最新情報

【学生時代】CFNM小学1年生の時【体験談】

とある小学校1年1組の教室、ここで今 非日常的な光景が…。

教室の前に、一人の男子が白ブリーフ一枚で立たされている。

「ほら、パンツも脱ぎなさい! 先生言ったわよねー、スカートめくりした男子は教室の前に素っ裸で立たせるって」

担任の女性教師が、横でそう言いながら男子を追い詰める。

クラスの女子たちが、その様子を見ながらクスクス笑っている。

男子は俯いたまま今にも泣きそうである。

「脱ーげ、脱ーげ、脱ーげ」

と、女子たちからは脱げ脱げコールが。

そして女性教師も腕組みをしながら男子を睨み付け、パンツを脱ぐのを待っている。

すると遂に観念した男子が、クラスの女子たちが注目する中、パンツを脱いでいった。

(ポローン) そして女子たちの歓声。

「キャー! 脱いだー、丸見えー」

「アハハハ、ちっちゃーい」

「やーだ、なんかピクピク動いてるわよー」

男子のフルチンを見届けた女子たちがお祭り騒ぎの様に盛り上がる。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【近親相姦】真夏の夜の夢[1]【体験談】

 時計の針が夜中の一時を差す頃、私たちはマサルの部屋の前に立っていた。辺りは静ま

りかえり私たちの息遣いだけが廊下に微かに響く。二つ年下のミサキは私のパジャマの袖

つかんで離さない。シーっと人差し指を一本口の前に立てるミサキの顔が窓から差し込む

月明かりに照らされる。ミサキの興奮がそのイタズラに目を輝かす子供の表情から見て取

れた。そう言う私も心底興奮していたのだ。

「いくよ」、そう言うと私はマサルの部屋のドアノブに手を掛けた。ドアからカチャっと

いう小さな音が鳴る。私はミサキと眼を合わせる。ミサキの満面の笑みに私も思わずにや

けてしまう。二人でわずかに開いた隙間から部屋を覗くと、オレンジの豆電球が薄らと部

屋を照らしていた。ベッドの上で緑の掛け布団を抱くように寝ているマサルの背中が見え

る。机には夏休みの宿題か何かが山のように積まれ、その横に学生鞄がくたびれたように

口を開けたまま置かれている。音が鳴らないように慎重にドアを押し開け、人が通れるだ

けの隙間をつくった。なんだかスパイにでもなった気分だ。

「おねえちゃん、マサル、パンツ一枚で寝てるよ」、ミサキは小声で言った。

「好都合ね」、私はミサキにと言うよりも自分に言い聞かせた。

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【学生時代】女の子達に人気のあるゲームソフト【体験談】

昔のTVゲーム(ファミコンソフト)でプールか海だかで水遊びをしてる男の子達に女の子集団が襲い掛かり海パンを脱がすゲーム(海パン脱がし)が女の子達に大人気でした。ゲームの操作は自分自身で女の子をパワーアップさせ仲間を増やし女の子達を自由自在に操作して男の子達に襲い掛かり海パンを脱がすスリルのあるゲームでした。女の子達を上手く操作して男の子全員の海パンを脱がしたら100点です。小学生の女の子達は、このゲームがストレスの解消になるのでした。ゲームの画面に女の子が男の子の脱がした海パン手に持ってニコニコしてるのとか男の子が恥ずかしがって必死におちんちんを両手で隠してるシーン面白いですね!

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【学生時代】花夏の乳首【体験談】

去年の時だ。理科の実験で本名山和屋花夏が火を付けるときに見てしまったのだ。花夏の乳首を、ピンク色だった、しかもたっていた。興奮した。その日の放課後、花夏とセックスをした。女子トイレで、花夏のアナルに入れた。そして、精子を出した。先生に見つかったけど、先生も一緒に出して、帰えって行ったけど、まだ、したくて、友達の家に行った。それは、巨乳で有名だった。本名は、千葉姫衣奈だ。きいなの服を脱がした。ブラジャーも脱がして、きいなは、ナプキンをしていたので、ナプキンも取った。ちんこには、ちんげがはいていた。ケツの穴にちんこをいれて精子を出した。

セックス体験談タグ

|||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【高校生】夏休み体験談〜中学編【体験談】

これは僕が中学生の時の話です。学期末試験が終わり近所の仲良しメンバー(女6人+僕)でホテルのプールに行く事になりました。1日ホテル1部屋を借りてそこで着替えや食事の拠点にしてプールで楽しむのです。当日僕は待ちきれずかなり早く集合場所である部屋に行きました。すると幼なじみの大学生のお姉ちゃん(子供の頃からよく遊んでもらった)が既に到着してました。お互い久しぶりだったので話が弾みました。

そうこうしている内に部屋に入れる事になったのでお姉ちゃんと入りました。中に入ったらお姉ちゃんが水着に着替えておこうか?と言ったのでお互い見えない所で着替えました。お姉ちゃんの水着は少しハイレグ&Tバッグの青い競泳用水着で、僕はブリーフ型の紺の海パンです。まだ時間がかなり早かったので水着のままで待っていたのですが、時間が経つにつれ2人でじゃれあいフザケあいました。その時お姉ちゃんの手が僕の股間に当たり(試験勉強の一夜漬けが続き数日間抜いてなかったので)射精してしまったのです。僕はバレない様にうずくまりました。姉「えっ、どうしたん?お腹痛くなったの?」

僕「何でもないから・・・・・」

姉「急にうずくまって何でもない事ないやん!見せてみ」

僕「何でも無いって言ってるやろ!向こう行ってて」

姉「(怒って)いいから見せ!」

股間を抑えてる手を無理やりどかされ、お姉ちゃんの視界に海パンに付いた白い液体が見える

姉「えっ・・・あ・・・ウソ・・・」

僕「何でもないんや!」お姉ちゃんは僕を無理矢理起こし、トイレ風呂洗面所が一緒になってる場所に連れて行った。僕にきおつけをさせると僕の海パンを脱がしました。僕は下にサポーターを着用してましたがサポーターが精液でベトベトになっていました。するとお姉ちゃんはサポーターも脱がしました。僕はお姉ちゃんに毛が完全に生え揃っていなくビンビンに勃起してなおかつ先から精液が垂れているおちんちんをさらけ出す事になりました。

僕「何するんや!」

姉「私は汚れたやつ(海パン&サポーター)洗ったげるからあんたは自分のをちゃんと洗い」

(お姉ちゃんは絶対おちんちんと言わず「自分のを」って言う)僕はフルちん状態のまま

僕「もうええから返せよ」

姉「早よ洗いって言うのが聞こえないんか?」

僕「汚れててもええって」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【近親相姦】真夏の夜の夢[21]【体験談】

 ずっと気が付かずにいたのだが、今になってマサルの寝息が少し荒くなっている気がする。

「ねえ、お姉ちゃん、何か手が濡れてきたんだけど……」

 まさか……、まさかこんなに小さい子が、いや小さいちんちんが射精するなんてありえるのかしら……。

私は思わず「いいから、もう少し続けてみて」と催促した。

「うん……、こんな感じかな」、ミサキは手を上下させているというよりも、ただ小さく振動させているよ

うにしか見えなかった。それもこの大きさじゃしょうがない。よく先端部を見つめていると確かに湿り気が

見られる。

「うぅ……、うぅ……」、マサルは鼻から抜けるような声を微かに上げる。感じているんだ

……。膝をわずかに曲げ、腰が少し引けた形になる。かわいい……。私はマサルが起きるかもしれないとい

うリスクを背負う覚悟で、もういい、とばかりに「代わって」とささやいた。

「おっけー」、そう小さく言うとミサキは私からカメラを受け取った。いやはや……、いざ眼の前でこうも

きれいな曲線を描かれると、興奮のあまり頭がくらくらしてくる。あらためて私はそれに手を伸ばす。今度

は私の小指くらいになっているようだった。ピンッと人差し指で弾くと、それはバネでも入っているかのよ

うにプランと揺れる。親指と人差し指のあいだにそれをチョンと摘まむと、確かに手ごたえがあった。わた

しは皮を剥くようにそれを下の方にずらし、先端を見つめてみる。しかし、やはりそこには亀頭らしきもの


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【学生時代】CFNM小学校6年生の時に【体験談】

小学校6年生の時,ちょっとかっこつけてる下級生(小学校4年生)の男子がいたんで、体育倉庫に呼び出して,女子数人で囲んで裸にさせて観察した。そしたら、そいつのアソコがおっきくなってきたから、

みんなで触ったりしごいたりして遊んでたね。そいつは半泣きだったけど、気持ちいいのか時々声だして

そのうち精液出したと思ったら、本気で泣き出しちゃった。(笑)それからもしばらくそいつで遊んで、後はそいつの服を女子トイレに捨てて帰ったよ。今思うと…そいつ、どうやって帰ったんだろうね?

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【学生時代】僕達モザイク【体験談】

僕たち男子の羞恥心はこれまで、同年代の女子より不当に軽く扱われてきました。しかしそれが社会的な問題となり、ついに僕たちの味方となるべく新しい法律が誕生したのです。

「乳首が見えてる時点ですでにNGよ」「えーっ、」「男のくせに!?」「信じらんなーい」

「これっ、この問題に男子も女子もありません。 とにかく男子の上半身も女子のそれと同じです。」

事の発端は、ある学校で同学年の女子たちによる男子の更衣室やシャワー室覗き見事件があったのです。なかでも問題だったのは、女子の更衣室やシャワー室に比べ、構造がチャチで、あちこちの隙間から覗くことができる状態になっていたことでした。

そのことがマスメディアを通じて大きく取り上げられ、関係するところのあちこちで議論がなされました。

「水泳の時間、男だけ上半身を露出するのは、 なぜなのか」「テレビで男だけ胸、果ては尻まで露出するのは、 男女平等の観点からもいかがなものか」

その結果、政治をも巻き込んで生まれたのが、『男女平等のためのモザイク推進法』なるものでした。

新しく出来た法律は、”被害の多くが男性ゆえ対象が男性に限定される”ということでしたが、趣旨自体は男女いかんに関わらず、上半身まで露出することは法律によって制限されることになるみたいでした。ただ、僕は長ったらしい漢字のこの法律がいったい何を具体的に意味するのかは、この時点では分からなかったのだけど・・・。

家に着くなり、僕は母親の再三の注意にも耳を貸さず、テレビのアニメを見ていた。僕はそこで”あの法律”の持つ意味を少し分かり始めることになるのだった。

主人公の少年が着ていた胴着を脱ぎ去った瞬間、すかさずそこへモザイクが・・・。(えっ、ただのアニメなのに・・・)上半身の乳首は見えない。カメラワークによって背中が映る場面にもモザイクが・・・。(えぇー、ただのアニメなのに・・・)主人公の体型はほとんど判別が出来ない程の映像。その光景はまるでモザイクという名の衣服を身に纏っているような。(うわー、ただのアニメなのにー!!)

程なくしてエンディングを迎えたアニメ番組に僕は複雑な気持ちを抱いたまま、チャンネルを変えることにした。

水泳教室を中継する番組、泳いでいる男の子の胸から下は見事にモザイク柄で統一されていた。画面上部に”水泳教室”とあるから、おそらくはプールで泳いでいると推測できる程度の荒い映像。ただ、何か視る側の見方によっては、いかがわしいアダルトビデオでも見てるような、そんな気がしなくもない。

結論からいうと、法律の施行に合わせて各テレビ局の姿勢は妙なまでに徹底されていた。

だけど、僕はホッとした気持ちもないわけではなかった。

このナントカ推進法のおかげで、僕たちもまたあのヘンタイ女子から守ってくれるってわけだ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【M男・S女】CFNMチンポ晒しの刑【体験談】

あたしは小学4年生の○○真希。

うちのクラスの男子って生意気でほんとムカツク。

弱いくせにいつも偉そうな態度で女子に接してくる。

この年代は男子より女子の方が精神的にも体力的にも上だという事が分かってないみたい。

だから昨日の放課後女子全員でクラス一生意気な○○ひろしという男子を懲らしめてやったの。

体育館に呼び出して女子全員で取り囲んだら超ビビッてたっけ。

そして女子の中で一番体格のいいジャイ子に羽交い絞めにされたら案の定身動き取れないでやんの。

必死に抵抗してたけど無駄よ無駄。

おまえみたいなチビ助が逃げられる訳ないっつうのよ。

羽交い絞めにされてるせいでシャツが上がりおへそが丸見えになってたわ。

なんとも無防備な格好よね、フフフ。

そしてその後あたし達は・・・。

体育館に呼び出す前から女子全員で決めてたんだけど、クスクス、

なんとひろしのズボンもパンツも脱がしてやったわ。

可愛いおちんちんがポロ~ンって、もうあたし達、先生が来ちゃうんじゃないっていうくらい歓声を上げてた。

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:M男・S女の体験談

【近親相姦】真夏の夜の夢[18]【体験談】

 ぺた……、再び私の指はそこに不時着した。今度はしばらくの間である。なんとなくその小さな膨ら

みをなでるように指を動かす。あまりの滑らかな感触に、その時私は我を忘れてなでていた。まるでそ

うすることで御利益か何かがあったりするとか、あるいはそれが愛くるしいペットであるかのように執

拗になでたのである。きっと私の口からよだれとかが垂れていてもおかしくないほどの至極の感触だっ

た。「どうどう?」と言う声でいくらか我にかえったが、その指と視線は止まらない。「ねえ、どうな

の?」

「やばいよ、ミサキ」

「えー、どうやばいの? ねえ」

「触る?」、私がそう聞くとミサキは照れ臭そうに頷いた。結局ミサキも触りたかったのである。

 ミサキは私よりももっと大胆だった。私がパンツを押さえる役にまわると、ミサキはマサルの隣に座

り、おもむろにそれを摘まみだしたのだ。その時、鼻から抜けるような「うっ」という声が微かに聞こ

え、マサルの腰のあたりがほんのわずかではあるが横に動いたのである。ダメだ……、ばれた。その晩

最高の心臓の高鳴りである。一瞬ミサキをおいてでも部屋から飛び出そうと、本気でそう思った。しか

し、すぐにまたさっきより強い寝息を立て眠り始めたのである。あの睡眠安定剤はかなり効いているぞ

……、だってさすがに今のだったら普通は起きるはずだよ。私はなんだか自身が湧いてきた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ