最新情報

【乱交・王様ゲーム】すごいSEX 【体験談】

ソース元:=



友達の敏から「また乱交したいので、セッティングしてくれ。」と頼まれていたので、何とかみんなと連絡を取り合って、僕の家で昨日6Pを楽しみました。本当は11時に僕の家に集合だったのですが、敏はこの間の乱交のビデオを何度も見て、オナニーをしていたらしく、8時ごろにはもう僕とさくらの待つ家にやってきて、

「俺、もう待てないよ。頼む・・・先にやらせてくれ・・・」

と言うので、とりあえずさくらとSEXすることになりました。さくらがシャワーを浴びたいというのに、それさえ許さない勢いで、迫るので、結局根負けしたさくらは敏のズボンを下げ、フェラをすることになりました。

 確かに、仁王立ちの敏の立派なチンコはもうすでにビンビンに反り返っており、パチン、とはじけるように飛び出したかと思うと、先っぽからは大量のカウパー液が出ていました。玉袋が勃起に吊り上げられるように上を向くほどで、真っ赤に膨れ上がった亀頭は、今にも爆発しそうな勢いです。

 パンティ1枚になったさくらは、そのあまりにも硬い勃起を口に含み、亀頭を吸いたて、裏筋から先まで舐めあげると、カウパー液が極太の糸を引き、なんともいえないくらいエロっぽかったです。敏もさくらのパンティの中に手を入れると、マンコをまさぐり始め、さくらのフェラもだんだん熱っぽくなってきました。僕はただただ見ているのが勿体無いと感じ、ビデオを回し始めました。

 感じてきたのか、さくらはすすんでパンティを脱ぎ、スッポンポンになると、

「あはああ・・・・・ん・・・」

とアエぎながら、敏と重なり合い、強烈なバキュームフェラを始めました。ジュポッ、ジュポッと唾を溜め込んだ口で音を立てながら舐めすするのがなんとも言えず卑猥です。玉袋をほおばりスポンと音をたてて放すと、まるで何かの生き物の皮膚のように袋が流動します。ケツ毛に覆われた敏の肛門もモロ見えで、たまにヒクヒクしているのさえ見えました。

 今度はさくらに覆い被さるようにして、敏がクンニしはじめました。

「あは・・・嗚呼嗚呼・・・イイ・・・–」

さくらは咥えたチンコを外し、手で掴みながら、自分が感じることに集中しはじめました。剥き出しのマンコはすでにうるうるなくらいに濡れ、陰毛までぐっしょりでした。乳首はピンと立っていたので相当感じているようです。敏のなすがままに四つん這いになったさくらは、尻を真上に持ち上げた格好で、すべてを敏の眼下に晒しています。肉の塊のようなさくらの尻たぶをさらに両手で思い切り割り開き、丸見えのマンコを味わうように吸い尽くすと、今度は、右手の指を4本とも突っ込み、中をかき回すように愛撫しました。これにはさくらも感じすぎてしまったのか、恥ずかしすぎるほど声をあげ、中からは白くなったラブジュースがあふれてきました。よっぽど力が入っているのか、括約筋のくっきりと浮かび上がった肛門がケツ毛の中から見てくれと言わんばかりに顔を出します。さっき見た敏の肛門に比べると、シワが長く、大き目のケツ穴です。敏はさくらのケツの穴だけを舐めあげ、今度は尻の割れ目全体に広がるふさふさと生い茂った陰毛(ケツ毛?)を唾液でべとべとになるくらいまで濡らした後、ズッポリとバックで串刺しにしました。

「あん!」

急な挿入に体全体をビクンと震わせ、そのまま、バックでつながりました。パコンパコンと音をたて突かれる度に、さくらの声がうわずります。これからさくらがどんな感じ方をするのか楽しみだったのですが、敏の方が相当たまっていたらしく、本当に20秒ほどで、


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月17日 | セックス体験談カテゴリー:乱交・王様ゲームの体験談

【大学生】サークルの仲間と4P【体験談】

この間とうとう4Pをしてしまいました。

僕は大学のあるサークルに入っていて、今年入部してきた、さくらと付き合っています。同じサークルの浩史もさくらのことを僕たちが付き合う前から、かなり気に入っていたようで、いつも「いいなあ・・・お前たちどういうSEXしてんの?」と探りを入れていました。浩史もさくらと僕が付き合ったすぐ後に、同じサークルの恵と付き合っているので、いつも僕らが集まると2人でお互いのSEXの情報交換をしていました。

ある日、浩史が突然、

「なあ、今度4人でこの部屋で飲んだ後に、みんなで乱交やらないか。もちろんお前も恵とやらせてやるから。」

と誘ってきました。「でも・・・」僕は迷いました。確かに浩史から何度も恵とのSEXの話を聞かされていたので、恵とHできるのは魅力だけど、さくらと浩史をやらせるのは勿体無い気がします。結局やるかどうかはわからない、ということで、次の日に早速みんなで飲みに行きました。

店でそこそこ盛り上がった後に、僕のアパートにみんなが来て、ちょっとまったりとしているうちに、浩史が恵といちゃつき始めました。流れで僕とさくらも横のほうでいちゃいちゃし始めました。

それから数分が過ぎて、浩史たちの様子が気になってチラッと覗いてみると、すでに浩史はズボンを脱いで、恵にフェラチオしてもらっている最中でした。恵も胸をさらけ出して、浩史のものをしゃぶっていました。恵・・・あんなオッパイをしていたのか・・・)はじめて見る後輩のみだらな姿に僕はすっかり興奮してしまい、横にあった毛布に包まってさくらと最後までHしてしまいました。

終わった後は、4人とも下着姿で照れながら余韻に浸っていたのですが、浩史がさくらの横へ来て、「俺もさくらとしたい。」といってさくらといちゃつき始めたので、僕も恵と抱き合ってキスをしました。恵も素直に受け入れてくれました。どうしていいかわからず、すぐに僕が正上位で恵と交わると、向こうではまださくらと浩史がお互いを愛撫しあっていました。どうやらさくらが浩史に強いられてフェラチオしているようでした。自分の彼女が、他の男の物をしゃぶっている異常さに興奮して、僕はあっさりと恵の中でイッてしまいました。しかし、すぐ隣でさくらが浩史に抱かれるのかと思うと、気になって恵を満喫できませんでした。

僕が二人の様子を見に行くと、まだお互いが愛撫している最中でした。「おっ、もう終わったのか・・・俺たちはこれからだ。」浩史が言います。「せっかくだから、さくらのすべてを味わっておかないと・・・」そういいながら浩史は今度は無理やりさくらを上にして69の体勢になりました。

「いや・・恥ずかしいから見ないで・・・」

さくらは言いますが、浩史の大きな物をフェラチオするのに必死で、それ以上は拒みません。浩史も嬉しそうにさくらのケツに顔を埋め、クンニしはじめました。さくらは「あんあん」と喘いで答えています。浩史は69でさくらのクリトリスから尻の穴まで何度も舐めあげたあと、正上位になって挿入し、2人とも数分でイッてしまいました。

その後はみんな興奮しまくりで、やりまくり。2人を四つん這いにして、後ろから交互に挿入しました。さくらの肉付きのいい大きな尻と、恵の小ぶりでかわいい尻を並べて見比べながらするSEXは最高でした。コンドームは2個しかなかったので、途中からは生です。僕はさくらの口の中で初めて発射したのですが、さくらはあっさりとゴクゴク飲んでくれました。

浩史は、「せっかくだからアナルSEXもしてみたい。」と言って恵を正上位にしてアナルに入れようとしたのですが、なかなか入りません。すると、「さくらだったらケツが大きいから大丈夫かも・・・」といって今度はさくらを四つん這いにして、尻を割り開き、アナルだけを舐め回しました。僕自身もさくらのアナルは舐めるどころか見たこともあまりなかったので、初めての肛門からの舌の感覚に、最初は嫌がっていたのに、途中から気持ちが良くなったのか、「あアン・・・結構いい・・・」と喘いでいました。

だいぶ尻穴がほぐれたらしく、「よし」といって浩史がさくらのアナルにペニスをあてがうとあっさりと入ってしまいました。

「ぐううっつ・・・」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||

2014年1月26日 | セックス体験談カテゴリー:大学生との体験談

【友達・仲間】恥ずかしいけど【体験談】

先日どうしてもうずいちゃったので露出してきました。

何だかとってもムラムラしちゃったので

NB・NPにキャミとミニの巻きスカート

その上からミニより少し短いぐらいの春用のコートを羽織って

深夜ドライブしてきました。

深夜というより早朝かな?

車に乗ってすぐにスカートの重なってる部分を捲り

あそこは丸見えの状態に。

それだけでもドキドキしてきます。

そのまましばらくドライブです。

しばらく走ったので目的地に行くことに。

そこは隅に自販機が3台ある道路沿いの駐車場。

さすがに深夜4時過ぎてるこんな時間には道路を通る車はあっても

駐車場に入る車は滅多にきません。

自販機の近くに車を止めて温かい飲み物を買うことに…。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2014年1月26日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【出会い系】出会えない系で女の子と出会えた話【体験談】

出会ない系の通り、俺は出会い系のさくらのバイトをしてた。

男のキャラを操って女の子と会話をする内容なんだけど、

いつも通りサクラをしてると一人の女の子に

「迷惑メールを止めろ!」

って感じのメールが連打されてきてたんだ。





普段なら相手にしないで無視するところだったんだけど

その時、何故か優しさを出した俺は気まぐれで

その子のアドレス向けのメールを止めてあげようと思ったんだ。

俺はサクラの仕事を長い間やってたから客の管理ページを見る事が出来たんだ。

そして迷惑メールを止めてあげた。

本当はそんなことしちゃダメなんだけどね。

そして当然のことなんだけどメールを止めてもメール連打は止まらなかった

「警察へいく!」


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2013年9月27日 | セックス体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【友達・仲間】恥ずかしいけど【体験談】

先日どうしてもうずいちゃったので露出してきました。

何だかとってもムラムラしちゃったので

NB・NPにキャミとミニの巻きスカート

その上からミニより少し短いぐらいの春用のコートを羽織って

深夜ドライブしてきました。

深夜というより早朝かな?

車に乗ってすぐにスカートの重なってる部分を捲り

あそこは丸見えの状態に。

それだけでもドキドキしてきます。

そのまましばらくドライブです。

しばらく走ったので目的地に行くことに。

そこは隅に自販機が3台ある道路沿いの駐車場。

さすがに深夜4時過ぎてるこんな時間には道路を通る車はあっても

駐車場に入る車は滅多にきません。

自販機の近くに車を止めて温かい飲み物を買うことに…。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||

2013年6月22日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【友達・仲間】美少女にものすごい顔射【体験談】

数年前、僕はワカナちゃんという、ものすごい美少女と付き合ってオマンコしていました。

身長は150センチぐらいで小柄だったけど、胸もお尻もプリッとして大きくて、ストレートヘアを茶髪にしていて、目がすごく大きくて人形みたいに可愛い女の子でした。

顔は声優の○山智左を幼くした感じで、声もよく似ていていました。

性格も明るくて、よく「ウフフッ!」とか「エヘヘッ!」とか可愛いアニメ声で笑っていました。

ワカナちゃんは短い間だったけど、ミサッチというコスネームでコスプレイヤーとしても活動していました。

彼女は僕がコスプレ好きだと知っていたので、最初は僕にコスチュームを用意してほしいと頼んできました。

僕はコスを着せてハメ撮りすることを条件にして、何着か用意してあげました。

それからは会う度に、「○ーラームーン」、「○しぎの海のナディア」、「○ジキャラット」の「○ヴィアンローズ」といった、今ではコスプレのスタンダードになったコスを着せてオマンコしまくりました。

コスを着せたまま顔面シャワーして、コスプレ美少女が鼻の穴からネバネバのザーメンを垂らしたアホヅラも何枚も撮ってやりました。

ピルを飲ませて中出ししたり、並のアイドル以上に可愛い美少女の顔面にションベンまでひっかけてやりました。

実は僕のチンボはボッキすると太さ5センチ、長さ22センチにも達するスーパーデカマラナイスチンボなんです。

僕はこのチンボで何百人もの女を食い散らかしてきました。

人がうらやむスーパー美少女コスプレイヤーも完全に僕のデカマラチンボの虜になって、僕の言うことなら何でも聞くオマンコ肉奴隷に成り下がっていたんです。

僕が一番気に入っていたのが、「○ードキャプターさくら」の第一期オープニングの白とピンクのコスでした。

その時オマンコしたラブホテルの部屋は、赤とピンクを基調にしたメルヘンチックな部屋でした。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年5月27日 | セックス体験談カテゴリー:友達・仲間との体験談

【寝取り・寝取られ】寝取られ日記 【体験談】

■はじめまして 20XX年XX月XX日



ネット上の変態のみなさま初めまして、神奈川県在住の22歳の人妻、さくらと言います。このブログでは、わたしさくらがグズで低収入の寝取られM夫を裏切って、とってもお金持ちで巨チンのご主人様「S様」に身も心も寝取っていただく過程をみなさまにご報告していきたいと思います。このブログはもちろん大好きなご主人様のご命令で作成しております。さくらのすけべな写真や動画もどんどんUPしていくそうなので、さくらでいっぱいザーメン抜き抜きしてくださいね♪



【コメント:23件 トラックバック:0件】







■寝取られ変態妻♪ 20XX年XX月XX日



 みなさま、いつも沢山のえっちなコメントありがとうございます♪ さくらをもっと惨めな変態扱いして、いっぱいいじめてくださいね。



 今日もご主人様と夫の留守中に3回もバックでハメハメしていただきました〜。場所はもちろんわたしたち夫婦のお部屋です♪ 家主の夫があくせく会社で働いているときに、その寝床でゆっくり不倫相手とラブラブセックスをするのはほんとに快楽中の快楽って感じ。今日はチンカス掃除のやり方をたっぷり2時間仕込んでいただきましたぁ。



 ご主人様の命令で、今日はコメントで頂いた質問にお答えをすることにします。一番多かった「さくらはどうして夫を裏切ったのか?」というご質問ですが、答えは「夫が低収入で包茎で早漏でグズだから」「S様がとってもオチンポがおっきくてイケメンで、何でも頼めば買ってくれるお金持ちで、Mのさくらを沢山調教してくださるから」です。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年4月6日 | セックス体験談カテゴリー:寝取り・寝取られの体験談

【出会い系】出会えない系で女の子と出会えた話 【体験談】

出会ない系の通り、俺は出会い系のさくらのバイトをしてた。

男のキャラを操って女の子と会話をする内容なんだけど、

いつも通りサクラをしてると一人の女の子に



「迷惑メールを止めろ!」



って感じのメールが連打されてきてたんだ。



普段なら相手にしないで無視するところだったんだけど

その時、何故か優しさを出した俺は気まぐれで

その子のアドレス向けのメールを止めてあげようと思ったんだ。



俺はサクラの仕事を長い間やってたから客の管理ページを見る事が出来たんだ。

そして迷惑メールを止めてあげた。

本当はそんなことしちゃダメなんだけどね。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||

2013年3月30日 | セックス体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【M男・S女】転校生 【体験談】

「行ってきます…」

小学生の太郎は誰もいない家に向かってそう言うと学校へ歩き始めた。

桜が舞散る都会の町並みを歩きながら、

太郎は新しい学校でうまくやっていけるか不安でいっぱいだった。

なにせ、その小学校で六 年生の男子は太郎だけだと言うのだ…

太郎はずっと田舎の山奥に暮らしていた。

太郎の通っていた学校は太郎を含め三人しかいなかったのだが

二人いた六年生が卒業して、今年から太郎一人になってしまう事にともなって小学校が閉校してしまったのだ。

太郎の両親は農家なので引っ越す事は出来ないが、

なんとか太郎に小学校に通わせようと都会のマンションに太郎を住ませて学校に通わせる事にした。

しかし、その小学校はもともと女子しかいない小学校で今年から共学になるのだが、

各学年100名近く募集して一年生は集まったのだが途中から女の子だらけの小学生に入ってもいいと生徒は少なく

人が集まらず特に六年生は一人しか集まらなかったのだ。

自分のように転校してくる人が沢山いるだろうとおもっていた太郎にはショッキングな事だった。

両親が春休みのうちに家事など必要な事を全て教えており、毎月仕送りをして生活は全て太郎が一人でやる事になっていた。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||

2013年3月7日 | セックス体験談カテゴリー:M男・S女の体験談

【童貞・処女】俺のパートナー 【体験談】

これは俺が去年の修学旅行にあった話。

俺は他の男子のいじられ役の仮に晃平。色々と話題のネタになるやつだった。そのころも他の男子にはめられ学級委員になってしまった。女子の方はちっこい、はしゃぎ系のさくらって子だった。そいつも男子のいじられやくで、いたずらをしたら何かと反応してくれる少し天然なやつ。学級委員になるのはいやだったが、さくらがいたから少し嬉しかった。HRで学級会議をするときも『さくらと晃平のコンビ』とか言われたり。

3月に修学旅行があった。それは俺にとってただの修学旅行ではない夢のような旅行になるのだった。俺の学校はとても人口が少なく学年で38人とてつもなくすくない。なので俺のクラスの男子が団結してある女子をレイプすることになった。(レイプほど凶悪ではないが)その候補にあがったのがさくらだ。さくらは他の男子とも仲が良く『あいつだったら大丈夫だろ』という理由で。一ヶ月前ほどから計画はたった。さくらはみるからに処女だ。処女をただ奪うのもかわいそうだから、さくらの好きな男子を選ばせることにした。俺はあせった。少し気になってるあいつが他の男にやられてるところを他のみんなと一緒にみてないといけないのか。。。切なくなったのだが、水を差したらダメだと思い文句はいわなかった。

ついにその日が来た。2泊3日。最後の夜襲うことになり、その日が待ち遠しい。。。

<最後の夜>

俺が無理矢理先頭にさせられ、女子の階にそろーりと歩いていく。もちろん3時頃、がりべんののりの悪いやつらや先生たちも寝ている。さくらの寝ている部屋の戸を開けると女子独特の香りが!!!俺はその香りで興奮してきた。俺らは処女を犯そうとしている。。。。!!!罪悪感よりも性欲の方が勝った。まず俺と光輝が布団にはいってる女子の様子を見る。さくらはすやすやと寝ている。心のなかでごめんさくら。。。。と何度も思った。するとバカな光輝がさくらの隣にいるリサというまたまた処女そうなかわいい子も襲おう!とささやいてきた。まぁそっちの方がさくらへの罪悪感も減るか、と思いそうすることにした。

まず、マッチョな優人がさくらをかつぐ。さくらはもちろん起きる。だが寝ぼけている。『ん?空飛んでる?』などとむにゃむにゃいっている。(これからお前は犯されるんだぞ。。。)

 ねぼけているさくらのパジャマを脱がす。そのころにきっと気づいたんだろう。私はエロイ男子に囲まれている、と。

「は!???何してるの?」困惑してる様子。「え、ちょっとやめてよぉ〜」と、俺たちのやってることをただの冗談かと思っているはずだ。だが、俺達は本気だ。決心は一週間前にはもうつけている。「あんたたち本気なの????!」俺らは答えない。すんなりと下着だけの姿にさせた。俺は幼児体型だとよそうしていたが、けっこう胸も体の割にはでかく、体は曲線を描いている。陸上部でやけた小麦色の肌と服でいつもは隠れている白い部分の差がおれたちの性欲をわきだたせた。 みんなはそれだけで興奮していたのだが、この計画をもちたしてきた収はなぜか家庭科のはさみを持っていて。ブラを切ろうとしていた。「本気なの????!!やめてってば!」うるめで収を見ている。もち、収はシカト。切るのだけはだめだ、と説得した。「きゃ━━━━!!!!」

ついにおそれていた事がおきた。大声で叫び始めたのだ。ちんぽのいちばんでかい優人のものを口にいれこんだ。抵抗は無駄だった。ブラをはずし、パンティもはずした。ピンクでだれもがまだ手をだしてないと人目でわかる色だった。乳首も大切な所も。みんなはそれでいきそうだった。免疫のないやつらだ。俺もだが。さくらの口からは優人の知るが垂れ流し。かわいそうだが俺はしたくてたまらなかった。。。。収が胸をさわろうとした瞬間、俺はとめた。「さくらのやりたいやつとさせろよ」そうだった。そういう契約だった。「おまえはだれとしたい?ん〜?」収がわざといやらしくさくらにささやく。「え???!!」優人のチンポをしゃぶりながらの困惑。「おまえはこれから、このなかのだれかとやるんだよ。せ・っ・く・す」さくらの顔はその瞬間引きつり、今までの恐怖と友に涙がでてきた。あまりにもかわいそうだった。。。「・・・」黙ったままだ。「ん?希望者を言わないと〜」と言った瞬間リサも起こされさくらの前につれてこられた。リサも寝ぼけていたがさくらの裸をみると眠気も飛んでいったようだ。なんたって、さくらとリサは大の仲良しだからだ。リサも抵抗をするがはがされる。いやぁぁぁぁ━━━━ リサはさくらよりも抵抗をしまくっていた。さくらの口からリサの口へどろどろの優人のティムポがいれられる。「ん〃」俺らの前に二人のかわいい処女がいる。リサにはなにもしないでよぉ!!さくらはとてもやさしい。自分よりもまず、リサだ。「あたし・・・━━コウヘイガイイ….」とても聞こえない声だが俺には聞こえた。俺を指名してくれたのだ。「コウヘイトシタイ」俺ははやく終わらせてあげたかった。かわいそうだからだ。

 小部屋につれていき、「俺でいーの?」と聞くと「さくら、晃平ならいいんだよ。ぜんぜんいやじゃないから。しかお、やらなきゃ怒られちゃうでしょ?あたし、晃平なら恐くないから。」

と、信じられない言葉を!!!!俺は嬉しすぎて、いきなり、キスもなしで胸をぺろっとなめた。するとさくらの体は電気ショックの様にびくっとした。

続きは明日。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||

2013年2月25日 | セックス体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談
1 / 212

このページの先頭へ