妻の尻に、下半身裸になった格闘家のような体格の男が、背後から腰を激しく打ち付けているのでした。

「ああっ・・ああっ・・・あああっ・・」と苦しそうに呻く妻。

「やめろよ」

私はその男を止めるために近づこうとしたのですが、入り口の男が私の腹に膝蹴りをして、あまりの痛さに床に倒れてしまいました。

「おっさん。金返せよ」

男は吐き捨てるように言います。

妻は苦しげな表情で私の方を見ましたが、犯している男が妻の顎を手で自分の顔に向けると、太い舌を妻の口に入れました。妻の小さな舌がチラチラと奥に見えました。なすすべもなく倒れたままその光景を呆然と見つめる私。すべて私のつくった借金のせいです。街金に手を出すまでに経営が悪化した私の会社のせいなのです。倒れた位置からは男が妻の女陰に出し入れするペニスが丸見えでした。あんな大きなペニスを出し入れされたら、妻は痛いに違いありません。

「あうっ・・あううっ・・・いやっ・・・」

振り向く妻は眉間に深いしわを寄せ、眉を八の字にして苦しげな表情です。

妻は27歳で、まだ子供を産んだこともありませんでした。5年前に結婚する以前のことはよく知りませんが、奥手の妻は私の平均サイズのペニス以外には、あまり男を知らないはずですので、格闘家のような男の、鍛えられたような硬くて太いペニスで突かれたら、子宮の奥まで痛むのではないでしょうか。

しかし・・・少し冷静になってよく見ると、妻の脚には幾条もの液が流れています。その源はまぎれもなく男のペニスが深く差し込まれた女陰なのでした。

男は背後から妻のブラウスのボタンをはずし、ブラジャーも脱がせて、妻のFカップの白いお椀のような胸をもみます。時々乳首をつまんだりもします。そこは妻の性感帯なので、妻は一瞬ボッとした表情になりました。

「おっさんの嫁さん、感じてるんじゃないか」

入り口の男がからかうように言います。妻と私は20歳以上も年が離れているので、おっさんと呼ばれてもしかたありません。犯している男は仕事机の上の物を全部手で床に落とすと、今度は妻を机の上に仰向けに寝かせ、両脚を抱え込んで挿入しました。挿入の瞬間、妻が机の上で声を出しのけぞりました。男が腰を激しく振り続けると、妻の両足の指は親指だけが反り返り、ほかの4本の指は内側に強く屈曲するようになりました。男も極まってきたのか、さらにペニスを出し入れする速さを増してきました。男の全身から玉のような汗が出てきました。突然妻が

「ああああっつ、いっちゃう」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2013年11月5日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【会社・職場】先輩カップルの激しいセックス【体験談】

先輩カップルとダブルデートで海へ泊まりに行ったときの話。



先輩は2つ年上の28歳で、仕事はデキる男だが、独身であまり遊んでるイメージはなく彼女がいることも今回の話があるまで知らなかったぐらいだ。



ブサメンではないが、そんなにイケメンでも無いので、仕事では敵わないが、モテ度勝負なら、俺に旗が上がりそうな感じだった。



そんな先輩とひょんなことから、海へ行こうという話になった。



初めは2人で行こうかと言っていたのだが、俺が「彼女も連れて行こっかな」というと3人だと気まずいと言うので、「じゃあ誰か連れてくれば?」と返すと



「じゃあ、俺も彼女連れて行こっかな」という流れになった。



「えっ!?先輩って彼女いたんですか?」と俺はそこにビックリだったが、まぁ今までそんな話をしなかっただけで、いても不自然では無いので納得して4人で行くことになった。



先輩の彼女は27歳で、身長は170弱ぐらいあって先輩とあまり変わらない感じで、スラッとしたモデル体型で、可愛いというより綺麗な人だった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2013年10月7日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【M男・S女】女格闘家と素人男が戦ったらどうなるの? 【体験談】

素人男「女格闘家ってだれよ?おいらっち男なんやけど〜wwwwww」

女格闘家「吉田です」

素人男「・・・え・・・!?」

女格闘家「吉田沙保里です。」

素人男「・・・う、うわあ・・・ああ・・・ああああああああああ(イスから転げ落ちる)」

女格闘家「どうかしましたか?」

素人男「ああ、あふゥッ・・・ひいいい・・ガクガク(足が震える)」

女格闘家「やだなあ、そんなにびびらないで下さいよ。ちょっと公式戦119連勝しただけですから^^」

素人男「ああ・・あ・うんっ・ああ・・・ビクンビクン(小水を漏らす)」

女格闘家「ちなみに世界選手権9連覇、オリンピック2連覇です。」

素人男「あんっ!ああん・・らめ・・・もうらめえ!ビクンビクン(射精する)」



出典: 

リンク: 

セックス体験談タグ

||

2013年9月12日 | セックス体験談カテゴリー:M男・S女の体験談

【学生時代】気持ち良すぎて涙が出た【体験談】

ころは大学4年の晩秋、学祭の打ち上げです。当時私は卒論やら進学のことやら私生活の悩みやらいろいろ重なってかなりテンパってまして、よく酒を飲みすぎては友人に迷惑をかけまくっていました。



確か居酒屋→出町柳の三角州という、その界隈(左側の上の方)の学生定番のコースでしたが、当然打ち上げも最初から飲みまくりで、河原で倒れ伏すお馬鹿さんも続出w



その後、二次会が終ってもまだ飲みたりない何人かでクラブ(踊るほう)に突入。私も勿論、相当ハイテンションで飲んでは踊り、揺れては飲み。途中軽くリバースしてまた飲み。



そのうち(と言ってももう丑三つ時近く)私は結構ヘンな感じに出来上がってしまい、ソファにへたり込んでうとうとしてました。



そのうち家も近所で、凄く仲の良かった1コ先輩(M1)のY君が「帰るか~?」と聞いてくれましたが、私はうつろな目をして「ん゙ーーーーーー?」てな感じで要領を得ず。(あとで聞いた)



仕方なく、Y君は私をチャリの後ろにのっけてくれて、まだ暗くて寒い夜更けの道をキコキコ家路へ。ところが! あまりにぐでんぐでんだった私は、途中でチャリから落下!



東大路通りの真ん中で転がる泥酔女・・・_/ ̄|○ 今思えば凄い図です。こうしてみると私、今とあんまり飲み方変わってませんw



Y君は爆笑しながら私をおんぶし、「C、しっかりつかまってな?」って私の両手をお腹の前へもってきて片手できゅって握っててくれました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2013年9月9日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談
1 / 212

このページの先頭へ