最新情報

【おっぱい・巨乳】居酒屋で隣に座った女子大生達と意気投合して【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

それは大衆居酒屋での出来事でした。

そこの店は値段も安くて料理も美味しいとのことでいつも結構混んでいて、特に若いお客さんが多い店でした。

いつものようにその店のカウンターで鶏皮と塩辛をツマミに飲んでいると、新客が入ってくるのが解りました。

ガヤガヤと賑々しいその一団は大学のサークル仲間らしく、この店を2次会として利用するみたいです。

あらかじめ予約してあったのか、奥の個室へと消えていく若者達。

それを横目にちびりちびりと飲む俺。

なんだか若者達の勢いが羨ましく、久しぶりに風俗でも行ってみようかな、などと考えていました。

その後も次々と新客が入店しては出て行く事の繰り返し。

30分程してそろそろお愛想の声をかけようと思った時、一際賑やかな声の一行が入ってきたのです。

振り返ると女の子3人組で、どうやら先ほどのサークルの仲間のよう。

奥の個室へと一旦は消えていきましたが、座敷が狭くて座れなかったようですぐに戻ってきました。

ちょうどカウンターには私の隣に4つばかりの空席が出来たところ。

まだ先客の食べた器も下げられていない状態でしたが、そこにドカッと座る3人。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月4日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【おっぱい・巨乳】【母子相姦】大好きなお袋を犯して俺だけのモノにした【体験談】

東京都/カズキさん(10代)からの投稿

—-

俺は夫婦の寝室にひとりで眠るお袋のパジャマを下着ごと剥ぎ取ると犯し、白目を剥いて失神するまでイカせ続けた。

子供の頃から俺はお袋が大好きだった。

躾には厳しかったが、愛情たっぷりに育ててもらったと思う。

若くて綺麗なお袋が自慢で、お袋に褒めてもらいたくて勉強もスポーツも頑張った。

親父が事故で亡くなってからもお袋は女手一つで俺を育ててくれて、一応大学と名のつくところに進学もさせてくれた。

そんな時、お袋の再婚話が持ち上がった。

二十歳で俺を産んだお袋はまだ三十代だったので自然ではあった。

けれども俺はそんなお袋が許せなかった。

生前の親父にさえ嫉妬を感じていた俺には、お袋が別の男に股を開くなんて考えられなかった。

お袋には俺一人のお袋で居て欲しかった。

そして、俺はお袋を犯すことにした。

計画は単純で、俺は即座に実行した。

お袋が寝入ったころに寝室に向かい、すやすやと眠る母親を襲った。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月13日 | セックス体験談カテゴリー:おっぱい・巨乳の体験談

【スカトロ・マニア】寝取られた相手の彼女に仕返し【体験談】

就活をしてた大学4年の7月、突然彼女からの別れを告げられました。

理由はごくありがちな、「価値観の違い」だったらしい。

別れを告げられる1週間ぐらい前も普通にデートしてうちに泊まっていってたのに。

なんで急にそんな態度になったのかさえ分からず、忘れようと就活に励んでた。

夏が終わる頃にようやく内定が決まり、既に決まっていた友人たちと遊ぶようになった。

高校の時からの同級生でもある池内とは頻繁に会うようになり、10月頃だったか衝撃的な事を聞かされた。

いつものようにパチンコをしてうちで部屋飲みしてた時、お前には言っておいた方がイイと思ってと切り出された内容。

それは、お前の元カノとAが最近付き合い出したらしい、って内容だった。

今さら別に、別れた彼女が俺の同級生と付き合おうが何だろうが、そんな事はどうでも良かったんです。

だけどAには以前から付き合っていた彼女がいるのを知っていました。

「だってAには彼女いたじゃん?別れたの?」

「それがそうでもないらしいんだ」

ボソボソと途切れ途切れに説明する池内の話を聞いて、脳天がクラクラする思いだった。

なんと俺が付き合っていた元カノとは互いに公認のセフレだという。

彼女にはバレないように、こっそり遊んでいるらしい。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月22日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

このページの先頭へ