最新情報

【不倫・浮気】欲求不満の人妻狙ってみろ 【体験談】

今日は会社休んで、女の子と会ってました。



えっ?会社休んでまで、出会い系で遊んでるなんてダメ人間??ええダメ人間です(爆)



でもですね~。なんのために生きているかって聞かれたら、



「俺は女のエロおマンコにぶち込んで、中出しするために生まれてきたんだ!!(爆)」



と声を大にして言いたい。



本音で生きていかないといけませんよ。世の中は(笑)





さて、今回は出会い系サイトで出会った女の子で、送られてきた写メを見て即決してしまいました。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年10月20日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取り・寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 3 【体験談】

21



「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」



「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」



大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。



トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。



いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。



高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。






記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2014年10月3日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【不倫・浮気】結婚後初めて浮気してみた 【体験談】

小野真弓に似てるってよく言われる。結婚したのは6年前、

ハタチのころわずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて、



ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。



 出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。メガネとスーツが似合ってて、



手がきれいだった。1週間くらい毎日メールしてて、

誠実そうだったから会うことにした。



会って、軽く会話して、そのままホテルへ。エッチは普通だったけど、



ちゃんとゴムを着けてくれたから安心して楽しめた。何度かイケたと思う。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2014年9月28日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【スカトロ・マニア】実家にある古い織物工場の中に折檻部屋があった【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

僕は旧家の末裔(という程、立派ではないが)で、やりたい放題だった20歳前後の話です。

僕の実家は古い織り物工場がある敷地にありました。

おじいちゃんの父親が経営していたのですが、明治から昭和に掛けて「織り子」さんを80人くらい使っていたこともあったようです。

おじいちゃんの父親は「喜八郎」さんといい、僕は直接会ったこともなく、実家の欄間の横に懸けられた「写真」で顔を知るだけです。

歴社会史の教科書で見る「偉人」のような、髭を蓄えた一見風格のあるようなタイプで、僕はあまり好きなタイプではありませんでした。

すぐ怒りそうだし。

工場と織り子さん達が住む寮がありました。

工場は昔、使っていた機械がそのまま置いてありました。

昔といっても新しい機械に替えていたので、現在残っているのは戦前から戦後に掛けて使っていたもののようです。

戦後に新しく機械を購入するお金も無く、海外から安く布などが輸入出来ることから、織物工場自体を閉鎖してしまったようです。

幼い頃から実家に行くと廃工場は遊び場でした。

古くは「織り子」さんは東北の方から人買いや紹介屋を通じて集めていたらしく、怠け者や反抗する織り子を懲らしめる設備などもありました。

高い天井の梁に大きな滑車があり、その滑車で織り子を吊るしたり、小さな格子の箱に身体を押し込めて何日か放置したりしたそうです。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月25日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【不倫・浮気】結婚後初めて浮気してみたw 【体験談】

小野真弓に似てるってよく言われる。結婚したのは6年前、

ハタチのころわずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて、



ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。



 出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン。メガネとスーツが似合ってて、



手がきれいだった。1週間くらい毎日メールしてて、

誠実そうだったから会うことにした。



会って、軽く会話して、そのままホテルへ。エッチは普通だったけど、



ちゃんとゴムを着けてくれたから安心して楽しめた。何度かイケたと思う。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2014年9月19日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【同性愛(女)】「いいよ〜(めちゃあっさり)」 【体験談】

<>129:名無しさん@秘密の花園:2008/08/11(月)21:15:00ID:TRs96aTx<>



壮絶かどうかは解らないけど、私の体験談。





3つ年上のお友達の家に初めてお泊りに行った日の事。

その人の家で私が料理を作り、買ったお酒を飲みながら洋画を観てた。

お互い酒が入ると甘え癖がある二人で、その人は旦那の愚痴を、私は彼氏の愚痴を言ったり

しながら楽しくやってた。

で、なんか洋画がラブシーンになって(笑)

そしたらいきなりその人が私をぎゅっと抱き締めてキスをしてきた。

一瞬驚いたんだけど、私も女の人オッケーな部類だったのでそのまま甘え倒す方向に。

「…なんかさ、めっちゃ欲求不満なんだよね、最近」

「うん」

「イヤだったらイヤだって言ってくれて良いけど……もし良かったらエッチしても良い?」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年9月13日 | セックス体験談カテゴリー:同性愛(女)の体験談

【スカトロ・マニア】うつになった妻を連れた先の湯治場で知り合った男性達と【体験談】

山形県/××さん(30代)からの投稿

—-

保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世して変わりました。

上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、口答えすればパワハラ。

その内にセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めた所、部下達(仲間)に嫌われていった様でした。

そんな生活に妻の体は悲鳴を上げ、遂には軽い鬱症状になってしまったんです。

病院で診察すると、環境を変える事を勧められ、妻は退職をする事になったんです。

これで明るい姿が見られると思っていましたが、妻は家に引きこもる様になり、夫婦の会話も少なくなっていったんです。

そんな時、実家の両親から

「2人で湯治にでも行ってゆっくりして来たら」

と言われました。

会社の社長(古くからの知り合い)に相談すると。

「そうだったのか?奥さんとゆっくりするといいよ」

「すいません!」

「ちょっと遠いけど、安くて良い所知ってるから・・・」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月3日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【寝取り・寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ2 【体験談】

美人だけど恥ずかしがりで、そのくせ少しむっつりな嫁景子と、あの日以来、今までにもましてセックスをするようになっていた。



ちょっとしたイタズラ心で、友人の浩介が遊びに来るたびに、嫁にわざと胸チラとかをさせていた。だんだんとエスカレートして、前回あんな事になってしまった。

浩介に挿入されてしまったわけではないが、ある意味で挿入したところを見るよりもショックな出来事だった。



今、ベッドの上ではセーラー服を着た嫁が、後ろ手に縛られて目隠しをされたまま俺のペニスをくわえている。口の周りをよだれでベタベタにして、必死でくわえる嫁のアソコには、バイブが突き刺さっていて、俺が抜き差ししている。



「ほら、浩介のこんな風に入れて欲しいんだろ?」

俺は本来こういうキャラではないのだけど、浩介との一件以来、こういう感じで嫁を責めるようになっていた。そして、嫁もすっかりとMな感じが定着してきた感じがある。

『んんっーっ! んーっ!』

俺のをくわえたまま、嫁が激しくうめく。浩介のことを言いながらバイブで責めると、嫁は本当に興奮しすぎてしまうようで、悲鳴でもあげているような感じなる。



そして抜き差しするバイブには、白い本気汁が所々についている。グチョッ! グチョッ! と、大きな音を立てて出入りするそんなバイブを見ていると、俺も興奮が限界になってくる。



30歳目前の嫁が、恥ずかしがりながらセーラー服を着て、バイブ責めをされている光景。強烈に痛い夫婦だと思うが、俺も嫁もこんなプレイにのめり込んでいる。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2014年9月2日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【女の子のオナニー】大学の飲み会で凄く恥ずかしいイジメに遭いました【体験談】

名無しさん(20代)からの投稿

—-

私は20歳、文系大学生です。

特にサークルとかやってなくて、親しい友達と軽く飲みに行ってワイワイ喋るのが楽しみな普通の女の子です。

ところが、私の知らないところで嫌われていたようで、私は気付かずにいました。

ある時、仲間内の喋り会(飲み会)があり、私も誘われました。

私は学内で一番、仲良しの聡美と一緒に待ち合わせてお店に行きました。

お店は大きな宴会も対応出来る居酒屋さんで、その店の入り口から一番遠い、奥にある一段高くなった座敷が私たちの席でした。

いつも女の子だけの喋り会だったので、その日もそうだと思っていたのですが、男の子も同じ位の人数が来ていて、女の子たちとも和気あいあいと接していました。

私は男の子と付き合った事もあったし、男性経験もありましたが、身体の関係を許してから私を乱暴に扱うようになり、求められた時に応じないと叩かれたりするようになって別れた経験から、それから男性との交際はトラウマで出来ませんでした。

合コンとか男性絡みの飲み会にも参加した事がありませんでした。

聡美に言うと

「あ、言って無かったっけ?でも、今日はクラスメートの親睦だから、合コンとかじゃないし、ワイワイ騒ぐだけだから、楽しもうよ」

と言われ、始まる前から帰るわけにも行かず、私は隅で小さくなっていました。

ですが、女の子も親しい人ばかりだし、男の子もクラスメートで話はしたこと無いけど顔は知っている人ばかりでしたので、喋らないとかえって目立つらしく、色々と私に振ってきました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2014年8月15日 | セックス体験談カテゴリー:女の子のオナニー体験談

【寝取り・寝取られ】思い続けた幼馴染みがチャラい先輩と完 【体験談】

うるさいくらいにセミが鳴いている。空には怖いくらいの大きな入道雲が浮かんでいて、真っ青な青空がまぶしい。

じりじりと肌を焼くような日差しの中、虫取り網を持ち、虫取りかごを肩から斜めがけにした麦わら帽子の少女を、後ろから追いかけている僕。

帽子からのぞく髪は短く、半袖のシャツから突き出ている腕も、短パンから伸びている長い足も、真っ黒に日焼けしている。



追いかけながら、僕はどこに行くんだろう? なにをしているんだろう? と、一瞬パニックになった。

でも、あの後ろ姿は間違いなく幼馴染みのみなみだ。

あぁ、今日は夏休みで、また一緒に河原に虫を取りに行くんだなぁ……と、思うと同時に目が覚めた。



『おはようw なんか、笑ってたよw』

目を開けると、みなみが優しい笑みを浮かべて、僕に話しかけてきた。あれ? 虫取りは? と、一瞬パニクったが、目の前にいるみなみは大人だった。そこで、自分が夢を見て寝ぼけていたことを理解した。



みなみとは、幼稚園の頃からの筋金入りの幼馴染みだった。なかなか気持ちを打ち明けられない僕だったけど、あるきっかけがあって、思い切ることが出来た。

そして、結婚し、子供も出来た……幸せな日々が永遠に続くものだと思っていた……。






記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月14日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

このページの先頭へ