最新情報

【恋人】浅野すずとセックスした話〜海街diary〜 【体験談】

「…久しぶりに、頼むよ」



ロマンチックのかけらもないが、

それは少年から少女への逢引の誘いだった。



風太とすずは▲学2年の同級生。

同じ地域のサッカーチームに所属していた。

スポーツ刈りの少年と真面目な黒髪のショートカットの少女。

このふたりは同学年の中では決して発育が早い方ではなかった。

身長も声変わりもまだで最近ようやく第二次成長期に

入ったか入らないかといった感じ。しかしふたりはすでに

童貞処女ではなかった。視線を合わせずボールを追いかけたまま

すずは返答する。



「…いいよ」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2015年5月7日 | セックス体験談カテゴリー:恋人との体験談

【近親相姦】実の姉に優しくイジメられる生活 【体験談】

上のページにあった体験版がエロくてM男にはぴったりだったので、ここに丸ごとコピペします。



以下。

















『実の姉と、後輩の女の子に優しくイジメられる生活』サンプルver.



                              小松 とんねる




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2015年4月21日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【痴漢】痴漢されたけど恐怖で何もできなかった【体験談】

痴漢体験投下

地元のローカル線で、19時すぎればいつも車内はすっかすか。



その電車は横にずらって座席があるタイプの電車じゃなくて、

4人掛けの席がある電車で、

そのボックス席の一つに座っていました。



県庁所在地に学校があり、約1時間かけての通学。



帰りはいつもクタクタでだいたい寝ていることが多く、

昨日も試験で疲れていたのでいつも通り寝ていました。



服装はミニ丈の花柄ワンピに黒タイツにブーツ



ipod聞きながら膝の上にバックを置いてぐーぐーしてると


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2015年3月20日 | セックス体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【不倫・浮気】絶倫禿げ社長と妻【体験談】

俺が再就職した工務店の社長は、年齢の割りに押しが強くていかにも好色そうな

禿男だ。こういう男に妻がどうにかされてしまうことを想像して楽しんでいた。

いや、実際にどうにかされた妻を見てみたいとさえ思うようになった。

 社長はY談が大好きで、酒が入ると俄然エロ自慢をする。愛人もいるらしいが、

「人妻」が一番燃えるんだとか言っていた。相当アコギなこともしてきたらしい。

そんな社長におれは女房のことを吹聴した。どんなことをしたら悦ぶとか、どん

な声で喘ぐとか、たわいもない話だが、社長はすぐに食いついてきた。



 夏休みにとった水着の写真があるというと、見せろ見せろとしつこく要求する。

しまいには俺の胸ポケットに万札をねじ込んできやがった。妻も30半ばでしっ

かり肉付きも良くなってはいるが、社長から見ればおいしい年代らしい。

食入るように写真を見ている社長に、俺は耳打ちをした。

「今度の日曜日、うちのやつに届け物をさせますから、、」

社長は、ウンウンと大きく頷いて、俺に握手してきた。分厚い大きな掌は心持ち

脂ぎっていて気持ちが悪かった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2014年2月26日 | セックス体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【近親相姦】いとこ同士のセクス【体験談】

名前:<>130[sage]投稿日:2007/06/14(木)21:46:41ID:tbgC1UCb0<>

またまた前回の話からかなり間が空きまして今月の某日。

「私、気分屋だからまた気が向いたらフラっと帰るわ〜」

と言っていたいとこが帰省しました。

「1週間ほど居るつもり」との事だったので特にこちらの気も焦らず、都合の良い休日前夜に例によって祖父母の家にお邪魔する私。

玄関で靴を確認し、当然の事ながら(あ〜、居る居る)と思いつつ廊下を進みホールを横切って居間に向かう。

戸を開けると、見慣れた祖父母の顔に混じって懐かしいのがひとつ出迎えてくれた。

「あ、おかえり○○〜」

割に弛緩した笑顔で言ってくれるが、酒が入っている様子は無い。

気を張らなくても済む環境での、これがこいつ本来の笑顔なんだろう。

だからこちらも

「おー、ただいま。そっちもおかえり」

と、肩の力を抜いた返事を返す。






記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||

2014年2月12日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【寝取り・寝取られ】妻が眼前で…【体験談】

妻の不倫相手は、ごみ収集車の運転手でした。

別段、妻の行動に疑念を抱き、興信所に調べさせたり、携帯を盗み見た訳ではありません。

発覚は、妻自身による告白でした。

私が出張から帰宅した夜、唐突に、妻の口から浮気の事実を切り出されたのです。

話を聞かされても、私にはとても現実のこととは思えず、妻、と、不貞、という言葉を即座に頭の中で結びつけることができませんでした。

元々、妻は家庭的で、浮気などできるタイプの人間ではなかったのです。

色白の、均整のとれた身体つきだけが取り柄の、何処にでもいるような目立たない専業主婦でした。

けっして、美人でもなければ身につけるものや、立ち振る舞いにしても、いっこうに、華やいだところがなく、見た目も、性格そのものも、地味な女だったのです。

「離婚するか、しないかは、相手の方と話し合って、貴方が決めて下さい…私は貴方の決断に従います…」

顔面蒼白の妻が、そう言って、土下座をしたとき、私は、初めて事の重大さに気づきました。

見合い結婚をして八年、いつか、こういう日の来ることを予感できない訳でもなかったのです。

夫として不甲斐ないのですが、新婚初夜の無惨な失敗以来、私には、夫婦生活に際して、妻を歓喜の絶頂へ導いたという実感が、一度たりともありませんでした。

病的な早漏を気にするあまり、ベッドの中で、妻の身体を大胆に扱うことができなかったのです。

射精を早めないように、刺激的な体位は避けたとしても、力強いピストン運動など望むべきもありません。

挿入後は、下腹を密着させたまま、ゆるやかな円運動を描き、お互いの恥骨を押しつけ合うばかりの交合でした…


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2014年2月11日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【恋人】さや【体験談】

<>451:えっちな18禁さん:2009/08/06(木)00:38:15ID:5h3ZJkKm0<>

ちょっとスレの趣旨からそれるかもしれないけれど、暇つぶしに…



今から7年前、俺はある病院の事務職に、

何人かの男女と一緒に契約職員として採用された



最初は研修期間で新人同士みんな一緒に行動することもあって、

すぐにみんなと仲良くなってったんだけど、

その中で一人ずば抜けて美人がいたのね



さやって名前のその人は、

長い黒髪の清純派の典型って感じの女性で誰が見ても一目置くような美人

芸能人で言うと国仲涼子っぽい感じだった



さやは俺たち新人同士の中でも一番まじめで、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年2月2日 | セックス体験談カテゴリー:恋人との体験談

【友達・仲間】先輩【体験談】

今年の4月から女子大生やっています。ようやく大学にも慣れてきた頃かな。

 そうすると、男が欲しくなりますよね。え? ならないって? でも、あたしはなるんです。

 高校の時は、だって、ずっと男がいたから。週1〜2のペースでエッチしてました。といっても、恋人じゃなくて、ちょっと気が合う男の子の友達で、高2の時に彼氏と別れて淋しくしてたときに、勢いでエッチしたのがきっかけでした。だから、恋人じゃないんです。大学に入って、京都に下宿して、恋人だったらそれでも続くんだろうけれど、「セックス付き男友達」なんて、離れてしまうと、わざわざ会いに行ったり来たりはしませんよねえ。

 だけど、GWに帰ったときに、会って、エッチしました。これがいけなかったんですね。エッチの感覚が蘇ってきて。やっぱり男が欲しい〜。

 で、ようやく。

 これまた彼氏っていうんじゃないんですけど、お相手は一年先輩のSさん。決めかねていたサークルにもようやく入って、そこで出会ったんです。すでに新入生歓迎会は終わっていて、あたしのためだけに飲み会を開いてくれました。

 このとき、新入生同士ももう顔なじみになっていて、あたしだけなんとなく疎外感を感じていたんです。あたしのための飲み会だったのに、ね。

 でも、Sさんがそのことに気づいて、横に座ってくれて、優しく色んな(でも、くだらないどーでもいいようなことを)話してくれました。この、くだらないどーでもいいようなことを話し合えるって、いいですよねえ。

 でも、時間がたつにつれて、Sさんはどんどんくっついてくるし、グラスを持ち上げるときにわざと肘であたしのオッパイを触れるようにするし、なんだか下心ありあり。

 だけど、こっちの身体もこのあいだのエッチで火がついちゃってるし、Sさんもいい感じだし、もう身を任せちゃえって。

 飲み会が終わって、帰る組みと二次会組みにわかれて。あたしとSさんは当然、帰る組。…の、フリをしながら、駅へ向かう一行からそっと離れて、ラブホへ。

 もうこれが最高で、どちらからともなく手をつないで、すっごく自然な感じだったんです。

 おもむろに誘われるのも嫌いじゃないけど、当たり前のように手をつないでホテルへ行くなんて、なんか、全て通じ合っている二人みたいで、いいと思いませんか?

 それなりに経験あるから、遠慮しないでっていう「ごあいさつ」の意味も込めて、まずはあたしからフェラしました。

 サークルには処女っぽい子も多くて、同じに見られたくなかったし、気を使わせたくも無かったから。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||

2014年1月24日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【おっぱい・巨乳】授業中に女子生徒の乳首を見た事を責められた【体験談】

俺は中学校の教師をやってる。

彼女は2年生。

全体的に地味な印象で童顔。

中学2年にもなるとやたら大人っぽいのもいるけれど、彼女はまるで小学校の延長線上のような子だった。

そんな彼女がいつもと違うブラジャーをしてきた。

カップが下半分しかないやつだ。

こういう事の変化にはすぐに気が付くけど、生徒の変化は珍しい事じゃない。

だから俺は彼女の胸を意識していたわけではない。

ただ、彼女は身体をモゾモゾとしょっちゅう動かしていた。

やがて、小さなブラから乳首がはみ出した。

ブラウス越しに彼女の乳首が見える。

それほど大きくない胸だが、子供のそれとは明らかに違っていた。

女の芽が息吹いていた。

終業のベルが鳴る直前に、彼女は乳首をブラジャーにしまった。

後で知った事だが、彼女は俺に見せるためにわざと身体をモゾモゾと動かし、そうと悟られないように授業が終わる前に身繕いをしたらしかった。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||

2013年10月28日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【おっぱい・巨乳】姉が寝ている隙に生乳を揉んだ【体験談】

我が家のリビング、そこで「あーっ!」とか「うわーっ!」とか「シュートよ!そう!」とか「実況下手くそっ!」とか言いながらソファの上テレビで奮闘し続ける選手達を応援する姉と、その隣で姉の揺れ続ける乳を見つめる俺の姿があった。

最初は俺がサッカー観戦をし楽しんでいたのだが、用事から帰ってきた姉が乱入して騒がしくなったわけだが、姉の応援に段々イラついてきた時、ふと”暖房が効いているから”とTシャツ1枚になって激しく応援し始めた姉の姿に、ただならぬ感情を覚えた。

色欲だとか恋愛感情だとかじゃない。

姉の胸部には実に推定Fカップはあるだろうという豊満な果実がぶら下がっているのだ。

それを見た俺は最早サッカーどころじゃない、揉みたい、揉んで顔を埋めたい。

おっぱいおっぱい…頭の中はそれに支配された。

微妙な得点差の中、面白い展開の試合に熱狂する姉。

その中俺はひたすら姉のおっぱいを見ていた。

思えば最近の俺は実に忙しく、特に意識しなかったせいで実に自然と1ヵ月間のオナ禁がなされていた事に先程気付いた。

性欲がなくなったわけではない。

今目の前にこのような魅力的な物体が現れれば反応もするのだ。

ただこれはただ単純に性欲…雌の身体を渇望している…というわけではないハッキリと分かる。

それは何故か?

さっきから性行為がしたいとは思っておらず、おっぱいを触る事しか考えていないからだ。

試合もそろそろ終わりかけか…と思いきや、どんでん返しの展開になり、姉が五月蠅いほど叫んでいる。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||

2013年9月21日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ