最新情報

【不倫・浮気】Eカップの隣の主婦1【体験談】

<>615配達屋New!04/04/2508:52ID:nZusTCIs<>

その日の夕方、いつものようにべランで煙草をすってたんだ・・・

今日はうちの側に洗濯物が干してありました。隙間からちょっとのぞいたところ

私は「どきっ」としました。ブラウス・ショーツといっしょにブラジャーが

干してあるじゃありませんか。初めてです・・・



「すげー、でっかい」見た瞬間、私の股間は熱くなり・・・

もう一度覗きました。ちょうどタッグが見え、E80、95と書いてあります。

こんなでかいブラジャーしてるんだ!



<>617配達屋New!04/04/2509:03ID:nZusTCIs<>

煙草をすってるとガラガラとガラス戸が開きました。

どうやら干し物を取り込むようです。

気配がするとまずいとおもい、私は少し離れました。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2014年3月18日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】朋子と漫画喫茶【体験談】

【レス抽出】

対象スレ:職場であったエチーな体験談Part8

キーワード:R1y3OjLY0





<>801名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2006/11/24(金)21:35:10ID:R1y3OjLY0<>

たしか9月頃のはなし。

7時くらいに一人寂しく家に帰っていたんだが、朋子先輩(26)と駅で偶然一緒になった。

俺は一人暮らしでほとんど外食かコンビニ弁当ばっかり食ってたから、

思い切って食事に誘ったらOKがもらえた。

俺の職場には200人くらい女が働いているんだが、ベスト3に入るくらいの美人。

その日は台風がきててちょうどピークが食事の時間とかぶってたからかもしれない。

2時間くらいお好み焼きを食って、駅に向かったら朋子さんの乗るはずの電車が止まってた。

外はちょっと肌寒かったから、ファミレスで時間をつぶそうと提案したんだが、

朋子さんはネットで運行情報を把握したかったらしく、満喫に行こうと言い出した。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年2月13日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取り・寝取られ】渡辺さんとFカップな彼女3【体験談】

喧嘩して怒った彼女が403に書いた通りの状況になった後、その話しを聞きました。

それから9月中は気まずい関係が続いていて、彼女の方でも関係を修復しようと色々考えた結果、

渡辺さんにこんな関係は学校にいる間だけにしましょう。と。

渡辺さんは抵抗したそうですが「渡辺さんにはこんなことより就職とかもっと他にすることがあるでしょ。

それに仕事をしていない人と付き合うのは無理です」とハッキリ告げたそうです。

10月に入って少し元の関係に戻りつつあったんですが、自分の仕事が色々詰んでいて、一人になって仕事のこととか

考えたい時間も欲しくて、彼女と少しだけ距離を置く時期がありました。

自分自身でまだ人間として未熟だと自覚しているので、そんな時に彼女が傍にいたら当たってしまうかもしれない。

そう思い、自分なりの優しさのつもりでした。

そんなある日、彼女から電話があって、10月15日の金曜日に前の生徒さん達と飲み会がある、と聞かされました。



ちょうどその時まだ残業していて、支店長にひどく叱られた後で、そんなどうでもいいことで電話してくるなよ!

って感じで「いちいち言わなくていいよ」と冷たくしてしまったんです。

でも反射的に「その飲み会、渡辺さんも来るの?」と聞いている自分がいたんですが、彼女からの答えは

「たぶん、来ないと思う」で、ほんの一瞬どこか安心したような、残念なような複雑な心境だったのを覚えています。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年2月2日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【おっぱい・巨乳】高校時代に所属していた水泳部のおかしな行事【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

俺は高校3年間、水泳部に所属していた。

普段は至って普通の水泳部だが、年に数回おかしな行事がある。

まずは新入生が入って来た時。

大体入部が落ち着いた5月のある日の練習後、水着のまま全員集合する。

(室内プールで水温も調節されてるので年中泳げる)

まずは自己紹介。

ほとんどの人は4月から入部しているので、顔と名前は一致している。

自己紹介の内容は、名前・クラス・どこの中学出身か・専門種目は何か。

まずここまでは普通だ。

この自己紹介に加え、

『男はちんこの大きさ』

『女はおっぱいのカップ数』

あとは、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【会社・職場】つづき 【体験談】

食卓を囲んで

緊張した表情の長門や伊藤とは対照的に

達也一人だけが上機嫌でワイングラスを傾けていた。



「若葉さーん、俺、少し妬いちゃったなー。すっごい乱れ方だったよねw」



言われた瞬間、かぁーっと血が上っていった。

顔が真っ赤になっていたに違いない。



「ば、ばかなこと言わないの!」



自分がさせたくせに何を言ってるの!

思い切り達也を睨みつけてやった。



「あらら・・ご機嫌斜めでちゅか?」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2013年11月16日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【近親相姦】姐弟【体験談】



“タッチ〜”は非常に早い土曜日の朝は言った、本当の早期いることを確認します。 8つの時、親も出て行く。

これは、非常に混雑してトリプル未満の四〇〇フィート家である。 私は兄と私の細胞ベッド、彼の次のセル内のと同じ部屋で寝る。 快適で、また、非常に便利で良いが服を着る。 私は彼一六は、17歳です。 朝は、あまりにも不快で覆われて、小Xueさんは、マークマークです。 液体の流出が濡れて下着を持っています。

浴室の思想は、彼女を洗浄するが、あまりにも早く土曜日の朝に一緒に。 彼は良いしないように要請します。 だから、まだベッドの中で、優しくクリトリスをこすりタッチ指を助けることができなかった、Aiyeもゆっくりと流れる。

“うーん…ああ… …”快楽の絶え間ない流入。

“シスター!は騒々しいので、早く、[OK]を?”彼の兄弟によると、そして年間静かに、

高速の指は、本当に危険な、停止するが、幸いにもしなかった彼は目を覚ます。

彼女もやと言えば、彼女は私の友人は、昨日、私は持っている彼女の神秘的なトイレに行くと私に電気の陰茎を取り出した。

“見て!多くの素晴らしいものを!”彼女は言った

“そこに募集しない、ああ、のようなものは”私は尋ねた

“これは何ですので、!あなたはしなかった使用?”

“コースではない!”

“良い​​試みが必要です。”彼女はすぐに私のスカートをオフに設定します。

“DIDはあなたはそれを試して今で言う?”

“もちろん、それは時間がかかるかもしれない!条件は、クラスの30分前に存在することができます!”


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2013年10月1日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【おっぱい・巨乳】その場の流れで職場の美人先輩とネカフェに入った【体験談】

確か9月頃の話。

19時くらいに1人寂しく家に帰っていたんだが、朋子先輩(26)と駅で偶然一緒になった。

俺は1人暮らしで、ほとんど外食かコンビニ弁当ばっかり食ってたから、思い切って食事に誘ったらOKが貰えた。

俺の職場には200人くらい女が働いているんだが、その人はベスト3に入るくらいの美人。

その日は台風が来てて、ちょうどピークが食事の時間と被ってたからかもしれない。

2時間くらいお好み焼きを食って、駅に向かったら朋子さんの乗るはずの電車が止まってた。

外はちょっと肌寒かったから、ファミレスで時間を潰そうと提案したんだが、朋子さんはネットで運行情報を把握したかったらしく、満喫に行こうと言い出した。

満喫では個室のペアシートに入った。

とりあえず飲み物を準備して2人で運行情報を確認した。

まぁ、まったり漫画でも読んで待つつもりだったんだけど、俺は密室に朋子さんと2人きりでいる事にちょっとムラムラした。

そばにいると朋子さんの良い匂いが漂ってくるし。

俺は大して体つきも良くないんだが、ネクタイを取り、ボタンをいつもより多めに外してセクシーさをアピールしてたw

彼女は上着を脱いでいて、カーディガンとキャミ、膝丈のスカートという服装だった。

ひょんな流れから俺は彼女が胸が小さい事を軽く言って見た。

彼女は


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2013年9月28日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【のぞき・盗撮】ロケット乳の女子高生【体験談】

覗き体験談

近所の西尾アナ風の奥さん。

その娘の女子高生を狙って覗きに行ってきた。

ほぼいつも通りの時間にママが入浴。

でも無理はしないで、ちょっとだけSEXYな裸体を拝んであとは我慢。



その後1時間ほど待っても誰も入りそうにないので

「朝シャン派かな?」

なんて考えて、そろそろ出直しかぁー、

と思ってたらやっと娘の声がして、電気を点けて入ってきたー。

 

あらかじめ窓に1cmほどスキマを開けておいたのだが、

入ってきたと同時に閉められてしまった。

(入浴中に「閉めたはずなのに何で開いてるの?」と思われるのもヤバイ

のでこれからは開けておくのをやめるか)


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||

2013年9月9日 | セックス体験談カテゴリー:のぞき・盗撮の体験談

【痴漢】若い男2人組に 続続編【体験談】

前編は以下のとおり







そんな事が何度繰り返されたのだろう。私が最後に意識を失い、目を覚ましたときにはもう終点近くだった。きちんと服も直されており、窓も全開にされて換気されている。



座席の汚れもきちんと拭かれていて、さっきこの場であんなことが起こっていたとは誰にも分からないだろう。しかし、私の腰のあたりにはまだ強烈な快感の余韻がたゆたっている。時間を確かめたくて、スカートのポケットから携帯を取りだした。



ディスプレイには新着メール一件の表示。

受信メールを開くと――メールで指定された場所は小綺麗なマンションの一室だった。エントランスのパネルを操作してメールに記された番号を入力すると、自動ドアは音もなく開いて私を迎え入れる。



307号室、表札には「片桐」の文字。何の変哲もないドアの前で、私は大きく深呼吸をした。この中に、あの茶髪の男や黒髪の男、あるいはその仲間がいるのだろうか。



特急電車の出来事から二週間。生理不順のためピルを飲んでいたので妊娠の心配こそなかったが、私はあれからずっとあの淫猥な鮮烈すぎる記憶に悩まされてきた。同じ種類の車両に乗った時には、あの男たちが現れるような気がして体が強ばる。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2013年9月6日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【童貞・処女】最悪な男に処女捧げたった 【体験談】

スペック



私 当時

中2 地味友達少なめ 半登校拒否

顔は中の下 身長は150ぐらいかな



相手 薄い顔で極度の狐目 弥生顔 以下(弥生人)



中学時代、特に恋愛をするわけでもなく

見ためにもまったく気を使っていなかった私は

学校でいじめにあい、どんどん引きこもりになっていった。

家で過ごす暇な時間をどう潰すか考えた末、いきついたのは

当時流行していたモ○ゲーだった。



当時のモ○ゲーは、今ほど規制はなく割りと自由に連絡先が交換できたため


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2013年8月5日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ