最新情報

【乱交・王様ゲーム】睡眠薬で眠らせた妻に夜這い      浮気編【体験談】

妻に睡眠薬を飲ませ友人に抱かせてからと言うもの、私はあの興奮を忘れられずに、

友人に何度か妻を抱かせていました。

その影響なのか?最近妻のエッチ感度が上昇し、妻から誘って来る事が増えました。

パジャマを脱がせると既にアソコはダラダラに濡れているんです。

そんな話を友人にすると

「じゃ、睡眠薬なしでもイケるんじゃないか?」

「バレたらヤバいって・・・」

「案外知ってたりして!」

「そんな訳ないだろ!」

「今度!媚薬でも飲ませれば案外OKだったりして」

「媚薬って・・・お前持ってるのか?」

「この間、妻に試してみたら凄い効き目だったよ。お前も試してみるか?.」

「ん~」

週末になり、友人が家を訪れて来たんですが、手には媚薬を持っていたんです。

「これ差入です。」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【童貞・処女】ふんどしいわい【体験談】

               

               

村々では十三歳に褌祝い。初めての白布または茜の褌をする。このとき小母とか、年上の娘から性交を教えてもらう。十五歳で若衆入りし、そこですべての男は年上の女や娘から性交を教られる。いまの若い男どもは、夜這いですらうそなどと教えられ、結婚まで童貞が理想などと教えられて、かわいそうだとおもう。村々では十三か、十五になると公式に性交教育を受け、あとは夜這いで鍛錬した。ただ十三、十五というのは公式の儀礼で、その人たちによってちがう。十にもなると女や娘たちが性交を教えるのもある。私は十から教えられ、十一で射精、十二、十三ぐらいになって風呂や泳ぎでほかの同年の仲間と比較、太くて大きいものを見てびっくりした。夜這いのさかんな時代では男も女も初交が早い者もおおい。共同風呂をやっている家に、子供でも、風呂から出てくると次に入いる小母はんが待っていて、お前もうちんぽ大けなったやないか、見せてみい、とつかまえられて、つかんでしごいてくれた。ちんぽむかれて、痛い、痛いと泣くと、ようむかんと嫁はんもらわれへんぜえ、とまたむいて、しごかれた。   

               

               

      

セックス体験談タグ

||||||||

2017年12月22日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【学生時代】ALSを発症した、高校の同級生の女の子【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

大学の時、高校の同級生の女の子がALSを発症した。

そう親しくもない子だったし、ALSってどんな病気かも知らなくて軽い気持ちで大学の近くにあったその病院に、ヒマつぶしで見舞いに行っていた。

※ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは

ある日、病室で彼女が言った。

「あたし処女のまま死ぬのってイヤだなぁ。ねぇ、今度夜這いに来ない?」

その晩、実際に夜這いに行った俺を迎えた彼女は、病院の寝巻姿ではあったが髪はちゃんと整えてあり、うっすら化粧をして、下着も当時流行り始めたTバックだった。

行為そのものは少々やっかいで、彼女は自分で脚を開く事も出来なかった。

彼女はわざとらしい喘ぎ声を上げて、なんとか無事終わる事ができた。

その後、俺に寝巻きを着せてもらいながら、彼女は嗚咽していた。

翌日、俺の実家に彼女の母親から、

「息子さんの優しいお見舞いに感謝します」

と電話があったという。俺はまさかと思ったが、しばらくして戦慄した。

彼女はもう、起き上がる事すら出来ない。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年12月11日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【童貞・処女】田舎の処女喪失の風習 【体験談】

私の生まれた地域に今でも残る風習です。



女子は初潮を迎えた段階で二つのうちから一つを選択しなければなりません。



 一つは、父親もしくは5歳以上年の離れた兄に処女を捧げる。

 これを選択した場合、処女喪失以降は自由恋愛が認めれれます。

 もう一つは、結婚するまで純潔を守ることができますが、結婚相手は親が決めます。

 簡単に言うと人身売買のような形になります。男性が娘の「家」から「処女の娘」を

 大金を以って買うということです。

 注意点として、男性の配偶者になれるとは必ずしも限りません。

 有力者の愛人になるというケースもありえます。

 「夫」との間に年齢差があって、「夫」が早くに亡くなった場合、実家に帰される場合があります。

 この場合、子供は「夫」の家に取られます。



私の場合、許嫁とか愛人とかは考えられなかったので一つ目を選択しました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||

2014年8月21日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【おっぱい・巨乳】義実家で寝てたら義弟が私の体をまさぐってた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

去年の夏のお話です。

義父が急に入院する事になり、義母が付き添いするので夫の実家がお祖母ちゃんと義弟だけになっちゃうから、私が家事とかのお手伝いに行く事になりました。

夫は仕事があるから、私1人で行きました。

夫と住んでいる家からは車で3時間くらいかかるので泊まり込みです。

お手伝いに行って、5日目くらいの事。

おばあちゃんはデイケアに行ってて、高1の義弟は部活。

私はお昼ご飯の後、疲れてちょっと昼寝しちゃいました。

寝ていると何だか息苦しくて、誰かが上に乗っかっているみたいでした。

それにシャツの中に手を入れて、おっぱいを触っているみたい。

寝ぼけていた私は、夫が悪戯してるのかな?って思ったけど・・・そーいえば、ここは夫の実家だ!と気がついて急に怖くなりました。

薄目を開けてそっと見てみると・・・義弟でした。

義弟は寝ている私にのしかかる様な感じでシャツを捲り上げて、おっぱいを揉んでました。

まだちょっと寝ぼけ気味の私は心の中で


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2014年6月20日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【友達・仲間】誰も言えない…【体験談】

誰にも言えない…恥ずかしくて相談もできません。

こんな事を母親に知られたら両親は離婚してしまうかも!!

私は父が好きだけど、ハッキリ言って離婚した方が良いと思います。母が可哀想なんです。

実は私…中学三年ぐらいから父に夜這いされてます。本当は私がいけないのかもしれません。

私がお風呂から出てテレビを見ながら濡れた髪の毛を乾かしていたら、近くに座ってた父が…「お前、可愛くなったな。」と言ってくれました。

いつもは「バカ」「女の子らしくしろ」「結婚出来ない」とばかり言ってました。

私は父に「今日は変だね♪」と言いました。

父がニコニコしながら部屋から出て行ったので、もう寝るのかな?と思い私は部屋で大胆にもお風呂あがりで濡れたTシャツを脱ぎ捨て、首にバスタオルを巻き、ブラジャー姿でテレビを見ていたら…知らない間に寝てしまったみたいなんです。この時は冬〜春になる季節の変わり目で我が家ではコタツが出てました。

私はコタツの中に潜り込み顔だけを出して寝てました。その時です!!父が部屋に入って来ました。

私は部屋のドアと父の足音で目が覚め「うわ!まずい…」とコタツで寝たふりをしてましたが、父が「テレビを付けたまま寝るなよ。寝るなら布団で寝ろ!!」と私を起こそうとしてました。父が私の横に座りコタツに入ってきて…上半身裸のお腹部分に父の手が触れてしまいました。

父の手が私の上半身を確かめてました。くすぐったいのですが私は抵抗しないで我慢してたら…私の胸に手を乗せ撫できて、父の手が止まったと思ったら父が私の体を少し引き上げ、膝枕してくれ…私の背中と頭を撫でてました。

父の手が私のブラジャーを外してしまい…ブラジャーの締め付けがなくなりました。私は恥ずかしくて…父に何されるのか?泣きそうでした。

父は私の頭を撫でながらどんどんと男性のアソコまで引き寄せ、私の頭に硬い物が当たり…

私「キモイ!!お母さん助けて〜」と言いたかったのですが、怖くて声が出なかったです。

私は父のされるがまま身を任せて堪えてました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||

2014年5月19日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【おっぱい・巨乳】【夜這い】男友達を泊める事に抵抗のない女友達がいる【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

男っぽい性格の女友達で、男友達を泊める事に抵抗がないらしい。

それまでに数度泊まった事はあったが肉体関係はなし。

下ネタを話すような間柄でもない。

その日もいつものように布団は別々に、横並びに寝た。

夜中、ふと目が覚める。

徐に女友達の方へ目をやると、布団がはだけて上半身から右足が剥き出しになっている。

寝相の悪い奴だ・・・ぼんやりした視線は捲れたパジャマから覗くヘソに釘付けになる。

ドキっとする。

豹変した視覚は顔に目をやり睡眠レベルを確認、それは普段見せないだらしない無警戒な寝顔だ。

獲物に近づく捕食動物の如くソーっと寝顔に近づき、ポテっとした唇から漏れている寝息を確認すると、それは深く安堵を湛(たた)えている。

俺は心臓がバクバク状態でツバが飲めない。

明らかに異様な気配を察知されないように体勢をソーっと顔から腹部へやり、覗いているヘソ、そして腹の匂いを嗅ぐ。

女の子の腹の匂いを深呼吸すると脳内で何かが弾けた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2014年5月10日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【不倫・浮気】ファッションショー【体験談】

礼子さんに誘われてファッションショーに行くことになりました。

当日銀座で待ち合わせして、会場に行くとテレビの取材の大きなトラックが何台もならっていました。

会場に入る受付には取材のカメラと芸能レポーターが陣取っていて、私達が受け付けを通るときも、カメラが向けられていました。

私達のすぐあとから、有名な姉妹が派手な衣装で現れると、レポーターが一斉に駆け寄っていました。

席に着くと、一番前のすこし横の席でしたが隣には芸能人らしい人が座って、カメラのフラッシュもまぶしいくらい何度も光りました。

ショーが始まると、会場一杯に音楽が鳴り響き、次から次へとモデルの女性がキャットウォークを行ったり来たりしました。

私は大学の時に学園祭でやったファッションショーを思い出しましたが、こんなに本物は違うのかとびっくりしました。

ショーが終わると、礼子さんが少し離れた席に座っていた外国人の男性を紹介してくれまた。

このショーのデザイナーの親友で、そのせいで普通ではとても手に入らないショーの招待券が手に入ったのと説明してくれました。

どうりで、芸能人が来るようなショーに私達みたいなのが入れるはずないのにと分かりました。

ゴードンはもう日本に長くて、日本語は普通にしゃべれるからと礼子さんが言います。

たしかに、片言の日本語ではなくて、ちゃんとしたしゃべり方をするので私はびっくりして聞いていました。

これは、結婚間近なのだなと思い、結婚式はいつの予定ですかと聞いてみると、礼子さんは笑いながら私たちそうゆう古い考え方はしないのよとゴードンとなにか英語で話しました。



「これから六本木に遊びにいきましょう、ゴードンがアルバイトで出てる店があるのと」と礼子さんに言われて、私たちは地下鉄に乗りました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2014年3月31日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【おっぱい・巨乳】姉が寝てる間におっぱいを揉みあげた【体験談】

僕には年の2つ離れた姉がいます。

この話は、今から5年前の僕が15歳、姉が17歳の時の話です。

僕の姉は、正直並のアイドルよりも断然可愛いです。

美人というより可愛い系、顔は皆藤愛子似で背は151cmと小さく、おっとりした性格です。

童顔のくせにスタイルはバツグンで、かなりエロいくびれを持っていて、それでいてバスト84のEカップでした。(当時)

姉とは仲がよく、色々話をしている感じだと、クラスでもそうとうモテたようで、告白、ナンパはしょっちゅうだったそうです。

僕は姉が好きでした。

女として、顔も体も性格も全てが理想でした。

僕は14歳くらいから性に目覚め、姉の脱いだ未洗濯のブラやパンティの匂いを嗅いだり舐めたりしながらオナニーする事を覚えていました。

夏のある日、天気はどしゃぶりの雨。

自転車通学の姉は傘を持っていなかったようで、ビショ濡れになった姉が帰宅してきました。

アイドル級の17歳の女が、髪を濡らし、制服越しにピンクのブラを透けさせ、

「ただいまぁ」

と言いました。

濡れたシャツが身体にぴったりとへばりつき、Eカップが際立ちます。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月19日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【人妻】淫乱女は、最後まで淫乱。【体験談】

私は38歳のバツイチで、去年21歳の、清楚可憐な、華子に引かれて職場恋愛の末に再婚しました。ですが、

華子は、夜になると、豹変して淫乱になり、セックスの時に、色々と私には考えれのつかないプレーを要求してきます。

例えば、帰宅の時に、セールスマンを装わせ、奥さん良いでしょ、何て言わせて、嫌がる華子を玄関で、犯したり、飲み会の時は、夜這いさせる。風呂を覗かせ、オナニーシーンを見せつける。最近は、青姦も要求してくるしまつ、

そんなある日、

会社に、妻が車に跳ねられて、病院に運ばれたと連絡を受け、早退して病院に駆けつけた。包帯で、グルグル巻きにされて、寝ている妻の姿に、動転したが、妻の要求が無くなる事にある種の安堵感もあったが、

主治医の話を聞き、そんな感情も、吹き飛んだ。

なんと、妻は、右半身に、麻痺までは、いかないが重度の障害が残ると、セックスどころの騒ぎじゃない。

半年の入院とリハビリで、退院はできたが、ほぼ寝たきり状態、仕事もあるし、途方にくれていたら、田舎の父が上京して、妻の面倒を見てくれる事になった。それからは、

妻の精神状態も安定している。

私に八つ当たりも無くなった。

変わりに、面会謝絶のごとく、私に関わらなくなった。

数ヶ月が過ぎて、華子は、すっかり親父に馴れて、

車椅子で、出かけるまでになった。だが、相変わらず私には、会おうとしない。そんなある日、出張で2、3日あけたが、華子の好物を土産に買ったので、一泊を取り止め、最終で帰った。帰宅は0時過ぎに、しかし、二階の華子の部屋だけ薄明かりだ。妙な胸騒ぎを憶え、玄関の戸を静かに開けた。

何だ?男性用の

革靴が、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月13日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ