最新情報

【おっぱい・巨乳】コタツで寝てしまった妹のおっぱいを・・・【体験談】

ある夜トイレに起きた時に、その気はなかったけど妹の部屋の方へ行ってみた。

すると深夜1時過ぎにも関わらず、部屋の明かりが点いていた。

ドアを開けてみると何の事はなく、妹が電気を点けたまま眠っていただけだった。

でも布団ではなく、いつも一緒に遊んでいるコタツに首まで入ったままの姿だった。

その時はさすがに風邪を引くだろうと心配し、声をかけて起こそうとした。

でも声を掛けても軽く揺すっても反応は無く、余程眠りが深かったのか全く目を覚まそうとはしなかった。

しょうがないので布団まで運ぼうと、妹の両脇を掴んでコタツから上半身を引きずり出した。

そのまま座らせるように後ろから支え、胸の前で手を組んで布団まで引きずろうとした時、腕に胸が触れた事で、あの感覚が蘇ってしまった。

いつも妹は冬になるとユ○クロで売っている上下のスエットを着ていた。

寝る時はお腹がお腹が温かいという理由で、トレーナーまでズボンに入れて布団に入っていた。

(ダサいからやめろって言っていたが、「寝るだけだから良いでしょー」と言ってやめなかったんだ)

そのため、ある意味守りが鉄壁でトレーナー越しに触るしかなく、感触が悪かったが、今はトレーナーから出ていた。

それどころかTシャツまで出て、トレーナーの下からはみ出ていた。

引きずった時にズボンが下がったためだと思うがその時はどうでも良く、チャンスだと思った。

妹を背後から支えたまま腰を下ろし、俺も脚を開いてコタツに足だけ入った。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年4月9日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【おっぱい・巨乳】酔い潰れてコタツで寝てた後輩のおっぱいを舐めたり揉んだり【体験談】

僕は今は大学2回生だ。

僕が通う大学は実家から遠いので年末年始だろう実家に帰る事はない。

そして、僕の様に実家が遠いので帰省しない大学の仲間達は、年末年始になると僕の下宿先のマンションに自然と集まり、1週間ほどダラダラ過ごす事に自然になっていた。

1回生の頃はマンションに僕を含め、男ばかりが5人も集まった男臭いお正月を過ごした。

でも、今年は違う。

僕の学部は1~2回生はゼミの内容によって同じ授業を受けるのだが、今年はそれで知り合った、さゆりちゃん(杏さゆりに似ている、可愛い)とサエコちゃん(サエコに似ている、可愛いがタイプじゃない)が実家が遠いという事が分かり、誘ってみたら来るという事になったのだ!

僕はさゆりちゃんに惚れていた。

そして僕の友達のロリコンの気がある有田(クリームシチュー有田に似ているから、エロい)はサエコに惚れていた。

というとで、前年参加したの男達には実家に帰ると嘘を付き、今年は僕、有田、さゆりちゃん、サエコというメンバーで行う事になった。

そして昨日から始まり、今皆爆睡しているので僕はこれを書いている。

昨日は大量にお酒、スナックを買い込み始まった。

有田は酒が強く、飲み捲っているとサエコちゃんも酒に強い事が判明。

皆程よく酔い始めたのをエロス有田は見逃さなかった。

「王様ゲームしよう」

と有田が提案。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2013年11月23日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【女の子のオナニー】コタツで寝ている姉の太ももにムスコを擦りつけて射精【体験談】

たかさん(30代)からの投稿

—-

当時俺中2、姉高1の冬の話。

ある寒い夜、俺はぼんやりと目を覚ました。

居間のコタツでいつの間にか寝入っていたようだ。

ストーブは切ってあるから部屋は肌寒い。

そのためか、俺は無意識にすっぽりコタツに入りこんでしまっていた。

胸あたりまでコタツに潜り、仰向けの状態で寝ていた。

しばらくはまどろみながらコタツの温もりを心地よく味わっていたが、ぼんやりとした意識の中、普段のコタツの温もりとは違う、柔らかい温かさに気づき始めていた。

そして同時に体に柔らかな重みも感じた。

何かが体に乗っているようだ。

ずっしりと重くもフンワリと柔らかいような…。

段々と意識がハッキリしてくる。

仰向けで寝ていた俺はコタツの中で左膝を立てていて右足は真っ直ぐ伸ばしている。

その右足全体から股間部、そして胸辺りにまで重みを感じている。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||

2013年9月28日 | セックス体験談カテゴリー:女の子のオナニー体験談

【女の子のオナニー】寝ている先輩の近くで彼氏とコタツの中で…【体験談】

北海道/美冬さん(20代)からの投稿

—-

こんにちは、美冬です。

先日[上司と交際中に、同僚に抱かれた話]と[SNSがきっかけで24才年上の人と不倫した話]を書かせていただきました。

今回はそんな上司と付き合う前にいた、倦怠期中だった”彼氏”との話を書かせてもらいます。

■今回頂いた写メ。

彼との出会いは、私の先輩が紹介してくれたのがきっかけでした。

彼は無類の女好き。

当時17才の私と付き合った時も、二股だったみたいです。

二股と分かった時、私は彼と別れました。

だけど1年後、彼と連絡を取る機会があり、ちょっとしたキッカケでよりを戻す事になりました。

そこから、彼と私の性活が始まったんです。

彼の名前は[健太]22才。

自衛官だったので腹筋は綺麗に割れ、身長が188cmという長身でありながらもガッチリした体格でした。

イチモツは太さが中位、長さは20cm近くあるけど…早漏さん。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年9月23日 | セックス体験談カテゴリー:女の子のオナニー体験談

このページの先頭へ