最新情報

【寝取り・寝取られ】嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続11編【体験談】

前編は以下のとおり



その後、まったりと抱きあってるとき嫁から意外な相談をうけた。



「あのね…翔太くんがね…もう○○さんとセックスしないで

って言ってるんだけど…」

「ええ~!?あいつ、そんなことを…気持ちはわからなくは無いけど…」



「うん…私たちに付き合わせちゃって…あの子けっこう傷ついてるのかな?」

「う~ん…本気で涼子のこと好きになってるみたいなの…?」



「うん、たぶん…どうしよっか…?」

翔太と嫁のエッチをする場面に俺がいることも翔太は不満を感じているらしい。



やはり自分だけを見ていて欲しいと思ってるみたい。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||

2016年3月1日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【M男・S女】家庭教師先のJKに調教された僕2 【体験談】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。



そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。



ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。



彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。



そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、

『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』

と、僕の方を見もせずに言いました。





僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。

『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | セックス体験談カテゴリー:M男・S女の体験談

【人妻】家庭教師先の奥様を脅迫してホテルに【体験談】

家庭教師とバーテンダー、かけもちバイトしてた学生時代の話。



バーに家庭教師先の奥様が不倫相手と来店。

口止め料にホテルへ連れ込ませてもらった。



41歳だが、30前半に見えて、色白Gカップ(あとで判明w)。

多少、肉はついてきているものの、

くびれはきちんとあり、前からエロいと思ってた。



最初は身体を硬くして、

「イヤなんだけど仕方なくついて来てます」風だったが、



「いやならいいですよ。そのまま固まってて下さい」

と、脱がしたストッキングでイスに固定w




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2015年7月2日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【近親相姦】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも 【体験談】

僕は、大学2年でまだ19歳です。

中高と男子校に行ってしまったので、女の子とは本当に縁のない日々を送っていました。



それが、今年の夏、一気に色々な体験をする事が出来ました。きっかけは、夏休み前にかかってきた、叔母からの電話でした。

叔母さんは、僕が赤ちゃんの頃にオムツを替えてもらったり、まだ僕が小さい時にも色々なところに遊びに連れて行ってもらったりで、すごく仲が良いのですが、頭が上がらないところもあります。



そんな叔母に、従姉妹のほのかちゃんの家庭教師を任命されました。でも、それはただ働きと言うことではなく、ちゃんとした報酬ももらえる、バイトみたいな感じでした。叔母さんは、そう言うところはきっちりとしてくれるので、貧乏学生の僕にはありがたい申し出でした。





そして、久しぶりに叔母さんの家に行き、ほぼ1年ぶりくらいにほのかちゃんに会いました。ほのかちゃんは、5年生にしては落ち着きが有る、妙に大人っぽい感じの美少女に成長していました。

僕の中では、ほのかちゃんは真っ黒に日焼けをして、刈り上げ頭のボーイッシュすぎる女の子というイメージだったので、驚きました。



『お兄ちゃん、久しぶり#12316;!! 元気だった!?』

ほのかちゃんは、見た目こそ美少女になっていましたが、中身は元気でボーイッシュなままでした。

『よかったわね。ずっとお兄ちゃんお兄ちゃんって言ってたもんねw』


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2015年6月15日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【M男・S女】家庭教師先のJKに調教された僕 【体験談】

僕は大学4年生で、早々に就職も決まっていたので、バイトの家庭教師をしながら、のんびりと毎日過ごしていました。

もともと、それほど社交的というわけではなかったので、大学の3年ちょっとの間に彼女を作ることは出来ませんでした。



でも、もともと彼女が欲しいという気持ちも、性欲ですらも少なかった僕は、とくに焦りもなく大学最後の4年生という時間を楽しんでいました。

そんなある日、夏休み限定でやることになった女子校生の家庭教師で、僕の人生は大きく変わりました。



斡旋会社の指示で初めてその家に行ったとき、その家の大きさに怯みました。普通の家の2倍……もしかしたら3倍くらいはあるかもしれないそのお宅の駐車場には、ポルシェとAMGが止まっていました。どちらも一生僕が乗ることのない車だと思いましたが、逆にそこまで行くと、羨ましいとも思いませんでした。



そして、感じの良い奥さんにリビングに通されて、紅茶を出されて娘さんの帰宅を待ちました。

紅茶なんて飲む習慣のない僕でしたが、奥さんが出してくれた紅茶は、本当に香りもよく、美味しいと思えるものでした。相棒で杉下右京が紅茶を愛するところを見てもピンとこなかった僕ですが、その気持ちが少しだけわかった気がしました。



そして、10分ほどして帰宅した彼女……美帆ちゃんは、絵に描いたようなお嬢様でした。

肩甲骨のあたりまで伸びた艶やかな黒髪と、小脇に抱えたヴァイオリンのケース、そして、上品な挨拶をされて、僕は住む世界が違うことを感じました。彼女は、堀北真希とか、10代の頃の仲間由紀恵みたいな、正統派の美人顔で、スリムな体型をしていました。胸は、ほとんど主張していない感じで、貧乳なところもお嬢様っぽくて近寄りがたい気持ちになりました。



僕は、色々な意味で圧倒されて、本当に僕なんかでいいのかなと感じ、奥さんと美帆ちゃんに僕でいいのか聞きました。すると、不思議なことに美帆ちゃんが僕のことを凄く評価してくれて、この先生が良いとまで言ってくれました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2015年6月3日 | セックス体験談カテゴリー:M男・S女の体験談

【大学生】女子高生の家庭教師をしていました【体験談】

忘れられない修羅場になった話です。



僕は上京して大学生になり、

高校1年生の家庭教師をしていました。



正直、東京の女子高生はこんなに可愛いのか

と思いながら勉強を教えるうち、自然の流れというか

大人の関係になりました。



一人暮らしのぼくの部屋で時々求め合いましたが、

高1といっても経験豊富(?)なのか、



フェラも上手ければ自分から上にまたがって腰を振ったり、

顔射後のお掃除フェラなど、驚くことがしばしば・・・




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2015年6月1日 | セックス体験談カテゴリー:大学生との体験談

【寝取り・寝取られ】首筋にあてたナイフを思い切り押し込みました。 【体験談】

私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。

妻は31歳。学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。

妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。

アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。

工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが、

当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。



先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。

そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。

妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。

妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。

私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。

しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、

また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、

何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2015年3月18日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【学生時代】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった4 【体験談】

前回↓





最終電車だったからもう日付が変わりそうだ。



夜遅く、やっと自分のアパートに帰ってきた千佳は、玄関で1つ息をつく。





千佳 「……ふぅ……」





そして部屋に上がると、すぐに浴室に向かいお風呂に入りにいった。





今日もいつものうように駅まで送ってくれた康介。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2015年3月17日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【学生時代】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった3 【体験談】

前回↓







16話



千佳 「ふぅ……さっぱりした。」





お風呂から上がった千佳は、濡れた髪の毛をタオルで拭きながらベッドの上に腰を下ろした。



ここは千佳が大学に入って一人暮らしを始めてから3年以上住んでいるアパート。



部屋の中は決して広くはないものの、女の子らしく綺麗に整頓されている。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2015年2月11日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【学生時代】家庭教師の女子大生が恋をした生徒は鬼畜青年だった2 【体験談】

前回↓









11





千佳はその後順調に家庭教師のアルバイトを続けていた。



このアルバイトを紹介してくれた友人の尚子の話通り、富田家が康介の家庭教師に払ってくれる給料は大学生のアルバイトとしてはかなり高額。

それに見合った成果を出すべく、千佳は康介のスキルアップのために一生懸命頑張った。



康介も要領が良いというか、きっと元々勉強はできるのだろう、千佳が教えた事をスムーズに吸収していってくれた。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2014年12月14日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談
1 / 3112345...102030...最後 »

このページの先頭へ