最新情報

【友達・仲間】念願の友達の奥さん【体験談】

イギリス人の友達の妻は超美人。スリムでプロポーション抜群、二児の母親でありながらフェロモンたっぷり。読者モデルでもある彼女はファッション通でいつもお洒落、特に彼女のスカートにハイヒールはたまらない。というわけで、何年か前から彼女には興味があり、チャンスさえあればパンティーを盗むなり盗撮するなりしたくてたまらなかった。しかしながら、なかなかそのチャンスはなく、我慢するしかなかった。。。

僕は都内の飲食店で働いてるのだが、トイレが共同で一つしかない。そこで、オーナーが帰宅した後は、ちょくちょく隅っこにカメラを設置して、数多くの女性のトイ

レを録画していた。そこで、先日。深夜1時。2時に閉店で客もポチポチ。閉め時と思い洗物をしていたら、彼女が女友達4人とまさかの登場!「一杯だけ!」もちろん。彼女の友達も3人はママモデル、一人はスタイリスト。みなかわいい、というか、美人。ヤベー!冷静に彼女らのドリンクを作り、速攻トイレに行ってカメラ設置。後は待つのみ。もう結構飲んでるみたいで、皆陽気。これはいいサイン、飲めばトイレにも行く。最初に立ったのは、黒いトップスにグレーパンツ、黒のヒールというスレンダーな黒がみのママモデル。いいね〜その後1時間ほど時間があき、僕はイライラしていた。トイレいけよ!すると。。立った!彼女は赤いシャツに黒いピタジーンズ、ブーツ。

頭には珍しく黒いバンドをして、オールバックにしていた。僕の心臓はドキドキしすぎて破裂しそうだ。思い出すだけであの時の緊張感はすごかった。成功しますように!わりとすぐ彼女は戻り、その足て彼女らは会計をし出て行った。僕はトイレへ小走りで入り、カメラをとって戻った。震える手で動画を再生、長い動画の最後まで早送りした。早送りすると最初の女性が登場。ばっちり撮れてる。それは後回しで。。。登場!!!!!!木のドアが「キィー」となり、彼女が入ってきた。

まず、トイレットペーパーで便器を拭きだした。前屈みになると、かすかにパンティーラインが見える。

手際よく拭くと、くるりと振り向きずぼんのボタンをとりはじめた。くるぞ勢い良く両手でズボンをおろした。赤いシャツの隙間からは、黒くて小さなマン毛が見える。すると彼女は拭いたにもかかわらず中腰で勢い良くオシッコをはじめた。片手でシャツをヘソあたりで押さえているため、終止股間は丸見え。膝上には、おろした黒いパンティーの股間部分が浮き上がって見える。もうこれ以上は。。。爆発してしまう。

セックス体験談タグ

|||||||||||

2017年12月21日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【痴漢】痴漢されたけど恐怖で何もできなかった【体験談】

痴漢体験投下

地元のローカル線で、19時すぎればいつも車内はすっかすか。



その電車は横にずらって座席があるタイプの電車じゃなくて、

4人掛けの席がある電車で、

そのボックス席の一つに座っていました。



県庁所在地に学校があり、約1時間かけての通学。



帰りはいつもクタクタでだいたい寝ていることが多く、

昨日も試験で疲れていたのでいつも通り寝ていました。



服装はミニ丈の花柄ワンピに黒タイツにブーツ



ipod聞きながら膝の上にバックを置いてぐーぐーしてると


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2015年3月20日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【のぞき・盗撮】店員さんのピンク色の乳首【体験談】

こないだズボンを買ったんだけど、

珍しく長さがあわなくて裾上げしてもらうことに。



店員の紹介で近くの店を紹介してもらうと、30歳くらいの店員がいた。



髪は黒のロングで清潔な感じ、かなりスリム体型だけど、

胸はそこそこでサイズはC~Dくらいと見た。



到着してから採寸してないことに気づき、急遽その場で測ってもらうことに。



首周りが広い七分袖だったので、採寸時の屈みに期待していたんだが、

残念なことに後ろから図るんだな、アレ



後ろを覗き込んでたらさすがにまずいと思い、

あきらめて正面を見ていると、試着室の鏡にはばっちり胸元が。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2015年2月24日 | セックス体験談カテゴリー:のぞき・盗撮の体験談

【高校生】高校生の頃、痴漢にハマっていた時期があった【体験談】

東京都/アリクイさん(40代)からの投稿

—-

もう随分前、工房の頃だが半年ほど痴漢にはまっていたことがある。

3年の秋に推薦で大学を決めた俺は、学校には週に一度行くだけで、よく暇をもてあましていた。

かといって彼女もおらず、童貞をいい感じにこじらせていたため、思い至ったのが痴漢というわけだ。

ビビリのチェリーボーイがここの諸氏の体験のような過激な行為を行えたわけでもないが、一番印象に残っているものを報告しようと思う。

その日も俺は関西の某くいだおれ府の地下鉄の駅にいた。

朝の通勤時間帯、ホームにはやばいくらい人があふれている。

列車待ちの列に目を走らせ、獲物を物色する。

この頃には、自分のタイプの女・可愛くて若い子を探せばいいわけではない、ということに俺は気づいていた。

実際に痴漢をするには、列車の込み具合とポジショニングが重要である。

俺は、T駅での乗り換えに便利なため特に混雑がひどい中ほどの車両の列に並んでいる女を重点的にチェックする。

すると、列の後ろの方にいるOL風の若い女が目に留まった。

列の後ろにいる獲物は乗車時にドア付近に乗ることになり、痴漢がやりやすくなる。

その女は黒のスーツを着ており、髪はボブ、年は22-3ってとこだろう。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2014年10月27日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【不倫・浮気】今から浮気しますw 【体験談】

結婚してから刺激がない。

毎日退屈。

嫁さんの事を嫌いになったわけじゃないけど、

なんだかなぁー。



こいつらって・・・・。

何考えて生きてるんだ?

バカか?アホか?それともこれが正常なのか?

そう思ったが暇つぶしにイタズラで返事を送ってみる。



「いくつ?」

「17」

「どんなことしてくれるの?」

「手とか口ならいいよ」

「いくら?」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達・仲間】恋人【体験談】

一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。

たまに帰って来ては、

「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。

「誰かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」

娘と買い物に出た時、確かにナンパされたことがあります。

女としては、嬉しいことかな・・

娘は、薄々私に男性がいることを感ずいているようです。

私はとぼけていますが、ばれているようです。

そう、私は今、恋しています。彼に・・

彼は、私の膝が好きみたいです。丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。

彼は、美容師の卵・・・娘と同い年だなんて・・

あまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。

私が、彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。最初にデートしたのは、年明けの初詣。

私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。それも素足で・・靴下とブーツ姿。若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。

3月25日、私の42回目の誕生日。彼は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2014年7月1日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】家では全裸【体験談】

あたしは12才の

娘と住んでますが、家では二人ともいつも全裸です。夏なんか全裸でゴミを

捨てに行きますし、ベランダにも全裸で干しに行きます。娘もそうです。買い

物に行く時など、服を着なければならないとイヤでたまりません。だから全裸

の上にコートとブーツだけで行きます。娘にはミニスカはかせ、上は

コートだけでついて来させます。母親が言うのも何ですが、娘は体格が良く、

色白、美人系です。ただ、これは言っておかねばなりませんが、少し障害が

あって、知恵が遅れています。顔をよく見ればそれとわかりますが、ふつうに

女の子で、最近胸も大きくなり肌があたしよりきれいになって来て、ちょっと

ジェラシーです。よくおしっこをしたがり、まわりを気にせず座り込んで、

アスファルトに垂れ流します。あそこが丸見えです。まだ毛ははえていません

が、ふっくらとしたそこは赤く割れて、女になろうとしていて、あたしは血と

いうものを感じました。あたしも子供の頃よく道端でおしっこしたものです。

太腿とアナルに力を入れておしっこすると、すごい快感なんです。人が見て

いても平気でしたが、近所のおばさんがイヤらしいものを見るような目であた


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2014年5月30日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【不倫・浮気】今から浮気します・・・ 【体験談】

結婚してから刺激がない。

毎日退屈。

嫁さんの事を嫌いになったわけじゃないけど、

なんだかなぁー。



そんな感じの毎日だった。

ふと暇つぶしに出会い系サイトをやってみた。

エンコーの書き込みばかりが目に付く。



こいつらって・・・・。

何考えて生きてるんだ?

バカか?アホか?それともこれが正常なのか?

そう思ったが暇つぶしにイタズラで返事を送ってみる。



「いくつ?」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月21日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達・仲間】私の日記【体験談】

3月27日。親友の和恵から電話。31日に会えないかしら?え?予定あるのに!

3月31日。一人息子がクラブに出掛ける朝。友達と会うから、今日は少し遅くなるからと告げる。友達を連れて来るし、いいよと。いつもの友達。洗濯した下着は、自分の部屋に移した。やっぱり、何かと心配になるし・・・。

シャワーを浴びて、入念にお化粧。親友との待ち合わせは、11時の駅前。

いつもの喫茶店には、和恵が来ていた。奥の席。少し太った感じがするけど気のせい?

和恵にも一人息子さんがいて、地方で就職した。3年前に離婚してから、最近同棲している彼との事らしい。「妊娠したのよ」と告げられた。やはり、そうか。彼の子?もちろん、そうだった。その彼は、23歳のディーラー勤務の彼。一度だけ出会ったことがある。この秋、彼と再婚するらしい。でも、おめでとうと言った。和恵は、喜んでいた。3か月目に入ったらしい。お腹がふっくらとしている感じかな。長男にも告白して、喜んでくれたらしい。よかったね。

軽く昼食も取り、紅茶を飲む。着信音が鳴り、メールが入る。彼からのはず。思わず、落ちかなくなる。時間が気になる。「何だか、そわそわしてるわね」と言われ、見透かされている。「男?」「そんなんじゃないわよ」否定してみる。和恵の頬に笑みが出ている。

駅に入り、電車に乗る。ふた駅向こう。駅前のデパートのお手洗いに入る。もうすでに5分の遅刻。鏡の前でお化粧を直し、ルージュを引き直す。メールを確認する。「B14」だけ。それでも二人だけに通じる文字。エレベーターで地下の駐車場に降りる。空間に響くブーツの音。やっぱり、早足になっている、自然に。B14 ・・・あった。彼の車が、向こう向きに止まっていた。ガラスをノックして、後ろの座席に入る。

隣りに、彼が座っていた。「ごめんね、遅れっちゃった」彼は笑って首を振る。10分の遅刻。

「会いたかったわ」彼に向かって本心が出てしまう。「俺も」彼は私を抱き寄せてくれる。フィルムのガラスで中は見えない。彼の唇が重なる。受け止める私。

妻でもなく、母親でもなく、一人の女としての瞬間。彼の舌を受け入れる。幸せを感じる。「強く抱いて・・・」彼は、ぐっと私を抱きしめてくれた。私の髪を優しく撫でてくれ、「伸びたね」

「会いたかった・・・」「俺も」また、熱く長いキス。ルージュが取れてしまう。

先週は、私の都合で会えなかった。先々週は、熱い時間を彼からもらった。その名残を、彼が確認する。右側の耳の下の首筋。赤いキスマークがずっと残っていた。息子に気づかれない様に、ずっとタートルのセーターで隠し通した。今朝は、ほとんど残っていない。彼は私の髪をかき分け、キスマークを探す。また、同じ所にキスして来る。

「もう、そんな所だめよ」でも、彼は聞かない。同じ様に、赤いマークが出来た。

春先でも、しばらくタートルネックが続きそうだ。

スカートの裾からのぞく素足の白い腿と膝。彼の指先がなぞる。そっとその手に指を重ねる。耳元に、彼が囁く。「何色?」「ん・・・もう。知りません」彼を軽く睨む。大好きな彼。美容師の卵。4月14日には、21歳になる。プレゼントは考えてある。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2014年4月20日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】999【体験談】

豪奢な椅子に腰かけ、膝に置いた愛用の銃を拭きあげる。

銃器の手入れは、伯爵が自らの手で行う数少ない作業のひとつだった。

長身の銃はやや旧い形式。獲物を捉えたときの手応えが気に入っている。だが今日の狩りで役に立ったのは、普段はほとんど使われることのなかった別の機能。その働きを褒めるように、磨きこまれた銃床を指先で撫でて。

そして、伯爵はゆっくりと視線を上げた。

目の前に今日の獲物が吊られている。両手を上に広げ、かろうじて爪先がつく態勢で。

いまも窓の外に降り続ける雪のような白い肌をさらして。

「……素晴らしい」

陶然と伯爵は呟く。巨大なモノ・アイに、不吉な輝きを浮かべて。

それはじっくりと眺め上げ眺め下ろした獲物の肢体に対する賛辞であり、同時にこの状況にいたる経緯に向けた言葉でもあった。

吊られた獲物、白く艶美な裸身をさらした女の長い睫毛がかすかに揺れる。伯爵へと向けられるかと見えた視線は、すぐにまた下へと戻った。盛り上がった胸乳があえかに息づく。

そう、女は生きている。それは、狩りの成果としてこの部屋へ運びこまれる獲物としては、まったく異例なことであった。

「ふふ…」

そして、その異なる状況の中、伯爵は上機嫌を隠そうとしない。

よくぞ、あの瞬間、咄嗟にパラライザーへと切り替えたものだと自賛する。よくぞ、そんな機能が愛銃に備わっていることを思い出した、というべきか。今まで使ったこともなかったのに。なにより疾駆する馬上から、雪夜の中を逃げ惑う獲物の類まれなる輝きを見極めた、我が慧眼こそ誇るべし。

ゆっくりと伯爵は立ち上がる。銃を置き、替わりに脇机の上にあった鞭を手にとって。日頃、下僕どもに使っているのとは違う、とっておきの皮鞭─本当に、この獲物は果報者だ─の、心地よい撓りを確かめながら、一歩踏み出して。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2014年4月9日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談
1 / 1512345...10...最後 »

このページの先頭へ