最新情報

【不倫・浮気】妻のヌード【体験談】

私達は30前の夫婦です。まだ子供は無く、この間の休日、妻と久々に電車に2時間弱乗って郊外の我が家からにぎやかな繁華街にデートをしました。結婚していてデートというのは変なのですが、まぁー二人しかいないので、ご勘弁を。

ここの所、初夏を思わせる様な陽気で暑かったですよね。『今日は暑くなりそうだし』と言って、妻には、私の好みで薄手のブラウスとミニのちょっと露出度の高い格好をさせていました。まだ、20代前半で通じそうな感じで、一緒に歩いていても他の男の視線を妻に感じ、ちょっとドキドキしていました。昼前に着いて、ちょっと早い昼食を摂った後、妻のウィンドーショッピングに付き合っていたんですが、やっぱり、慣れないもので、そのうち自分が飽きてきてしまいました。デパートの中で、自分に興味の有りそうなコーナーがあったので、後で別の所で落ち合おうと打ち合わせて2〜3時間ほど、妻とはそこで別れました。そして、時間がたち、待ち合わせの場所に行き、待っていると妻が程なくやってきました。しかし、その妻から驚きの事を聞かされました。



私と別れ、別のデパートに行こうと歩いていると、男の人に声をかけられたというのです。本人はまんざら悪い気もしなかったとのことですが、(そういう自分もまだまたいける妻を見て自慢でした。)いわゆるナンパかなと思っているとカメラマンだというのです。結構、口がうまく、その男の事が面白かったので、ついつい話しをしてしまったらしく、写真を摂らせてくれと言い、謝礼も出すとか言っていたそうです。妻は結婚指輪を見せて、人妻と言ったのですが、たじろぐ様子もなくトーク連発をしていたらしく、そのうち妻はのせられてしまい、小1時間ほど話しを聞いていたのですが、結局、私との待ち合わせがあるので、そいつとは別れたのですが、男から気が変わったら連絡をしてくれと、連絡先の電話番号を教えられたそうです。

私は、妻に内緒でH雑誌を買ったりするのですが、その手の雑誌によく素人をナンパしてハメ撮り写真を摂らせるタイプのものではと思い、しかし妻は、その男の話しを信じているのか、普通の雑誌のモデルと思っていて、『やってみてもいいかな』と言う様な事を言います。

ヌードも撮るのかと聞くと、場合によってはあるらしく、最初からそういった事もちゃんと説明をしてあるし、変な物ではなさそうだと言い、『普通の雑誌の撮影じゃないの』などと言います。私はそういうのって、まさか、ナンパハメ撮りで・・・そして、そのためにSEXもあるかもなんて、H雑誌の事を引き合いに出して言う勇気が無く、妻には、『大丈夫なのかなぁー、心配なんだよ』と妻に言いましたが、妻は、『若いうちに撮ってもらいたい』など言い、ついに私も変に断れなくなり、『ちゃんとしているなといいけど、変なだったらやめてくれよ』と言い、許可してしまいました。妻は、判ったといい、後日連絡を取っていました。

その後、スケジュールが決まったらしく『今日は、撮影に行ってくるね』と私に言い出かけていきました。その日は平日だったので、私も仕事があり、仕事に行くため妻より先に家をでたのですが、それを玄関で送る妻は、こころなしが心なしかうれしそうな感じがしました。その日1日仕事が手につかず、かといって妻の携帯に電話するのも、心の狭い男に思われそうで、やきもきして終業時間になるのを待っていました。

帰宅して、家に入ると妻はまだ帰ってきていませんでした。しかし、程なく、『ただいま』と妻の声が玄関から聞こえ帰ってきました。私は、はやる気持ちを抑えつつ妻を玄関に迎えにいくと、この間と同じようなミニスカートでいました。

リビングに入り、私が『どうだったの』と聞くと、『うん』と言葉すくなに答えます。

『撮影はうまくいったの』と自分自身を落ち着かせる様に質問をすると

『ええ、うまくいったわ』と言います。そして、ちょっとシャワーを浴びたいといいシャワーを浴びに行きました。直感でなにかあったなと思い、シャワーから出てきて、バスタオルの体に巻いたままの妻をつかまえてベットに運びました。

ベットで妻のバスタオルを脱がし、乳房を揉みながら、今日あった事を白状させました。それによると、そのカメラマンに会い、最初は屋外で撮影を始めたそうです。そのうちにカメラマンがきれいだとか、言葉にのせられ、ヌード撮影をOKしたんだそうです。しかし、その撮影は、スタジオのようなところではなく、普通のラブホテルに案内されたそうです。妻が、『ここで撮るんですか』と言うと、そいつは『貧乏カメラマンなので、スタジオを借りれなくてよく利用するんですよ』と言っていたそうです。ホテルに入って、最初は着衣で撮影し、そのうちに下着になり、最後にヌードで撮られたんだそうで、そこの所は詳しく話してもらえませんでした。妻をせめながらもっと聞き出そうとし『怒っていないから何があったの、話してごらん』と大きくなった私の物を握らせました。すると『いつもより凄い・・・ほんと怒らない』と言います。『大丈夫だよ、たぶんSEXしたんじゃない』と言うとコクリとうなづきます。あぁーやっぱりと思いつつ、妻に『でどうしたの』と聞き、ぽつりぽつりと言う妻の話しを要約すると、ヌードになってから撮影しているその間、妻はカメラマンからのほめ言葉に酔い、ポーズ付けるために足や胸を触られているうちに、変な気持ちになってきたそうです。カメラマンも暑いと言いながら衣服を脱いできたそうです。奥さんと同じに僕も裸にならないと不公平だしといい、トランクスまで脱ぐとそこには、勃起したカメラマンの物が目に写ったそうです。最初はその状態で撮影をしていましたが、カメラマンの勃起した物が気になってしょうがなくなり、妻が『私のでそんなになるんですか』と聞くと『男として奥さんみたいな綺麗を人の裸を見てこうならないのは変ですよ』と言いつつぐっと差し出してきたそうです。妻はあっと思いつつ思わず差し出された物を握ってしまい、そうなるともう後はカメラマンのペースにはまり、SEXしてしまったそうです。カメラマンの物をフェラしながら感じ、更にそれを挿入されつつ、カメラのフラッシュを浴びていると逝ってしまったそうです。そんな妻の話しを聞き自分も一段と勃起し、妻に挿入しつつ腰を激しく振りました。心配だった、中に出されたのかと聞きましたが、バックでやられた後、体位を変える時にゴムを付けてもらい、正常位になり、そこでつけさせてゴムに出させたと言い、出たあとのゴムを妻に持たせて撮影していたそうです。

えっなんだ、最初は、ナマでやられていたんじゃないかと思いつつ、いま入れている妻のあそこには、数時間前には、他人のチ○コが入っていて、同じように妻のラブジュースでテラテラしている私の物をカメラマンの物に見立てているとたまらなくなって、妻の膣の奥深く射精してしまいました。妻も、同じく逝ってしまったようで口からよだれが出ています。そのあと、2回してしまいました。妻は、私に申し訳ないと泣いていましたが、許してやりました。だって、こんなに感じる事があったなんて、

妻は、もうしませんと言い、私も『そうしてくれよ』と答えてしまいましたが、自分としては、またやらされてもいいかなと思っていて、そしてその時に撮影した写真を見たいのですが。

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2014年5月19日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】人肌恋しいんだよね【体験談】

つい先月のこと。

出会い系で仲良くなった人と、家が近かったので遊びました。

下ネタは日常茶飯事で、しかもかなりエロイ内容だったw

最近人肌恋しいんだよね〜って相手が言い出してきて、抱きしめられた。

私も彼氏いなくて少し寂しい気持ちがあったから、久しぶりに人に抱きしめられて、嬉しかった。

抵抗しないでいたら、徐々に胸を触られて、服の中に手を入れて、乳首をクニクニされた。

そのまま、ベットに寝転ばされて、乳首を執拗に舐められた。

そして、そのまま下に下がっていこうとしたので、「お風呂入ってからじゃないと汚いよ!」って言うと、

「汚くないよ。」と言って下着を横にズラシテ、クリトリスを舐め始めた。

ジュルジュルと音をさせて、クリトリスを吸いながら舌の先、舌全体を使って転がされた。

下ネタで盛り上がって話てた時に、言葉攻めに弱いと言ってたのを覚えてたのか、「オ○ンコぐちょぐちょだよ。とか、クリちゃん皮剥けて大きくなってるよ。」とか言葉攻めが始まった。

「恥ずかしいから言わないで」って言うと、「でもさっきより濡れてるよ?エッチなオ○ンコ汁がお尻の穴まで垂れてる…」って、わざと卑猥な言葉で辱めてきたのです。

舌先でチロチロとクリの表面を撫でられ、「もっと吸って!」と言うと、「ヤラシイね…」ってクスクス笑いながら、またクリトリスをジュルジュルと吸いました。

下着が邪魔だと言って脱がされ、ノーパン状態のスカートの中に頭をつっこみ、穴に指2本を入れながら、クリを舐められ、グチュグチュと濡れた音がすごく恥ずかしくて興奮しました。

元々イキにくいのですが、30分近く舐め続けてくれて、その間も時々、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年5月19日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】先輩の彼女と【体験談】

<>945えっちな21禁さんsageNew!03/10/0813:56ID:ZwtE4hJF<>

大学3年の冬、サークルの仲間とスキーに行った時の話。

彼女が風邪をひいてしまった俺は単独で参加した。

一緒に行った先輩(4年)の彼女(1年)はお嬢様学校出身の色白小柄な子で説明会の日から先輩が目をつけていて半年かかって口説き落とした自慢の彼女だった。

日も暮れてきてそろそろ帰ろうかと話していた矢先に先輩が骨折してしまった。

救急車で運ばれ入院することになり先輩の彼女は自宅の一番近い俺が車で送ることになった。

「絶対手をだすなよ!」と先輩は笑いながら念を押し、彼女も「いやあね、変な想像しないで。」と笑っていた。

門限も厳しくて外泊禁止なのでHのチャンスが少なく、クリスマスも家族で過ごすからとおあずけをくらって飲み仲間を探していた先輩を思い出した。

病院に行ったり荷物をまとめたりしていたので帰る頃には真っ暗だった。

高速はすごい渋滞で全然先に進まなかった。

彼女と下らない話をしながら1時間もすると仲間の車も見失い、時計を見ると8時過ぎで、晩飯も食べてないことに気付いた。

SAはまだまだ先、それより彼女もトイレを我慢してるんじゃないか。





<>946えっちな21禁さんsageNew!03/10/0813:57ID:ZwtE4hJF<>


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2014年5月19日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】マンションの隣に引越してきた奥さんが元彼女だった【体験談】

544:えっちな21禁さん04/08/1815:10

ついさっきの出来事・・・



マンションの隣に新しい住人が引っ越してきた。

引越しの挨拶は、旦那とその奥さん。



でも、その奥さん何か何処かで見たことあるなぁ・・・と思ったら、

1時間後にその奥さんだけまたやって来た。

『○○君、久しぶりだね』この言葉で思い出した。

高校1年時に付き合った、初体験の人。

どちらも初めての彼氏・彼女でしかもお互いが初体験の相手。

俺が大学2年まで付き合っていたが、彼女の家族が引越しして、疎遠になったことから自動消滅。

当時、ヤリたい盛りだったから、高校時代とかほぼ毎日、それこそ公園などでもヤリまくった相手・・・



今ではお互いに、結婚してるのに、これからが凄く心配になってきた・・・


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|

2014年5月19日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww 1/2 【体験談】

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。

初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。



ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。

馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。



俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。

特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。

普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。



4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。



俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。



俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年5月19日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】夫婦交換された?【体験談】

7月に妻(31歳)と友人Yの夫婦で旅行に行った話です。



久しぶり4人の旅行だったので、妻も楽しみにしていました。



旅行当日まで私たちは入念に計画を立て出発しました。



買い物をしている最中妻が暑いからといって羽織っていたカーデガンを取りました。



一緒に歩いていると周りの人の目線が妻とYの妻に行っているのが見えてきました。



不思議に思って2人を見たらノーブラ・・・



妻にそっと教えると



「いいじゃん。見られてるほうがいい。パンツも穿いてないよ。K(友人の妻)も同じだよ」と・・・


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2014年5月19日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】お叱りを覚悟で相談します。【体験談】

21歳年下の大学生を好きになってしまいました。



わたしは既婚者で夫がいますが子供は授かりませんでした。



普段、自営の仕事で昼間は忙しくしていますが

夜、夫の遅い日や帰ってこない日には部屋で一人で過ごしているとまらない淋しさを感じます。

それを理由にしてはいけないのですが心に隙間だらけなときにネット上で彼と知り合いました。今から約3年前のことです。

それ以来3年間、メールで話したりときどき会ったりしてきました。

彼は非常に多忙な人で通学のほかに自分と妹さんの学費を稼ぐバイト、趣味のバンド活動でギターや曲づくり、スポーツもサッカー・ラグビー・バスケなどいろいろしています。

両親の離婚など苦労が多いのに、友人が多くいつも人に囲まれて、バイトでも仕入れを任されたり人望のある人でした。

とにかく頭が良くて学ぶ面の多い人で、私は年齢を超えて彼の多くの知識や人望を尊敬しました。

見た目も長身なせいもあり大人っぽい彼といると私は少女に戻ったようにときめいて仕方がありませんでした。



彼が地元にいるときは私の車に乗せてよくドライブをしました。

下手な料理を届けたり食事をおごったりするのがうれしくてたまらなかった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||

2014年5月18日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】近所の人妻とSEX!?【体験談】

前から近所に綺麗な人妻が住んでいることは知っていた。

身長は、160前後でスタイルはぽっちゃりというかむっちり!

洋服越しでもわかる豊満なバスト!

黒髪が似合う可愛い系というよりは綺麗系の女性。



昔から人妻という女性に憧れみたいなものがあった俺は、

一度でいいからあんな人妻とヤッてみたい!

そんな願望がずっとあった。





その頃やりたい盛りだった俺は、人妻専門サイトに

参加し人妻との出会いを探した!



流石に人妻好きには有名どころのサイトという事もあって、

会員数がとてつもなく多い!


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2014年5月18日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】昔のセフレ 智嘉2【体験談】

閉店時間のため、

カラオケをあとにした俺と智嘉は、店のとなりにあったラブホテルに入った。

明け方でもあったので、お互いにシャワーも浴びず、そのままベットになだれ込むように向かった。

智嘉はさっきの高ぶった興奮はそのままに、俺の性欲を全て受け入れてくれた。

カラオケで脱がせた、パンティー以外はまだ身につけたままだったので、一枚づつ、楽しむように脱がしていったら、背中には描かれたものを見つけた。

よく見るとそれは刺青だった。絵がら的にタトゥーでは無く、和風な感じの。過去の旦那がそのスジの人だって聞いてたので、驚きはしたものの、萎えるほどドン引きする事はなかった。

それを上回る気持ち

「智嘉とやりたいっ!!」て感情に支配されてた。

智嘉も俺のジーンズを脱がして下着ごしに俺のいきり立つ性欲のシンボルを弄る手つきがいやらしく、そして夢中だった。

下着も脱がして、喰われるかと思ほど激しく吸い込む様にしてチンポにむしゃぶりつく。

俺も智嘉の形のいいお尻を開いてメスのいい匂いを堪能しながら、おまんこを舐めはじめた、入り口をなぞるように舐めながら、クリの突起をさぐるように舌で刺激した。

「あぁ、、、、久しぶり、、、、」

智嘉はモノから口を離して声を漏らしていた。

お互いに向き合い、キスをしながら智嘉の胸を揉みしだきつつ、硬くそそり立ったモノを、焦らすように智嘉の秘部の入り口で擦り付けて刺激した。

「もう、欲しくて堪らない、、、お願い!もういい加減に入れてぇ〜」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2014年5月18日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】女子大生 果歩 4 【体験談】

31







山井 「よ〜し!それじゃ練習には俺の使っていいからさ!」



山井はそう言って立ち上がりズボンのベルトに手を掛けようとする。



果歩 「ちょ、ちょっと!待ってください!・・・あの・・・。」



山井 「おいおい、そんなに引かないでよ果歩ちゃん。」



急な展開に果歩のアルコールの回った頭は混乱するばかりだった。



秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん何事も経験よ、大丈夫、やり方は私が教えてあげるから・・・。」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2014年5月18日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

このページの先頭へ