最新情報

【友達・仲間】義父の介護【体験談】

義父と私達夫婦の3人暮らしです。と言っても夫は会社人間で家に帰るのは夜遅く帰って朝又会社、休みの日はプライベートに接待とゴルフ三昧の生活です。

義父は病気で半病人なので介護が必要です。というか介助がないと一人では出来ません。

義父は大柄(身長176cm)もあり、身体を起こしたり寝かせたりが肉体労働です。

毎日はお風呂に入りませんが一日置きで服を脱がせて、お風呂に入れて、洗ってあげて、又寝着を着せてとこれから暑くなると汗をかくので大変です。

それに義父にとってもやはり介護(介助)は本当は同性にやってもらいたのだと思います。私だって選ぶことが出来るのなら、やはり女性のほうがいいです。そう思うとヘルパーさんも介助を必要としている人も大変だと思います。でも介助を受ける人はなかなか自分で選ぶことは難しいことですものね。

やはり恥ずかしいですもの。背中を拭布してあげる位ならいいんですけど、下半身まで洗ってあげるのはこの歳になっても本人も恥ずかしいことだと思います。

夫の身体でさえ、洗ってあげることなどありません。もちろん健康体ですが、まして男性のあそこを持って洗うなんて、でも、義父の手前、目を閉じて洗うなんてことは失礼だと思うし。

女性で介助ををされている方は本当に御苦労さまだと改めて思います。

セックス体験談タグ

|||

2014年4月3日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】プールにて【体験談】

この前、世界仰天ニュース(だったっけ?)で、ノーパンでバイト行っちゃった高校生の女の子の話があったんだけど、それ見て自分の体験思い出しちゃいました。

私のは、多分みんな一度はやっちゃった、体育の水着着て登校して下着忘れちゃうってのでした。

その日は二時間目からプールで、水着着ていったんだけど、終わって着替え中に凍りつきました。下着を上下とも忘れてしまったんです。でも、そのときは仕方ないと思ってそのまま制服を着ました。

私の学校は進学校のためか、田舎のためか、スカートは膝上でしたがちょっと長め、上もブラウスの上にベストが義務付けられていたため、見た目からは制服の下が裸なんてわかりませんでした。でも、さすがに私の心臓はドキドキしっぱなしでした。

その日、ひやひやすることが何回かありました。いつもならなんて事ない動作なのに、その日の私には大変でした。

四時間目、世界史の授業で、班ごとの発表がありました。ただ教壇に立って発表するだけなのですが、みんなが私の事を見てるので、どきどきどきどき…顔も真っ赤になってしまっていたみたいです。私の手は自然とあそこをスカートの上から押さえるようにしていたらしく、あとで友達に『まなみ、えっちな雰囲気だったよ~』って言われた時は声がうわづってしまいました。

お昼休み、なんとかパンツだけでも欲しかった私は、近くの(といっても歩いて25分)コンビニへ行きました。でも売って無い…さっきも書きましたが、田舎なので他に買うお店も無く…引き返しました。

できたらサボってでも帰りたいのですが、スクールバスでの通学なので、授業終わるまで帰れないのです…

そして、その格好のまま授業は終わり、またピンチがきました。

掃除です。私の担当は中庭の掃除。ここは草むしりや履き掃除が主なのですが、中庭は四方が校舎で囲まれているため、風がたまに巻き上がるので、女子にはパンチラスポットとして恐れられ、男子には人気の場所でした。でも今日だけはめくられる訳にはいきません!常に片手でスカートを押さえてました。しゃがむ時も中が見えないようにすっごく注意しました。するとそれを見てた男子が、『まなみ、やけに今日はガードかたいなぁ…紐パンでもはいてんのかぁ?』と、他の男子と笑ってました。『そんなのはいてないよ!』と言いかえしましたが、そのとき私は、深い意味なんてないはずなのに、『はいてない』って言葉に過剰に反応してしまいました。

セックス体験談タグ

||||||||

2014年4月3日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】我は海の子【体験談】

「今日も熱いな、いったい何度ある」

 「38度、晴天の真夏だよ」

 「死ぬーーーー、夏休みで部活とは情けないよ」

 「俺達生物部は餌をやらないといけないからな」

 携帯電話が鳴って勇がとった。

 「石倉部長ですか、待っているんですけど……、わかりました」

 「部長いつ来るって言っていた」

 「今日は来ないとよ、解散だ、でもまだ10時かよ」

 「みんなで海行こう、少し涼しいかもしれないよ」

 晴彦・勇・勝・芳郎の4人は全員ロッカーから水着を持って浜辺へと電車に乗った。

 「電車も込んでいるな、余計熱くなったよ」

 「晴彦、何ニヤついている、どうした」

 「あのガキ見てみろよ、スカート捲れてパンツが見えている」

 4人は近くにいた少女が人込みでスカートが捲れてパンツが丸見えになっていた。

 「静香、スカートが捲れ上がっているぞ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2014年4月2日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】雨の中で【体験談】

今年25才になる小雪と言います。

就職と同時に田舎から引っ越して、今は某県で働いています。

以前から露出に興味があったのですが、自宅付近では派手なことはできない

ので念願の一人暮らしで、彼氏も作らずに露出を楽しんでいます。

今は雨の中の露出が好きです。冬は無理ですけど、今みたいな季節って雨に

濡れてもさほど寒くないですし、私の家の方は結構まとまった大雨になるこ

とが多くて、台風の季節なんかはすごく楽しいです。

この前も夕方から豪雨になると天気予報で言っていて、朝から無駄毛を剃っ

たり、アナルのお掃除をしたりして天気が崩れるのを待ちました。

午前中はそこそこ晴れていたので、「本当に降るのかな?」と心配になりま

したが、予定通り4時過ぎくらいから雨雲が出始めて、すぐにまるで夜みた

いに辺りが暗くなったと思ったら大粒の雨が降り始めました。

「来た!」と思って、すぐにNPNBに白いワンピースをつけて、腰より少

ししたまでしか丈のないレインコート(丈は自分で詰めました)を着て、ア

パートを出ました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2014年4月2日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【不倫・浮気】彼らを許せない【体験談】

敬の裏切られました

私は今年30才になる小学生の母親です。

敬は、この夏、ちょっと異常な体験で知り合いになった私の彼で、高校3年生。

私は、子供会の役員をしています。

まずは、敬とのきっかけをお話しします。

私の子供会は、毎年キャンプに出かけるのですが、

役員のお母さん方の負担を軽くしたいこともあって、

近くの高校生のボランティアグループに協力を御願いしています。

今年の初めの総会で、はじめて役員になった私に、連続で役員をなさっている美由

紀(仮名)さんは、意味ありげに言いました

「辛いこともあるけど、良いこともあるわ・・特に夏のキャンプはね・・」

その時は、たいして気にもとめなかったのですが、

今年8月のキャンプ初日の晩・・子供達を寝かしつけて、

バンガローに戻ると美由紀さんと

もう一人の役員のお母さんとボランティアの高校生4人が、反省会と称して酒盛り


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2014年3月31日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【M男・S女】彼が持ってるピアノ教室で初エッチ【体験談】

同い年の私の彼(31)は、自分の教室を持ってピアノの先生をしています。

生徒も多く、穏やかで何より手が綺麗な彼氏です。

1年前の年明けの高校の同窓会がきっかけでお付き合いに発展しました。

しかし、仕事柄休日が重ならない私達は夜に逢う事が多いもののHはまだ…の関係でした。

先日のホワイトデーの時も、全レッスンが終わるのをのんびり近くのカフェで待っていると、18時過ぎに電話が来て、

彼「終わった。今どこにいる?迎えにいく」

私「近くにいるよ。じゃあ私そっち(教室)行くよ」

彼「おいで。待ってる」

教室の入っているビルに着き、電話コールをしようとすると、後ろから耳元で

彼「遅い」

下まで降りて待っててくれたみたい。

教室に行き、一緒にグランドピアノ拭きながら何気ない会話してると、彼が無言で隣に来ていきなり私のほっぺにキス。

おでこにキス。

まぶたにキス。

驚く私に焦らすように唇と唇を重ねる。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2014年3月31日 | セックス体験談カテゴリー:M男・S女の体験談

【友達・仲間】彼氏と私の萌え体験【体験談】

私の彼氏は、見た目爽やかリーマンです。

出逢った時点で一目惚れレベルの私好みの容姿をしてます。

性格もエロ可愛いけど、根は真面目で素敵。

そんな彼はエッチの時、○ーさんに大変身なんです。Tシャツだけ着てて下半身は裸です。

悩みましたが彼の事は、ここではぷぅちゃんにしておきます。ぷぅちゃんは出逢った時から爽やかにエロでした。

付き合ってからはエロ全開!…でもなく、エンジンにたとえて言うと、ターボのかかってないマ○オカートエロ。

エロなわりに紳士で、その感じがマ○オカートっていう表現になります。

そういうエロかわ紳士なぷぅちゃんによく萌えてしまいます。ぷぅちゃんの親戚の子供(2才)の話題の時、ぷぅちゃんがその子の可愛いと思う仕草や口調を話していて、私は「うんうん。」って聞いてたら、

「…それで、…が、「にゃんこ」…「にゃんこ」…」

「うんうん…。…!?」

ぷぅちゃんが、「にゃんこ」って言ったよぉぉ(萌〜!)あと、ぷぅちゃんはサラリと私を笑わせようとします。

「どうかな。似合う?」

ぷぅちゃんはかぶっていました。ニコニコしながら私のパンツぅぅ!「どうかな。履いてみたんだ。」

ぷぅちゃんは履いていました。ニコニコしながら私のパンツぅぅ!

「ぷぅちゃん、おちんちんが見えちゃっているよぅ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||

2014年3月30日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】中学校の卒業式の日【体験談】

さて、今日はちょっとさかのぼって中学校の卒業式の夜のことです。これは公表するかどう

か迷ったんですけど、話しちゃいます。

夜ふと目覚めてしまって、そのあとなかなか寝られなくなってしまいました。そんなときは

うずうずといつもの欲求がわいてくるんです。部屋でパジャマを全て脱いだあとに、当たり

前のように窓から外へ出ていきました。あたりは真っ暗。街灯もないいつもの大通りに足を

進めて、ふと考えました。

「いつもと同じじゃつまんない。なんか変わったことやれないかなぁ~?」

思いついたのが、その時期はまだまわりに雪が積もってるので、それの上に、私の体の形を

残してみようということでした。明るくなってから、近所の人が見たらなんて思うだろう?

そう思っただけで、あそこが濡れてくるのが分かりました。ちょっと道を外れたところで、

まだつもったままの状態のところに入っていって、思いっきり前に倒れました。ゆっくり起

きあがると形が残ってるようでした。(暗くてあんまりよく見えなかった)だけど、そのあ

と雪の冷たさにすぐ家に帰ろうと道を急ぎました。

ふと家の方を見ると、車がその先からやってきました。隠れるところは雪の積もった道のわ

き。冷たいのをガマンしてそこに隠れました。気づくと雪の固いところが、あそこやお尻に


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||

2014年3月28日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【女の子のオナニー】お風呂に入っていると人の気配を感じた【体験談】

兵庫県/ゆりさん(20代)からの投稿

—-

私の住むマンションは、お風呂場の窓が廊下側にあるから夏場は誰かに見られてないかとドキドキする。

網戸があるからモロに見えることもないかと少しだけ開けて風呂に入る。

風呂に浸かっていると人の気配を感じて、もしかして!って思って窓を見ていると薄っすらと人影があった。

あー覗かれてるぅ!どうしよう!どうしよう!どうしよう!って考えたら、なぜだか私。

「まっいいか」

なんて開き直り、気にしないで頭を洗い体を洗いしていると覗いてる男の目と合ってしまったんです。

イヤーどうしよう。目を反らして気付かないフリをして洗い続けた。

私はドキドキしながらも男に見えやすいように男の方に向いて洗っていると男の荒い鼻息が聞こえきたんです。

恥ずかしけど興奮してきた私は、湯船に足を上げて私の割れ目を見えやすいように洗ったら窓が少し開いて男の顔が半分くらい見えたんです。

その時!あっ二軒隣の人だと分かったんです。

体を流して、最後に歯を磨くことに窓もかなり開いているから男とは目が合わないように後ろ向きでしていると、大胆にも男!スマホで動画を撮ってる!

鏡にスマホが写っているのが見えたんです。

男はかなり興奮していると思った私は更に挑発して、立ち上がり男に向かって、お尻を突き出すように前屈みになってあげた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年3月27日 | セックス体験談カテゴリー:女の子のオナニー体験談

【友達・仲間】お風呂屋さんのおじさんに【体験談】

お風呂屋さんのおじさんに

今日も暇だったんで4時過ぎにいつものお風呂屋さんのおじさんにオッパイ見せ付けちゃった。いつものようにお風呂あがりにバスタオルまかずにわざとオッパイたぷんたぷん揺らしながらジュースを買いに・・。お金をゆっくり渡しながらおじさんの目線を確認するとしっかりめぐの92センチオッパイ見てる。もちろん乳首もすっごい大きくなってて顔も真っ赤になってるのがわかります。おじさんなんかニヤニヤしてたよ。そのあと他にお客さんもいなかったんでしばらくハダカのままでいると女湯と男湯のしきりの戸があいて女の人(家の人みたい)が掃除機もってきてそうじをはじめました。そのとき男湯の脱衣所が丸見えに!5 0くらいの男の人がお○ん○ん丸出しで立ってた。あたしわざとしきりの近くまでいって気づいてないふりしてカラダふきふきしました。すぐ向こうは気づいたみたい。だんだんこっちに近づいてきます。もう2mくらいだったかな?色の黒いマッチョな体型の人です。ぎょろっとした目でおもいっきりめぐの92センチ見られちゃった。ってゆうかあたしもハダカだけれどむこうもなんです。見ないように、と思ってもどうしても目がいっちゃうよ~。(スケベかな?)ん~、太くて先っぽがすごい大っきかった。(ひさしぶりに見ちゃった)たぶん立ってたよ。じつはそれ見てすごい濡れちゃった。もういままでで最高に興奮しちゃってあしガクガク・・。それでもこんなチャンスめったにないと思って思い切って左の乳首見えるように自分でこりこりしちゃいました。(いま考えるとやりすぎかナ)そして最後はバッグ開く振りしてしゃがんで初めて大事なあそこも・・。しばらくしたら女の人がきて戸しめられたんで急いで着替えてでました。追いかけらんないように。(笑)いま思い出してこれ書いてると無意識に手が下の方に伸びちゃいます。ほんとに今日はスゴかったよ。

セックス体験談タグ

|||

2014年3月27日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

このページの先頭へ