最新情報

【寝取り・寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕4 【体験談】

些細なきっかけで、大切な彼女の真希が、他人に抱かれるのを見たくて仕方なくなってしまった。そして、ネットで単独男性を探し、僕よりルックスが劣る土方さんを選んだ。

自分より劣る人間に、どこに出しても恥ずかしくない自慢の真希を抱かせて、優越感を感じる予定だった。



でも、土方さんはすべてにおいて僕なんかでは太刀打ちが出来ないほどの完璧な男だった。ルックスだけなら僕の方が少し上かもしれないが、それも今となっては思い過ごしに思える。





#8212;#8212;真希は、自分の意思で土方さんの精液を膣中で受けとめた。

「真希ちゃん、最高に気持ち良かったよ。でも、平気だったの?」

土方さんはそんな事を言うが、口調も表情も冷静そのものだ。



『多分、大丈夫です』

真希はそう言いながらも、少し自信がなさそうだ。本当に大丈夫なのかな?と、僕はかなり不安を感じる。真希が、僕の馬鹿な欲望のために妊娠してしまったら、いったいどう責任を取ればいいのか……。



「大丈夫だよ。私はパイプカットしてるから」

土方さんは、少し微笑みながら言う。パイプカットとか、ネットとかではよく見るワードだが、実際にやっている人を見たことがなかったので、結構驚いた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2015年3月27日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【寝取り・寝取られ】子育てを終えた妻の衝撃的な願い 【体験談】

結婚して18年、本当にあっという間だった。嫁の亜衣とは、まだ18歳で短大に入学したばかりの彼女を妊娠させてしまったことで、結婚に至った。



当時26歳だった私は、その時すでに父が興した会社の社長だった。父と母を事故で亡くしたことによりそうなったのだが、それは人生の転機だった。父が興した会社は、父が作り出した健康食品のおかげで、ほとんど何もしなくても、毎年一般サラリーマンの生涯賃金ほどの年収を私にもたらしてくれた。



そんな状況で、若い私は増長して天狗になっていた。その結果、遊びまくって18歳のまだ右も左もわからないような亜衣を妊娠させてしまった。当然、金で解決して堕ろさせようと思ったが、その時の亜衣の態度に感銘を受けて結婚に至った。



その時の亜衣は、すべて自分の不注意のせいなので、自分で解決すると言った。私に責任を追及するでもなく、お金を要求するわけでもなく、あまりに潔い態度に、私は心を奪われた。



そして、結婚して本当に良かったと思える18年間だった。息子のこともしっかりと育て上げ、息子は今年から東京の国立大学に通い始めた。そして、妻としても申し分がなかった。結婚当初は下手だった料理も、出産する頃には小料理屋で出てきてもおかしくないほど美味しくなっていた。そして夜の生活の方も、妊娠中も、子育ての期間も、しっかりと恋人として対応してくれた。

母と恋人、そして妻、すべてを完璧にこなしてくれる亜衣に、私は日々愛を深めていった。



金銭的にも精神的にも満たされた毎日を送りながら、こんな日々がこの先も続くものだと思っていた。



息子が家を出た夜、亜衣を抱いた。思春期の息子がいると、どうしてもセックスの回数が減ってしまう。私が亜衣のことを抱きしめキスをすると、妻もそれを待っていたように応えてくれた。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2015年3月18日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【寝取り・寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び2 【体験談】

麻由香は、夫に抱いてもらえない欲求不満を”大人のおもちゃ”という、はしたないまがい物の淫棒で解消した。それは、夫しか知らない麻由香にとって、セックスへの固定概念を覆されてしまうほどの衝撃的なものだった。



それがもたらすあまりの快感に、麻由香は夫への罪悪感を覚えるほどだった。そして、純真で貞操観念の強い麻由香は、そのまがい物の淫棒を包丁で輪切りにして処分した。





麻由香は、晴れ晴れとした表情で夕食の準備を始めていた。まがい物の淫棒とはいえ、それにより欲求不満をある程度解消された麻由香は、今まで何をクヨクヨ悩んでいたのだろう? と思うほどに気持ちがリフレッシュされていた。





(今日は、私の方から抱いてもらおう。私が襲っちゃえば良いんだわ)

麻由香は、そんな風にある意味で開き直るように考えることが出来るようになっていた。

(あんなはしたないおもちゃでも、役に立ったわね)

麻由香は、キッチンの隅に置かれたビニールを見て笑った。あの中には、無惨に輪切りにされたまがい物の淫棒が収っている。もし、誰かが袋を開けたら、一瞬猟奇事件か? と、勘違いするかもしれない。



麻由香は鼻歌を歌いながら、楽しそうに夕食の下ごしらえを終えると、着替えを始めた。

(もっと、浩介さんに興奮してもらわないと)


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2015年3月15日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【寝取り・寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び 【体験談】

「気がついてもらえなかったな……」

月曜日の朝、夫の浩介を送り出した後、玄関の姿見鏡を見ながら麻由香はため息を吐く。麻由香は姿見鏡の前でクルッと半周周り、自らの後ろ姿を確認する。うなじが隠れる程度のショートカットの黒髪が、一瞬ふわっと乱れた後、綺麗にまとまった。昨日美容室で10cm近くカットしたのに、結局夫は気がついてくれなかった……。

(もう、私に興味なくなっちゃったのかな?)

麻由香はその優しげな美しい顔に、憂いの色を漂わせている。いつもは菩薩のような穏やかな笑みを浮かべている彼女だが、今は眉間に軽くしわを寄せ、泣き出しそうな表情をしている。





宮島麻由香は、先月35歳になったばかりの専業主婦だ。6つ年上の夫と大学在学中に知り合い、交際を始め、すぐに妊娠をしてしまった。予期せぬ妊娠に、当時は親族も含めて大騒動になったが、夫が当時すでに独立開業していたことと、収入的にも恵まれていたこともあり、結局麻由香は大学を中退して結婚する道を選んだ。それは、正解だったと言い切れると麻由香は今も考えている。息子の雅治は、すくすくと素直に伸びやかに育ってくれて、夫の仕事もますます順調で、夏休みと正月休みには家族3人で海外に行くのが恒例行事になっていた。



だが、今年の夏休みは息子の雅治が短期留学に行ってしまい、夫と二人の生活を送っていた。

(もう、半年は経つわよね……)

麻由香は、とっくに出て行ってしまった夫の名残を探すように、玄関のドアを見ながらそう思った。夫とは、交際が始まってすぐに妊娠してしまったため、出産して子育てが落ち着くまでの2年ほどセックスレスだった。その後は、週に1回程度は愛し合う時間を持てていたが、息子が育つにつれ、またセックスレスになって行った……。麻由香が最後に夫に抱いてもらったのは、まだ雪が降る夜だった。息子が実家に泊まりに行った夜、勇気を出して麻由香の方から夫のベッドに滑り込んだ。あの夜以来、一度も夫のぬくもりを知らずにそろそろ残暑と言われる時期まで来てしまった……。



麻由香は、身長162センチで体重は最近計ってはいないが、35歳にしては頑張っている方だと思う。二十代の頃と比べて、間違いなく脂は乗ってしまったが、肉感的でセクシーな身体になったと自負していた。



サマーニットを押し上げているその豊かな胸は、出産を経てEカップにまで成長していた。乳首や乳輪こそ、妊娠前と比べて多少色づいてしまったが、もともと色白で限りなくピンク色だったためか、今でも充分に綺麗だと思う。麻由香とすれ違う男は、誰でも麻由香の抱き心地の良さそうな身体を目で追ってしまうはずだ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2015年2月27日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【寝取り・寝取られ】嫁が勝負に負けて僕の親友に手コキした 【体験談】

妻の果穂とは結婚してからの期間よりも、結婚する前の交際期間の方が長い。果穂と出会ったのは、中2の夏だった。転向してきて、隣の席になった果穂に、一瞬で惚れたことを今でもよく覚えている。



それから15年たつが、晴れて今年夫婦になった。果穂に、出会ったときのことを聞くと、

『私も一目惚れだったよ#9825;』

と、笑顔で言ってくれる。でも、僕の記憶では、少なくても中学の時は、果穂は僕の友人の山川のことの方が好きだったはずだ。



高校生になり、同じ高校の同じクラスになったことがきっかけで、僕と交際するようになった。でもあの時、果穂が山川と同じクラスになっていたら、今僕の横に果穂はいなかったはずだ……。

そんな事が、僕の心に小さなトゲのように刺さったまま、今に至る。



山川は、僕よりもルックスもよく、身長も高いし、運動も勉強も出来た。バレンタインの時とかに、果穂からしかチョコをもらえない僕とは対照的に、山川は5~6個はもらっていたはずだ。



山川は、中学の時はそうでもなかったが、高校大学と、常に女が周りに複数いるような感じだった。でも、特定の彼女を作ることもなく、今に至る。まだ30前なので、まだまだ遊びたいのかもしれない。



僕と果穂にとって、幼馴染みみたいな感じの山川は、よくウチに遊びに来る。僕と果穂が結婚するまでは、僕の部屋で鍋なんかをよく食べたが、最近では僕と果穂の新居にワインなんかを持って遊びに来ることが多くなった。

新居といっても賃貸だが、僕の叔父が住んでた家で、叔父は叔母が亡くなったのを機に、世界中を旅して回っていて、格安で貸してもらうことが出来た。叔父が日本にいるとき用に、叔父の部屋はあるのだが、去年は一度も帰ってこなかった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2015年2月15日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【会社・職場】エロい同期 【体験談】

俺の自慢の体験を共有した。

というより聞いて欲しい。



会社の同期に理香っていうアイドル的な娘がいたんだ。

可愛いくて、性格も良くて人気だった。

俺は配属もたまたま一緒で、仲も良かった。

ちなみに向こうは留年してるから一個上。

一年目は二人で遊びに行ったりもしたけど、可愛い笑顔に癒されていた。

俺も理香も相手がいたから恋愛にはならなかったけど、正直理香と過ごす時間は良かった。

下心はガッカリあった。

だが、度胸が無かった。



飲みに行った時に対面に座ったときに足と足がぶつかって、ドキドキした。

遊んでいるとたまに見えるパンチラと言うサービスは勃起物でオカズにさせて貰った。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月11日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【小学生・中学生】満杯のライブ会場で密着してくるJCのスカートに射精した【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

昨年の夏、俺は大好きな某アイドルのライブを観に行くことになった。

そのアイドルは6人組で、ここ最近人気が出始めたとはいえ既に大きなライブ会場を満員にするだけの人気はあった。

ライブ当日、当たり前だがアイドルのライブに来るのはほとんどが男で、しかもキモいオタクのようなやつばかりだ。

俺はチケットの順番が来たので会場に入ると、一階の一番後ろのブロックだった。

ライブハウスなのでもちろん椅子などはなく、オールスタンディングである。

俺は一番奥のブロックならいっそ一番後ろの壁際がいいだろうと思い、まだ空いている一番奥の角に位置した。

その時までは普通にアイドルのライブを楽しむ気満々だったのだが、ここで1つ問題が起き始めた。

次から次へと客が入ってきて、自分のブロックも満員状態になった。

もうこれ以上は入れないというような状況でもまだ人が入ってくる。

ましてや周りはキモいオタクばかりだし、具合が悪くなりそうだった。

他の観客からも度々

「おい、押すなよ!」

とか


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2015年2月5日 | セックス体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【寝取り・寝取られ】下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁3 【体験談】

嫁の舞と、お隣の息子の圭君との一件以来、私達の夜の生活はさらに充実したものになっていきました。

私も嫁も、お互いに圭君のことを持ち出し、相手をあおるようなことを言いながらセックスをするようになりました。私は圭君とセックスをする嫁を想像すると、私の寝取られ的な興奮は極限まで高まります。そして嫁も、圭君とのセックスを想像すると、異様なほど興奮してしまうようです。



そんな毎日を過ごしていましたが、やはりその日は訪れました。たまたま、木曜日の夕方にエレベーターで圭君と一緒になった私は、土曜日にウチに遊びに来るように彼を誘いました。本当は、もっと早くそうしたかったのですが、なかなか勇気が持てませんでした。

前回、あんなことまでしているので、本当は今更という気もしますが、それでもやはり怖くて実行に移せませんでした。

もしもそんな事をして、バレてしまったら社会的に抹殺されますし、嫁が若い圭君に夢中になる可能性もあると思っていました。



でも、実際にエレベーターの中で圭君と出会い、欲望が爆発してしまいました。



そして嫁に、土曜日の約束の件を報告すると、

『ふふw 以外と遅かったね。よく今まで我慢出来ましたw』

と、楽しそうに笑いながら、私の頭をなでなでしました。

「いいの? 平気?」

私は、楽しそうにおどける嫁に聞きました。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2015年2月3日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【小学生・中学生】有名女子校に通ってた中学生の頃に痴漢された時の話【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

中学生の頃に痴漢された話。

いわゆる有名女子校に通っていて、制服もその手の図鑑とかに必ず載るセーラー服だったので学校名がバレてると思うと痴漢に遭っても抵抗できなかった頃。

一番強烈だったのは、身動きもままならない準急電車の中でいつものように後ろからお尻をもぞもぞと触られて困った・・・と思いつつもジッとしていた時のこと。

その手はどんどん大胆になっていって、スカートを捲り上げてパンツ越しに両手でぎゅぎゅ~ってもみしだかれた。

(今時のギャルと違って膝丈のプリーツスカート)

怖くて耳元には凄く興奮した鼻息がかかるし、もう怖くて怖くて・・・

でもその一方で、(ちょうどオナニー覚えたばかりの頃だったんだけど)ジュンッ・・・って感じで熱くなってきちゃって、足がガクガク震えてきてた。

私が抵抗しないせいか手がついにパンツの中にもぐりこんできて、やだやだやだやだ!って思って足とかお尻はぎゅーって力入れてたんだけど、指がお尻の割れ目に沿ってぐいぐい潜りこんできて、ついにはお尻の穴をぐりぐりされた。

そこでようやく駅に着いたので、そこで途中下車してダッシュで違うホームへ移動した。

ガクガク震えて、下がっていたソックスを直そうとしたけど指に力が入らなかった。

周りにそれらしき痴漢がいないことを確かめて落ち着いた後、自分が濡れてることに気づいて恥ずかしくなった・・・。

抜ける!

面白い!


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2015年2月2日 | セックス体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【寝取り・寝取られ】若い二人の巨根と清楚な妻 【体験談】

最近嫁と、ちょっとアブノーマルなプレイに走るようになった。



嫁の有美は今年34歳になる。早くに子供を作ったので、子供はもう中学生だ。息子が少し親離れしてきた今、二人で過ごす時間が増えた。

子供が生まれて以来、すっかりと少なくなっていたセックスも、最近は恋人同士だった頃のように増えていた。



有美は、夫の私が言うのもアレだけど、美人な方だと思う。グラビアアイドルの杉本有美の8掛けくらいだと思う。ただ、顔はそうだけど、スタイルはあそこまでは良くない。胸も、貧乳とは言わないが、ちょっと寂しい感じだw



でも、そんな有美が、メチャメチャエッチが好きと言うのは、夫としては嬉しい。ウチに関しては、セックスレスは無縁だと思える。

女盛りで、エッチが好き……浮気が心配になったりもするが、有美は一途で貞操観念の強い女だ……と、思っていた。





今日は土曜日ということもあり、朝から友人と遊びに出かけていった息子。私と有美は、いつものように支度をして、家を出る。

有美は、ふわっと広がるタイプではなく、巻き付くような感じになるミニスカートをはき、胸元や肩があらわになったカットソーみたいな服を着ている。

夜の大久保とかに立っている外人さんみたいな格好だ。こんな格好を近所の人に見られたくないので、その上にハーフコートみたいなモノを羽織り、車に乗り込む。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月28日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

このページの先頭へ