最新情報

【人妻】カメラの先生の奥さんとセックスした【体験談】

カテゴリー:

カメラの先生の奥さんが恋人だったことがある。

露出写真を投稿するサイトに通ってて、個人的にファンだった人に

応援コメントたくさんしてた。



そのうちに撮影者だった旦那さん(先生)が、

何人か熱心にコメントしてた連中を集めてオフ会をしてくれた。



その時に撮影モデルの奥さんも来てくれ、飲み食いしながら

(俺は未成年だから飲まなかったけど)大いに盛り上がった



サイトで全部を見せつける奥さんを目の当たりにして、

服の下を妄想して隠れて勃起してた



席替えで奥さんが隣に来てくれたときに気づかれてしまい

すごく恥ずかしかった。






奥さんはあっ、と自分の股間に視線を止めたけど

すぐに流してくれて他の人にはばれなかった。



オフ会に集まった自分を含めた面々は、投稿サイトの趣旨から

皆奥さんのことをエロい目で見るのが目的だった思う。



でも自分にはもう一つ、いつか自分も女性の恥ずかしい写真を

撮りたいという目標があった。



だから、カメラに詳しいだろう旦那さんに沢山質問して、

色んなことを知ることができた



このオフ会の時に旦那さんと連絡先を交換することができ、

オフ会以外の機会でカメラについて継続して指導してくれることになった



これには奥さんが同伴していて、今まで投稿した写真を撮影した

場所を訪ねながら、そのときにどういうことを注意したなども話してくれた



それからも二人の投稿は定期的にされていて、閲覧数もすごかった。

その内独立して個人でホームページを立ち上げるまでになり、

そこも賑わっていた。



この間も継続してカメラの指導をしてもらっていたけど、

撮影できる機会がなくて旦那さんは奥さんを被写体に

撮らせてくれるようになった



もちろん服を着たままの奥さんだが撮影機会を増やすことで

上達しやすくなることにつながり、何度も撮ることはとても重要だった

と今もとても感謝している



事態が変わったのはホームページの開設から数年後、

閉鎖が決まったことからだった



もともと旦那さんの方がずいぶん年上のご夫婦だったけど、

男性機能の衰えから性的興奮を覚えていた撮影自体に

興味が薄れてしまったのが原因だった



閉鎖する意向を伝えられた時はとても残念だったけど、

感謝の気持ちもそれ以上でそれ以後も食事にご一緒したりして

交友は途絶えなかった



相変わらずモデルになってくれるような人はできなかったけど

自分は純粋にカメラも楽しんでいたし、一生続けられる趣味に

なるかもしれないと思っていた



その後、ある時、食事をご一緒するときがあり、

ご自宅にお邪魔して昔話に花を咲かせた



奥さんの露出撮影はやめてもカメラへの情熱は熱い旦那さんと

話してるときはとても楽しかった



楽しい食事を終えて帰宅して、お礼の電話をすると奥さんが出て

旦那さんはすでに寝てしまったので話もそこそこに切ろうとした時に

あの初オフ会のときのことに触れられた



あの時は私に女を感じてくれていてうれしかったのよ

と、早く良い人が見つかって撮影できるといいわねと。



自分は今だって奥さんのこと魅力的だと思う、恋愛感情だってある、と。

そして旦那さんみたいに奥さんを撮りたい勢いでべらべらとしゃべり、

奥さんは黙って聞いてくれていた。



しゃべりきってとんでもないことをしている実感を味わっていると、

奥さんが私なら、いいわよ、撮れるの?と。



もちろん、と撮影の約束を取り付けることができたあの時は、

怖いもの知らずだったと思う。



奥さんは撮影の日取り決めや最初から外では難しいだろう

と撮影場所としてビジネスホテルの予約もしてくれた。

費用の方も含めて。



当日わざと最寄りから離れた駅まで迎えに行き、

いつもと変わらない様子の奥さんを乗せて、

奥さんの日常話を聞きながら向かった。



部屋につくと奥さんは服のポケットや鞄の中身を全部出してくれ

携帯も預けてきた、美人局の心配しないでほしいからと。



それから「服の中身は脱いでいくから確認して、

撮りたいところで待つから言ってね」

と奥さんが微笑んで撮影が始まった。



いつか女性の露出姿を撮りたいと目標にしてきたが、

自分も年齢を重ねるごとに嗜好に変化があり、

露出よりも女性の下着姿やストッキングを身につけている様子に

興奮を覚えるようにこの時にはなっていた。

だから、奥さんの下着姿を前にしての昂りは今までで一番だった。



どうしようもないくらい勃起したままのモノを服の下に隠しながら、

脱いでいく奥さんを夢中で無言のままなめるように見つめていた。



そして下着とストッキングだけになった奥さんを前にして、

「撮らせてください」と彼女を制止した



特別な装いではなく、普段と変わらないよ、という彼女は

ブラジャーは黒、パンツは赤と不揃い組み合わせだった



でもそれがかえって自分には刺激的で、赤いパンツの上に

張り付くように纏われているダイヤ柄ストッキングと

その脚にもくぎ付けだった



テーブルの上に乗ってと自分が指示を出し、その上で

彼女は様々な扇情的なポーズをとってくれた



脚を組み替える姿、見せつけるように尻を突き出した

四つん這いのポーズなど夢中で撮り続けた



彼女は初めて女性の身体を撮影する自分に対して

終始リードしてくれた



よく心得てくれているもので、自分が興奮するように

微妙な仕草や表情を操り、夢中にさせられた。



撮りたいポーズが思いつかなった時、彼女にあっ、と

指さされたのは勃起した僕のモノだった。



テーブルから降りて近づいてくると初めて会った時と同じね、

とスラックスの上から手で包み妖しく微笑んで見せた



まどろむ様な彼女の香りもあり、思わず彼女の肩を抱くと

目を閉じてそっと唇を差し出してきた。

たまらず抱き寄せながら唇に吸い付き、夢中で舌を絡めた。



手はストッキングに包まれたお尻を揉みしだいて弾力を確かめ、

次はブラジャーの上から胸に顔を押し付け柔らかな感触を味わった。



彼女は吐息を漏らしながらされるがままにさせてくれ、

息が荒くなった自分のモノをそのまま撫でさすり続けてくれていたが、

ブラジャーを剥がし胸を味わっていた時までに暴発寸前に

させられてしまった



もう出そうです、だめですと彼女の中に入れたいと訴えると、

彼女は「まかせて」と言ってくれた。



今度は彼女の指示でベッドに仰向けになると、

ストッキングとパンツを手ばやに脱いだ彼女が上からかぶさってきた。



すぐに入れたいのに自分の上でグラインドする彼女の

じゅくじゅくと濡れたあそこの毛でモノを刺激され続けた。



本当にでそう、と言うと満足げな表情を浮かべ、彼女の暖かい場所に

すんなりと導いてくれた



それから激しく動きはじめた彼女の艶っぽい声を聞きながら

すぐに出してしまい、恥ずかしく惨めな気持ちでいる自分にも、

彼女は優しくしてくれた。



手で扱かれて、しばらくして再び硬くされ、彼女に教えられながら

ブラジャーを外させてもらい乳首をいじりながら胸に顔を埋めさせてもらった。



そのままの体勢で彼女にのしかかるように挿入し、

今度は自分が必死に腰を打ち付けた。



彼女の悦びを嬌声で受け止めながら、先ほどよりは長く

彼女のために動き続けたあと、また彼女の中に注ぎ込んだ 。

そのまま倒れこむ自分を彼女は抱きしめ、頭をなでてくれた。

セックス体験談タグ

|||||||

カテゴリ:人妻との体験談の記事一覧(新着順)

【人妻】カメラの先生の奥さんとセックスした【体験談】 を見た人はこんなエロ体験談も読んでいます


セックス体験談 前後のページナビ!

2018年2月28日 | セックス体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ