最新情報

【同性愛(男)】出稼ぎ風の外国人 【体験談】

自分ちから少し離れたところにエ口本の自販機があって、

どんなもんがあんのか興味あったんで夜中見に行ってみた。

期待はしてなかったんだけど、えっ!これいったい何十年前よ!

みたいな本だかビデオばっかり。

帰ろうとしたら入れ替わりに出稼ぎ風の外国人が

「オニイチャン、スケベスキ?ボク、コレスキ。」

なんて言ってジーパンの上から股間をもんできた。

ちょっとビックリしたけど、その外人のアケスケなエ口さにチ●コが反応(笑)

少し場所を移動して立ったままたっぷりしゃぶってもらった。

「…ウ…ン…チ●コオイシイネ…オシリ…キモチイイネ」なんて言うと、

俺のチ●コにワセリンみたいのをたっぷりつけて、

うしろ向くとケツを丸出しにして俺のチ●コに押し当ててきた。

「Oh…チ●コオオキイ…オシリキモチイイ」

俺のほうはもちろんヤる準備なんかしてないから当然ナマ。

少し溜まってたし、いいや、このまんま中に出しちゃえ!


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ



2014年9月7日 | セックス体験談カテゴリー:同性愛(男)の体験談

【おっぱい・巨乳】【混浴】女子高生の生着替えと生おっぱいが見れた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

露天から洞窟風呂に向かうと、着替えをしようとしている女の子がおり、その子が私に声をかけてきました。

「すみません、中におじさんとかおばさんは入っていますか?」

私が中に入って見回したところ、30代半ばの女性だけでした。

その事を彼女に伝えると、安心した顔をして服を脱ぎ出すのです。

いくらなんでもおじさんがそこに一緒に居るのは何だか気まずいので、湯船に入ってしまいました。

でも扉は閉めずにいたのは言うまでもありません。

先に入っていた女性からも、その子の姿が見えます。

そのため私が一緒の客だと思ったのか、入っていっても安心しているのか、そのままです。

挨拶をして、私の目線は扉の方につい行ってしまいます。

やっぱ男だね。

薄暗い湯船から見ると、脱衣所は照明で明るいため彼女の身体は浮き上がって見えます。

凄いですねー。生脱衣です。

彼女、あまり私を気にしないで脱いでいきます。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2014年8月3日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【おっぱい・巨乳】マンションのベランダでオナニーしてる外人を目撃した【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

近くのマンションに住むヨーロピアンの生態をお知らせします。

僕は自衛隊の基地の近くに住む大学生です。

夜間訓練だとかで夜中でもジェット戦闘機が飛ぶので、僕の受験を考慮した両親が新築の高層マンションを購入して住むようになって、はや5年になります。

両親が無理してくれたお陰で、高校も大学も第一志望校に入れました。

防音設備が充実した最新の設計で建てられたマンションのお陰なんでしょうけど、勉強も捗りましたし、高い所から遠くを眺めるのも気持ち良かったし、数kmも離れた所に打ち上がる花火も遮るもの無く見えるしで申し分無かったんです。

大学に入ったばかりの年頃ですから何を目当てにと言うことも無く、ベランダから景色を眺めていました。

僕の住んでるマンションは16階建てで、僕のいる階は15階で角部屋。

東側と南側にベランダがL字型にある部屋です。景色を眺めるには良い環境でした。

その日は土曜日でした。

僕のマンションの東側のベランダから街並みを眺めていると、ここから数km離れた所にある6階建てマンションのベランダに派手なひらひらした服を着たショートカットの女性がいました。

僕の所のベランダからは目視では判らない距離ですが、もしかしたらラッキーな場面に遭遇するかも・・・という期待もあって、スポーツや競馬を見るための倍率10倍の小型の双眼鏡と中学生の時に買って貰った望遠鏡を用意していましたので、すぐに双眼鏡で確かめた次第です。

外国人だからか年齢など不明です。若いように思うのですが割りとイッてるかも知れません。

外国人の年齢は全く判りませんが「綺麗だな」と思いました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月22日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【友達・仲間】目覚め【体験談】

‥‥その、私の場合、たしかにその傾向はまだ幼い少女の頃からあったと思います。

いつの頃からか‥‥

おそらく、小学校に上がる前くらいからか。

気づいた時には、そういう自分を意識するようになってしまっていました。

例えば、TVアニメやドラマでヒロインの少女が捕まりロープで縛られてしまった時。

後ろ手にぐるぐる巻きにされ、猿轡の奥で呻いている時。

かっちり嵌められた手錠を揉みねじっているとき。

なぜだか、胸の奥が痛いくらいドキドキしだして、変な気持ちになってしまうんです。

普通に絵本や物語を読んでいても、さらわれた女の子がムリヤリ縛られていく描写が

あったりするととたんにカラダが緊張してしまうんです。

当時から‥‥なんとなく、イケナイ感情だという思いはありました。

友達の家のTVでそういう縛られた女性を見ちゃったときは顔がこわばって、必死に

動揺を隠したりしていましたね。

まだ、わきあがる奇妙な感情が何かも知らなかったんです、子供時代の私は。

教育系のアニメの1コマが、特に印象に残っています。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年6月7日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【不倫・浮気】クラブで出会った29歳Fカップ人妻が一週間部屋に居着いた 【体験談】

クラブでナンパした32歳Fカップ人妻が一週間居着いた



週末の名古屋は熱い。

元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。



そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。

27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。

変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。



その店は雑居ビルの2階にある、ダーツとビリヤードが置いてあって、奥まった一角はダンス用のスペースがあるようなちょっと広だけどごく普通のありふれたバーだ。

雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張の角に位置していたため閉塞感はなく、ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男(いずれもビルの二階から見下ろした僕にはそう見えただけだけどそう外れてもいないだろう)の姿を観察できるような場所だった。



男ばかり13人というちょっとした大所帯で始まった今夜の集まりも、3軒目を終えた時点で終電で帰る奴もいて今は4人だ。

それぞれカウンターでドリンクを頼んで思いおもいにさり気なく同年代から上くらいの客で溢れる店内を見回している。男が飲み始めれば考えることは街角で必死に声を掛けている男とさ程変わらないんだろう。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年5月26日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取り・寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた2 【体験談】

ほんの偶然から知り合った、嫁の美月の元カレの前田さん。けしてイケメンではないですが、どことなく僕に似ていました。

前田さんの口から、美月のファーストキスや、ロストバージンの話を聞き、おまけに当時の画像や動画まで見せてもらいました。



そこで持った僕の感想は、実は僕は前田さんの代用品なのではないかというものでした。

でも、その後で嫉妬と興奮にまみれながら美月のことを激しく抱き、抱き終わったあとの美月のリアクションで、それは僕の考えすぎだと思うことが出来ました。





そして、子作りも本格的に始めて、今まで以上に美月との仲も良くなっていたある日、前田さんからメールが来ました。

あれ以来、避けているわけではないですが、何となくクライミングジムにも足が遠のき、前田さんとは会っていませんでした。



前田さんから来たメールは、美月のメールを転送してくれたメールでした。

”マー君、元気ですか? この前は、ひどい事言ってゴメンなさい。もう一度会って、ちゃんとお話ししたいです。言いたいことが、いっぱいあります。もう一回、会ってくれませんか?”

と言うような内容でした。






記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2014年4月11日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【不倫・浮気】ファッションショー【体験談】

礼子さんに誘われてファッションショーに行くことになりました。

当日銀座で待ち合わせして、会場に行くとテレビの取材の大きなトラックが何台もならっていました。

会場に入る受付には取材のカメラと芸能レポーターが陣取っていて、私達が受け付けを通るときも、カメラが向けられていました。

私達のすぐあとから、有名な姉妹が派手な衣装で現れると、レポーターが一斉に駆け寄っていました。

席に着くと、一番前のすこし横の席でしたが隣には芸能人らしい人が座って、カメラのフラッシュもまぶしいくらい何度も光りました。

ショーが始まると、会場一杯に音楽が鳴り響き、次から次へとモデルの女性がキャットウォークを行ったり来たりしました。

私は大学の時に学園祭でやったファッションショーを思い出しましたが、こんなに本物は違うのかとびっくりしました。

ショーが終わると、礼子さんが少し離れた席に座っていた外国人の男性を紹介してくれまた。

このショーのデザイナーの親友で、そのせいで普通ではとても手に入らないショーの招待券が手に入ったのと説明してくれました。

どうりで、芸能人が来るようなショーに私達みたいなのが入れるはずないのにと分かりました。

ゴードンはもう日本に長くて、日本語は普通にしゃべれるからと礼子さんが言います。

たしかに、片言の日本語ではなくて、ちゃんとしたしゃべり方をするので私はびっくりして聞いていました。

これは、結婚間近なのだなと思い、結婚式はいつの予定ですかと聞いてみると、礼子さんは笑いながら私たちそうゆう古い考え方はしないのよとゴードンとなにか英語で話しました。



「これから六本木に遊びにいきましょう、ゴードンがアルバイトで出てる店があるのと」と礼子さんに言われて、私たちは地下鉄に乗りました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2014年3月31日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達・仲間】ハロウィンパーティー1【体験談】

自分が、中学3年の頃の話。自分は、小1から英会話教室に通っている。そこには、小5の時であったそこそこ仲がいい男子Kと、小1の頃に出会って、なんか今まで偶然的にこの教室で関係が繋がっている女子Nがいる。Kいわく、自分とNが仲がいいというのだが、そんな事自分は思っていなく、前述のとおり、「今まで偶然同じ教室で、中学では同じところに通うことになっただけの事」だけだ。さて、本題の話をしよう。                  ---------------------ある日の水曜日の帰り際。その日は、間近に迫っていたハロウィンパーティーの話をしていたせいか、終始その話で持ち切りだった。自分が帰り支度を済ませると、Nが「あとでメールちょうだいね」と言ってきた。イマイチ話の流れがつかめなかった自分は、「何の?」と聞くと、「ハロウィンの」と。そして、帰宅した後さっそくメールをした。その日中に返信は来ず、翌日の午後、自分が買い物をしている時に来た。その文面には、「きのうのその時間、寝てた」とあった。そして、当日に会場の準備をしなくてはならない自分とNとふたりで、当日の集合時間を決めた。

当日、集合時間の少し前に着いた自分は、携帯でときどき時間を確認しながら、Nが来るのを待っていた。そして、Nが歩いてきた。会場に入らず待っていた自分を不思議に思ったのか、「なんで入らないの?」と聞いてきた。(Nを待ってたからに決まってるだろ)とは自分の心の声だったが、言えるはずもなく、Nと一緒に会場に入った。そこには、自分たちの教室の先生がすでにいた。会話をして、自分たちの荷物を下ろし、ひと段落ついたところでさっそく準備を始めた。順調に作業していた途中、もう一人この教室の生徒が来た。数分たった時に、ハプニングは起こった。どうやら、先生とその生徒と二人で、今日のゲストの外国人の先生を駅まで迎えに行くのだという。自分は、二人きりになるという状況に、心の中で激しく動揺していたが、Nは平然としていた。いざ二人が出掛けていくと、いよいよ二人きりだ。そんな状況に焦りつつも、準備を続けた。パーティー開始まであと1時間30分程だ。それにはなんとか終わるだろう。Nといろいろ話しながら、飾り付けをしていく。そして、よく国旗とかがいろいろついているような、長い飾りを会場の前方につけることになった。しかし、そこには机だのなんだのが置いてあり、とてもつけにくそうだった。そこで、Nがその飾りをつけようとその机に乗ろうとした時バランスを取ろうとして、そばにいた自分の肩につかまってきた。自分の心臓はドキッとした。今までNと接してきたが、こんなにも女子という存在を近くに感じた事は全くなかった。そんな、嬉しいハプニングもあった中、順調に時間内にすべての飾り付けが終わり、その間に外国人の先生を迎えに行っていた先生たちも帰ってきた。

そして、パーティーの開始時間までに多くの生徒・さらにはその保護者までが、たくさん集まり、いやがうえにも会場の雰囲気は「今か今か」と待ちわびる空気になっていた。その間に、遅れてくる予定でいたKも来た。自分たちの教室の先生が前に立ち、宣言する。「これより、ハロウィンパーティーを始めます」。こうして、ハロウィンパーティーは始まったのだ。                  --------------------------ここまでお読みいただきありがとうございました。続編は、気が向いたら投稿する予定でいます。

セックス体験談タグ

|||||

2014年3月18日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【おっぱい・巨乳】母親と友達が自宅で赤ちゃんプレイしてる所を目撃【体験談】

これは今から2年前の僕が高校性の時の話です。

母は24歳で僕を産み、子育てが一段落した後、法科大学院に入り、司法試験に合格し弁護士をしています。

息子の自分が言うのもなんですが、とても41歳には見えないくらい美人でスタイルが良く格好いい母親です。

学校の参観日に来た時など、クラスの友達から冷やかされる事がよくありました。

同級生のお母さんの中にも若々しくしているお母さんも結構いるのですが、母は同級生から見ると他のお母さんにはない妖艶さがあるらしいのです。

同じクラスの祥平は何度も母の事をおかずにしてオナニーしているとよく言っていました。

祥平は見た目がジャニーズ系で女の子からもよく告白されたりするのですが、同世代の女の子よりも年上の女性に興味があるらしく、いつもインターネットで熟女動画を観てオナニーするそうですが、最近は射精する瞬間は私の母の事を思い浮かべるそうです。

特に先日、参観日に母が着てきた黒のタイトスカートと白のブラウス、そのブラウスのボタンが横に引っ張られるぐらい大きなおっぱいが忘れられないらしく、その母のおっぱいに吸い付きながら手で射精させてもらう事を想像してオナニーをしてるそうです。

その時母は裁判所から直接来て、暑かったせいもあり、白のブラウスにうっすらと汗を描いていて、レースの黒のブラジャーが少し透けていたのを憶えています。

多分母は大きな胸をなるべく目立たなくさせるために仕事の時はタイトなブラをつけていたと思うのですが、それが透けて見えると逆に胸の大きさが強調されて何だかいやらしく見えました。

腰も足も細いのに、胸とお尻は母親らしいボリューム感がり、何とも言えない大人の女性の匂いがしてきそうなその母の姿は、男子高校生には刺激が強かったと思います。

息子の自分でもちょっと、ドキッとしてしまうのは確かでした。

自分の母親をオナニーの対象としているという話はあまり気持ちいいものではありませんでしたが、所詮男子高校生同士のよくあるエロ話の1つと割り切っていました。

そんな事があってから3ヵ月ぐらい後の事だったと思います。

たまたま具合が悪くなり、学校を早引きし1人で家で寝ていたら、母が誰かと一緒に家に帰ってきました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月3日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【おっぱい・巨乳】女性が大半の職場でのセンズリ生活【体験談】

埼玉県/まぁ棒さん(40代)からの投稿

—-

10年以上前の話ですが、当時自分は20代後半で、仕事を何度か変えていました。

新しく勤めた会社(食品製造業)は設立してまだ数年、女性従業員が8割位で、なおかつ社員のほとんどが高校や専門学校卒でした。

パートはほとんどが中国人かブラジル人で、年齢は自分より若い人ばかり、しかも女性が大半。

24時間稼動のため、時間帯によっては自分を入れても男が2~3人の時もよくありました。

作業中は白衣を着るのですが、ブラ透け・パン透けの娘ばかりでした。

さすがにノーブラ・ノーパンはいませんでしたが、白衣のファスナーを大きく開けて、小さなサイズのブラから零れそうな胸を見せ付けてる感じの娘もたくさんいたのでチラ見ばかりしてました。

若くてスタイルの良い娘がほとんどで、仕事中も興奮して勃起しまくりです。

外国人のパートはほとんどがカップルだったので、仕事以外で気安く話は出来ませんでしたが、女性社員とは結構打ち解ける事が出来ました。

直属の班長は当然女性で、班の同僚も女性ばかり、班全員が年下でした。

班長はとても可愛らしい人で、教え方は少し厳しかったですがとても丁寧に教えてくれました。

たまに黒いブラが透けてて、毎回勃起させてました。

匂いを嗅ぎながら興奮して、トイレでセンズリ発射する事が日課になってました。

よく小便器に発射させたりもしていて、トイレ掃除のオバサンに見られそうになった事も何回もありました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月6日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談
2 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ