最新情報

【スカトロ・マニア】トイレで出会った人5(※スカ注意)【体験談】

忘れられているかと思いましたが、想像以上に「投稿を待っていました」というメールを頂いて感激です。何人かの方とは、今の彼女と撮った写真の交換もできて嬉しかったです。今回はリクエストが多かったので、前の彼女との最後のHを書こうと思います。また長くなりますので、管理人さんの判断で分けて頂いても構いません。



彼女は昨年の年も押し迫った師走の頃に結婚パーティーを開きました。お相手が博多の方なので、都内では彼女の親族と、友達を中心にした立食パーティーを池袋のレストランで執り行いました。私も仕事納めが終わり、その日は休みに入っていましたので、朝からそのことばかり考えてしまい、布団の中で泣いてしまいました。

朝8時過ぎに彼女から携帯にメールが入りました。パーティー会場の住所と三時頃なら少し会えるという一文が添えられていました。



結婚披露パーティーの日に会ってくれるのは嬉しかったですが、正直言って複雑でもあり、悲しみでいっぱいです。午後二時頃、メールにあった住所のレストランの駐車場に入りました。当然、私は招待されていませんので私服です。レストランの入り口には「本日貸しきり」のフダがかかっていて、彼女の友達らしき人たちが準備を手分けして慌ただしく動き回っていました。3時ちょっと前に、彼女から携帯に電話が入りました。「主役は遊んでていいって言われたから、今から出れるよ。」と言って来ました。「彼は?」と聞くと、パーティーは夜8時頃かららしく、彼は博多から新幹線で来るので、まだ到着していないとの事でした。10分ほどして、レストランの裏口のドアが開き、彼女がヒラッと飛び出して来ました。ウェディングドレスの花嫁のアナルを犯すところを想像したことは何度かありましたが、さすがに友達を集めたパーティーだし、まだ本番の衣装を着ている訳もありませんでしたが、普段着よりは随分オシャレな服です。ピンクのマントのような上着を着ています。マントの首元には白い毛のボンボンがついていて、頭には薄いピンクのちょっと変わった形の帽子をかぶって、白い皮のロングブーツを履いています。昔のアニメにあった、銀河鉄道999のメーテルの衣装をピンクにした風です。普通の人が着れば「仮装」になりそうな衣装も、元モデルの彼女が着れば「ハッ」と息を飲むほど綺麗で可憐でした。



彼女は周囲を伺うと、小走りに近付いて来て、一気に私の車に飛び乗り少し息を切らせながら「出して!」と言いました。焦った私は、少しタイヤを鳴らして走り出しました。ガードを潜って池袋駅の西口方面に移動して、極真空手の本部道場のちょうど裏側辺りで100円パーキングに車を停めました。何を話していいのか解りません・・。彼女は少し高揚した顔で頬を赤らめいつもの不思議な良い匂いが漂っています。化粧品でも、シャンプーでもない不思議な甘い香りです。いつもより少し派手めな化粧で、唇には真っ赤な口紅が水のようなグロスで光り、いつもはブラウン系のシャドーの彼女も、今日は白と青を巧に使い分けたシャドーで、只でさえ長く綺麗なまつ毛は、ブルーのマスカラで、バッチリ目を強調していて、その顔は、芸能人と言っても、モデルと言っても疑う者はいない・・と言った雰囲気です。少なくとも顔だけで言うなら藤原紀香よりは確実に美人です。(個人的な感覚もあるでしょうが・・少なくとも引けはとりません)



いつもは明るく話すのに、この日は二人とも黙り込んでしまいました。「時間はどのくらい?」と聞くと「2時間くらいが限界」と答えました。時間が惜しかった私は、車を降りました。丸井の裏側にあるラブホテルに行く道すがら、行き交う男性が何人も彼女を振り返ります。どうしたって彼女は美しく、思わず男を振り返らせる魅力に満ちています。あんな特殊な出合い方をしなければ、私など相手にされていなかったでしょうし、こんな美しい女性に街で声をかける勇気も毛頭ありません。現に彼女はスカウト以外で声をかけられたことが無いらしいのです。「ナンパされない私って、ダメなのかな?」と聞いて来たこともありました。



二人は無言のまま、歩いてすぐの古い佇まいのラブホテルに入りました。部屋に入るなり堰を切ったように抱き合い、唇を吸いあいました。もう、込み上げて来て涙が出そうです。彼女も薄らと目を赤くして「最後に抱いて」と可愛い声で囁きました。寒かったので、二人で一緒に風呂に入りました。髪を濡らさないように備え付けのヘアキャップを被って、うなじを出した彼女の首は、白く折れそうに細いということを初めて確認しました。バスタブに湯が溜まるまでの間、何度もキスをして、シャワーの下で二人一緒に湯にあたりながら、柔らかすぎるほど柔らかい上に、この細い身体にCカップなのに不思議と垂れもせず形のいい彼女のオッパイを両手で何度も揉み口に含みました。彼女の折れそうに見える細いウエストは56センチだと言っていたので、よく雑誌でウエストを50センチ代で言っている人は、みんな嘘だと確信したものです。だいたい「58センチ」と答える人が多いけど、みんな64・5はありそうです。シャワーとバスタブの熱気で風呂場全体が暖かくなった頃、彼女が椅子に座って仁王立ちの私のペニスを口に含みました。でも、なかなか勃起しません。悲しくてHな気分が、なかなか盛り上がってこないのです。彼女は、私の気持ちが解っているようでした。5分ほどして、やっと大きくなりました。優し気な目で私を見上げながら可愛い小さめの口にペニスを頬張り、舌腹でネットリと上手に擦り上げ、唇で締め付け、時には空気を入れるように「スィー」と音を立てて吸い上げます。右手の平で袋を優しく揉みながら、左手は私のアナルを揉みほぐします。その美しすぎる顔で目を見つめられながら舐められていると、一気に快感が押し寄せて来て、思わず彼女の口に中に、ドバッと放出してしまいました。



あまりに早かったので、私自身ビックリしましたが、彼女も少し驚いたようでした。でも、そのまま口を離さず、「ング・・ング・・」と可愛いく喉を鳴らして全部飲み込み、そのまま舐め続けたのです。イクと、くすぐったくなる性分の私でしたが、このまま終わるのは嫌だったので、声が出そうになるのを必死でこらえながら、されるがままになっていました。私が放出した精液と、彼女のだ液と、赤い口紅が混じって彼女の口まわりが汚れて行きます。一度イッた後で敏感になっているペニスは尿意を催して来ました。「ヤバイ、オシッコでちゃうよ」と言うと、彼女はペニスをくわえたまま目で笑って頷きました。くすぐったい感覚に襲われたまま、私は彼女の口の中にオシッコをしました。彼女は必死で「ゴクゴク」喉を鳴らして飲みはじめました・・が、すぐに一杯になって、飲み込むのが追い付かず、口元からこぼれはじめました。彼女の顎から首をつたって、白い綺麗なオッパイをつたって、椅子の上で閉じた膝の間に溜まって、彼女の薄い恥毛のあたりにオシッコの水溜まりができました。彼女はそれを手ですくって、オッパイに塗りはじめました。それを見ていると、10代の頃のようにペニスが復活したのです。イッてから15分もたっていないのに・・。




記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月24日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】女子中学生のおもらし【体験談】

181名前:[名無し]さん(bin+cue).rar[sage]投稿日:2005/09/01(木)19:10:59ID:Gf8kncqf0

今日、お下げ髪で割とかわいい中二(制服の棒タイの色で分かる)の女子中学生がお漏らししてるところを目撃した。

信号待ちしてたら対面にいた子が突然屈んだので何してるのかなと思ってたら地面に液体が広がっていってるのが見えた。

持っていた鞄で必死に隠そうとしてるけどパンツとかは隠せても地面のシミまでは隠せないので漏らしてるのが丸分かり。

20秒程放尿し続けた後、逃げるように走ってった。自転車だったので追いかけてみようかなと思ったけど、

20mくらい離れているとはいえ男に見られている時点ですでにトラウマもんだろうし止めておいた。

セックス体験談タグ

|||

2014年1月24日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】口直しに漏れの悲惨な体験書いてやるよ。【体験談】

俺は昔彼女のウンコが見たくてソフトSMしながら浣腸してやった。

タオルで後手に縛って目隠しもさせてたのに、

しっかりばれてしまい、トイレに逃げられた。

トイレの戸を開けたり、鍵閉めたりはどうにかできたが、

その間に少し漏らしたらしく、音がした。

水を流した音がした後彼女は出てきた。まだ手は縛られたままだった。

きっとあの状態ではケツもふけなかったはずで、はっきりとウンコの臭いがした。

俺にタオルをほどかせたあと、彼女は、

「トイレは私がいいって言うまで行くなよ」と言いながらバスルームに行った。

俺は好奇心からトイレをのぞいてみた。

部屋は臭かった。とてつもなく。

おまけに便座のカバーは茶色く染まり、壁には便の飛沫が。

シャワーで体をきれいにしたあと彼女は一言もしゃべらず帰って行った。

糞の跡は残ってたが、所詮彼女の体を離れてしまえばただの糞。

見たって全然興奮しなかった。やはり出るところをみなけりゃな。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年1月24日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】うんこ【体験談】

彼女のウンコが見たい、欲しいと思い策を練り見事、成功した。

彼女が俺のアパートに泊りに来たとき沢山食べさせ俺はビールを飲み酔ったフリを

した。案の条、彼女は食べ過でお腹が苦しいと言った。寝る前にトイレに行きオモ

チャのゴキブリを二匹仕掛けて胃薬だと言い下剤を飲ませた。二時間ほどして彼女

がトイレに行った。すると虫が大の苦手な彼女はゴキブリに気がつき慌て俺を起こ

しに来た。が、寝ぼけたフリをして「その辺でやれ」と言い寝返りをうつと「やー

だ、ウンコだもん。ねー早くぅ」と体を揺するので「うっるせぇなー、寝かせろよ

」と

怒鳴ると「もういい、知らないよ」とあきらめ布団に入ってきた。しかし我慢出来

ない彼女は再びトイレへ行くがあいつが怖くて入れない。するとゴミ袋をあさり出

しカップラーメンの容器を取り出した。まさかと思ったがその通り。俺の寝ている

足元の方に容器を置きしゃがみ込んだ。が、また立ち上がり容器をもう一つ取り出

した。そんなに沢山出るのと思い丸まった態勢で見ていた。暗くて良く見えなかっ

たが「ムニッ、ボソッ、ムニムニムニッ」と音が聞こえ匂いが漂ってきた。ウンコ

の入った容器を後ろにずらすしもう一つの容器を手に持ちマ○コに当てがうと「ジョボジョボッ」とオシッコをした。容器を二つ用意した謎が解けた。オシッ


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|

2014年1月23日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】トイレで出会った人3(※スカ注意)【体験談】

この間、投稿したばかりですが、また彼女と会えるチャンスがあったので、その時の事を書きます。一昨日、インターネットでスワップ仲間を募集していた御夫婦の方にメールを出したのがキッカケで、アナルスワップをしないかとのお誘いを受けました。



最初は不安だったので、私が一人で逢いに行きました。現れたのは40歳くらいの、普通のサラリーマンっぽい細身のダンナさんと、まだ25歳のロリっぽい感じの可愛らしい女性でした。感じとしては、お笑いのダチョウ倶楽部で、森本レオの物真似をしている人に似た男性と、競馬の武豊さんの奥さん(名前忘れました)になったアイドルタレントに似た感じの女性でした。女性はとても小柄で、150センチもないと言っていたので、ちょうどアイドルのミニモニみたいなサイズです。胸も小さそうでしたが、全体的に「可愛い」といった雰囲気の色の白い大人しそうな女性でした。男性も物腰が柔らかく丁寧な言葉遣いで好感が持てました。夫婦だというのを疑ってしまいましたが、免許証で二人とも身分証明をしてくれました。同じ住所で、同じ名字。兄弟とも思えないので、夫婦である事を信じました。私も免許証を見せて、互いに秘密を共有する覚悟が有る事を示しあいました。二人は車で来ていて、移動する時に、御丁寧に車検証まで見せてくれました(笑)。



それから会社帰りの時間帯をあらかじめ聞いておいた、私のアナルフレンドの彼女が会社帰りに使う駅まで、御夫婦の車で一緒に移動しました。事前に私が逢ってみて、信用できるなら逢ってもいいという事になっていましたので・・・。



携帯電話で連絡を入れて、駅に付くと彼女は待っていました。今夜は私の彼女があまり遅くなれないということだったので、私と彼女の家に近付く形で車を走らせ、東京と埼玉の件境のあたりにある、小さな一戸建てが並んだ形の古いラブホテルに車ごと入り、素早く四人で部屋に入りました。この手のタイプのホテルはカウンターを通らなくてもいいので、複数で利用するには便利です。しばらくして係りの女性の人が代金を先払いで受け取りに来たので、玄関先で渡してロックしました。



車の中で、互いの遊び方や、これまでの経歴なんかは話し合っていたので、部屋に入った頃には、彼女も警戒心を解いていました。それでも、今日初めて逢って、いきなりスワッププレイに移る勇気は、女性が二人ともなかったようなので、この日は、それぞれのパートナーとのプレイを見せあう事にしました。



それでまず、お風呂が広かったので二組で一緒に入りました。驚いた事に、あんなに小さくて可憐な感じの奥さんは、ゴムチューブで出来た紐ようなモノを履いていました。ちょうどアナルの部分に金属の筒のようなものが付いていて、アナルが直系4Cmくらいに強制拡張された状態でした。幼児体型の小さな可愛い白い身体には、あまりに不似合いな感じで、一目で興奮してしまいました。彼女もビックリした様で、「すごい変態みたいでドキドキする・・」とか言っていましたが、考えてみたら、私達にしても公衆便所で知り合った仲で、アナル遊びをしている変態カップルなのに・・・と、少し可笑しく思いました。



スワップが初めてではない御夫婦にリードされるように、私達も一緒にお風呂に入りました。ダンナさんは、私の彼女をしきりに誉めて下さって彼女も嬉しかったようです。たしかに、可愛い感じの奥さんと違って、彼女はモデルなみのスタイルですから・・・。顔は好みによるという感じで、奥さんも、私の彼女も美人の類である事は間違い有りません。



お風呂に入ると、まず奥さんのアナルから金属の筒を外しました。「はぁ〜・・」と深いため息をついている声が少し枯れていて、可愛かったです。アナルは広がったままになっていて、中まで見えます。ダンナさんが、「お二人に見せて上げなさい」と優しく言うと、奥さんは、おじぎをする格好になって、私達に背を向け、両手でお尻のお肉を広げました。こんな可愛い女性がする格好とは思えません。中まで丸見えで、赤く充血した感じです。私が鼻を近付けると「あっ」と可愛い声を上げて逃げてしまいました。可愛い人です。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月23日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】ザ・ガマン【体験談】

前日の里帰りは毎年恒例の、友人たちとのドンチャン騒ぎがあった。

当然酒をガンガン飲むわけで

そのしわ寄せは翌日の腸へとかかってくるわけだ。

昼過ぎぐらいに部屋で起きて

あー体調悪いと思ってボーッとしてた。

下らない靖国問題番組を見ながらダラダラ過ごす。

ちなみに嫁と親は不在。

冷房が効きすぎていて、布団も掛けず

パンツ一丁でベッドに横になっていた。

股間というか、

両太ももの間には嫁の飼っている

俺もとても大事にしている生後3ヶ月の子猫が懸命に毛繕いをしている。

今回の帰省では一緒に連れてきたのだ。



そんな時、急におなかが痛くなり、便意を催した。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ



2014年1月23日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】数年前にした3度の痴漢体験【体験談】

名無しさんからの投稿

—-

数年後前のN線とT線での痴漢体験。

まずはN線から。

1度目のターゲットになったのは、白のブラウス、黒のロングなタイトスカート。

20代後半くらいで、身長は160cmくらいの目が大きい美人だったかと。

また、胸も大きく、ピンクの花柄のブラが透けて見えた。

少しポッチャリ目で胸も大きめ、ヒップも大きくて柔らかそうだった。

割と車内は混雑しており、揺れにあわせて手の甲で軽く触れてみたが、無反応。(ここで拒絶するような反応があれば諦めるつもりでいた)

お尻は予想通り柔らかい。

そこで、手の平で再び軽く触れる。

それでも無反応。

ちらっと顔を見たが、平然を装っているようだった。

それならばと、ムチムチした尻たぶを揉み、割れ目を指でなぞったが全く動じない。

多分、抵抗できないのか、痴女のどちらかだと思った。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||

2014年1月16日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】職場の先輩だけど年下の子に顔射した話【体験談】

としさん(30代)からの投稿

—-

相手の女の子をA子にする。後は○男だけ!!

会社で飲み会があって、その後歌いたいってなったから俺とA子と○男の3人でカラオケ行ったんやけど、俺が飲みすぎて寝てしまったのね…。

帰るときにみんなバラバラで帰って、俺は駐車場で寝ようとしたんやけど、前日も飲んで帰らなかったからどうしても風呂入りたいなぁと思いながら横になってたのよ。

そしたらA子がまだ駐車場にいて、心配してくれてか水を買ってきてくれたんよ。

俺はありがたく頂きながら

「風呂入りたい~」

みたいなことを言ってホテルに誘ったんやけど最初は拒まれた…。

まぁその後も酔った勢いで誘ってたらOKしてくれてA子の車でラブホへ!!

ついたら俺は事実シャワー浴びたかったから速攻浴びて、A子にも勧めるとシャワーを浴びにいった。

俺は少し酔いも覚めてベットでA子を待った。。

しばらくすると、A子は備え付けのガウンみたいなやつを着て出てきたよ!

前置き長いな…。

それから2人でベットに入って少し話してたんやけど、出来るかなぁと覆い被さってキスしようとしたら


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

2013年12月25日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】彼氏にフラれて落ち込んでた高校の教え子と関係を持った【体験談】

自分は高校の教諭。

女の子の方が伝統的に多い学校。(偏差値は真ん中より少し下)

中には美人も可愛い子もたくさんいる。

英語を教え、運動部の顧問をしているが、どちらかと言うと怖い先生してる。

クビになるのだけは勘弁なので、生徒に手を出すつもりはない。

いや、もう年齢が離れてきてしまったので、実際、生徒に対して性欲はない「つもり」だったかな。

が、在校中から時々英語科の部屋に遊びに来ていた子達の中で、自分は教えた事もない子と何故か卒業後も食事に行ったり(グループで。自分が奢るw)していた。

彼女は福祉の専門学校を卒業、そして就職。

1年半が過ぎた。

取り立てて美人ではないけど、色白でちょっとツンデレっぽい彼女は、いつでも彼氏がいたのだが、どうやら彼女的に真剣だった相手と別れてしまったらしく、かなり落ち込んだ感じのメールをくれた。

それまでは、自分が酔っぱらってて

『2人で飲むか?』

なんてメールを出しても軽くいなされてたのだが

『2人で飲みに連れてって』

と来た。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||

2013年12月25日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

【スカトロ・マニア】大学時代に行きずりで友達の母親が初体験の相手になった【体験談】

中学時代からの友達のお母さんだったんだけど、俺がそいつと仲良くなった頃には離婚してたんだよね。

当時まだ30代そこそこで小柄な人だったけど、結構美人で気さくなお母さん。

俺が大学受かって地元離れる時もパーティー開いたりしてくれて、歳の離れたお姉さんみたいな感じだった。

で、4.5畳の狭い市営住宅に住んでいて、俺はしょっちゅうそいつの家に溜まってたんだが、彼女は昼間の勤めから帰ってくるとよく夕飯をご馳走してくれたりした。

で、そいつは地元の工場に就職して俺は東京の大学に進学したんだが、夏休みに帰省すると帰ったその日にお土産持ってそいつの家に遊びに行った。

友達の家に着くと彼女が出てきたが、そいつは留守だと言う。

そいつの勤めてる工場は三交代制で、夜勤のシフトに入ってるらしく、明け方に帰って来るらしかった。

俺はお土産を渡して帰ろうとしたが、

「せっかく来たんだし、大学のお話も聞きたいから上がって」

と引き留められた。

帰っても暇だった事もあり、お邪魔する事にした。

部屋に上がると、彼女はお茶を持って来てくれた。

しばらく居間で座ってテーブルを挟んで話し込んでたのだが、彼女は

「暑いからちょっと着替えて来るわ」

と言って席を立ち、隣の部屋に行って着替え始めた。


記事の続きを読む »

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年12月25日 | セックス体験談カテゴリー:スカトロ・マニアな体験談

このページの先頭へ