最新情報

【童貞・処女】会社の後輩に「エッチしたいですか?」って言われて筆下ろししてもらった話【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

後輩とは仕事の関係で一緒に行動する事が多かったんだけど、女慣れしていない俺が面白かったみたいで、

「彼女出来た事あるんですか?」

から始まり、

「キスは?」

最終的に

「童貞ですか?」

とか根掘り葉掘り聞かれた。

車で移動する時には、シフトを握ってたらその上に手を置いてきたり、

「ほっぺにならキスしてもいいですよw」

って言われたりして遊ばれてた。

それで、

「一緒に寝てみますか?」

みたいな感じになってラブホへ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2015年1月5日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【おっぱい・巨乳】スタバで見かけたロリ顔で巨乳の可愛い子から逆ナンされた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

現在社会人2年目で24歳の男です。

1年ぐらい前の冬の話です。

会社から資格をとるように言われ、休みの日は近所のスタバで昼から夕方ぐらいまで勉強していました。

そのスタバは駅の近くにあって、休日は学生や若い社会人が多く利用していました。

夕方17時頃でしょうか、そろそろ帰って夕飯の仕度をしようと思い、店を出ました。

駅前の道を歩いていると、後ろから声を掛けられました。

「すいません・・・、ちょっといいですか?」

見ると、スタバで近くの席にいた女の子でした。

実はその子、スタバにいた時からちょっと気になってたんです。

というのも、、着ているニットの盛り上がり方がやばい!

ロリ顔で巨乳って反則だろ・・・推定EかFはありそうでした。

20代前半で、背は低め。ちょっとロリっぽくて可愛らしい子でした。

薄手のニットにスカートという格好。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月21日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【学生時代】クラスで一番仲の良かった子に告られて付き合ったけど半年近く何もできなかった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

昔あった出来事です。

自分(S)がまだ中学3年生の頃でした。

自分はルックスがあまりいい方ではないけど何とか性格だけはよくしていたので、休み時間に少し女子が集まってくるぐらいの人間でした。

そんな自分はかなりのムッツリで、毎日夜は1人で手淫に励んでいました・・・。

そんな自分に天使が現れたのは、2年の12月頃でしょうか。

クラスの中で一番仲が良かった女子(M)に告られました。

OKして恋人関係になったとはいえ、どちらもオドオドしていたために手も繋げない関係でした。

そんな関係が続いて早半年。

3年にもなってやっと初めてMの家へ行く事になりました。

家に行く・・・という事を考えただけで股間も妄想も膨らませていました。

そして当日。

自分はあり得ないと思いつつも、ゴムを持参して行きました。

家に着いた自分はとりあえずMの部屋へ行きました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2014年10月23日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【おっぱい・巨乳】【寝取られ】ネトゲで知り合った自慢の美人な若妻が【体験談】

俺は25歳の社会人で、ホントにどこにでもいるような特徴のない男だ。

175cm、72kg、ちょっと太り気味の内向的なキモオタ。

だが、奇跡的に最近結婚した。

しかも、嫁はかなり可愛い。

嫁のキョウコはまだ21歳で、ピチピチの若妻だ。

彼女が短大の時に知り合い、卒業と同時に結婚した。

知り合ったのは、いわゆるオンラインゲームだ。

ゲームの中で知り合い、色々と助けてあげているうちにキョウコの方から一度会いたいと言い出した。

初めて女性と2人きりで会うシチュエーションに、死ぬほどドキドキした。

まともな服も持ってなかったので、ZARAに行ってお姉さんに言われるままに全部揃えたりした。

そして待ち合わせ場所に行くと、凄く可愛いキョウコがいた。

今思えば、格好は腐女子っぽかったけど、可愛すぎて美人局と思った。

そして声をかけたら、俺以上にガチガチに緊張しているキョウコが、にっこりと笑いかけてくれた。

この時、俺は恋に落ちた。

かなり重度なオタのキョウコと俺との相性はぴったりで、趣味も完全に一致した。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月24日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

このページの先頭へ