最新情報

【不倫・浮気】Eカップの隣の主婦2【体験談】

<>644配達屋New!04/04/2515:45ID:nZusTCIs<>

ピンポーン・・・



「はい」「僕です」ドアが開きました。「どうぞ〜」

奥さんは薄化粧をしており、白のブラウスに薄茶のタイトスカートです。

ブラジャーは、赤のようです。ブラウスが透けてます。

「暑いわね」「そうだね〜」「アイスコーヒーにする〜」「ありがとう」



<>645配達屋New!04/04/2515:51ID:nZusTCIs<>

ソファーに腰掛けます。

「はい、どうぞ〜」「ありがとう」

2人は並びアイスコーヒーを飲み始めました。



「昔、スチュワーデスだったの〜」「国内線の、短大でて2年間だけど」

「へ〜」「結婚して、子供産んで・・・専業主婦よ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|

2014年3月15日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】スチュワーデス【体験談】

今、40才で妻がいますが、子供はいません。とりあえず、1流といわれる会社の商社マンです。

昨年9月に海外のメーカと商品の打ち合わせでLAに行った時のこと。いつものように飛行機はマイレージの都合上○Aを、

ホテルは空港からCABで20分ぐらいのさほど遠くないビーチサイドのCホテルを予約します。事の始まりは飛行機の中からでした。

僕がトイレにたった時、トイレはちょうど満杯で仕方なく入り口付近で一人並び開くのを待っていました。

すると髪を後ろにまとめた卵顔のすらっとした日本人のスチュワーデスさんが僕の後ろにきて、開くのをお待ちですか?と聞いた。

ええ、と言ったが、ちょっとあせってる感じが見受けられた。彼女たち客室乗務員は、

飛行機が混んでいるとサービスに追われなかなかトイレにも行けないと以前聞いたことがあったので、

すぐに1つのトイレのドアが開いたときに「良かったら先にどうぞ」と彼女に言った。ちょっとびっくりしたみたいだったが、

すぐに「あ、すいません、ありがとうございます」と言いながら、お辞儀をして先に入った。

その後、僕がトイレに入って出てきた時はすでに彼女はいなかったので、別に気にも留めずに席に戻り本を読んでいた。

するとそのスチュワーデスさんがそっとビールとおつまみをテーブルに置いていってくれた。

その後もフライト中は何かと気に掛けてもらい(雑誌も持ってきてくれた)、少し気があるのかな、後で携帯の番号でも書いた紙を渡そうかな、

なーんて勝手に想像していた。あんな綺麗な人とそんなに簡単に知り合いになれるなんてありえないと思っていたし、

案の定そのまま何も起こらずに飛行機を降り、ビーチサイドのホテルについた。スーツケースを整理し、

時差ぼけ直しにビーチでも散歩しようと夕刻ロビーにおりたら、偶然にもスチュワーデスの彼女とばったりあった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年3月7日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】先生の友達の人妻【体験談】

からあげ君:<>2005/11/16(水)12:19:33ID:CJYuarj00<>

俺が裏日本の田舎で必死こいて勉強して、東京の西のはずれの国立大学に入った頃の話です。もう4年前かあ。。

下宿も決めて、公園のやたら多い街のショッピングセンターで生活道具を揃えて、くたびれて噴水のベンチで座っていると、俺の目の前をお金持ちの

若奥様風の二人が通っていった。

「!」

俺はびっくりして、思わず声をかけた。「高木(もちろん仮名)先生!」

ひとりが驚いてふりむくと、しばらく俺の顔をじーとみて、やっと気付いて

くれた。

「ヤマダ(もちろん仮名)君?そうだよね?大きくなったんだーー」

この女性は、俺が東京に住んでいたころ、小学4年のときに教育実習で

きていた人だった。

そんなやつ生徒の顔をおぼえてるわけないだろ!とつっこまれそうだが、

実はその年に俺は両親を交通事故でなくして(俺はのっていたが助かった

のだ)、学期の途中でじいちゃんばあちゃんのすむ裏日本に引き取られて

行くという、悲劇のヒーローになったので、高木先生も憶えていたのだ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2014年1月28日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達・仲間】スッチー事情【体験談】

セフレ(セックスフレンドの略です。昔は妾であったり、2号という呼び方が多かったですね。まぁ妾と言われたのは戦前のまだ妾を持つことが法律で認められていた時代のことですけどね。戦前は貧富の差が激しかったですから、お金持ちの妾になれることはやはり嬉しいことでした。例えば「備中聖人」と言われた山田方谷にも愛人がいたようですね。おじいさんになってから、若い女の子の世話をしていたようです。山田方谷と言えば、大前研一が大尊敬するという河合継之助の師匠ですね。方谷は管仲か諸葛孔明みたいな人です。佐藤一斉の教える昌平黌の塾頭を務め、佐久間象山といつも議論していたようです。象山は方谷に一度も議論で勝てなかったようです。方谷の作った漢詩を調べてみるとペリーの頃には「江戸幕府は潰れる」旨の論述をしていました。すごいですね。「家康が拵えた着物を吉宗や水野忠邦、松平定信が洗濯をしたが、もうボロボロになってしまってこれ以上洗濯できない。」ということを書いています。)のJAL(稲盛さんが会長に就任して、しばらく経ちましたね。稲盛さんは従業員と客を搾取して、自分だけいい格好して寄付などをしていると悪評高い方ですが、それが真実かはさておき、JALのいい加減な経営は更正してくれそうな気がします。期待しましょう。)のスッチー(スチュワーデスです。最近は客室乗務員と言われますね。でもいちいち、名前を変える必要があるのでしょうか?男はパーサーでいいと思います。看護婦さんも、最近、看護士と呼ばねばならなかったり、面倒くさいですよね。では尼さんを、僧侶と呼ばねばなりませんし、妻も配偶者と呼ばねばなりません。アホくさい話です。)との話です。



彼女(セフレのことです。)が東京(昔は「木綿のハンカチーフ」や「とんぼ」に象徴されるように、皆、東京に憧れがありましたが、最近は東京も近くなりました。面白いことですが、うちの田舎から東京に来た人はみな「なんかバカにされてる気がする」「東京は暗い」「東京の人は冷たい」という印象があるようですね。下町の肉屋さんや八百屋さんも、こち亀の漫画ほど人情に富んではいません。だいたい、愛想笑いすらしない店がほとんどです。田舎ではそんなことありえませんからね。不況だと言いつつ、やるべきサービスをしてないのが現状でしょう。むしろ下町よりは麻布十番や自由が丘の方がはるかに、皆の顔が明るいですね。ちなみに私は人生をかけて日本人の顔を明るくしようと思っています。ま、自分の勤める会社が潰れて、来週には職も寮も失うんですけどね。はは。まだ、次の職もアパートも見つけていません。)に来るときはいつも、



その滞在するホテルに押しかけてエッチ(よく知られていることですが「えっちする」という言葉は明石家さんまさんが作ったようですね。自分としてはさんまさんとしずかちゃんが一緒に作った気がします。しずかちゃんで思い出しましたが、白川静さんによれば、孔子のお父さんも老齢の時に巫女をしている少女と交わっていたらしいですね。それでできた子供が孔子のようです)していました。



恐らく隣の部屋や廊下に、声が漏れ(昔は2ちゃん用語で「漏れ」という言葉がありましたが、最近めっきり無くなりましたね。「オマエモナー」とか「香具師」「逝ってよし(藁)」などという言葉も無くなりました。2ちゃん用語でないですが「チョベリグ」や「オッハー」などを知らない子もいるんじゃないでしょうか。)ています。



「恥ずかしくないの」と訊くと、「みんな、男を連れ込んでる」(本当に全員なわけないですけどね。中には貞淑な子もいると思います。)とのことで、

あの声(おもしろいですよね。なぜ、気持ちいいと声が出てしまうのでしょうか。私も上手に性感マッサージをされると声が出てしまいます。あれは恥ずかしいですね。恥ずかしいで思い出しましたが、私の人生も恥ずかしいですね。アラサーで童貞というのも究極に恥ずかしいですし。やはり何より恥ずかしいのは中2病ですね。「こんな文章を書くなんて今でもお前、中2病だろ」だって?そう思います。自分でも気づいていない、病んだ部分がたくさんあると思います。優しい人は、細かく指摘してくれますが、そうして下さるとありがたいですね。人生を変えてくれます。人生で思い出しましたが、「ライフプランニングが必要と言うことをどの本でも書いてあったので、何回も一生懸命プランしましたが、全く、描いた通りに行きませんね。頭がいい人は、プランを立てなくても見通しが利くんでしょうかね。悪いと、下手な頭でいくら考えても、いくら頭のいい人が書いた本を読んでも、見通しが利かないんですよね。困ったものです。ケセラセラという歌を聴くと、少し心がほぐれます。ケセラセラはスペイン語で、意味は「LetItBe」と同じようです。歌詞の生き方が正しいかわかりませんが、聴くと希望が沸きます。)を聴かれることが別に珍しくないようです。



同僚のあの声が聴ける職場だなんて、うらやましい限りですね。



出典:2ちゃんねる

リンク:  

セックス体験談タグ

||||

2014年1月23日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【のぞき・盗撮】覗き体験談【体験談】

妻が次男の出産のために入院していたため、僕が会社に行っている間、

2歳の息子を友達の家にあずけていた時のことです。



友達の家は、同じ2歳の男の子と綺麗な奥さんのいる家庭です。

奥さんは妻の旧友で、元航○会社勤務(スチュワーデス)の29歳。

家族ぐるみの付き合いで、今まで何度かブラチラやパンチラを見させてもらった

ことがあります。スタイル抜群の女性。

今回はそんな奥さんの裸を見ることが出来ました。



会社帰りに息子を迎えに行き、玄関のチャイムを鳴らしましたが、返事がありま

せん。灯りがついているので中に人はいるようです。

いつも行きなれている家なので、ドアを開け入りました。



台所の奥から子供たちの声がするので行ってみたら、みんな風呂上りで身体を

拭いているところでした。もちろん友達の奥さんもいます。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2013年9月13日 | セックス体験談カテゴリー:のぞき・盗撮の体験談

【寝取り・寝取られ】彼女がやられてる動画【体験談】

彼女の部屋で一緒にDVD見たりしてまったりしてたら、彼女が会社に呼び出された。2~3時間で終わるからと彼女が言うんで、部屋で待ってることにした。



しばらくテレビ見たりして時間つぶしてたんだが、ヒマになってきたんで、彼女のPCを立ち上げた。んでいろいろしてたら、ちょっと気になる名前のフォルダを見つけた。



勝手に見たら悪いかなと思っても、見たくなるだろ? おまいらも見るだろ?

俺は見たよ。震える手でフォルダをクリックしてな。



そしたら出るわ出るわ、彼女の半裸の写真だよ! セーラー服やらスチュワーデスっぽい制服やら着て、だんだん脱いでいってる写真。



ハメ撮りは無かったんだが、おっぱい出してたり、脚開いて恥ずかしそうに顔背けてたり。



そのフォルダに、動画が一つ入ってたんだ。それを見ようかどうか思案してたら、彼女からメールが来て「今から出るね」とあった。



俺はいつも持ち歩いてるUSBメモリにフォルダごとそれを保存して、PCをシャットダウンして、その日は何食わぬ顔で彼女と過ごした。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2013年9月2日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【人妻】ビデオ【体験談】

 こんにちは。さとると名乗らせて下さい。34歳男です。妻とはおよそ7年前に結婚しました。

当時妻は全日空のスチュワーデスで、とても美しく、乳も大きくて、32歳となった現在も、藤原紀香をもう少し優しい顔立ちにした様な、

いい女です。色白で、大きな尻が魅力的である為、セックスの時はいつも僕のチンボを咥えさせたまま尻をこちらに向けさせて最後は

口内発射で決めるまで奉仕させていました。しかし、そんな美しい妻は、一方ですごく勝気な性格で、わがままです。

仕事が忙しい僕が、3歳になる1人息子の世話をしない、といつも喧嘩となり、性交渉も一ヶ月に一回と勝手に決められてしまっています。

現在では彼女の豊満な肉体の虜の自分がセックスしてほしさに、何かと奉仕しているような現状です。情けないのですが、

僕は仮性包茎でチンボが小さいのです。妻は「くさいのよ、ちっこい包茎が!」と罵ります。

しかし、いつもは生真面目で、貞淑な妻である為、そう罵られ、虐げられても我慢してきました。

  ところが、つい先日(4月29日)、僕は妻のもう古い、かばんの奥に、不自然にビデオがあるのを発見しました。

それは去年の夏撮った妻の中学生の時の同窓会のビデオでした。そこには黒のぴっちりとしたノースリーブと、

ぴっちりとしておへそのみえそうなジーンズを着ている妻が、みんなとワイワイとお酒を飲んでいる様子が写っていました。

撮影しているのは「リョウくん」と呼ばれる男で、僕の記憶が確かなら、中学の時付き合っていた(もちろん清い仲だったそうです)

男です。僕に変な胸騒ぎが起きました。その夜は、確か午前一時過ぎに帰ってきて、ママ、と泣く息子を寝かせるのに大変だったのを

覚えています。ビデオはボーリング場へ移っていきました。撮影しているのはその男ではなく、妻ですが、

そこには妻の他に独身の女友達がひとり写っているだけで、残りはインテリとはかけ離れた、茶髪の頭悪そうな男たちが


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2013年7月16日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達・仲間】公園で裸になりますか【体験談】

 先週、私にとって衝撃的なニュースが流れてきた。

 私が一番、大好きだった男性アイドルが公然わいせつの現行犯で逮捕さ

れてしまったのだ。

 爽やか美形アイドルだった彼が、何を血迷ったか公園で素っ裸となる奇

行をしたらしい。

 彼のファンクラブまで入っていたのに..本当にショックだよぉぉ~。

 

 一体、彼は何であんな馬鹿なことをしたのだろうか?

 そう思った私は夜中に、彼が奇行を起こした公園に向かうことにした。

 そう、実は私の近くの公園で彼が事件を起こしたのであり、もし私がそ

の場に居たら、きっと捕まらないように何とかしたはずだ。

 目的地の公園が近づいてきた。中に入り、彼が奇行を起こした場所へ向

かおうとした時、慌てて逃げる女性の姿を見つけた。

 それも、この女性は裸であり、私の気配を感じて急いで逃げたらしい。

 いや、これは目の錯覚かも知れない。夜中だし、彼の奇行のことで頭い


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2013年7月10日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【人妻】犯された母【体験談】

僕は、大学1年生です。

ちょうど2年前、高2の時に母が犯されるのを見てしまいました。

母は、真由美その時41歳です。

元スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。

父は、海外赴任をしています。

当時僕は、学校の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。

ある日、母と買い物の途中、2つ上の不良のリーダー弘樹に会ってしまいま

した。

弘樹は、母に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来い

よ」と

携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。

母は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろ

と聞いてきました。

数日後、弘樹にばったり会った時に、

「おまえの母ちゃんから電話あったぜ、水曜日に話するからよ。でもいい女


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2013年5月25日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【童貞・処女】僕の初エッチ 【体験談】

僕が小学校6年生のときでした。

いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。

母が正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。

家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。

でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。

また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな、松嶋ななこのような背が高くて目が大きくて、本当によく覚えているのがシャツから零れ落ちそうなおっぱいでした。

90くらいはあって後にわかったのですが、Fカップでいつもどきどきしていました。

正樹君とは小学1年からの仲良しで家に遊びに行っておかあさんが写真を見せてくれながら、海外の特にエジプトの話を聞かせてくれたときのことをよく覚えています。

思えば僕が性に目覚めたのもこの奥さんが原因でした。

話をしてくれているときとかもいい香りのする香水が鼻をつき、お風呂上りでそのままタオル一枚で出てきたり、きている洋服も家の中ではホットパンツにキャミソールの格好で初めてちんちんがたったな・・・という自覚を覚えたのも正樹君の母親でした。

3年生のときでした。トイレを借りたときにトイレを通るときに横にあった脱衣所でおかあさんの真っ赤なレースがついたパンティーを見つけてしまったのです。

痛いくらいに興奮した僕はだめだということもわかっていながら、手にとってしまい、トイレに入ってまだ先のかぶったちんちんを思い切りしごいてしまいました。

パンティーを鼻に当てるだけで、なんかいやらしくかすかに残ったすっぱい匂い。

奥さんがつけていたのかと思うだけで5回くらいこすって股間が快楽のつぼにはまり、そのばにへたり込んでしまいました。

精子なんてもちろん出ません。それから10分くらい何回したかわかりません。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2013年5月8日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ