最新情報

【痴漢】恥ずかしがって嫌がる妻に先日購入した極太ディルドを使用してみました【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿

—-

以前までは、通販で購入したア◯ブMサイズを、たま~になんですが恥ずかしがって嫌がる妻に使っていました。

そんな中、サイトで知り合った某エッチ友達から白い◯根というディルドを強く薦められ、購入してしまいました。

ちなみに白い◯根(細身でスマートな助教授M)にしようと思っていましたが、品切れでエッチ友達さんと盛り上がってしまって歯止めの効かなくなった私は、白い◯根(カリ太自慢の教授L)を購入してしまいました。

商品が届き手にしてみると、誰が見てもア◯ブMと白い◯根Lとではとてもとても比べられるサイズではなく、注文を失敗したと思っていました。

「これじゃあとても入らない・・・」

妻には握らせてエッチな気分にさせたり、胸やお尻やアソコに擦りつけたりして気持ちを高ぶらせる為に使おうと思いました。

おもちゃのリアルさだったり、エグさだったりを嫌う妻ですので、部屋を真っ暗にして新しくおもちゃを購入しちゃったと説明。

もちろん、もったいないと怒られましたが、

「どこで買ったの?」

「どんなの?」

「それ使ってどうしたいの?」

って妻のちょっとしたSっ気やエッチな部分が・・・。

でも、同時に全く拒否しているわけでもないと悟り、イタズラ程度に使うことを決めました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2014年12月27日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【会社・職場】会社の事務員が息子について相談があると言ってきた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

会社の事務員、佳枝。45才、バツイチ。

小柄だが、むっちりしたお尻、くびれたウエスト、男好きそうなエロい顔立ち、くわえ込んだら離しそうにないぽってりした唇。

いつも後ろ姿を眺めながらこっそり勃起していた俺。

ある日、飲み会の二次会で同僚や先輩が帰ったり酔いつぶれたりした中、佳枝と俺はそいつ等をタクシーに乗せたりした後、2人きりとなった。

「俺たちも帰りましょうか」

「そうね。じゃあタクシー拾いますわ」

同じ方向の2人はタクシーに乗り込んだ

「息子のことでききたいことがあるんだけど…相談できるのあなたしかいなくて…」

「いい…っすよ」

息子には、何度も会ったことがある。

割と明るい好青年だ。

俺たちは佳枝のマンションでタクシーを降りた。

俺は、バツイチで父親替わりに男同士の話をしてほしいのかと、思っていた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2013年12月28日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【女の子のオナニー】アナニーで快楽を得るために努力をしていたら人生が変わった話【体験談】

今年の始め、郵便配達のバイトの給料を受け取って最初に俺が買ったのはディルドだった。

私はホモではないのだが、小学生の頃からアナニーに興味があった。

ろくに腸内洗浄もせず、指にカーチャンが料理の時に使ってるサラダ油を指にまぶしてケツの穴に突っ込むぐらい興味があった。

その時指が糞まみれになったのは言うまでもない。

だが皆も知っての通り、ただ指を突っ込むだけでは全く気持ちよくないのだ。

むしろ息子は意気消沈し、マスターベーションさえ捗らなくなるという異常事態。

この事でアナニーを断念した人も少なくないと思う。

小学生の時に試したサラダ油アナニーは気持ちよくなかった。

むしろ痛かった。

これが原因で6年ほどアナニーから離れるのだが、高校1年生の冬にある事件が起きた。

それは俺が

「男の娘」

というジャンルの画像を発見した事である。

“ただ女の絵に息子を書き足しただけじゃねーか”と思う人が圧倒的多数だろう。

私もそうだった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2013年9月21日 | セックス体験談カテゴリー:女の子のオナニー体験談

このページの先頭へ