最新情報

【恋人】宇宙人に命令されてセックスした話 【体験談】

「UFO!いっしょに見に行こー!」





目はキリリと二重。

小さな鼻とうすい唇、

愛らしい丸いほっぺの丸顔。

恵子は○学×年生にしてはひどく小柄な身長だった。

コロコロと笑う様はまるでいたずら好きの子猫のような印象で

ショートパンツが似合う活発な女の子だ。



恵子の発育は学年でも遅い方だと思う。

高学年のくせにあのカラダはまるで低学年に見えた。

服の上から見るに、おっぱいは絶対ペッタンコだろう。

そんな幼児体型の彼女だったが、濃い目の眉毛が

彼女の自己主張の強さを物語っていた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2015年1月20日 | セックス体験談カテゴリー:恋人との体験談

【友達・仲間】衛ちゃんツー。ご【体験談】

ちゅう。

ソファーの上、抱きしめられて。

今までよりもっと、

ググッてする力強い抱きしめられかたに、

ドキぃッ、ゾクぅって、私。

衛君のちゅう、気持ちイイ…。

舌も。くちびるも。

「。んふ。…。ん。」

衛君とにゃんにゃんしちゃうんだよね、な、ちゅうだから…。

緊張で息苦しくて、

気持ちもヨクて。

なんか、声、でちゃうよ。。

「ちゅ。。声、かわいーね…。」

「ちゅ。。恥ずかしーよ…。」

「ちゅ。。今日は、たくさん聞かせて。」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2014年6月17日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【不倫・浮気】人妻不倫体験談【体験談】

彼女はゆりさん(仮名)といって私の7つ上の人妻でした。



私が当時まだ大学生でしたので歳は27、8歳といったところではないでしょうか。



彼女とはとあるサイトで知り合ってから一ヶ月以上メールしていました。



一ヶ月経った頃に電話で話して、会うことになりました。



そのとき彼女から自分が人妻であることを告げられましたが私は別段普通に接していました。



簡単にセックスできそうなのでむしろ楽だろうと思いました。



彼女と仲良くなるために私は彼女の音楽的趣味やその他についてある程度自分で調べて話題に備えました。



また相変わらずメールは長文で返信もマメですし、たまに甘えたようなメールも送って徐々に距離を詰めました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2014年5月21日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達・仲間】半熟成卵巣シリーズ(6)【体験談】

『 第六章 華麗なレオタード 』



ひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった

ワンピースから覗かせる焼けた肌と素肌の境目はスクール水着の跡が残る

夏休みも後わずか宿題の追われる毎日を送る少女達 そして俺のマンションの

少女達の溜まり場 1室から聞こえる宿題に追われる絶頂の叫び声

「もおっ 夏休みの宿題が終わらないよぉ ねぇ 真弓ちゃん見せてよ」

「えっ 裕子ちゃん 自分の事は自分で遣りなさい」

「だって 分からないだもん ねぇ 8月2日は晴れだったかな雨だったかな」

優等生の真弓に見放された裕子が俺の部屋に来た

「おじさん うふっ♪ 宿題教えてよぉ・・・・ねえったら・・」

「おっ何だぁ 裕子ちゃんも腹巻のような洋服を着るのか」

「腹巻・・・ぷっふふっ これはねチューブトップと言うの 腹巻だってふふっ」

「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」

裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月8日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【人妻】妻が職場の後輩に・・【体験談】

「先輩、今週も飲みましょうよ!」

「今週もか?」

「駄目っすか?新入社員にも週末の教育必要でしょう!」

後輩の言葉に、頼られていると言うか?入社初めての気分だった。

「よ~し、じゃ家でいいんだよな?」

「え~勿論!奥さんも一緒に・・・」

「そうだな」

そうして、週末飲む事になったんだが、そんな日に限って仕事が多くドンくさい私は残業確定状態だった。

「すまん!今日、残業確定だ!」

「え~、じゃ先輩先に俺達飲んでて良いですか?」

「先?」

「待ってますよ。先輩早く仕事片付けて帰って来て下さい」

「あっそうだな?」

そうして、私以外の4人は先に我が家に向かって行った。

早く片付けてって言うけど、直ぐに終わる訳も無く必死に終わらせて時計を見ると10時を回っていた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||

2014年2月22日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【不倫・浮気】継母と【体験談】

俺はいま21歳になったばかりです。

俺の本当の母さんは俺が4歳のとき車にはねられ死にました。

8歳のときいまの母さんが親父と再婚して遠い岩手県から神戸にやってきました。

色の白い綺麗な人です。31歳でした。いまは44歳です。

ほんとに優しい人です。嘘もつかないし・・・。



それから毎日が楽しい生活で親父も何時も上機嫌でした。

俺もよく気が合い毎日が楽しかった。

ソレが10年程してから親父がよく家を空けるようになった。

若い彼女が出来たらしい。

ある日学校の帰りに偶然見つけ、後をつけますとあるマンションに

その彼女の肩を抱き入っていくのを確かめました。

はじめ母さんには黙っていました。

悲しめたく無かったのです。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2014年2月12日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【寝取り・寝取られ】言いなり(完結編)【体験談】

前編:言いなり(第二部)





<>152:コピペ:2005/12/12(月)23:29:28ID:SDX4LUx6<>



あれからも、妻は、毎週のように抱かれてます。

部長は夏バテも無く、絶倫は健在ですし、妻も鍛えてますので同じです。

軟弱者の私だけ、夏バテしています。

妻は、毎週部長に抱かれる事が、もはや生活の一部で当然の行為と受け止めています。

しかもそれが、今では快楽をもたらしてくれる。

妻も望んでいるのでしょう、週3回も逢ってしまうところまで進んだ。

部長の飲み会の後に2回、週末のゴルフ練習の後です。

さすがにまずいと思い、私は部長にお願いした。

「部長、週3回はまずいです。今回だけにして下さい」

「それは言えるな、今後は気をつけよう。でもな、それは久美子も望んでいたからだ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【学生時代】立命館大学「昔のゲームソフト・本体・攻略本下さい。汚いのやダブリは要らないです。送料は負担ヨロシク」 【体験談】

1:チェーン攻撃(長野県)2013/11/2415:40:36ID:mgI75p3b0

ゲーム資料現物寄付募集



この度、立命館大学ゲーム研究センターは、ゲーム資料の現物寄付の募集を実施いたします。

ゲーム文化の体系的な保存と、国内外の研究者のための研究資料としての活用を目的として、皆様方にご協力をお願いいたします。

特に80年代以前に発売された古いゲーム機・ゲームソフトなどをお持ちの方、また現物寄付に関する情報をお持ちの方は、下記要領をご確認の上、本センターまでご連絡ください。

現物寄付を募集する資料は下記となります。ご寄贈いただく前に資料の内容を確認させていただいております。汚損の激しいもの、本センターで既に複数所蔵しているものについては、ご寄贈を辞退させていただく場合がございます。あらかじめご了承のほど、

よろしくお願いいたします。



・家庭用ゲーム機(据え置き型・携帯型)

・家庭用ゲームソフト

・PCゲームソフト

・ゲームソフトの取り扱い説明書

・ゲーム機・ゲームソフトのカタログ・フライヤー

・アーケードゲームの基板(アーケードゲーム筐体は受け取りかねます)


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2013年11月28日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【会社・職場】総務の女子社員【体験談】

前編は以下のとおり



8時45分、自分のデスクに到着すると同時に内線が鳴った。

それは総務のN美さんからだった…



「はいもしもし、おはよう」

「おはようじゃないわよ!! 若い子連れて遅い時間になにやってんのよ!!」



全身に電流が流れ凍り付いた。私の席からはN美さんが見える。ゆっくりと立ち上がり恐る恐る見ると、ギロッとこちらを睨みつけている。



「えーと…、それは…、なんというか……」

どうやらSちゃんと歩いているのを目撃されたようだ。



結局仕事の後にN美さんと飲みに行くことになってしまった。なぜか私のおごりというのが心底納得いかないが…




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||

2013年11月7日 | セックス体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【恋人】ありがとう由香、由香。 【体験談】

俺が大学生のとき付き合っていた彼女の話をする。



今から10数年以上も前の話だ。

大学に入って2年目の夏休みのこと。

1年生のようにバイトや遊びに精を出すこともなく、

かといって3年生のように就職活動に追われることもない大学2年の夏休み。

基本、大学の夏休みは暇だ。年頃の男女がすることといったらひとつしかない。

人生で一番時間がありあまっていたあの頃、

俺と彼女はセックスばかりしていた。



「ケンちゃーん。ねーアイスコーヒーのむー?」

「サンキュ!氷多目でー」

「あいあい」

冷蔵庫から無造作に氷を取り出し、カランとコップに投げ入れ

キッチンから彼女は戻ってきた。両手にアイスコーヒー。ふたり分だ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||

2013年11月4日 | セックス体験談カテゴリー:恋人との体験談
1 / 212

このページの先頭へ