最新情報

【高校生】高校のプールに2人で入ろうって言い出した彼氏【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高校2年のプール開き直前の頃の話。(プールは清掃済み)

当時付き合ってた彼が、体育教官室からプールの鍵を持ち出して2人で入ろうって言い出しました。

ちょっと恥ずかしかったけど、彼が泳ぐのを見たかったのでOKしました。

彼は競泳用、私はスクール水着。

始めは普通に泳いだりしてたけど、やっぱりだんだんエッチな雰囲気になって、彼が水中で私を抱き締めて胸を触り始めたんです。

水中って普段となんか違って興奮して凄く気持ち良くなっちゃったんです。

彼のも凄くおっきくなってて水着の上から私のお尻にグイグイ・・・。

私がそっと後ろに手を伸ばして彼のを触ると・・・大きくなった彼のは水着に収まりきらなくなっていました。

半分くらい飛び出している彼のもの。

私も彼も凄く興奮しちゃって、彼は早く入れたくて仕方ないみたい。

彼は私の水着の肩紐を外して上半分を脱がせました。

凄くいやらしい姿・・・。

彼は私のおっぱいを触りながら空いてる方の手を私の水着の股の部分に手を掛けました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2015年1月11日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【おっぱい・巨乳】巨乳で可愛い女友達目当てに女子寮に忍び込んでお風呂場を覗き見した【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

友達の学校の女子寮に泊まらせてもらった事があります。

普通に男子禁制だったのですが、みんな結構男を連れこんでいて、男を連れ込む事が一種のステータスみたいになっていたのです。

ほんと女って見栄っ張りだなと思っていましたが、しかしそんな事はどうでもいいです。

もちろん、みんながみんな男を連れ込んでいるんではなく、やはりそんな女子を横目で見てる人もいました。

だからそういう人には見つからないように、でもやっぱり他の人にも見てほしいみたいな複雑な心境みたいでした。

神聖な寮に入ると、意外にも中は古かったです。

友達の部屋に入ると、2人部屋で結構広いのですが、トイレとお風呂は共同だったのです。

その部屋は友達とその友達のEさんの部屋でした。

Eさんは結構可愛くて、一緒に泊まりに来た男友達が彼女の事を狙っていましたが、ずっと前に告白した時は、

「お友達のままでいたい。恋愛対象にはしたくない」

とフラれたようでした。しかし彼は諦めきれないようでした。

僕は彼女達はただの遊び友達で、彼女達の紹介で可愛い子をゲットできればいいなと考えていました。

トイレは部屋の近くだったので、見つからないように行く事が出来ました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2014年11月16日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【会社・職場】女優やアイドルが泊まりに来るホテル勤務の楽しみ【体験談】

東京都/DAハンターさん(40代)からの投稿

—-

これはあくまで、架空の国Japanでの話だと思ってご覧ください。

僕は日本でも指折りの大手ホテル勤務の従業員で、仕事は管理職についている。

そんなこともあり、ちょっとパソコンを弄れば誰が何日宿泊しているなどを調べるのは簡単なことである。

そんな僕は、覗きと女性の下着物色が日々の楽しみでもあり、日課でもある。

一般の客もそうだが、芸能人も都内ということもあり、かなりの頻度で利用がある。

仕事での利用がほとんどだが、たまにお忍びでと言うのも口が固いので知られているホテルなので、利用がある。

毎朝、ミーティングなどを済ませると、予約者のチェックを始める。

芸能事務所からの予約があれば当たり日だ。

特に最近ではアイドルグループが乱立していたり、地方から東京に撮影でくる子たちも多い。

昼くらいにチェクインして翌日や、2泊以上ならお楽しみ確定。

チェクインして、出かけるのを確認。

これは管理者の立場からフロントに確認しておけば、簡単に把握出来る。

あとは掃除のおばちゃんと仲良くなりさえすればいい。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月7日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【おっぱい・巨乳】【続き】虐げられていた女の子の手引きで母親と姉に陵辱の限りを尽くした【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿

—-

『虐げられていた女の子の手引きで母親と姉に陵辱の限りを尽くした』の続き。

それから半年ぐらい経ち、またヤリたいなぁと思い始めた頃、またあの女の子に公園で出会った。

話を聞いてみると、もう虐げられる事もなく平穏に暮らしているらしい。

母親は日中仕事で出かけているが、姉はあれから引き籠っているという。

女の子がどう思っているかよく分からなかったので、

「お姉ちゃん、可哀想だね」

そう言ってみると、女の子の目の奥がドス黒く光った気がした。

「どうしたの?」

すかさず聞いてみる。

どうやら姉は家に引き籠ったまま、時々癇癪を起して妹に当たり散らすので、女の子は母親が帰るまでずっと外で遊んでいるらしい。

「ふぅん、お姉ちゃん…荒れてるんだぁ」

女の子は小さくコクリと頷いた。

「お姉ちゃん、お仕置きが必要かな?」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月16日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

このページの先頭へ