最新情報

【学生時代】塾の教室で【体験談】

これは僕の体験談じゃなく僕の友達の話です。

ある日塾で竹之内という女の子が課題を終わり帰りの用意をして帰って行きました。

塾の先生と話をしていたのでまだ塾にいたようです。

僕の隣に座っていた友達がその女の子がプリントを忘れていった事に気づきその女の子に渡すとその女の子が、

「ありがとー♡優しいなぁ♪」

と、大阪弁で一言♡ヽ(=´▽=)ノ

もう、非リアの僕にとってはもう、 萌え萌えニャンですよ(笑)

大阪弁の中学生♡しかもModelクラス♪アニメっぽでしたよw

そんなチャンスほしかったなぁ(´Д⊂ヽ

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2017年12月21日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【友達・仲間】エロノートz【体験談】

さあ、いよいよ、女性器への拷問の時間だ

覚悟してね。男は嬉しそうに宣言した。

すでに、ここまでの拷問で6歳のしずかの体はぼろぼろだ。拷問わ始める前にもう一度だけ犯しておこう

無理やり犯し始めた

しずかの悲鳴があがる

(うぎゃあああ、痛い、いたい、いたいい・・・)

その声を聞きながら男はいった。犯し終わると男は5cm四方の角材をとりだし、さらに有刺鉄線を巻きだした。

しずかは泣きながら

(、許して、許して許して、許して・・・)叫んでいる。何をされるかはわかっているのだろう。(じゃあ行くぞ)準備ができた男はそういうと性器に角材を押し当て一気に押し込んだ

ブチブチブチ・・性器の裂ける音が鳴り

角材が6cmほどはいった。

(いぎゃ・・&%$#”!”#$$#”#$%&%$#”#$$%&&’&&%%$#”%$%&&&%%)しずかは何かを叫んでいる。

男はさらに押し込もうとするが、どうしてもはいらないようだ。

男は金づちを持ってきた。角材をたたいて押し込むかと思ったがちがった。

ごきごきごき


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||

2014年6月29日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【スカトロ・マニア】娘の名前がネタ臭い 【体験談】

ちょっと前に投稿されてた獣姦動画に日本人動画がウプされていたやつについてなんだけど、獣姦はキッチリやってるが目の前に子供いるとゆうのはネタだと思ったね

オーストリアの趣味人がやってる有料サイトだから、リンクは張らないけどさ

宣伝したいわけじゃないし、獣姦オンリーだから受け付けないヤツも多いでしょ

獣姦動画てのはさ大抵介添えする人がいるのよ

そうじゃなきゃ人間と交尾なんて、かなり難しいんだよね

ここのサイトは子犬から、他の犬に会わせないで人間の女の中だけで育てさせて、人間と交尾できるように育ててんだって

あくまでサイトの説明なんだけど、確かに介添えなしで人間の女と交尾すんだよね

だから、マニアの間じゃ人気あんだけど数年前に当局に捜査されて一旦サイト消滅、一昨年の7月から再開したんだけど、撮影場所が日本の近畿地方だってウワサあんのよ

あくまでウワサなんだけど、コンセントや家具がとある場所の貸切ペンションに似てるって話がある

そこはいいや

そのサイトで日本人の獣姦動画は5年以上なかったから俺も期待して見たんだよ

年は32のバツ1ってことだけどどう見ても25かそこらなんだよな

肌の質感やシワなんかまったくないし、30超えには見えない

金髪と赤髪の女2人に挟まれてインタビューうけるとこから始まる

英語とドイツ語で字幕出んだわ


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2014年5月9日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【学生時代】TOLOVEる【体験談】

少年ジャンプでやってるTOLOVEるが大好きで単行本も全巻持ってて本当に主人公がうらやましい。それでマンガのシーンを再現したくなって祭りに女友達呼んでおもいっきりおっぱいを揉んだら平手うちされて親と先生にいっぱい怒られたでももっとやりたいと思って電車に乗りカーブが来たら巨乳の女の人のおっぱいに顔をおもいっきリつきつけたわざとじゃないんですすみませんと謝ってちがう電車に乗りもう一度おなじことをやったいまではそれが趣味になってしまった

セックス体験談タグ

|||||||||

2014年2月16日 | セックス体験談カテゴリー:学生時代の体験談

【友達・仲間】エロノートに書けば②【体験談】

しずかはぼろぼろの服装で学校に来た。すぐにトイレで何かしていたが、体を拭いていたのだろう。なぜぼろぼろの服装か俺は知っている。《登校途中に空き地で犬に犯される》こう俺がエロノートに書いたからだ。書いたことは必ず起こる。

トイレから出てきたしずかに俺はこういった。「犬と空き地で何をしてたか、見ちゃった」ボー然とするしずかに、昼休みに男子トイレに来る用意に伝えた。今日も楽しませてもらうつもりだ。

昼休み

トイレでしずかにフェラチオをさせ俺のザーメンを飲ませた。

そして、俺の目の前でうんこをさせた。

「そのうんこを食え、あとが残らないように最後はきれいになめろよ。」そういって俺はエロノートに《うんこをくい、なめてきれいにする》と書いた。

しずかがうああああと叫びながら食べ始めた。最後はなきながら舐めていた。

明日は何をさせるか。

ふと

《明日、馬に犯される》と書いてみた。こんな、無茶なことでも起こるのかと考えながら・・・

セックス体験談タグ

|||||

2013年12月25日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】エロノートにかけば①【体験談】

エロノートをついに手に入れた。このノートに書いたエロいことはすべて本当に起こる。これでしずかをいじめて遊べる。あー楽しみだ。

まず、

ノートに書いたのは

○月×日しずかはパンツをはき忘れて学校に来る。

これで明日パンツをはき忘れて学校に来るはずだ。

次の日

≪しずかちゃん。今日パンツはいてないでしょう。しってるよ≫

(え、どうしてしってるの)

≪そんな事よりみんなに言われたくなかたら、昼休みに男子トイレの個室にくるんだよ≫

(・・・わかったわ。行くからみんなには言わないでね)

昼休み

≪さあ、ちんぽをしゃぶって僕のザーメンを飲んでねそうすれば誰にも言わないから≫

個室の中でしずかはいやいや、といいながらしゃぶり始めた。

もちろん、エロノートには俺のザーメンを飲むと書いておいたから、嫌でも飲んでしまうのだが。

ううう、我慢できずにいった俺のザーメンをしずかは全て飲み干した。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||

2013年12月25日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】大人な過ごし方 ~One of his & her adults life~【体験談】

体操服がコスプレの対象になって久しい

今ではすでに見られなくなったブルマ姿とかも対象になっている

使いようによっては中級くらい?のデッサンにも使える

性を際立たせる着衣でもある

真近かで姿を見ると充血してくるのが分かる

「女」を強調することもできる優れもの

彼氏彼女の充実した一時の過ごし方のひとつ

互いに信頼関係がなければできないこと

しかし、彼氏彼女ならば、できる

He loves her and she loves his,so they love each other.

セックス体験談タグ

||||

2013年12月25日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【人妻】中2男の子【体験談】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月10日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

【近親相姦】ロリ系な姉6【体験談】

[時すでに遅し]という言葉が今の状況のことを差すんだと冷静な自己満足的感情とは裏腹に、なぜか裕美姉ははにかんでいた。「どうしたの?裕美姉。」とストレートに疑問をぶつけると裕美姉は我に返ったかの様に肩でリアクションをした。「ふぇ!?なっ、何でもないよ!!誰も、圭ちゃんとの甘ーい日々を想像してたなんて言わないよ!?」いや、普通に漏れてますよ?本音。「はぅ!?喋っちゃった。圭ちゃんいつの間にそんな技を?お姉ちゃん、聞いてないよ?」と、裕美姉は頬を膨らまして言った。イヤまぁ、貴方の完全なる自滅ですよ?ハイ。「えへへ・・・お姉ちゃんと圭ちゃん、<コイビト>になったんだよね?」裕美姉は幸せを噛みしめる様に呟いた。「うっ、うん・・・」心境は先ほどとは一変、気恥ずかしさで胸が一杯になる。「これからもずっと一緒に居ようね、圭ちゃん♪」その日、その時に自分の胸の内に強く誓いをた立てたのは、俺しか知らないのであった。

セックス体験談タグ

|||||||||

2013年9月28日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】ロリ系な姉4【体験談】

「もぅ、圭ちゃん!早く、早くぅ」後で聞かされた裕美姉の話だと期待していた答えでは無くスケッチのモデルになる、と言う約束をしていたのをすっかりわすれていた。「(期待?・・・何を期待したのだろう?)」自問していると、裕美姉がくっついてきた。「いこっ♪」腕に胸が押し当てられ、つい顔が緩んでしまう。「あーっ、圭ちゃんえっちな顔してる♪ふふっ、嬉しいな・・・お姉ちゃんの事、そういう風に見てくれるんだ・・・。」裕美姉が何か、譫言の様に呟いた。「えっ・・・?何か言った?よく聞こえなくて」「ううん、何でもない♪」何で裕美姉は嬉しそうにしているのかよく分からなかった。「?」その後、絵を描くのかと思い気や気づくとデートをしていた。「裕美姉、絵描くんじゃなかったの?」と聞くわけにも行かず、心無しか楽しんでいた自分がいる事に気付く。「ねぇ、圭ちゃん。目、閉じて?」と裕美姉が甘く囁く。「えっ?・・・う、うん。」と多少驚きながらも素直に瞼を閉じると「・・・んっ・・・」・・・唇を奪われた。初めてのキスは突然すぎて、思考が停止する。「えへへ・・・キス・・・しちゃった♪」気が付くとはにかみながら上目使いで抱きつく裕美姉が自分の腕の中にいた。

セックス体験談タグ

||||||||||||

2013年9月26日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ