最新情報

【不倫・浮気】彼女との合コン【体験談】

【スペック】

真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン

まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。

一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。

セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする

ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ

てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら

回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし

なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって

いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを

彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き

合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが

たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして

まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為

     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【童貞・処女】男は武器があればいい。女は淫乱に限る。(初体験編)【体験談】

俺が童貞を捨てたのは小6だった。 それ事態は普通

だけど、

レイプ紛いな体験だったんだ。

その頃は、

年子の姉と妹と母の4人家族で、男が少ないので、片身が狭い生活だった。

例えば、

家の女3人は、

風呂あがりは真っ裸だし、トイレは開けっ放し、家ではほぼ下着姿で、

開けっ広げってか恥じらいがない。見たいけど、

身長が低いのが、コンプレックスで、内向的な俺には、

目のやり場に困る。

当たり前だが、1人ジャージ姿の俺に脱げ何て言わない。

風呂も間隙を縫って入浴する。

好きなTV見てる時とかにね。

何故なら、一緒に入りたがるからだ。俺に髪の毛を洗わせてトリートメントさせるためだ。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月1日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【人妻】中2男の子【体験談】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月10日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】黒人男性と付き合った私【体験談】

私は、数年前に英会話教室で1人の黒人男性と知り合いました。

彼の名はリオン

凄く紳士的で、優しい人柄に引かれ私は恋に落ちました。

リオンは当時、ある工場で働いていたんですが、バイトを頼まれ

期間講師として教室に来たんです。

もちろん教室内での恋愛は禁止されていたので、彼はバイトを辞めました。外国人のSEXは日本人とは大違いに激しいものでした。

チンポも半端なく太く長いんです。

彼と知り合うまで私も何人かの日本人男性とお付き合いしましたが、比べものに

成りませんでしたし、プレーも凄く長い時間をかけて攻めて来ます。

初めは、彼の本性を知らず受け入れていましたが、だんだん彼の虜となり、身体が断れなく

成って行きました。

彼はSM好きで、とにかく私の身体を縛ったりぶったりするんです。(外人はアソコに毛が無いんだと剃られました)

色々な道具や薬を使い、私の身体はドンドン彼の玩具と化して行きました。

でも、普段の優しい彼にすっかりハマっている私にNOと言う選択肢はありません。そんな彼との交際も1年を過ぎようとした時でした。

彼に言われる様に、下着を付けずワンピースを着ると、アソコに5個とアナルに3個ローターを


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2013年11月8日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【童貞・処女】はじめてのB体験【体験談】

私が中学生だった時、初めて“B経験”をした時の話です。

当時の私には同級生の彼氏がいました。

名前はアキラ君、少し不良っぽい感じでクラスの中でも目立つ男の子でした。

私たちはいつも一緒に登下校するくらい仲の良いカップルでした。

私たちは時々、下校途中にアキラ君の友達の家に寄って遊んで帰ることがありました。

その友達の家は両親共働きだったので、昼間の間はちょっとした“不良の溜り場”みたいな感じになっていました。

みんな、その家の人がいなくても勝手に入りテレビゲームをしたりタバコを吸ったりしていました。

中にはエッチなことをする時にこの家を利用している子達もいるみたいでした。

私たちも他の人が誰もいない時などはこっそりと隠れるようにキスをしたりしていました。

そんな場所に出入りしている自分が同世代の他の女の子達よりも“ススンデル”気分がしてちょっとした優越感を感じていました。

その日もいつものようにアキラ君とその家に寄ってゲームをしたり漫画を読んだりしていました。

少しするとゲームをやめたアキラ君が私の隣に座ってきました。

その日は私達以外に誰もいなかったので寄り添ったままキスしたり抱き合ったりしました。

普段は素っ気無いアキラ君もこういう雰囲気の時は「オマエが好きだよ」と言ってくれたりするのでとてもドキドキしました。

その時、家の玄関が開く音がして人の入ってくる気配がしました。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月7日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【人妻】同級生元カノ人妻の友人とW不倫 【体験談】

会社に突然女性から電話がかかってきた。

「はいっ 〇〇ですが・・・」

「充子の友人の美紀です 私の携帯番号・・・・・・・・・ちょっとお話できませんか」

「いいですよ では」と電話を切り場所を変え携帯で美紀に連絡した。

「〇〇ですが・・・」

「あっはいっ 美紀です。すいません会社に電話してしまって」

「突然どうしたんですか」

「充子からあなたとのこと聞きまして 木村君とのこと聞いてますか」

「ええっ 木村とのことを聞き驚きました 大変だったみたいですね」

「踏ん切りがつかなくて 一度お話しできませんか」

隣町の駅前で艶っぽく化粧して目立つ服装の美紀を車に乗せファミレスで食事しながら話し始めた。

「突然の連絡で驚きましよ」

「充子から不倫していると聞いてました ミニ同窓会の後のことを聞き不倫相手を追及したらあっさり白状したの」

「ル−ル違反ですよね お恥ずかしい限りです」

「充子が羨ましいわ 綺麗になって やはり女性は愛され愛を注がれることで輝くものですものね」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||

2013年5月29日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【大学生】後輩を誘う彼女【体験談】

僕には、22才で同い年、同じ都内の大学に通う彼女がいる。モデル事務所に属すk子は、男なら誰もが抱きたいと思うプロポーションの持ち主だけど、エロイ身体のラインにはミスマッチな、地味で清楚な顔つきと、長い茶色い髪がよく似合う、最高の女だ。

僕たちは付き合って2年になり、1LDKのマンションで同棲している。k子は申し分ない彼女で、なにより僕とはエッチの愛称が抜群だ。付き合い始めは毎日狂ったように抱き合っていたのも、最近ちょっとマンネリ気味になってきた。

去年の夏、お互いの両親に挨拶するため、互いの田舎へ小旅行をした。うちは外房なので、久々に逢う高校時代の友人や近所の仲間と、海へ遊びにいき、当然男どもの視線はK子のビキニ姿に釘付けになった。友達に冷やかせながらも、彼女の身体を舐めるような彼らの視線に、僕はすごく興奮した。

そこに友達の弟Y君もいた。Y君は、僕が通った高校に通う、普通の17歳で、いってみれば後輩にあたる。しかも来年は、僕たちが通う大学を第一志望で受験するという。ということで僕は、「東京きたらいつでも家に泊まりなよ」と先輩風を吹かしてみた。

そんなY君から先月半ば、出来たら3日ばかり泊めて欲しいとメールが来た。

先週の木曜日、僕と彼女は渋谷でY君と待ち合わせ、晩飯を食べながらたわいない会話に盛り上がり、部屋に帰った。部屋は1LDKなので、Y君にはソファで寝てもらい、「お休み」と言い壁ひとつ隔てたベッドルームへ僕たちは入った。ベッドに入るなり、俺は彼女の股間に手を入れ、少し酒が入ってるためK子のあそこはすでに濡れていて、おれは丁寧な愛撫を、その晩長く施した。ゆっくり、丁寧にあそこを舐めるうち、最初はY君に遠慮して声を出さなかったK子も、2度絶頂に達するうち、普段より激しい声が部屋中に響いていた。

次の日、僕は昼、K子は朝からの講義で、一足早くK子は出て行った。そのかわり、午後はY君を連れて、大学や周りの街を案内することになっている。僕は夕方二人と落ち合った。K子はコートを羽織っているが、インナーは胸元が大きく開き、彼女の見事な胸元と谷間が露出した格好だった。一日一緒にいたY君にはたまらない光景だろう。まして昨夜、おなじ彼女のあえぎ声でY君も、いい思いしてるはずだ。その晩、知り合いの集まりに顔をだし、3人で部屋で飲みなおすことになった。

部屋につくと、K子は「ちょっと失礼、今日結構歩いたからシャワー浴びてくるね」というと、すかさず僕は「だったらY君も一緒に入れて、背中ながしてやんなよ。歩いた距離はいっしょだろ・・」、でもまだ乗りが足りないのか、「なにいってんのよ、Y君、私より若くてかわいい彼女いるかもよ」と軽く交わされる。僕は酒を用意し、彼に聞いてみた。

「彼女いるのかよ?」

「いるのか、いないのか・・・・つい先週別れました」

「別れた?ということはいたんだな。もうエッチはすませた?」

「エッチは・・・済ませましたけど、下手らしいっす・・・・彼女すごく痛がって、そんでその後ちょっと険悪な不陰気で・・・・」

「ふーん」

と話しているところにK子がカミソールに短パン、いかにも見せる格好で部屋に入ってきました。彼女も恥ずかしかったのか、いきなり焼酎をストレートで一気飲み、そんなK子に見とれる二人の側に陣取り「何の話?」と聴いてきました。

「いや、かくかくしかじかで・・・・・」僕が説明すると、彼女は


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2013年4月26日 | セックス体験談カテゴリー:大学生との体験談

【温泉】カップル同士で混浴【体験談】

セックス体験談タグ

||||||||||

1970年1月1日 | セックス体験談カテゴリー:温泉での体験談

このページの先頭へ