最新情報

【恋人】浅野すずとセックスした話〜海街diary〜 【体験談】

「…久しぶりに、頼むよ」



ロマンチックのかけらもないが、

それは少年から少女への逢引の誘いだった。



風太とすずは▲学2年の同級生。

同じ地域のサッカーチームに所属していた。

スポーツ刈りの少年と真面目な黒髪のショートカットの少女。

このふたりは同学年の中では決して発育が早い方ではなかった。

身長も声変わりもまだで最近ようやく第二次成長期に

入ったか入らないかといった感じ。しかしふたりはすでに

童貞処女ではなかった。視線を合わせずボールを追いかけたまま

すずは返答する。



「…いいよ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月7日 | セックス体験談カテゴリー:恋人との体験談

【高校生】吹奏楽部の副顧問の先生と【体験談】

高校の時、俺はバンドをやっていました。



学校内にも軽音楽部はあったけど、

俺は友達と組み、校外で活動をしていた。



高校3年の秋、文化祭で有志バンドを募っていたので

俺たちも参加することにしました。



その打ち合わせの時に何人か先生もいたんだけど、

その先生達が「先生たちも何かしたい」みたいな事を言い出した。



そして、先生たちはなぜか俺たちのバンドにバックバンドを頼んできた。

一曲だけだというのでOKし、軽音部の部室を借りながら練習をしていた。



その中で結構仲良くなった先生 (当時30歳、吹奏楽部の副顧問、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2015年5月7日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【童貞・処女】会社行事のキャンプで嫌いな女をレイプ⇒セフレとして服従させた体験談 【体験談】

2年位前の夏かな。会社の行事で威哥王キャンプに行ったんだ。

女が2人、男が13人くらいか。女は2人とも20代だったけど、男のほうはみんな30以上。俺も含めて3人が独身で他はみんな妻子もちだった。



今までこういう行事があったとき、女は1人しかいなかったので参加したことはなかったんだけど、その年の春に入ってきた女の子が参加したいということで、もう1人のほうも半ば頼まれる形での参加になった。

 

俺は元からいるほうの女とは仲が悪く、口を利くのも嫌だった。

一方、新しく入った女の子は誰からも好かれており、俺も妹のように可愛がっていた。

キャンプ自体は川で釣りをしたり、散策したりと普通だった。

最初の晩に俺が酔ってあんなことをしなければ。







普段は飲まない俺も、この日はしこたま飲んだ。

他の面子も滅茶苦茶飲んでいたし、女の子たちもべろべろになるまで飲んでいた。

俺たちはテントではなく大き目のバンガローを借りており、バーベキューを終わらせた後はバンガローで騒ぎ続けた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2015年5月6日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【不倫・浮気】結婚のお祝い会で西東○香さんと車内セックス 【体験談】

会社の同期の西東○香さん(仮名)が結婚することになり、お祝いの会がもうけられた。



西東○香さんは結構飲まされていて、帰りの方角が同じだったので先輩の女性と西東さんを車に2人乗せて、夜中に僕が送って(僕はウーロン茶しか飲んでいなかったので)帰ることになった。



先輩の女性を自宅付近の公園に降ろし西東さんと二人に。

ハザードをつけて停車し、音楽を消してゆっくり話す。



「久々にたくさん飲んだわー。何かスッキリした。Pくんと同期で入社してもう7年くらいねー。○月に結婚して子供ができたら彼は仕事をやめて家事・育児に専念してっ、て言われてるのよねー」



「へえ、もったいない。西東さんは仕事、完璧にできるから、営業は西東さんにアシスタントしてもらえるといつも助かってた。

仕事の才能あるのにもったいないわー。

普段おっとりしてて、男から見て女性として魅力的。

旦那になる人がうらやましいわ。」



「ありがとう。そう言ってもらえると何かうれしいわ。Pくんとは新入社員で入社して研修からずーっと一緒に会社で苦楽を共にしてきた仲間だから、仕事辞めて離れるのさみしいわ。」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2015年5月2日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった2 【体験談】

息子と二人でスキーに行き、泊まった温泉宿は、金田一耕助の物語に出てくるような、秘境の隠れ宿みたいなたたずまいだった。

そして、そこを切り盛りする若女将は、和服のよく似合う色気あふれる良いオンナだった。

それだけでもこの宿にした甲斐があると思っていたが、お客さんとして泊まっていた女性二人が、最高にエッチな白ギャルと黒ギャルだった。二人とも美容師で、スノーボードのために来ていたとのことだったが、混浴風呂でその素敵な裸体を見せてもらえた。



そして、キャバクラ状態で彼女たちと食事をし、夜には若女将のスペシャルマッサージまでしてもらえた。





『じゃあ、マッサージ続けますね#9825;』

若女将はそう言うと、スッと立ち上がり、着ていた作務衣を脱ぎ始めた。そして紫のセクシーなブラジャーも脱ぎ、全裸になると、

『たるんでて恥ずかしいです……』

と言った。確かに、38歳という年齢なので、明奈ちゃんと比べると垂れてしまっているが、それでも抜けるように白い餅みたいな胸は、私の欲情をかき立てた。



肌の白さは、景子ちゃんと同じくらい白いと思う。でも、加齢のせいか、それとも経験数の違いからか、彼女の乳首は親指ほどの大きさがあり、なおかつ色素も沈着していた。そして、少し大きめの乳輪も、同じように少し色素が沈着していた。癒やし系の上品な顔からはギャップがあるエロい体に、私はイッたばかりなのに、先ほどからずっとカチカチのままだ。

そして彼女は、ポーチから小さなプラスチックのボトルを取り出すと、中身を手の平に垂らし、私の身体に塗り広げ始めた。それは、良い香りのするオイルだった。

『オイルマッサージしますね』


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年4月25日 | セックス体験談カテゴリー:温泉での体験談

【寝取り・寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び3 【体験談】

「見たいです……」

麻由香は、自分でも驚いていた。幸雄は冗談のつもりで言った言葉だったはずだ。でも、麻由香は幸雄の”見てみる?”と言う言葉に、ほとんど間を置かずにそう答えていた。



麻由香の顔は、いつものおっとりとした優しい顔ではなく、発情した牝のような顔だった。

そしてそんな麻由香の顔を見て、言い出した幸雄の方が緊張していた。でも、冗談と言って笑い飛ばすには、場の空気が淫靡なものに変わりすぎていた。



「本当に?」

喉がカラカラになるような感じで、絞り出すように幸雄が聞く。麻由香は、いつもの彼女であれば我に返ってやめるはずだ。でも、幸雄の小山のように盛り上がったズボンの股間を見て、麻由香は冷静ではなくなっていた。

(あのはしたないオモチャよりも、大きいの? ウソ……信じられない……)

麻由香は、性的興奮ももちろんしているが、単純に好奇心を刺激されている部分も大きい。未知への遭遇への期待……。そんな気持ちだった。



麻由香は、黙ってうなずく。そんな麻由香を見て、幸雄は今の状況の異常さをあらためて実感した。

あの美しい親友の嫁が、ノーブラでブラウスに蕾の形を浮き出させながら、おかしなくらいに透けているスカートを穿いている。透けたスカートの中には、ボルドーのTバックショーツが見える。清楚なイメージの彼女が、こんな売春婦のような下着を身につけているというのは、あまりにもギャップが大きく、そして興奮すると思っていた。



麻由香は、うなずきながら、自分の子宮のあたりがキュンキュンとうずくのを感じていた。今までの人生で、夫以外の男性と、こんな風に性的な話題を話したことはなかった。いや、それどころか、夫以外の男性と二人きりでこんなにも親密に話をしたこと自体がなかった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2015年4月23日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【友達・仲間】男友達とのSEX、胸を鷲掴みにして強く揉んできた【体験談】

男友達とのsex。友達以上恋人未満くらい



部屋に遊びにいって良い雰囲気になって

いちゃいちゃしてたらHしたくなった。



年下ですごく大人しい子で、普段は私のほうが立場が上な感じ



押し倒してフェラしたら

ガチガチに立ってきたから上に乗って入れた



もうすごく濡れてたからすぐに入った



騎乗位でしてると、彼ものってきて、

突き上げるように腰を動かしてきた

思ったより激しくて、体力あるんだなと思った


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2015年4月23日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【不倫・浮気】ウェディング衣装担当なのに新郎と立ちバック! 【体験談】

結婚式場の衣装を専属で担当しています。



昔からバイセクシャルな私は式場で男女が来店されるとワクワクします。



自分が胸・お尻が小さいせいか、私は胸とお尻の大きい女の子が好きです。



この前来店されたYさんはまさに理想の体型。



店員さんをされているとか。



基本的に新郎・新婦と仕事で会う機会は2回あるのですが、

初めての試着の時(1回目)に気に入った子はその日の内にメアドを聞いて

おきます。



「うらやましいなぁ〜、Yさんは胸が大きくて。私なんか全然ないから。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2015年4月22日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取り・寝取られ】美人の嫁をレスにしておいて寝取らせた 続5編【体験談】

前編は以下のとおり



年末の忘年会の時は後輩とだけHして帰ってきたんだ。



で、後輩はなんとか3P以上に持ち込みたくて

新年会の名目でまた嫁を誘って

今度は後輩の家に集まったみたい。



最初は男4女3で集まってて嫁は一応後輩の彼女ということで

その場に参加してたらしい。



ある程度時間が経って先に男2人女2人が帰って

部屋には後輩ともう一人(仮にAとしとく)と嫁の3人になって、



嫁がトイレに立った時に後輩がAに話を持ちかけたら


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2015年4月12日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【寝取り・寝取られ】妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2 【体験談】

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。

私は、震える手でそのヒモをつかんだ。

『早くぅ。引っ張ってみて!』

果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。



私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、

『ん……フゥン』

と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした白い液体が流れ出てきた。それは、そのまま床にまでツゥーと垂れ流れ、床に液溜まりが出来た。



それが何なのかは、聞くまでもなく、部屋に充満した青臭い臭いですぐにわかった。

『へへ。垂れちゃったね』

果穂はこんな事を、悪びれもせず言う。本当に楽しそうな感じだ。



「な、中に出されたの? コンドームは付けなかったの!?」

私は、あまりのことに声を荒げてしまった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2015年4月11日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

このページの先頭へ