最新情報

【寝取り・寝取られ】出張先の彼女なおみ 【体験談】

184名前:えっちな21禁さん投稿日:03/06/1109:24ID:RcYDjIbG



地方へ2年間出張していた頃、出張先の盛岡で彼女が出来た。おいらは22歳大学卒業後すぐに

長期出張を命じられて2年間行くことになった。一人暮しをはじめて1年が経とうとしている頃

おいらのいきつけの飲み屋にある女性が来た。名前はなおみ、歳は28歳おいらにとっては年上

のお姉さんって感じの綺麗な子でした。店が閉まる頃には二人で楽しく話ししていた。好きにな

るのは時間はかからなかった。お付き合いが始まり2ヶ月がすぎた頃、彼女が初めて家に来た。

もちろんSEXして楽しい時間を過ごした。





185名前:えっちな21禁さん投稿日:03/06/1109:25ID:RcYDjIbG



彼女はおいらが東京に帰るのを知っていて、私も東京に行きたいとせがんだ。おいらは構わない

よと言い熱い時間はすぎていった

と…ある日。おいらは会社帰りにいつもの飲み屋に立ち寄った。田舎なので駐車場付きでまた
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2012年11月8日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【友達・仲間】男ともだちとしちゃった話 【体験談】

25名前:えっちな21禁さん投稿日:03/11/0602:17ID:0GyIY1mR



スレタイ逆バージョンになりますがいいですか?男ともだちとした話です。







32名前:25投稿日:03/11/0602:39ID:0GyIY1mR



8月の終わり、いつものようにバイトを終えて、誰かとごはんが食べたくなってFちゃんに電話しました。

すると「俺もうひとりで飲んじゃってるから、うちで一緒に飲もうよ」と言うのでそうすることにしたのです。







33名前:25投稿日:03/11/0602:41ID:0GyIY1mR


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||

2012年11月7日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】友人の彼女 【体験談】

709名前:友人の彼女1投稿日:02/07/1201:40ID:mz5JRZuw



もう10年位前ですが、私の友人の彼女が胃腸を悪くして入院しました。

とても綺麗な子で、みんなの羨望の的の子でした、

私が個室にたずねて雑談などしていると、中年の看護婦さんが入って来ました。

そして彼女にいきなり「お通じありましたか?」と聞くのです、彼女はもじもじして

答えられずにいると、看護婦さんはいじわるそうに「今日は沢山出たでしょ」といって

「お尻のかぶれも治ってきたかしら」と彼女をうつぶせにすると、いきなりパジャマを

ずりさげお尻を丸出しにしちゃったのです。





710名前:友人の彼女2投稿日:02/07/1201:41ID:mz5JRZuw



そしてなんと、こう言ったのです「彼氏なら見られても恥ずかしくないわよね」

彼女はなぜかなにも言わず、じっとしていました。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||

2012年11月5日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】ハローワークの女 【体験談】

267名前:小次郎投稿日:02/11/1921:15ID:lgaGqSDT



『小次郎君…今まで我が社の為に頑張ってくれてありがとう』

『(゚Д゚)ハァ?』

3年前の夏の日、俺の会社が倒産した。

俺が28歳の誕生日を迎えて間もない時期だった。

新卒で勤め始めてからその日まで、転職した事がなかった俺は

突然訪れたプータローの日々に、

現実感が沸かず、何故かワクワクしていた。

今考えればアホだ。







268名前:小次郎投稿日:02/11/1921:18ID:lgaGqSDT


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2012年11月4日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】友達以上恋人未満 【体験談】

35名前:えっちな21禁さん投稿日:03/02/1502:58ID:Cer16grw

120ジン(sage)03/02/13(木)23:53ID:E3BS3XYB

それまで漏れと彼女は友達以上恋人未満という関係だった。

その彼女と漏れは、以前から仲が良かったが、ある事がきっかけで急速に近づいた。

それは今から七ヶ月程前、ほぼ同時期に起こった、それぞれの失恋だった。

漏れは七ヶ月程前、三角関係がこじれまくった上に、親友と恋人を失い、

人間不信になり、引きこもりに近い状態に陥った。

しかし、日常から目を背けるわけにはいかず、苦痛の日々を淡々とこなしていた。

そんな頃に、ふとしたきっかけで彼女の事情を知った。

彼女の方は好きだった人に、二股を掛けられたうえ、捨てられていた。

漏れ達は元々仲は良かったが、その事を知ってから急速に近づいた。

愚痴を言い合い、なぐさめあったり、お互いの相談相手になった。



傷の舐め合いなのは二人とも分かっていた。しかしそうせずにはいられなかった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2012年11月2日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談
405 / 405« 先頭...102030...401402403404405

このページの先頭へ