最新情報

【寝取り・寝取られ】彼女が脚閉じ寝バックで犯られてる映像【体験談】

今彼女(162 88E 63 90)がスペイン語教室で知り合った男(♂日本人)

に宅呑みに持ち込まれ、エグいゴールドのビキニ着せられて、

脚閉じ寝バックで何回もイカされてた。



呑みに行くって日に、”帰ったら電話しろよ”って言ってたのに無かった。

ってかオレはほとんど気にせずに寝てた。



目が覚めて時計を見ると1時、とりあえず電話してみた。出なかった。

2、3回掛け直して出なかったので、まぁもう寝てんのかなって。。



一々確認する事も無いよなぁと思いながらもう一回掛けてみた

「‥」無言で切れた。



えっ何だ今の?って思いながら、オレも夜中の彼女からの電話出ないし

眠いと即切してるもんなぁ、なんて自己完結して寝た。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2014年6月10日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【乱交・王様ゲーム】二人の新人OL、爆乳系マリエとモデル系ユリカとの4P 【体験談】

裕也とユリカは最寄り駅の近くのカフェでまったり休日の午後を楽しんでいた。

俺はマリエと一緒に部屋を出たあと、一人で二人が待つカフェへと向かった。あくまで二人が一緒に居たことはユリカには内緒、もちろん裕也はそのこと知っている。打ち合わせするまでもなく二人の意志は通通だ。

「なになにー、日曜日にデートしちゃうくらいいつの間に仲良くなったの?」

俺は努めて脳天気にまったりとカフェデートを楽しむ二人に声をかけた。

金曜日のダーツバーで一際目をひいたユリカは昼間の明るいところで見ると一層キレイで、スラっと身長の高いモデル系のスタイルにどこかクールな目鼻立ちのしっかりした顔、にも関わらずとびきり明るい笑顔を持っていた。

「隆さんお久しぶりです、って言っても金曜日ぶりですけどwあの後裕也にすっかりご馳走になっちゃって」

すでに呼びすてかよ、と裕也の手腕にはいつも舌を巻くほかない。そしてどちらかと言うとご馳走になったのは裕也の方だろう。

「金曜ごめんねー、マリエちゃんと買い物いったまま話し込んじゃってさ、店戻るの遅くなっちゃた」

「いやいや、お前らが遅くなってくれたおかげでユリカとすっかり仲良くなれたよ、ね?」

すでにカップル気取りな裕也のセリフに心のなかで苦笑いを浮かべる。

俺の性的な嗜好から真っ先に豊満系のマリエに食指を伸ばしたけど、3日連続でやりまくり性欲の減退した今見るとユリカにしといたほうが良かったかなぁなどと少しばかりの後悔も生まれる。

「今マリエとメールしてたんですけど、買い物でこっち出てたみたいで、◯○駅で待ち合わせしよーって話なんですけどいいですか?」

マリエはユリカと連絡をとってどうやら上手く落ち合う段取りを付けたようだ。

「オッケーだよ、4人でどこ行こっか?」

「◯○駅ならお前んちすぐじゃん、ユリカ、よかったら隆の家どう?俺んちほどじゃないけどいいとこだよ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月8日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【高校生】バスケ部の女の子と更衣室でセックスしてたら【体験談】

うちの高校は進学校だったんだけどバスケ部だけは強かった



俺の代は県2位で俺はプレーは地味だが

根性を買われてキャプテンだった



そしてうちの高校から300mの所に女子高があった

ここは高校でバスケやってた人なら名前言えばわかるような高校



全国でも準優勝になった事あるし、県内では女子に敵はいなかった



あまりに強くて練習試合の相手がいなくて

時々、うちに来て15点ゲームを何本かやったりしてた



女子とはいえ、3点シュートがめちゃくちゃ入るので

何本かは負けたこともあった


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2014年6月7日 | セックス体験談カテゴリー:高校生との体験談

【おっぱい・巨乳】【おっぱい】保育園時代からの幼馴染がうちに泊まりにきた【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

高1の時の俺はとにかくエロかった。

1日のうち4時間は妄想していたし、女の体が気になって仕方がなかった。

もうとにかく触りたくて仕方なかった、そんな俺にチャンスが来た。

冬休みの前日、女友達で一番仲良いサツキが

「○○の家1人暮らしだろ?お願い5日間だけ泊めて!!」

と言ってきたんだ。

他県の私立通ってる俺の家には、時々近くに住んでる兄貴が様子見に来るくらいでほとんど誰も来なかった。

サツキは保育園時代からの仲良しで同じ高校受けようって決めてたくらいだ。

中学の時も俺の部屋に何度も泊まった事あったし、軽い気持ちで言ったんだと思う。

もっともそこにエロい要素なんて欠片もなかった。

「別に泊めたってもいいけど・・・どうかした?」

「親の正月休みも明日からでさ、懸賞で当たったチケットで5日間パリ行くって言ってんのよ。んでチケットがペアであたしが『たまには夫婦水入らずで行ってきなよー』なんて気の利いた事を言ってしまったわけです」

かなり妬んでるな。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年6月6日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【恋人】女の子と絶対に付き合える方法みつけた 【体験談】

女の子と絶対に付き合える方法みつけたwwwwww







<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/27(月)11:57:21.61ID:qJTdRCPN0<>

おれ「パパイヤって言ったら負けね」

女「わかったー」

女「パパ」

おれ「おれと付き合って」

女の心の中(イヤって言ったら負けだ・・・)

女「いいよ」

これだったら絶対付き合えるぞ








記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||

2014年6月5日 | セックス体験談カテゴリー:恋人との体験談

【友達・仲間】大事な時間【体験談】

見せっこ







亜紀を脱がしたときの話。

高校卒業後、漏れと佳菜と亜紀は東京の大学へ、剛は実家を継ぐために地元専門学校へ、

敦夫は地元の大学に行くことになった。

で、みんなでディズニーランドに行こうってことになって、

洩れの家は都内にしては結構広いので(一人暮らしだけど2K)前日、みんな洩れの家に泊まりに来た。

翌日は頑張って朝早くからディズニーランドに行って、みんなでめいっぱい楽しんだ。

夜になって、荷物なんかは全部洩れの家に置いてあったので、みんな洩れの家に帰って来た。

朝から遊んだからみんな疲れたみたいで、帰ったらいつの間にかみんな寝てた。

洩れはまだ余裕があったから、押入れから布団を出して全員にかけて

みんな起きてから宴会するだろうから、その下準備の買出しなんかをして、

シャワーを浴びてから寝た。(みんな洩れの家のシャワーを使うので、みんなが寝てるときはシャワーのチャンス)


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年6月4日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】見られたかもしれない【体験談】

私は人気のないところで大胆な露出をすることが好きです。

でも過去に何度か目撃されそうになったこともあります。

今回はそのときの思い出をお話します。

あれは2年ぐらい前のことでした。

「裸で自動販売機のジュースを買う」というゲームをしようと思いました。このゲームはい

つもと違って比較的人目につきやすい場所でのゲームなので絶対に無理だと思っていたので

すが、最適な場所を見つけたのです。

その場所はいつもの森の近くを通る比較的緑の多い道路の脇にありました。

道路は夜中になるとほとんど車が通る事はありません。それは私がその場所にしばらくたた

ずんで確認しました。10分くらいぜんぜん車が通らないのです。道路の際のところどころに

は民家や社屋がありますが電気が消えていてしんと静まり返っています。

その自動販売機は民家が設置したものなのでしょう。

自動販売機から30mくらい離れたところに水路があり、水路を渡る橋は畑に通じているよ

うでした。

水路を流れる湧き水は水量が少なく、橋の下はちょっとした隠れ場所に最適でした。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||

2014年6月3日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】さっちゃん【体験談】

<>528えっちな21禁さんsageNew!04/06/1103:05ID:WnilsG5M<>

小学四年ぐらいかな・・・

近所に住んでた二つ下の年の女の子とよく遊んでて、その子の家で遊んでた時に

たまたま、その子の親が出かけて遅くなるので一緒にいてほしいと頼まれた。

遅くなると言っても、昼間の3時から5時ぐらいまでの間の留守番だった。

最初はパズルなんかしてたんだけど、すぐ飽きてしまって布団の中にもぐって

二人で、はしゃいでいた。

その時に、子供の作り方の話になった。

なぜかというと、その子の親が妊娠していたからだ。

僕は、学校で習って少しは知っていたので

さっちゃん(その子の名前)に

「精子ってのと卵子てのが、受精すると出来るんだよ。」

と教えてあげた。恥ずかしくは無かった。特に恥ずかしいものでは無いと思っていたからだ。

やはり小学生の知識なんてそんなものである。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2014年6月1日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】見せちゃった【体験談】

中3の夏休み、私はお母さんと、大阪の叔母さんの家に遊びにいきました。

叔母さんには、私より3つ年下の男の子がいて、名前は義之といいます。私はヨックンと呼んでいます。

ふたり共一人っ子で、すぐ近所に住んでいたから、実の姉弟のように育ちました。ところが2年前、叔父さんが転勤になり、大阪に引っ越すことになったんです。

お別れの日、ぐずって引越し屋さんのトラックにキックしてる姿がかわいくて、私までもらい泣きしました。

久しぶりに見たヨックンはすごく背が伸びてて、もうすぐ追い越されそうです。私の胸で泣きじゃくってたひ弱な印象は無くなってました。

でも会ってすぐ、「友達ちゃんとできた?」って聞いた時、「当たり前だろ!」って答えたふくれっ面に昔の面影を感じてうれしくなりました。

聞けば、ゲームをたくさん持っていて、ヨックンの部屋が友達同士のたまり場になってるそうです。

実際、この日も二人上がり込んでました。

その子達、ホントによく来るみたいで、叔母さんも「リョウ!、ショータ!」って、呼び捨てで呼んでました。

しばらくして、お母さんの肩凝りがつらいという話から、叔母さんがこの近くに評判のいいマッサージ屋さんがあるから二人で行こうというので、私は留守番を任されました。

ひまを持てあました私は、ヨックン達の様子を見に、2階に向かいました。

部屋の前まで来て、びっくりさせてやろうと思い、ノックもせずいきなりドアを開けました。

作戦は大成功でした。もうそのあわてようったら。

でも、なんか動きがヘンなんです。驚いてるというより、なんか隠したような・・・あっ、そっかぁ~!って思いました。

私は何も気付いてないフリをして、文句を軽口で受け流し、スキをついてベッドの下に隠した本を引っ張り出しました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年6月1日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】息子【体験談】

息子と同級生の五年生で多分10か11才だと思います。

今朝は息子と犬の散歩の帰り、偶然みゆきちゃんとお母さんに会い息子がみゆきちゃんに遊びの誘いをしていた。「みゆきがいつもお邪魔してすみません・・・」「いいえ、家も一人っ子でみゆきちゃんと仲良くさせてもらっています。」 と社交辞令な挨拶で別れた。朝食を済ませ、息子の部屋のこたつに入りゲームをしていると、一時間少しでみゆきちゃんがオヤツの入った袋を持って来た。

ピンクのスカートにスカイブルーのパーカーで可愛い格好だった。

妻がみゆきちゃんを見て何時も女の子も欲しいねと言っていたのを思い出した。パーカーを脱ぐと長袖のTシャツで胸の膨らみがわかった。狭い部屋なのでこたつは二ヶ所しか入る所が無くみゆきちゃんは息子の横に座った。チョット残念!お昼からも遊ぼと約束して一旦帰宅しました。

昼食を終えると、息子に友達から携帯に連絡が入り、持っていないゲームソフトを借りに出かけた。

妻も近所の奥さん達と買い物に出かけてしまった。

一人息子の部屋でゲームをしているとみゆきちゃんが挨拶をして、部屋に入って来た。しばらく見ていたみゆきちゃんは、「これやったことないから教えて下さい」と言って私の横に座りました。一通り教えると、呑み込みが早くすぐにやり始めました。また、悪戯心からさり気なく右手を脚の上に置いてみた。嫌がっていないので、ひざの上に乗せて後ろから脚を触ってみた、後はエスカレートするだけだった。スカートの中に手を入れパンツをひざまで脱がしてみた。耳が赤くなっていました。割れ目はまだ乾いていました。

指にツバをつけクリを刺激してやると、少しづつ湿ってきた。

どうしても、直接見たくなったので、こたつから出て横に寝かせてみたが嫌がらない。気をそらすようにコントローラーを握りゲームを続けていた。     スカートを捲ると細い脚の付け根には、ツルツルの割れ目に小さい皮の被ったクリが顔を出していた。

されるがままの、みゆきちゃんの脚を開き、割れ目を指で開くと膣口が開いた。クリの皮を剥くとピンクの小さな肉の粒が出てきた。思わず舐めてしまった。

カキコミで小学生の割れ目はオシッコ臭いて聞きますが、全然しなくて、何とも表現のしょうが無い、良い香でした。       どれ位舐めたでしょうか、明らかに唾液とは違う液で膣口が濡れていました。

指を舐め膣にゆっくり入れてみました。一瞬、ピクッとしました。入口はさすがにきつかったけど、人差し指の第二間接まで入りました。子供でも入るんだと変な感心をしてしまいました。息子が帰ってきそうなので、ティッシュで綺麗に拭き、パンツをはかせ二人で対戦ゲームをしている時、痛くなかった?と聞くと、少し痛かったけど、気持ち良かった。と答えゲームに夢中で、わざと負けてやると、すごく喜んで熱中していた。息子も帰って来て三人で夕方まで遊んで、愛犬の散歩も兼ねてみゆきちゃんを家まで送った。

別れ際、「また、来週も行って良い?」と言うと「うん!いいよっ!」と嬉しそうに息子が応えてお母さんに会釈して家に戻りました。年甲斐も無く興奮して、長文になりました。済みません。

セックス体験談タグ

||||

2014年6月1日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

このページの先頭へ