最新情報

【会社・職場】ポルノ映画館の暗闇で・・・(最後に写真リンクあり!!)【体験談】

 大分前だけど、その頃はよく遊んでたるいと念願だった映画館へ行った。それも普通の映画館じゃなくて、裏路地のさびれた場所にある、小汚くて、一晩中エロ映画をやっているようなトコ・・・・ 普段はガラガラであまり人もいない場所。着いたのはもう深夜1時を過ぎた時間。中に入ってみるといやらしいあえぎ声と、男女が絡み合う姿がどーんと大きくスクリーンに映っている。客は10人くらいだろうか?よくみると、こっそり動き回ったり、絡み合っている客も。しかし、ほとんどはゲイの方たちでオレはそっちは興味は無いからあまり見ないように。異様な雰囲気にるいはちょっと緊張してる。そのままイスに座って、そっと太ももをなでたり、耳に息を吹きかけたり、いちゃいちゃする。



すると・・・・



 寄ってくる、寄ってくる。おっさんや怪しい若いにいちゃんがぞろぞろ近くにやってきてじーっと、数メートル離れたところから、こっちを見ている。るいはますます感じ出したのか、感じるポイントに手がそっと触れると、ビクっと、震えている。やがてそのままオレの手はスカートに入って下着へ。表面を触ると、ぬるっと、もう、びちゃびっちゃになった液体が・・・・ そのまま横から指をいれ、クリの皮をむくように転がし始めると、るいはたまらなくなってあえぎながら身をくねらす。そのまま首筋にキスして、いやらしい言葉をいっぱい耳元でつぶやいてあげる。



そろそろいいかな?



 少し抵抗したが、もう、面倒なのでそのまま下半身を裸にし、足を開いてピンクのアソコをぱっくり開いて、野生動物みたいになかなか近寄ってこないみなさんに御開帳。ここまでくると安心したのか30センチくらいのとこまで来て、じっくり観察する人も。そのうち場内の半分くらいの人がやってきて、じっくりるいのおまんこを見ている。



いやああ、、、みないで・・・・



小さく叫ぶるい。でも、アソコは大洪水で、指を二本入れられ、くちゅくちゅいやらしい音がしている。そしてついに。。。。。



ぷしゅーっと潮吹き。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年10月25日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・【体験談】

下手な文章で失礼します。10年以上前の話ですが、現実に妻を淫乱な女に成長させた話しを聞いて頂きたく、書いてみます。当時、田舎に生まれた私は、両親と私達夫婦・娘と5人家族で暮らしておりました。私は33歳で家業を継いでおり、愛(妻)は36歳で友達夫婦(直樹33歳・智子31歳、)に言わせると「清楚な奥さん」らしいです。実際、妻は私以外の男を知らず、ノーマルなセックスしか経験させてませんでした。セックス中も声を我慢して、家族に聞かれるのを気にしておりました。そんなおり、娘が小学校に入学したのを期に、母屋の二階にある以前に私が使っていた部屋を娘にあたえ、私達夫婦は離れを使うと家族に宣言したのです。妻も驚いておりましたが、私は心の中で「計画の第一歩は踏み出された」と、思いました。計画とは、以前に読んだSM小説に妻を淫乱な女に調教していく話を実行するのが長年の夢だったのです。離れに移り住んだことで、セックスの回数も増えました。妻も少しずつですが声を出すようになってきた頃、ある出来事が妻を変えたのです。ショッピングモールに出かけた時に、大学生風の若者に声をかけられナンパされそうになったのです。その夜、妻から「今日ね。ナンパされちゃった。もちろん、無視したけど久々にドキドキしちゃった。」と嬉しそうに話すのです。そんな妻をパジャマの上から胸を愛撫しながら、「そう言えば、直樹も愛とHしたいって言ってたなぁ」と嘘をついたのです。「えっ~直樹さんとそんな話するの?冗談だよね?」「愛がいいって言ったらセックスしてもいいよ。って返事したけど・・」「そんなのできないよ。あなただって嫌でしょ!」「愛が他の男に抱かれてるの見てみたいなぁ」「そんなの普通じゃないよ」と言う嫁さんを無視して、パジャマの下をパンティーごと脱がせて顔を埋めました。今までこんなに濡れたことがないほど、ビチョビチョになってるオメコを舐めながら「どうしたの?直樹とのセックスを想像したのかな?それとも、ナンパされそうになった大学生にホテルに連れ込まれるのを想像したのかな?」「ダメ~頭がおかしくなる~逝きそう~逝く逝く逝く~」あっけないほど妻は逝ってしまいました。妻にとっては刺激が強すぎたようです。それからは、セックスの最中に耳元で「直樹がしたいって・・・セックス」直樹の事を言うとすぐに逝ってしまう妻になったのです。アダルトショップで買ったバイブに直樹って名前をつけてオナニーをさせるのもセックスの前戯になった頃、新しい遊びもさせるようになりました。セックスの最中にテレクラに掛けて、話をさせるのです。「・・・こんばんは・・・」緊張して妻はまともに話しもできません。少し慣れて会話ができだしたら、セックス再開です。「私は主婦なんですよ。36歳の人妻です」「ご主人はまだ仕事から帰ってないの?」「主人は・・・うっ・・・あ、あ~ダメ~」バックから挿入されながら声を堪えています。「オナニーしてるの?それともセックスしてるの?」「・・・セックスしてます。主人に後ろから突かれてます。気持ちいいです。」妻は律儀に答えてます。「奥さん、気持ち良いの?もっと気持ち良いことしようよ。3Pしない?ご主人に聞いてみてよ?」「えっ!3P ?聞いてみるけど・・・」「あなた、3Pしようって・・・」「愛はどうなんだ?愛が決めなさい」「そんな~知らない人とはできないよ」電話に向かって「今回はお断りします。」って電話を切りました。また、セックスを再開してると、「男の人から、次につながったらお願いします、って言われちゃった」と嬉しそうに目を潤ませていました。「愛は本当はどうなんだ?3Pしてみたい?」「分からないわ。でも、いつかあなたに経験させられそう・・・」妻の予感が当たる日は1ヵ月後にやってきた。

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2013年10月25日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達・仲間】仲間のパーティーがとんだことに【体験談】

ひょんな事から男3対女2の経験をしました。

小学校の頃から仲がよくて高校は別々になった人もいたけど

よくよく遊んでいた仲間同士でした。

仕事についてから中なかなか全員が一緒に集まれることは無かったけど、

先日金曜日に集まり5人でカラオケに行きお酒を飲み、過ごし、終電も無くなり、

結局は近くに1人で住んでいた私の部屋に全員泊まる事になりました。

部屋に帰っても懐かしさでお酒を飲みながらの昔話で盛り上がり、

次第に一人寝、二人寝と一人住まいの1Kの狭い部屋に寄せ合うようにごろ寝でした。

私とミー子は向き合って真中に寝て、周りには男の子達が私達を囲むみたいに寝てました。

異変に気が付いたのは眠りに入って30分もしない頃でした。

向き合っているミー子が酔って具合が悪くて寝苦しいのか

「うーん」と時々声を漏らしながら身体を身震いさせたり、寝返りしたりして、

大丈夫かなと心配して暗かったけどミー子の様子を見たら

手を服の中に入れて胸を掴んでるのが見え、ミー子は酔ってしまって、

皆がいるのに無意識でオナニーしてると勘違いして、止めさせようとしたら、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2013年10月23日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】イノセンス【体験談】

ねね・・・おねえちゃん・・・こっちこっち・・・

二人の子供に両手を引っ張られ、背中を一人に押されるような格好で美紗子は旅館の旧館にある宴会場の奥の布団部屋へ連れてこられた・・・・ひなびた温泉旅館だか昔はそこそこ団体客で賑わっていたんだろう・・・旧館は新館が出来て以来殆ど使うことがなく大きな団体客が来ない限り誰も出入りすることがない・・・まさに子供の探検にはうってつけの場所だった。

美沙子と夫は友人夫婦と温泉旅館を訪れていた。夫二名は朝から釣りに出かけ、友人の妻も釣りに同行したが妻美沙子は急ぎの仕事をもってきていてそれを片付けたいということで別行動を取った。夕方バーベキューで合流するつもりだったが思ったより早く仕事が片付いたので散歩にでたところで子供達に出会った。

渡り廊下を通って、迷路のような廊下を抜け、突き当たりの階段を上がると三階が大宴会場で、その奥に道具類をしまってある倉庫兼布団部屋があった。きっと継ぎ足し、継ぎ足しを重ねた増改築の結果迷路のような構造になったものだろうと思った。

布団部屋の扉を開くと・・・明るいところから暗い部屋に入ったので暫くは何も見えなかった・・・

ねね、あれ、みて・・・・・

薄暗い部屋の奥の壁のところに何か人の形をした大きな影があった。

部屋の暗さに目がなれてくるとそれが戦国武将の鎧兜であることがわかった。よく出来たレプリカなのか、本物の骨董なのかはわからなかったが黒く鈍い光を放つ威圧感のある鎧兜だった・・・

「あれ、夜中に動くんだって・・・・」

一人の少年が恐々と言った。

「うそよ、そんなことあるわけないわよ・・・」と美紗子。

美紗子も内心は怖のだが子供の手前強気を演じている・・・

「でも、確かに何か怖い感じよね・・・・」

「怖いよう~」と言いながら

美紗子の両手を握っていた二人が美紗子に擦り寄りぴったり体をくっつけて来た。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2013年10月22日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【人妻】最低最悪な亭主かも【体験談】

私48歳、妻44歳で大学1年と4年の娘がいますが、少し離れた大学なので妻の実家から通っています。

妻は胸は大きいのですが清楚で可愛い系なポチャタイプです。

その妻とは昨年に起こった事件から家庭内別居のような状態です。

原因は私にあります。



昨年のGW明けに妻から昔、仲が良かったグループでプチ同窓会をすることになったと言われました。

私は行かせたくなかったのですが、理由を聞かれると困るので笑顔で許可をしました。

実は妻の仲の良かったグループの一人H子とは妻と結婚する前に付き合っていました。

少し複雑なのですが、妻と付き合っている時に、妻が元彼と寄りを戻してしまい、その後にH子と約1年ほど付き合っていました。

が、妻が元彼と別れて私のところに戻ってきたのです。

私はH子と付き合ってるからと一度は断ったのですが、不思議なことにH子が身を引いたので妻と寄りを戻し結婚となったのです。

ですからH子はまあ問題はないと思っていましたが、問題はグループのリーダー格のA美という友達なんです。

A美は数年前に離婚してからよく妻のところに遊びに来るようになり、私とも仲良くなりました。

妻とは異なり美人顔でスレンダー(貧乳かも)なボディです。

メアドを聞いてからは急接近してしまい関係を持ってしまいました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年10月22日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】乱交サークル (初対面)【体験談】

♪♪もしもし

♪♪この間は、どうも・・・その後奥さんの様子どう?

♪♪まぁ、変わりませんけど・・・

♪♪旦那さん気持ちは変わらない?奥さん改造!!!

♪♪そうですね。この間の見てから、また興奮したくて・・・

♪♪そうか、それは良かった。奥さん最高だったよ。今日、会える?

♪♪え~まぁ

そうして、仕事が終わり弘さんと会った。

弘 「急にごめんね」

私 「いえ、大丈夫です」

弘 「話だけど・・奥さんを乱交サークルに誘っても良い?」

私 「乱交サークル?本当にそんなのあるんですか?」

弘 「もちろんあるよ、ネットで趣味が共通した人が集まって、犯され願望のある女性と性行為をする」

私 「ん~妻が行くかな?」

弘 「大丈夫!OKだったら良いんだよね。勝手に口説いておくよ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2013年10月22日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】乱交サークル (出会い)【体験談】

私は以前より乱交に興味がありました。

もし、妻が・・・何て考えるうちにドンドン気持ちが膨らみ妄想する日々。

ネットで色々見ているうちに、ある人物と知り合う事になりました。

メールのやり取りをして、比較的家も近く、何度か外で会っているうちに相談事にも載ってもらったりしました。

弘 「俺は嫁さん居ないから、羨ましいよ」

私 「そうですか?色々うるさいですよ!」

弘 「一人よりずっといいよ。淋しいもんだぜ!」

私 「気楽そうで、羨ましいけどなぁ・・・」

弘 「夕食はいつもコンビニ・・・良いか?」

私 「じゃ、今度遊びに来てくださいよ。」

弘 「いいのか?」

私 「嫁、紹介します」

彼:弘さん37歳 自営業(スナック)

私:32歳(圭介)/妻30歳(美優)子供無し

ピーンポーン♪


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2013年10月21日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】事故を起こした妻と、その代償  その後【体験談】

事故から7か月が過ぎた。

相手の怪我も完治して3ヶ月が過ぎた。

今も、妻は男の性処理をしている。

もちろん、私の許可の元で妻は奉仕している。

私30歳、妻29歳 子供無し

1ヵ月前、私は相手の男性に招かれ、彼のアパートに行った。

独身とは言え、40代の部屋は小奇麗だった。

2DKの間取りで、奥の居間に招かれ私は座布団に座った。

「妻は?」 今日は彼の家に居る筈だった。

「奥さん?会います?」

「まぁ!折角だし・・・」

彼が隣の部屋の襖を開けると、妻が目の前で縛られ、穴と言う穴にバイブを入れられていた。

ブィ~ン!ブィ~ンとバイブの音が微かに聞こえた。

私に気づいた妻が目を反らす。

「奥さん、好きでね~一日中何か入れていないと満足しないんです」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2013年10月21日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【会社・職場】逆ナン【体験談】

私(夏美)22歳と友達(麗奈)23歳が去年の秋に体験した事を書きます。

私達は幼なじみで職場も同じです。仕事の都合上季節外れの夏休みを過ごしている時の事。

麗奈が男が欲しいと言う事で麗奈の車で街に逆ナンしに行きました。

麗奈はギャル男や遊び人はキライみたいで(性病持ってそうなイメージがあるらしい)清純そうな子をターゲットにしてるみたいでした。

すると約2時間した時の事一人の清純そうな青年?少年?が目の前を通過しました。

麗奈「あの子結構良くない?」

私「じゃぁもう一人探さないと…」

麗奈「私達二人で彼一人を相手しようョ」

私「エッ?」

すると麗奈は彼に声をかけに行きました。

何を話してるかわかりませんが数分後麗奈が私にOKサインを送って来るので二人の所に行き麗奈の車に乗りました。

話を聞くと彼は健太と言い地元の中2だそうです。

車は真っすぐラブホテルヘ向かいます。

部屋に入ると健太君を床に座らせ私達は健太君にスカートの中のパンティーが見える様にベッドに座りました。麗奈「ココが何をする場所かわかる?」と言うと健太君は小さく頷きました。

私「じゃぁ服脱ごうか?」と三人は下着だけの姿になりました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年10月18日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【乱交・王様ゲーム】社長とラブホから出てきた事務員を脅して輪姦 続続編【体験談】

前編は以下のとおり







ブラとお揃いの黒にパンティは大きな薄紫の刺繍があり、

しかもTバックだ。



「これもセクシーだな。おまえいつもこんなのはいてんのかよ。

エロすぎだろ」



パンティも脱がすと、「お願いだからやめて。お願い、お願い」

と中里は何度も訴えるが、まったく聞く耳を持たずに加藤さんは脚を広げる。



「いいねいいね、きれいなマ○コじゃねえかよ。ほれ見てみろよ」




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2013年10月17日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

このページの先頭へ