最新情報

【男の子のオナニー】遊び【体験談】

ある日 g君に遊ぼうといわれました。いいよと答えると私の家で遊ぶことになりました。家には誰もいなかったためg君がちんこ見せてといってきました。私はg君が見せてくれたら見せると言いました。するとg君は服を脱ぎ裸になりました。勃起していて14cmぐらいでした。そのあと私も脱ぐとg君がフェラしようといいました。迷いながらもいいよと言いました。そしてフェラを2人でやりました。2人とも射精しました。オナニーもしあいました。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|

2013年3月14日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】姉と【体験談】

中学の時、アイドルの写真を見てオナニーしていたら

急に入ってきた姉に見られてしまった。見られた恥ずかしさで、どうしようかと思っていたら

姉が「誰にも言わないよ」って、ギュッと抱きしめた時

よろけて畳の上に倒れてしまった。

姉が「ちょっと待って」と自分でパンティーを脱いだ。仰向けになってる姉の太腿の間から割れ目に押し込むと

一瞬ピクッと痛そうだったが、そのままやらせてくれた。入れる時は夢中で何も考えなかったが

終わってから、姉と顔を合わせるのが恥ずかしかった。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||

2013年3月8日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】初握り【体験談】

私の初体験 といってもエッチじゃなくて

男性のオチンチンを握った事です。

高校の時、彼の部屋でした。それまでにも、エッチの経験は有ったけど

直接、自分の手でオチンチンを握るのは初めてだった。彼に握らされて握ったら、オチンチンがヒクヒク動き

彼が、私の手の上から捉まえて前後に動かすと

中の固い部分はそのままで握ってる皮だけが大きく動く

体験した事のない感じにビックリして手を放した。彼は「一人Hはこうするんだよ」って、

自分で握って早く動かして見せた。最初にエッチしてから、私に握らせたり話をして

そのスグ後でもまたエッチして

2回目も、コンドームには精液が溜まってた。激しく動きながら、彼は気持ち良さそうだったが、

その頃の私は、興味はあったけどあまり快感がなかった。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ



2013年3月8日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】夜のオナニー【体験談】

僕は毎日毎晩オナニーをしています。自慢じゃないけどチ*ポは堅く太く長いです。AV見たり、妄想したりしてシコシコしています。ある日僕は無性に野外でオナニーがしたくなりました。真っ昼間からやる勇気はまだなかったので、深夜に全裸で外に出てしています。家の目の前は国道なのですが深夜となると車はやはり少ないです。道路に寝そべったり、灯りがあるところでシコっているのを見て興奮したり、たまに全裸で町を歩いたり…。そして一番興奮するのはたまに車が来た時です。最初は車が来たら隠れていたのですが、最近は見せつけています。チ*ポ、お尻、シコり姿。見られていると興奮してすぐにイッてしまいます。大量の精子をドクドクいわせながら出しています。やっぱり野外はいいですね。今度は昼間にやってみたいです。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||

2013年3月7日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】中学時代のクラスメイト、由紀子【体験談】

I沢由紀子、中学時代のクラスメイトで、オナニーを見せた女だ。

由紀子はバスケ部に所属しており、身長は170センチあった「デカ女」だ。

対して自分はというと、童顔で身長も160弱と華奢な身体つきも手伝って、完全に「子ども扱い」の

待遇を受けていたので、女子からモテたという事もなかった目立たない奴だった。

由紀子を女として意識したのは、学校祭の準備で道具の調達や買出しにペアを組むようになってからで、

俺は完全に由紀子にほれてしまった。

夜のオナニーも由紀子の写っている写真を片手にするようになっていた。

冬休みに入ってからのこと、俺は図書委員として、図書室清掃のため登校し、由紀子はバスケ部の部活

で登校していた。

図書室の清掃と整理が終わった16時ごろに図書室に施錠して鍵を担当の先生に返すために職員室に向

かうと制服姿の由紀子がバスケ部数人と下足箱付近にたたずんでいた。

二言三言、由紀子とたわいの無い話をして職員室に向かい、鍵を返納してから下足箱に向かうと由紀子

が一人きりでまだ帰宅せずにいた。

「一緒に帰らない?」と由紀子から誘ってきてくれた。

俺はうれしくなり、二つ返事でOKと駆け出した。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2013年3月7日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】先生のトイレ【体験談】

厨房の頃放課後、女子トイレの前を通ると教育実習の先生がトイレに入る所で

何気なく通り過ぎると、中からバタンと扉の閉まる音がしたので

誰もいないのを確認して女子トイレに入り下の隙間に這い蹲ると後ろから見るポジションで

既に白いおしりの間から放物線が迸っていた。

誰もいないと思ったのか音消しもなく、

すげぇ「シュー」って音たてながら小便がパンツ濡らしてる。

お尻の位置が高いのでハミションして飛沫が跳んでトイレの床を汚してる。

顔に浴びれば、咽るなんてもんじゃない溺れる勢いだ。

量も500mlのペットでは足りんぞ!

先生が出て行ってから便器から外れ床に流れている小便を

手に採って舐めたけど、興奮して直ぐザーメンが便所のドアの取っ手の所まで跳んだ。

それからは、女性の排泄姿を想像するだけで抜けるようになった。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||

2013年3月6日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】妻の友達に【体験談】

 先日妻の友達が家に遊びに来た。妻と同じ29歳の奥さん。子供連れで来た。

 けっこうかわいくていい。俺はムラムラとしてきた。

 奥さんが帰った後、使ったコーヒーカップを自分の部屋に持ち込み、口の辺りを舐めまわす。もうすでにチンポはビンビン。 舐めながらチンポをしごき射精した。

 それから数日後また家にやってきた。 履いてきたブーツを匂いをかいたり舐めたかったりしたかったが、さすがに部屋に持ち込みはやばいし、かといって玄関でチンポをしごくわけにもいかないだろう。

 俺はふと思いつきやばいと思いつつも行動に移した。 コーヒーに自分のザーメンを入れて出す事だ。

 前彼女にしてみたがばれなかったので大丈夫だろう。

 俺は妻にコーヒー俺が淹れるよと伝えキッチンでしごき始めた。妻たちはリビングでおしゃべりにもう夢中だ。俺は隙間から奥さんの顔を眺め激しくしごいた。ああ・・ロリっぽいかわいい顔そしてあの胸・・どんな体位で旦那とやってるんだろう、顔射とかされた事あるのか?激しく喘ぐのか?縛られたりはあるのか?などと勝手に妄想しやがていきよいよくコーヒーカップに射精した。あまりに量が多いとばれるので少し採りそのカップにコーヒーを注ぎいそいそと普通に差し出した。

 奥さんは「どうもすいません」と言いコーヒーに口をつけた。

 ああ・・体がブルブル震えた。ばれないかという不安と、俺のザーメンを飲んでるという興奮と。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2013年3月6日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】浮気している妻を思い・・・【体験談】

つきなみですが、パートをはじめた妻がそこの社員と不倫しています。

探偵を雇い、妻の素行調査を始めて数ヶ月目に不倫相手とホテルに入る現場写真を

撮影、その他様々な探偵からの調査報告で、妻の不倫はほぼ確実となりました。

離婚の訴訟を起こす証拠固めまで一応しておき、あとはその機会を待つのみの日々ですが、

私としては離婚する気も無いので、しばらくはこのまま「楽しもう」という気持ちでいっぱいです。

探偵の撮影したホテルに入る妻の写真を見ながら、けっして私とのセックスでは着けたことの無い

セクシーなパンティが衣装ケースの奥に隠されていたので、それを持ち出し、自ら身に付け、パート

先の社員と淫らな会話をしながらセックスしているであろう妻を思いながらのオナニーは格別です。

性感帯の首筋や脚部をなめられ、さわられすると身悶えて愛液を流す妻に不倫相手の男はどう対応

したのでしょう?

不倫相手とのセックスを終え、帰宅した後何食わぬ顔で家事にいそしむ妻のスカート姿をみて、

ポケットに手を入れながらオナニーする快感・・・。

このスカートをめくり上げ、パンストとパンティをずりさげると不倫相手に汚された妻のアソコが

あるのかと思うと興奮が収まりません。

セックスを求めても「疲れたから・・・」と言われ、拒否されます。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2013年3月5日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】夫婦のオナニー【体験談】

結婚して1年2か月になる29歳の男性です。妻は私より2歳年上です。ある日、晩御飯を食べながらテレビを見ていると、ニュースで若い男性が下着を盗んで捕まった事件を報道していた。それを見ていた妻が「女性の下着を盗む事件て多いのね。貴方は絶対にそんなことしないでね。でもそんなことをする男性の心境ってなんだろうね。」と私に聞いて来た。「よくは説明できないけど、やはり女性の大切なところを覆っている部分って男性が最も興味を示すところだし、そこを隠すものだから・・・」とうまく説明できないままに言うと「そうなんだ?女性には理解に苦しむ感覚ね。ところで貴方はそんなこそ思ったことある?」とひつこく聞いて来た。「そりゃああるよ。唯、理性がなんとかそれを押さえているだけだよ。」と。実は私も結婚して間もなく妻のパンティーをお風呂に入った後の汚れたものを見たくて、夜中にトイレに起きた時、こっそり脱衣場に行って手に取り、妻のあそこについている黄色くなった部分を鼻に当てにおいを嗅いだり、舌で舐めていた。ある日寝ようと布団に入ると枕の下に妻のパンテイーが置いてあった。それも決して新品ではなく洗濯はしているもののあの部分がすっか黄色くなっていた。

これは妻が置いてくれたものに違いない。妻はまだ階下でかたずけをしているし、その後は風呂にはいるはずだからすぐには上がってこない。私は妻の大切な部分が当たるところを口に含み、トランクスを脱ぎ、オナニーをした、射精感を感じ、とうとう念願の妻のパンテイーをペニスにあてがい射精した。ところが翌朝、そんなことを忘れ、急いで出勤してしまった。会社についてそのことに気が付いたけどもう今からどうすることも出来ない。妻に気ずかれないことだけを祈った。その日仕事を終えて家に帰ると一番に布団の所に行ったがその射精した妻のパンテイーはなかった。信じられなかったのはそれとは違うパンテイーが同じように枕の傍に置いてあった。そのことを妻に尋ねることもなくその日の夕食を2人でした。妻はなにも言わない。そして今日まで一切妻の口からは聞いてこない。唯違って来たのはセックスの時、私が妻のパンテイーを脱がせそばに置いて愛撫をしていると妻は自分の脱いだパンテイーを手に取り、黙って正常位になっている私の口にパンテイーを押しこんだ。妻を見るとにこりとわらったような気がした。以来ずっと私の枕の傍には日替わりのように妻の選択したパンテイーが置いてある。

私はそんな妻にネットで2本男性のペニスを形どったバイブレーターを細いのと太いのと買って黙って妻の枕の下に置いておいた。使っているのかいないのかはバイブを見てもわからない。そんな時、しばらく経って夜中に尿意を催し、起き上がろうと思った時、隣で寝ている妻の布団の下半身の部分が大きく盛り上がっている、脚を立てているのだ。耳を澄ますと下半身がすれるような音がして、妻の吐息が聞こえる。もしかして、オナニーをしているのではと思い、トイレに行くのを止め、息を凝らしていた。次第に鼻息が荒くなり、そして・・・バイブのスイッチが明らかに入ったブーンという音が布団の下から聞こえて来た。

胸が早鐘のようになった。両脚を立てた布団も動いている。暗い中で目が慣れた私はそっと横を向き妻を見ると口を開けて明らかに悶えていた。そしてついにセックスの終局を迎えた時の声が妻から聞こえて来た。その後妻はこっそり起き上がり下着をつけて、バイブを元の位置に戻し、なにごともなかったような仰向けに寝た。もうピンピンになった私のペニスを元通りすることが出来ず、妻に身体を求めようと思ったのだが、今夜は妻と同じようにオナニーをして果てたなり、未だ寝入ってないことはわかっている妻の隣で、、いつもしているように妻のパンテイーを口に含み、きっと寝耳を立てているだろうことを思いながら、しらん顔で、今まで以上に、妻の名前を呼びながら、卑猥な言葉を妻に聞こえる程度の大きさで、しごいて、妻のパンテイーに射精した。翌朝食事の時、面と向かいながら食べたが妻はなにも言わなかった。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2013年3月5日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談

【男の子のオナニー】女友達の家で初射精 【体験談】

たしか小5のころだったかな。国語の授業でいつもとは違う教室で授業をしようというものがあったんだ。その時は会議室?のようなところださたと思うんだが、机の配置が円みたいに

なってたんだよ。で、俺は自分の席に座って授業開始を待ってたんだが、ふと向かいの席の

女子(そこそこ仲良かった)が思いっきり足を開いて隣の女子と話しているのに気がついた。

もちろん足開いてるからパンツ丸見えなんだよな。

そのときの花柄のパンツは今でも覚えている。

当時性について何も知らなかった俺だったが、その時初めて勃起を経験した。

しかし何もわからない俺は市自慰をするほけでも無くただその子のパンツを見つめていた。

多分二分くらいだったと思う。その後授業が始まってその子のパンツも見えなくなったので自然と俺の勃起も収まっていった。

そして放課後、俺の友人Aに「ユイ(俺がパンツを見てた子)の家に遊びにいかない?」

と誘われた。普段からたまに遊んでいたので、そのときも普通に行くことにした。

で、ユイの家に到着。インターホンを押して家にはいると、ユイの友人(俺の好きな人)も遊びにきていた。

で、普通にゲームなりなんなりで遊ぶわけだが、俺の友人とユイの友人はすぐに飽きてしまった。そのうち俺の友人が帰るとかいいだして、それに便乗してユイの友人もいっしょに帰ってしまった。結果俺とユイが二人で遊ぶことになってしまったのだが、最初のうちは普通にゲームして遊んでた。

少しした時、ふと今日の授業前のことを思い出した。あの花柄のパンツを今もユイが履いているのかと思うとまだ勃起しだした。その時俺はうつ伏せでゲームをしてたのだが、無意識に今でいううつ伏せオナニーをしだした。そのときのきもちよさは今でも忘れられない。

隣でユイもゲームをしていたが、俺の様子には気づいていないようだった。

だが俺が精通に近づいていくと、しだいに息遣いも荒くなってきて、ユイが俺の行為に気づいた。「ねぇ、なんではぁはぁ言ってるの?ww」「わかんない…なんかこうしてるときもちいっていうかなんていうか…」とか言ってるうちに、遂に尿意を催してきた。
記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|

2013年3月4日 | セックス体験談カテゴリー:男の子のオナニー体験談
1 / 512345

このページの先頭へ