最新情報

【女の子のオナニー】図書館で可愛い子のパンツを覗きながらオナニーしていると【体験談】

近所の図書館は書棚の並んだ脇に机と椅子があって、そこではよく、小学生や中学生、高校生等が勉強をしています。

大抵、2-3人で来ていて、今日も中学生くらいの女の子2人が居ました。

周りにも人はいますが、本を探すフリをして、その子達の斜め前方の書棚の前にしゃがみ込みます。

ちょうど書棚の隙間から、座っている彼女たちのスカートの位置に目線がいくのです。

1人はキュロットでしたが、もう1人の子はデニムのミニスカートでした。

彼女達は勉強しているため顔を下に向けたまま、こちらには全く気づかない様子なので、じっくりと観察していました。

キュロットの子が席を立ち、ミニスカートの子が1人残って、しばらくすると彼女は顔を上げました。

可愛い子でした。

あの子のスカートの中がみたいなぁと念じていると、突然、彼女は下敷きを机の下に持っていき、足を開きスカートの中を仰ぎ始めたのです。

もちろん、こちらからその様子はばっちり見る事ができます。

彼女は誰に見られている事もないかのように、仰ぎ続けています。

開いた足の奥には薄い水色のパンティーが見えています。

その姿に興奮した僕はすでに勃起しているチンポをズボンの上からもんで観察を続けました。

今日、図書館は空調が故障しているらしく、館内はじっとしていても汗が出てくるような熱気が篭っており、休日の割に人が少ないようでした。

仰ぐのをやめたその子は今度は少し、お尻を前の方にずらし、体を背もたれに預けて足を投げ出すような格好で、顔の方を仰ぎ始めました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2013年9月18日 | セックス体験談カテゴリー:女の子のオナニー体験談

このページの先頭へ