最新情報

【近親相姦】真夏の夜の夢[6]【体験談】

カテゴリー:

「違うよ。吉伸のパスが高すぎたの」

晩御飯はカツカレーだった。いつもと同じように食卓ではマサルの甲高い声が響き渡る。ミサキは器用

にもその会話に交ざることができるのだが、私は計画のことで気が気でない。ひたすらスプーンを皿と

口の間を往復させる。

「なんだ、ユー姉しゃべんないな。彼氏にでもふられたか?」、マサルはこれでもかというくらいにカ

ツを口に含み、もごもごと言った。ちなみに私は「ユー姉」と呼ばれている。

「うるさいわね、テレビ見てるのよ、テレビ」、私は咄嗟の事に点いてもいないテレビを見ているなど

という馬鹿げたことを言ってしまった。

「テレビ点いてないわよ」、母が言った。

「やっぱユー姉はふられたんだよ。かわいそー」、マサルはきゃっきゃと笑いながら言った。このやろ

う、覚えていろよ……。私は何か吹っ切れた気がした。

「あんまり調子に乗ってると、あんたの風呂覗くよ」、私は言った。言ってやった。一瞬のことである

がミサキが私をちらりと見たのに気がついた。マサルは米を喉に詰まらせたのかゴホッ、ゴホッとむせ

た。

「ほら、そんなにふざけているからよ。三人とも早くご飯たべてさっさとお風呂にはいってしまいなさ




い」、母はそういうと立ち上がり、自分の皿を持って台所の方へ歩いて行った。

マサルは居間を出る前に「覗くなよ!」と私に言った。私は「はいはい」と今度は本当にテレビを見な

がら無関心を装った。

「おねえちゃん、さっきのはやばかったよ。感づかれちゃうじゃん」、ミサキは声をひそめ言った。

「ごめん、ごめん。まあ、とにかくあとはあれを飲ませるだけね。ホントにミサキ大丈夫?」

「まかせなさい。オレンジジュースに混ぜてマサルに飲ませるだけでしょ。楽勝よ」、ミサキは腰に両

手を当て言った。ミサキの顔はこれからの期待に満ちた満面の笑みを浮かべていた。それにしても、マ

サルのあの動揺ぶりはやっぱり気になるわね。

セックス体験談タグ

|||||||||||||||||||

カテゴリ:近親相姦の体験談の記事一覧(新着順)

【近親相姦】真夏の夜の夢[6]【体験談】 を見た人はこんなエロ体験談も読んでいます


セックス体験談 前後のページナビ!

2017年12月30日 | セックス体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ