最新情報

【スカトロ・マニア】ペニスリング④【体験談】

彼女から何度となく、携帯へ電話連絡があったのだが、何かしら言い訳しながら、先延ばしし彼女から逃げ回っていたのだが

彼女から、これ以上、私から逃げ回るとどうなるのか分かっているの・・・彼女の職業は看護師で、おもに患者さんの死が、いつきても不自然ではないという、高齢患者さんの担当部所で、だからこそ

担当する患者さんがお亡くなりなった時の翌日は、ちょっと不謹慎かもしれないが、無性にSEXがしたくなる。本来SEXは、新たな

生命を継続する行為とかなんとかいっていた。要するに、自分は今生きているという実感がほしかったのでは・・・・と想像する彼女が以前、患者さんと知り合いになり、ちょうどそのとき彼女がどこか、車の駐車場ないかな、といったところ、今は使用していない

倉庫があるので、買い手がつくまででしたらどうぞ、ということで彼女と一緒に下見に行ったことのある倉庫で、待ち合わせすることに

なった。もともと先代の時代は、建設用材を取り扱っていたらしく、平屋の倉庫といっても、天井高が高く、鋼材を運搬するホイスト

クレ-ンも設置されていて、車は1台どころか、10台ぐらいは駐車可能な広さがあった。また、どういうわけか、食事は、会う前日の朝食までとして、後は、絶対にものを口にしないでと念をおされた。多少の水ぐらいは

いいよ

なんか病院で大腸検査を受けるみたいだな・・・しかし、彼女は次回は「ムチ」よといってたしな、まぁどうでもいいか・・・夏の雨の日の午後、その倉庫についたら、すでに彼女は待っていた。 彼女は即、ぼくに裸になって、この土間に仰向けなって

横になってと、いい、ぼくは倉庫のホコリで、身体が汚れるからイヤだといったら、あ、そう、ふ-ん本当にイヤなの、今日はいつも

よりやさしくしてあげようかなとおもっていたのに、それでもイヤなの・・・・彼女をこれ以上怒らせるとまずいとおもい、あ、仰向けになります。なります・・・・・服を脱ぎ始めると、ボクサ-パンツだけは履いたままでいいわよと彼女、やっぱりいつもより今日はやさしいな・・・

仰向けになると、両足首に太くて鉄製のリングの付いた。革製の足枷を手早く着けられた。

両手は頭の上で、縄で軽く縛られ、しばらくすると、ガァ-とホイストクレ-ンの動く音がし、大きなフックの下には、天秤棒

みたいなものが付けてあり、フックが、ぼくの足元の真上に位置すると、そのフックと天秤棒みたいなものが、降りてきて

大股開きにされ、足枷のリングを天秤棒のさらに小さなフックに掛けられ、すぐにクレ-ンのスイッチが入り巻き上げられ


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2018年1月13日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】主人公認の寝取られ、診察台に縛られ膣内にローターを【体験談】

私は33歳で主人34歳と二人暮らしです。



以前主人の願いを叶える為にAさんに寝取られました。

それからAさんとは主人公認で付き合っています。



Aさんと出会ってからはいろんなエッチなことをしています。

複数プレイ、露出撮影、外国人の方とのプレイなど。



でもAさんとはただ遊園地とか行楽地など、

エッチなしで楽しむ事もあります。



ただひとつ私が乗り気がしなかった事を今回OKしました。

私はAさんに会う時はいつも主人が出張している時を選んでいました。



でも今回は主人が休みで、ミニスカに白いソックス


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2016年6月10日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【乱交・王様ゲーム】【海外で本当にあったエロい話】インド バラナシでまさかの4P 【体験談】

海外だからといって外人としか仲良くなれないわけではない。



同じ日本人同士でも旅先で出会えば自然と仲良くなれるものだ。





特に発展途上国などや僻地で出会うと効果は高くなる。



要は吊り橋効果だ。



今回の話はインドであったお話。



インドは非常に刺激的な国なので



常に吊り橋の上と変わらないということなのだろう。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2015年6月22日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【レイプ・陵辱】義父から性的虐待を受けていた女子大生をレイプした【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

前回の話:クラス一の美少女からいじめを受けたら、父親がその両親を借金漬けにした

オヤジの事業は、オヤジが亡くなった時にすべて俺が引き継いだ。

しかし、オヤジの私的な遺品を整理する気にはなれなかった。

オヤジが死んで20年近く経って、最近ようやく整理する気になった。

先祖代々土地もちの俺の自宅は広く、オヤジの部屋は7つもあるが、オヤジがいつも女をオモチャにする部屋にしか入ったことがなかった。

初めて入ったオヤジの6畳ほどの広さの部屋は本棚で埋め尽くされていた。

本棚にはビデオテープがびっしりと詰まっていた。

タイトルのないビデオテープ。

それはオヤジが借金を盾に、女たちをオモチャにした記録だった。

その中にあった「ミホ」という女子大生の話をしよう。

今、ビデオの中でミホはオヤジの部屋で天井の磔に吊り下げられて、股間のバイブの刺激に体をくねらせている。

「お願い・・・・・・もうイカせて・・・・・・」

「おねだりの言葉は教えたはずだ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2015年3月10日 | セックス体験談カテゴリー:レイプ・陵辱の体験談

【寝取り・寝取られ】温泉旅行で嫁を友人と友人の先輩に抱かせた 続5編【体験談】

前編は以下のとおり



Bさんが「△ちゃんエロ」 って言いながら

嫁の身体を両手で触りまくりながら泡まみれにし始めた。



泡付けて撫でるみたいにしながら嫁の胸弄って

「△ちゃん公務員なんだろ?いいのかよこんな事。」



「やぁ…やっ」

「△ちゃん他の男に抱かれんの好きなの?」

「好きだよな。今日はBさんに抱かれるよな。」



「…あ…やだぁ…」

「あ、SEXはダメなんだ。」

とBさんも嫁イジメるのの興が乗ってきた感じ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||

2015年3月7日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【高校生】父の遺品の中に、私が地下室で先生をオモチャにしてる様子を撮影したビデオがあった【体験談】

大阪府/懺悔さん(40代)からの投稿

—-

前回の話:憧れのリサ先輩を借金漬けにして、性奴隷に落とした

父が亡くなって20年近く経って、最近になって父の私的な遺品整理を始めたのですが、その中に父がオモチャにした女達のビデオが大量にありました。

そのビデオを見ていて、私は一本のビデオに愕然としました。

そこには別荘の地下室で、女をオモチャにしている高校生の私がいました。

「あぁ、もう許して・・・・・・」

マイコ先生が地下室の天井のパイプから垂れ下がった鎖の先にある皮手錠に両手を拘束されて、床の皮手錠で足を開いた状態で拘束されています。

立ったまま大の字に拘束された先生、その前の床にカメラに背を向けて、床であぐらをかいて座っているのは紛れもなく、高校3年生の私です。

「先生、教え子に素っ裸で吊り下げられて、どんな気分ですか?」

「恥ずかしい・・・」

「何で素っ裸で吊り下げられているんですか?」

先生が顔を伏せます。

「先生、質問に答えられないのなら、父を呼んできましょうか?」

「やめて!それだけはやめて!!」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年3月6日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【不倫・浮気】母が不倫相手と激しくセックスをするのを見た記憶 【体験談】

智恵 「ちょっと康介、お母さん夜ご飯の仕度してるんだからあっちで絵本でも読んでなさい。」





キッチンに立つ母・智恵の脚に後ろから抱き付いている康介は、まだまだ甘えたがりの5歳の子供であった。





康介 「・・・・・・。」





康介はそう言われてもなかなか母・智恵の脚から離れようとしなかった。目に涙を溜めて、何も言わずに智恵のエプロンに顔を埋めている。





智恵 「なぁに?また幼稚園でイジメられちゃったの?」






記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年12月20日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【スカトロ・マニア】実家にある古い織物工場の中に折檻部屋があった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

僕は旧家の末裔(という程、立派ではないが)で、やりたい放題だった20歳前後の話です。

僕の実家は古い織り物工場がある敷地にありました。

おじいちゃんの父親が経営していたのですが、明治から昭和に掛けて「織り子」さんを80人くらい使っていたこともあったようです。

おじいちゃんの父親は「喜八郎」さんといい、僕は直接会ったこともなく、実家の欄間の横に懸けられた「写真」で顔を知るだけです。

歴社会史の教科書で見る「偉人」のような、髭を蓄えた一見風格のあるようなタイプで、僕はあまり好きなタイプではありませんでした。

すぐ怒りそうだし。

工場と織り子さん達が住む寮がありました。

工場は昔、使っていた機械がそのまま置いてありました。

昔といっても新しい機械に替えていたので、現在残っているのは戦前から戦後に掛けて使っていたもののようです。

戦後に新しく機械を購入するお金も無く、海外から安く布などが輸入出来ることから、織物工場自体を閉鎖してしまったようです。

幼い頃から実家に行くと廃工場は遊び場でした。

古くは「織り子」さんは東北の方から人買いや紹介屋を通じて集めていたらしく、怠け者や反抗する織り子を懲らしめる設備などもありました。

高い天井の梁に大きな滑車があり、その滑車で織り子を吊るしたり、小さな格子の箱に身体を押し込めて何日か放置したりしたそうです。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月25日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【乱交・王様ゲーム】すごいSEX 【体験談】

ソース元:=



友達の敏から「また乱交したいので、セッティングしてくれ。」と頼まれていたので、何とかみんなと連絡を取り合って、僕の家で昨日6Pを楽しみました。本当は11時に僕の家に集合だったのですが、敏はこの間の乱交のビデオを何度も見て、オナニーをしていたらしく、8時ごろにはもう僕とさくらの待つ家にやってきて、

「俺、もう待てないよ。頼む・・・先にやらせてくれ・・・」

と言うので、とりあえずさくらとSEXすることになりました。さくらがシャワーを浴びたいというのに、それさえ許さない勢いで、迫るので、結局根負けしたさくらは敏のズボンを下げ、フェラをすることになりました。

 確かに、仁王立ちの敏の立派なチンコはもうすでにビンビンに反り返っており、パチン、とはじけるように飛び出したかと思うと、先っぽからは大量のカウパー液が出ていました。玉袋が勃起に吊り上げられるように上を向くほどで、真っ赤に膨れ上がった亀頭は、今にも爆発しそうな勢いです。

 パンティ1枚になったさくらは、そのあまりにも硬い勃起を口に含み、亀頭を吸いたて、裏筋から先まで舐めあげると、カウパー液が極太の糸を引き、なんともいえないくらいエロっぽかったです。敏もさくらのパンティの中に手を入れると、マンコをまさぐり始め、さくらのフェラもだんだん熱っぽくなってきました。僕はただただ見ているのが勿体無いと感じ、ビデオを回し始めました。

 感じてきたのか、さくらはすすんでパンティを脱ぎ、スッポンポンになると、

「あはああ・・・・・ん・・・」

とアエぎながら、敏と重なり合い、強烈なバキュームフェラを始めました。ジュポッ、ジュポッと唾を溜め込んだ口で音を立てながら舐めすするのがなんとも言えず卑猥です。玉袋をほおばりスポンと音をたてて放すと、まるで何かの生き物の皮膚のように袋が流動します。ケツ毛に覆われた敏の肛門もモロ見えで、たまにヒクヒクしているのさえ見えました。

 今度はさくらに覆い被さるようにして、敏がクンニしはじめました。

「あは・・・嗚呼嗚呼・・・イイ・・・–」

さくらは咥えたチンコを外し、手で掴みながら、自分が感じることに集中しはじめました。剥き出しのマンコはすでにうるうるなくらいに濡れ、陰毛までぐっしょりでした。乳首はピンと立っていたので相当感じているようです。敏のなすがままに四つん這いになったさくらは、尻を真上に持ち上げた格好で、すべてを敏の眼下に晒しています。肉の塊のようなさくらの尻たぶをさらに両手で思い切り割り開き、丸見えのマンコを味わうように吸い尽くすと、今度は、右手の指を4本とも突っ込み、中をかき回すように愛撫しました。これにはさくらも感じすぎてしまったのか、恥ずかしすぎるほど声をあげ、中からは白くなったラブジュースがあふれてきました。よっぽど力が入っているのか、括約筋のくっきりと浮かび上がった肛門がケツ毛の中から見てくれと言わんばかりに顔を出します。さっき見た敏の肛門に比べると、シワが長く、大き目のケツ穴です。敏はさくらのケツの穴だけを舐めあげ、今度は尻の割れ目全体に広がるふさふさと生い茂った陰毛(ケツ毛?)を唾液でべとべとになるくらいまで濡らした後、ズッポリとバックで串刺しにしました。

「あん!」

急な挿入に体全体をビクンと震わせ、そのまま、バックでつながりました。パコンパコンと音をたて突かれる度に、さくらの声がうわずります。これからさくらがどんな感じ方をするのか楽しみだったのですが、敏の方が相当たまっていたらしく、本当に20秒ほどで、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月17日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【友達・仲間】他人(ひと)の皮を被る 二話【体験談】

「なんとか上手くいったか……」

 晃はソファで息を吐いた。深く眠り込んだ奈津美に起きる気配はない。 晃はその奈津美のスーツをそうっと脱がしにかかる。

 ブラウス姿にすると酒の匂いが強まった。

 クールな美人が頬を染めて酒の匂いをさせるのはそそる絵面だ。

 さらにブラウスのボタンを外していくと、青い宝石つきのネックレスが覗く。

「高価そうだな。この石ころで何百万するんだ?」

 晃が毒づいた。奈津美という人間の恵まれぶりを象徴するようだ。 晃は劣等感に苛まれながら奈津美のブラジャーを剥ぎ取った。

 豊かな乳房が零れ出す。

 カップはEかFか、28歳とあって少し崩れてはいるが、突き上げればさぞかし揺れるだろう。

 乳輪と中心の尖りは初々しいピンクで、男の扱いに長けるイメージとはややギャップがある。

 ボディラインはスレンダーだ。

 縦に一筋入った腹筋はスポーツジムの女を思わせる。

 海で焼いたのだろうか、肌がほどよく色づいた中で乳房だけが白い。

 晃はさらに奈津美のベルトに手をかけた。

 ベルトを外しロングパンツを脱がせると、黒のストッキングが視界に飛び込む。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月4日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ