最新情報

【近親相姦】267物語 中2編 【体験談】

325267ageNew!03/03/1218:28ID:???

[[267物語 中2編]]

おにいちゃんとのロストバージン後も、おにいちゃんと会ってはエッチに明け暮れた。

というか、エッチするために会ってた。あんまり仲がいいので、もう年頃だし両親も

警戒し始めていたけど、そんなのお構いなし。お兄ちゃんは大学生になって彼女

も出来て昔ほど頻繁には会わなくなったけど、それでもエッチするときは耳元で

「彼女より感じるよ」って優しくいってくれました。この頃はすっかり一人エッチはしな

くなっていた。悪い事だってわかったし、何より恥ずかしかった。



そんな中、私は個人指導の英語の塾に通うようになっていました。塾といっても、

先生の家に勉強を教えてもらいに行くタイプの逆家庭教師という感じの塾。

先生は20代後半のすっごく綺麗なお姉さんだった。ネコをいっぱい飼ってて、一

人暮らし。彼氏とかの相談も一生懸命乗ってくれて、19時から20時半までの予定

が22時になったり、時には遅くなりすぎて家まで送ってもらったり。親の信頼も厚い

らしく、遅くなっても「熱心な先生ね」っていったかんじ。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2012年11月9日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【寝取り・寝取られ】明後日も弁当はいらないよ 【体験談】

810明後日も弁当はいらないよsage04/06/2606:51ID:M0euLJ+i

妻(由美子)と生活をしていると、いつも一緒に居るのが当たり前となり、なにかこう、恋人気分は無くなり兄弟のような、親類のようなそんな感覚になっていた。

もちろん今も妻を愛している。生活する上でなくてはならない存在だ。

しかしそれは家政婦としてであって女性としては見れていなかったのだろう。



妻が最近浮気をしているのはなんとなく気付いていました。

ここ2年以上も妻を抱いていないので無理もないのだろうか。。。

(こちらから迫っても断られていたが)

当然怒りの感情が湧き上がってくるのだが、自分でも驚いたことに

それ以上に、寝取られてしまったことにかなりの興奮を覚えていた。



バイト先の歓迎会があるから、、今日だけ遅番を頼まれた、、、

その都度、私は激しい嫉妬と興奮を覚え、ひとりオナニーをしていました。



妻が遅くなる日は、仕事を早々に切り上げ妻の後をつけてみたり
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2012年11月9日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【人妻】僕の初エッチ【体験談】

僕が小学校6年生のときでした。





いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。





母が’正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!’といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。





家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。





でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2012年11月8日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取り・寝取られ】出張先の彼女なおみ 【体験談】

184名前:えっちな21禁さん投稿日:03/06/1109:24ID:RcYDjIbG



地方へ2年間出張していた頃、出張先の盛岡で彼女が出来た。おいらは22歳大学卒業後すぐに

長期出張を命じられて2年間行くことになった。一人暮しをはじめて1年が経とうとしている頃

おいらのいきつけの飲み屋にある女性が来た。名前はなおみ、歳は28歳おいらにとっては年上

のお姉さんって感じの綺麗な子でした。店が閉まる頃には二人で楽しく話ししていた。好きにな

るのは時間はかからなかった。お付き合いが始まり2ヶ月がすぎた頃、彼女が初めて家に来た。

もちろんSEXして楽しい時間を過ごした。





185名前:えっちな21禁さん投稿日:03/06/1109:25ID:RcYDjIbG



彼女はおいらが東京に帰るのを知っていて、私も東京に行きたいとせがんだ。おいらは構わない

よと言い熱い時間はすぎていった

と…ある日。おいらは会社帰りにいつもの飲み屋に立ち寄った。田舎なので駐車場付きでまた
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2012年11月8日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【友達・仲間】女友だちの一人H 【体験談】

カップルの部屋と俺と女友達の部屋は隣合わせで、女友達が寝てる方のベッドがカップルの部屋側の壁に沿って置いてあった。

12時を回った頃だったと思う。ガタッという音で少し目が覚めた。隣の部屋からヤラシイ声が漏れてきた。「あ…ヤッテル」完璧に目が覚めドキドキしてた。

その時ガサッと女友達が少し顔を上げて俺の方を見た。別に、やましい事をした訳も無いのに咄嗟に目を瞑り、寝てるフリをした。

目を閉じてても視線を感じる。片目だけ薄目気味に目を開けると、女友達が俺が寝てるか確認して壁に耳を付けてた。

「うわっ聞き耳立ててる」女友達の見ては行けない部分というか、むっつりな部分を見た感じでこれだけでも俺はドキドキした。けど、隣では正にHの最中。しかも、付き合いの長い友人と彼女。

さすがに、俺のベッドの方は壁から遠くて、友達の彼女が大きい声を上げなければ分からない(さっき聞こえた時は相当気持ち良かったのか?)

何だか、女友達が羨ましく思い寝たフリしててもつまらないから、いっその事起きて女友達と二人で盗聴した方が楽しめそうと思い、起きようとしたその時!

女友達の手がソロソロ〜と布団の中に入っていった。

ま…まさか!!自分の目を疑う。あの女友達が、布団の中で確認は出来ないがオナニーをしてるのは状況からも確実。解りやすく説明すると、あぐらかいて片方の足の膝を立てた様な状態で布団が掛かっていて左手(俺が寝てる方)が布団の中。

興奮が止まらない。俺は必死に息を潜めて、鼻息がバレない様布団を顔半分まで隠した。ザサザサとシーツが擦れる音が段々早まる。膝を立ててる方の足が小刻みに左右に揺らす女友達。ふぅふぅ…と鼻息が漏れた

隣の部屋から、

「…ぁあん…ぅんっ」

と友人の彼女の声が聞こえてくるが、今ではその声すら邪魔に思うくらい目の前の光景に釘付けだった!実際、女友達の方が俺は好みだった事もあるが中々オナニーの場面なんて見られないから。

「フン…フンッ…フゥゥゥ…フッフッフッ」

なんてこった。鼻息がこんなに興奮するなんて。女友達も凄い必死に息を潜めているが、隣にバレなくても俺は騙せないよ。豆電球のオレンジがいやらしく女友達を照らす。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2012年11月6日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【近親相姦】エミと叔父 正月休み 【体験談】

174エミと叔父 正月休みsageNew!04/03/1615:20ID:lzNkZQ/g

正月に親戚が訪れるなか叔父は夫婦で家にきました

私はおばちゃんもいるなら、と挨拶にいきました

二人は挨拶をすませると私にお年玉をわたしお母さんとお父さんと話していました

私が部屋に戻ってしばらくすると叔父が私の部屋にやってきました

叔父は「あれからオナニーしてるかい?ちょこっとオナニーしてみせて」と言ってきて私は焦りました

私はベッドの下からローターを出しオナニーしはじめましたが

「お母さんこないよね?」と何度も確認しました

私がローターだけでオナニーしていると「バイブはどこ?」と叔父が聞いてきました

わたしは「机のなか」と答えると机に向かってるときだけオナニーしてると勘違いしたのか

「そうかそうか」と、うなずきながらなっとくしていました



175エミと叔父 正月休みsageNew!04/03/1615:21ID:lzNkZQ/g

私がクリトリスでばかりオナニーしてるのに物足りなかったのか

叔父は指をなめると「バイブの代わりだ」といってお尻にいれてきました
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||

2012年11月5日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【友達・仲間】ハローワークの女 【体験談】

267名前:小次郎投稿日:02/11/1921:15ID:lgaGqSDT



『小次郎君…今まで我が社の為に頑張ってくれてありがとう』

『(゚Д゚)ハァ?』

3年前の夏の日、俺の会社が倒産した。

俺が28歳の誕生日を迎えて間もない時期だった。

新卒で勤め始めてからその日まで、転職した事がなかった俺は

突然訪れたプータローの日々に、

現実感が沸かず、何故かワクワクしていた。

今考えればアホだ。







268名前:小次郎投稿日:02/11/1921:18ID:lgaGqSDT


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||

2012年11月4日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【近親相姦】エミと叔父の夏 【体験談】

418:エミと叔父の夏:04/02/1213:49ID:Hy75+Vdk

今から10年程前

私がまだ小学生の頃

夏休みで家で一人で留守番をしているとインターホンを鳴らす音が聞こえ

玄関に出てみると親戚の叔父さんが来てました

私は「今お父さんもお母さんもいません」と言って帰ってもらおうとしたら

「じゃあ帰ってくるまで待たせてもらおうかな」といって家に入ってきました

私は食べていたお昼御飯の後片付けをしに洗い場で食器を洗っていると

叔父さんは私の背中から覗き込むようにして

「ほぅ食器自分で洗うんだ、えらいなぁ」と言いながらわたしの頭を撫でてきました

私はこの叔父さんがいつも抱きついてほっぺたをすりよせてくるので苦手でした



419:エミと叔父の夏:04/02/1213:49ID:Hy75+Vdk

私が洗い物をすませると叔父さんは「ちょっとこっちに来て一緒に話をしよう」

と私を居間のソファーで隣に座らせると私の肩に手をまわし
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2012年11月2日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】オナニーの道具は姉のおっぱい。 【体験談】

セックス体験談タグ

|

1970年1月1日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
503 / 503« 先頭...102030...499500501502503

このページの先頭へ